公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
ステージング!![稽古場]
昨日に続いて今日も真実先生の振付というかステージング。

1時から稽古。昨日のチェックから。

2時過ぎから5時半まで真実先生のステージング。1・SCENEは基本的に「あるステップ」で動き回るSCENEにする。ショー的な要素も一応は加えて・・・だ。

いつものように、オモシロイSCENEが次々と現出する。作品への「味付け」というより真実さんらしいこのテキストへの「読み」方である。これが実にオモシロイ。毎度のことだが眼から鱗とはこのことだぜ。演劇が総合芸術であることの確認をこういうヒトといっしょに現場に居ると実感する。


●●

振付のあと、そこまでのSCENEの再チェック。考えてみたらほとんど休んでいなかったので「食事休憩」45分。

7時半から後半の稽古、でもって一応ステージングが終わっているトコロまで「通し」てみる。

9時に稽古を取り、稽古場の整理。

明日からSpace早稲田は『ユーリンタウン』のオーディション会場となる。ジムショに行って明日のオーディションメンバーの履歴書を受け取る。約80人。あさっては90人。これってナニよ!!!!

午前11時から9時まで10時間ノンストップの「初」のオーディション!!頑張ります。頑張りましょうみなさん。

●●

歩きながら、ほとんど「秋の気配」の早稲田の道を帰宅。


さて、『デーモンズ』面白くなっています。是非ご来場ください。
坂手洋二と野田秀樹の世界を実に面白く大塩哲史の世界に繋ぎ上げ独自北京蝶々世界を作っています。私はとにかくコトバとカラダを繋げる作業を丁寧に作り「コトバえんげき」を「カラダしばい」に変換する手伝いをやることによって「ひょっとしてもっと真摯に創り上げたら海外でもやれるんじゃない?!」とこのメンバーたちが思えるような「役者の物語」の「手伝い」をしようと思って「いま稽古場にいる」。


すべては「役者」が「作る」という当たり前の「演劇の現場」のシビアさをあと1週間!頑張ろうぜ!

●●

さて、明日は早稲田はブロードウエイ・ミュージカルの、おっとアングラミュージカルの現場だぜ?!

とにかく、楽しくやりましょう。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: