公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
ツアー折々の日記。松山・熊本篇。[お岩幽霊]
ツアーだというのにパソコン環境のない状況にここ5日間いた。これはこれでいい。福岡でやっと机に向かってちょっとゆっくりできた。それにしても、連日バタバタ、仕込んではバラシ、バラシては仕込みの日々である。それにしても最強の劇団員たちである。塩野谷正幸をリーダーにてきぱきと連日動いている。
※※※

というわけで、『お岩幽霊』ツアー順調に爆走中である。松山でも熊本でも予想を超えた多くの客様から熱い感動と賞賛の嵐が巻き起こっている・・。確実に『お岩幽霊』ショックが松山・熊本の演劇界に・・・・。この心地よさ。

※※

5日(月)松山市民会館中ホール仕込み。横の大ホールでは細川たかしが歌っていた。ぎりぎりまで明りあわせ粛々と。

※※

6日(火)スズナリ公演以来、6日ぶりにゲネプロ。わたしはなぜかラストシーン近くにラジオの生放送の電話インタビュー出演、10分間のトークということに、いやスリリングで大変であった。本番は「初の四国公演」ということでお客さんの入りが心配であったがなんとか私たちの予想以上の入り。そして、熱狂的な反響。全員きっちり芝居が体に入っていていい感じでツアー初日。松山の皆さんと一緒にいい感じの打ち上げとなる。愛媛大学の学生演劇の人たちにイロイロと聞かれる。去年の演劇大学のメンバーが中心になってシアターネットワークえひめの皆さんの献身的なご協力に感謝。愛媛の元気な演劇界に多大な影響を与えたらしい?今月、また演劇大学でこの町にやってきます。また来ます。これからもよろしく。

※※

7日(水)移動日。フェリー経由で熊本へ向かうチームと飛行機で向かうチームの2つに分かれる。私と劇団員の武田智弘と理恵は福岡に行って代々木アニメーション学院で情宣のため、ほとんど特別講義といっったことに。高速バスで夜、熊本入り。近く飲み屋で瓜生さんと馬刺しとままかり、これが美味。焼酎が美味い。

※※

8日(木)健軍文化ホール仕込み。その合間に劇団員は5年前に死んだ大谷真一の墓参り。元演劇団の劇団員で『無頼漢』に客演したあと急逝した大谷くん。2年前八千代座でやった演劇大学のとき初めて大谷の生家にいってあーここで、あんな家族の間で育ったから、あんないいやつが出来たのか・・・と無性に納得したものだった。かわいいお母さんとじっくり真一くんの話。その後、荒尾の生家を見に行く。48年前に上京。とっくに親戚に売った家だがこの前の『盟三五大切』のとき訪れると朽ち果てて「そのまま」あった。行ってみると5年前に解体されたとのこと。草ぼーぼーの荒地を見て「半世紀」前の少年時代を思い起こす。我が家の横にあった遊び場=綿津見神社は今もアル。墓も松戸に引っ越したしこれで、故郷には何もなくなった。まあ、これも河原者の人生である。家もなければカネもない、何もないということは実にすっきりしている。

※※
  
9日(金)早めにじっくり稽古。
6時半開演。『盟三五大切』以来7年ぶりの熊本公演。劇団夢桟敷の皆さんを中心にした熊本の多くの若い演劇人が実行委員会を作って私たちの『お岩幽霊』を支えてくれた。大感謝!!
保村大和、そして坂口瑞穂の友人知人親戚が多く集まってくれた。阿萬由美の家族も宮崎から来てくれた。熱狂的な拍手。多くの皆さんが涙して感動している。こんなストレートに観客席に届いた熱い芝居は初めて・・・と学生たちが口々に。熊本の演劇大学の参加者たちのほとんどが来ていた。熊本日日新聞に劇評が出るとのこと。バラシの関係で開演時間を30分早めにしたのだが・・・それこそ多くの皆さんの協力で10時までに終える。バスをチャーターして福岡まで。12時過ぎに無事に到着。福岡の中心部:西鉄ホール。これまた、『幕末2001』以来の9年ぶり。とにかくめいっぱいやるだけである。

※※
10日(土)今日も晴れ晴れオトコの面目躍如。1日も雨に降られずここまで。
西鉄ホール現在仕込み中。山笠があるけんここは、博多天神たい!子供のころからいつも見る風景たい。天神は飾り山で子供たちが祭り気分を味おとる。ばってん、夜は場当りたい。で、『お岩幽霊』も、ついに明日:11日(日)14時の回でホントの千穐楽ばい!!

お見逃しなく!西鉄ホールで待ってます!!まだ席は「余裕あり」です。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: