公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
以下のメールを送った「劇団員のみなさんへ」[日記]

以下のようなメールを送った。

【劇団員のみなさんへ】

『コタン虐殺』の整理とSpace早稲田をRAKU公演用に劇場仕様にした後の2月の総会から、あれよあれよのコロナ禍に巻き込まれて2カ月近くが経ちましたね。3月、奇跡の『由比正雪』インドネシアツアーから帰国してRAKUの稽古を2日やって、その後、Space早稲田は無人です。いまは、とにかく、自分の命を、家族の、友人のイノチを守る時です。

Space早稲田で4月25(土)〜5月4(月)上演予定だったRAKU『夏の夜の夢』は、さあ、これから「通し稽古」というトコロで稽古が出来なくなり、2021年まで「延期」にしました。6月17(水)〜24(水)の初の日台コラボレーション『道』はスカイプを使ったワークショップを始めたけど、いまは中断中です。稽古が出来る状態になったら、果たしていかなるカタチでやれるかを模索しなければなりません。きっと「何か方法」があるはずです。ZOOMを使ったコラボの可能性?映像作品としての『道』?など、等。

わたしは、この3週間余り学生時代に戻ったように多くの本を読んでいます。積んでいた本や、大昔に読んだはずのカミュの『ペスト』やアルトーの『演劇とペスト』に加えてこの際、唐十郎、別役実、寺山修司の戯曲集をしっかり「声を出して」読み直したりしています。これ、結構、面白いです。とにかく、かたっぱしの一人リーディング。その後は断舎離です。

それにしても、これだけ長く稽古をしないのは久しぶりです。それから、マミストレッチは必ずやる事、よろしく。

いま、私達の本拠地:Space早稲田で「集団で稽古をする」のは不可能です。稽古は出来なくても、私たちの「集まれる場所」は、なんとしても確保しなきゃいけないと思っています。これが最大の悩みですね。あらゆる手立てをいま考えています。みなさんも、大至急考えてみてください。クラウド・ファウンディングの提案も上がっています。大至急話しあいましょう。モノを創れるトコロ:Space早稲田と、芝居がやりたいニンゲンがいればなんとかなります。それまで、とにかく、生き延びるしかない時代なのかもしれません。

でも、劇場は閉まっていても、演劇はなくなるわけではありません。芝居は社会とお客さん(他者)と繋がっているイキモノです。イマは、みんな、離れながらも、観客のみなさんと「表現を共有できる方法」を考えてみましょう。

イマ、延期になっている作品たちは決して死なせません、必ず「再生」させます・・・芝居者の魂を燃やし続けていきましょう。とりわけ、今年入団したばかりの新人2人にとっては大変な経験ですね。ま、人生はデンジャラスだが面白いと思ったほうがいいよ。それまでは、みなさん真摯にstay home!

では、GW明けに皆さんに会えることを期待しながら。

2020年4月16日

流山児祥

2020-04-16 12:03 この記事だけ表示