公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
楽塾粗立ち三日間稽古!![稽古場]
2日続けてのハードデイである。
お昼前から楽塾の稽古。今日から粗立ち三日間。つまり立って「台本」を読むことに。まあ、この三日間で台詞を入れてくれればいい。

お休み数人、ということで「音楽きめ」関口音楽監督の持ってきた曲を聴きながら稽古用を決めてゆく。勿論本番までにはアレンジやリズムがどんどん変わっていくが「仮の」基本的な今回の音楽の方向性だけは決める。

で、ココロのボスとブタ松親分のSCENEをじっくり当たってみる。立ってみると分るがこの戯曲体力と集中力が「はんぱ」じゃないほど「要る」。

が、面白い!立ってみるとこの台本の面白さが分る。いや、芝居は面白い、楽塾は面白い。

稽古場を抜けて、事務所に移動。『卒塔婆小町』の演出会議。マミ先生と音楽の諏訪創、制作のコメコの4人。こちらも演出と音楽の方向性を決定するため。

核心と確信犯的方向も決定する。マミさんと私のコラボレーションだが最終的な色合いはマミ世界にすることにしている。創とワルツの方向性についても。ガクガクしたワルツ?って。一応,正月中に創った4曲を10日(月)の本読み&トップSCENE稽古までに持ってきてもらうことに。

打ち合わせを終え、九段下乗換え、井の頭線経由で2日続いての下北沢行き。

本多劇場でマシュマロウエーヴ25周年記念公演『男のライバル』(今いさむ:作 木村健三:演出)初日を見る。劇場のOさんに正月の挨拶。3月30日(水)には1日中、日本演出者協会の結成50周年記念祭を本多劇場でやる。ほんとに30年近くお世話になりっぱなし・・・である。今年もヨロシク。

知り合い多数が出ている。大西君、里村さん、一色さん、古屋くん、渋谷とみんな元気である。客席も華子、沖田乱、三田村さん、山田さん、蔦森さんといった顔も、いや世間は狭い。

早めに帰宅する。

深夜まで台本作業。なんとか書き上げメール。

いかん、いかん、このところずーっと深夜様だ。今年からこの習慣をやめようと思っていたのに相変らずである。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: