公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
演出者協会は50周年!を迎えます。[稽古場]
稽古、稽古の日々である。で、花粉症の2月である。
・・・・・・・
3月30(水)下北沢:本多劇場で開催される「演出者の集い2011〜日本演出者協会発足50周年記念祭〜」の実行委員会の打ち合わせ。当初は「お祭り」にする予定であったが、結局はキチンとした、協会員達が一同に介して「集い、語り合う」場とすることに。半世紀を迎える日本演出者協会。

10年目の「20代から30代の若手演出家コンクールのチャンピオン(最優秀受賞者)トーク」に始まって、「歴代の理事長鼎談」、「発足時からの大先輩たちの過去の話と未来に向けて」、「七つの地域からの発言」、「国際交流セミナ−の軌跡」、「最前線の演出家が語る演劇の現在」、「式典」、「近代戯曲リーディング上演」は初代理事長:村山知義作品の予定。で、パーティという盛りだくさん。

12時45分の開会宣言に始まって20時までの長丁場。

20時からの1時間あまりロビーでのパーティ=交流の場がある意味のメイン企画。とにかく演出家が集う!!600人を超えた個人加盟の協会員(その大半は首都圏、関西圏、東海圏だが、近年、地域の会員が「圧倒的に増加」している)が下北沢に集まる!トーキョー演劇を相対化せよ。社会と繋がる演劇を!!

1960年は発足、一時休止状態となり1974年再発足、1994年再発足20周年記念祭の「演出家の集い」を両国シアターχ(カイ)をやったことがある。わたしはロンドン留学のため入会したばかりなのに、千田是也理事長のご指名で「最年少理事」になったばかりであった。当時はもちろん、文化庁の助成金も何もなく、会員もまだ、現在の半分の300人余りであったと思う?当時の会費は5000円!!演出家による文士劇、最前線の演出家のトークバトル、メインエベントは「三木のり平VS千田是也対談」であった、わたしと矢崎滋さんがこの企画の担当だった。のり平先生や千田先生の取材というカタチで何度もお会いして「芝居の歴史」を聞いたのがその後のわたしの大きな財産となった。シターχは超満員札止めの「会員」とお客さん達で埋まった。ロビーでのパーティも盛会であった。ある意味、あの時が新劇・アングラ・小劇場の壁=ボーダーが崩れたキッカケとなり、その後の日韓、日中、東南アジアの演劇人たちとの国際交流が始まり、地域の演劇との積極的交流がはじまり現在の協会の《原型》が出来たのである。あれから、17年!!の《時》が流れたのである。

次の演出者協会の50年!に向けてのターニングポイント、それが3月30(水):本多劇場の集いです。ぜひ多くの皆さんに集まってもらいたい。勿論、会員でない観客、演劇を学んでいる学生・演劇人のかた、とりわけこれから「演出者を目指す若い演劇人」のご来場、大歓迎です。入場料は未定、1日中、出入り自由でなるべく安い料金を考えています。協会員はもちろんノーギャラ、手弁当、持ち出し、カンパ、ご祝儀大歓迎!!の[赤字必至企画!]だが、未来への大投資!のお祭り、是非、ふらっと本多劇場に、ご来場下さい!!


20代から90代まで3世代同居の演出者協会、おじいちゃんと孫が話し合い、演劇についてかたる、突如、劇場法反対?の集会になったりして・・・・。とにかく、企画は大至急に決定し3月30(水)、あと2ヶ月もナイ!いそがし、いそがしの実行委員・・・・がんばりましょう。

・・・・・・・
いま、20代の演劇人たちの現場で「役者」で稽古している。杉並区の集会室が稽古場、夜6時から9時過ぎまで。北京蝶々の大塩哲史の新作『パラリンピックレコード〜イシハラ都知事、絶体絶命!〜』演出は中屋敷法仁くん、「柿喰う客」の演出家、わたしはイシハラの役、イシハラの息子の役なんだけどね、もちろん、フィクションです。総勢26人のトーキョーの超格差社会の近未来を描くアクションコメディ?本読み、荒立ちでキャスティングワークショップってかんじで稽古が進んでいる。わたしはイシハラ都知事の役、これが、結構出番がアル!のよ。息子と同世代の演劇人たちと「どう遊ぼうか」?まあ、真摯に相手役と芝居するだけ。それが「役者」の仕事である。

稽古2日目、動いていたら革パンツがバリッとオシリのあたりが裂けてしまった。いやはや、オジサンだめじゃんのトホホである。それでも、とにかく時間がないので「荒立ち」しながら当たる。とりあえずの4日間の夜稽古。稽古再開は3月22日、本番は4月7(木)〜10(日)三軒茶屋:シアタートラムである。もちろん、「楽塾の稽古」には差し支えないようにキチンとする。

・・・・・
エジプトではムバラク大統領の退陣を求めて100万人デモ。60年安保のデモに似た光景。日本だってほとんど変わらない状況・・・・空疎な国会審議を観ていると、これくらいのデモがあってもおかしくないとおもう昨今である。

さて、来週から昼は『花札伝綺』の役者、夜は『卒塔婆小町』の演出、土・日は楽塾『もーれつ、ア太郎』の稽古のニチジョーが始まる。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: