公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
オーディション2日間!![稽古場]
12日(日)13日(月)の2日間で来年5月・6月に高円寺駅前の座・高円寺のオープニングにやるブロードウエイ・ミュージカル『ユーリン・タウン』の主演・男女優オーディションをやった。

「書類審査」を経た150人を超える人がスペース早稲田に!

20人×1時間半が目安。課題曲男女各1曲、短いdance、長台詞と2人の台詞、自己アピールこれだけでみっちり1時間半から2時間になる。

これを11時開始で1時、3時半、5時半の4回。

ヘロへロに疲れ果てた。

150人を超える人の「演技を見る」ことは予想以上に大変だった。流山児★事務所の芝居を観ている人は参加者の3分の1、つまりほとんどがミュージカル役者志望。それにしても全員キッチリ歌えて踊れてそこそこ台詞が言える。が、それだけ。そりゃオーディション3日前に楽譜が送られてきてもいきなりは歌えない(楽譜が読めなきゃ)ものだが、そこは一発。めちゃくちゃいい声の人も、良く動く人も・・・ただし・・・。

※※
何処にもない「オレタチのブロードウエイ・ミュージカル」を作りたいもんだ。アングラ・ミュージカルとでも呼ぶべき生々しい革命ミュージカルそれが『ユーリンタウン2009』。

「日本初の小劇場ミュージカルロングラン」であり「ミュージカルの価格破壊」とでも呼ぶべき「チケット代:5000円以下!!」でやろうと思っている。今度、劇団四季が入場料を15パーセント値下げするというニュースが入って来た。これは「いいことである!」1万円以下にするという。年間の10億の減収になるというがそれだけ客は増えて逆に儲かったりして?とにかく今の芝居の入場料は「異常」である。本多やスズナリで7000円!近い芝居が平気で上演されている「異常」さ。

『ユーリンタウン』はなるべく安い値段で、何処にもない志の高いミュージカルを作り、見てもらおうと思っている。そのタメの「ミュージカルの価格破壊」である。元々、『ユーリンタウン』はoffoffブロードウエイというアングラ=小劇場から始まった「革命劇」でもある。原点回帰の「観客の目の前で起こる=肉声と息使いが感じられる」100〜250の小劇場での上演が最も適している。だからそれをやる。
それが最も贅沢でそれでいて根源的な演劇の姿である!

それにしてもすべてが「商業化」され「商品」として切り売りされる「えんげき」のデパートそれが今のトーキョーの「劇場」である。1万円近い小劇場演劇ってなんなんだ!?

●●

2日間なんとかやりきる。「最終審査」を近いうちにやろうと思っている。あと、人かアンサンブルに加わってもらおうとも思っている。

そんなオーディション中、峰岸徹氏の死去を知る。20年前、三上博史と一緒に大ヒット作品『やさしい犬』に出てもらった事がある。会うといつも近いうちに又、一緒に芝居やろうよ!と言ってたのに、俳優座養成所時代に私の兄と同期だったのでほんとにガキの頃から知っている俳優さんの一人でもある。65歳!まだ若い!合掌。
2日間稽古場の近くの居酒屋Nでみんなで飯をくった。マスターの顔が見えないのでママに聞くと先月下咽頭ガンで急死されたとのこと、コレマタ、愕然。私と同世代の全共闘世代、61歳。合掌。

●●

疲れ果ててあたまがボーっとしているので覚ますためにもちろん歩いて帰宅。

さて、明日は朝10時から『デーモンズ』の仕込み!1週間後は本番である。頑張りましょう。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: