公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
日台コラボレーション『道』-The Road- 【 映像配信ヘの変更のお知らせ】[日台コラボ「道」]

流山児★事務所(日本)X阮劇団(台湾)国際共同制作公演『道』-The Road- 【 映像配信ヘの変更のお知らせ】

いつも流山児★事務所をご支援いただきありがとうございます。次回公演「道」の公演についてお知らせいたします。予定しておりました6月17日〜24日の舞台上演を中止することを決定しました。

昨今の状況に鑑み、劇場を再開するのが難しいこと、また台湾のメンバーの来日が、叶わないことから 舞台作品に代わりまして、映像配信作品として「道」を制作いたします。

台湾の素晴らしい演劇人を、直に感じていただけないのはとても残念ですが、 今は、同じ空間にいなくてもできることを探してまいります。 作品として完成するのは秋ごろ、映像による配信を予定しております。

ご観劇を楽しみにされていたお客様には、深くお詫び申し上げます。 なにとぞご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

流山児★事務所でチケットをお買い上げ、ご予約いただいたお客様には個別に連絡をさせていただきます。イープラスでお買い上げいただいたお客様は、払い戻しの手続きをとらせていただきます。いましばらくお待ちください。

劇場でみなさまにお目にかかれる日を楽しみに皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

               2020年5月7日

                流山児★事務所

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2020年夏、生のカラダとコトバを軸にした表演藝術である演劇に、新しい表現のかたちが求められています。

2年がかりで進めてきた日台交流企画は思わぬ災禍に襲われました。コロナ禍を克服した台湾、その真っただ中にある日本。集団で「普通」に稽古が出来る台湾、俳優たちが集れない日本。そして、予定していたワークショップ&稽古もかなわない事態に。

それでも、イマ、わたしたちはオンラインを使い台湾と日本の 「歴史と現実」を浮かび上がらせるために、新しいアジアの『道』を目指して日々、熱い試行錯誤を重ねています。

映像(日本)とリアルな舞台(台湾)が交錯する熱い日台の劇世界を「映像に刻み込み」きっちり、観客の皆さんにお伝えすることにしました。

何処にもない斬新なライブ感を持った映像作品を創り上げます。ご期待ください。

わたしたちは元気です!

           『道』芸術監督 流山児祥

2020-05-07 21:51 この記事だけ表示