公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
コロンビア演劇に触れよう!![稽古場]
ドブネズミたちの眠り稽古インである。

千葉と西條の2人は他の芝居の公演中ということで欠席。

塩野谷がもう舞台を作っていた3方舞台。ぐるっと客席に包囲された小さな空間に5人の男たちが暑苦しく「いる」芝居になる。後はもう一つの「地下」というか「穴」。ポールが1本。これだけ。『ハイ・ライフ』以上に濃密な劇空間になる。

本読み2回、代役の新人山下とうちの若手の竜一とカズの「ダメだし」ばかり続きそうな前半1週間の稽古の「予感」(冗談!)。

今回は20年ぶりぐらいに音響の市来さんと一緒の仕事になる。『流山児マクベス』や『ピカレスク・イアーゴ』といったシェイクスピア作品で実験的なことをやった音響家と早稲田の小空間で仕事するのはオモシロイ。市来とは40年近い付き合いの戦友である。今回歌があるのだが早速「曲を作ってきてくれたのには」大感謝。

例によって飲み会での「妄想」「誤読」大会が楽しかった。

塩野谷正幸の全員が「ニンゲンじゃなくてドブネズミ」なんだよ、あたりから「オモシロイこと」をいっぱいやってみようぜ、「ここに居ること」の必然・・・・?・・・うん。

11時前にお開き。今夜はまだ始まったばかり。

※※

今日も快晴。西新宿の協会事務所へ。
演出者協会の広報誌「D」創刊号の最終校正10時から12時過ぎまで。皆さんお疲れ様でした。11月初旬に16ページのカッコイイ小雑誌が刊行されます。広告を本多劇場から頂いた。本当にありがとうございました。

で、その後明日からの国際演劇交流セミナー「コロンビア特集」の打ち合わせが始まった。

演劇と社会をシャッフルするコロンビアを代表する劇団「テアトロ・ラ・カンデリア」のサンティアゴ・ガルシア氏と女性演劇運動の中心的リーダー:パトリシア・アリサさんと会う。ガルシア氏はメイエルホリッドに演劇を師事しその後メキシコに渡り「メキシコ近代演劇の父」と呼ばれた佐野碩の弟子でもある。80歳の高齢にもかかわらず今回初めて来日してくれた。是非多くの皆さんにコロンビア演劇に触れてもらいたいものである。11月1日(土)17:00〜20:00 芸能花伝舎1−1でレクチャーがあります。ご来場お待ちしています!!


サンティアゴ・ガルシア氏の「集団創作ワークショップ」は10月29日・30日アリサさんのワークショップの題材はガルシア・マルケスの「予告された殺人の記録」10月31日・11月1日 共に芸能花伝舎
申込みは03−5909−3074日本演出者協会まで。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: