公演情報

流山児★事務所 公演
高取英メモリアル
寺山修司―過激なる疾走―

2020年8月20日(木)〜24日(月)
下北沢 ザ・スズナリ

628omote.jpg

 

 

 


作◎高取英

音楽◎J・A・シーザー

演出◎流山児祥

◎出演
伊藤弘子
里美和彦
木暮拓矢
鈴木麻理
山下直哉
山丸莉菜
竹本優希
橋口佳奈
春はるか
松永将典
本間隆斗
(以上、流山児★事務所)
白永歩美
岬花音菜
石津ゆり
(以上、月蝕歌劇団
高野美由紀(劇団☆A・P・B-Tokyo
紅日毬子(虚飾集団 廻天百眼
霍本晋規(劇団三日月湊
《特別出演》伊藤裕作


◎公演スケジュール
2020年8月20日(木)〜24日(日)
20(木)19:00
21(金)19:00
22(土)14:00
23(日)14:00
24(月)14:00
各回、アフタートークあり。ゲストは後日発表。
 

発売開始 2020年7月23日(木・祝)
ご予約はこちら
https://www.quartet-online.net/ticket/terayama2020

チケット取扱・お問い合わせ
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)

 

 

流山児★事務所
2020年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
劇団でしか出来ない事![稽古場]
『花札伝綺』連日通し稽古に突入。

日々進化・深化している稽古場である。
龍と交互に「通しに参加」して出番。2SCENEだが面白がってやっている。
まったく違う仏蘭西刑事になっているので是非、両方見て比べてもらいたいものである。
それにしても、龍という役者は変わらない。
演劇団時代の役者達は個性というか生き方がそのまま芝居になっている。
ほんと、40年役者やっていると、そーおもう。還暦を迎えた役者とこれから還暦を迎える役者。最早戦友でもある。
・・・・・・・・・・・
『花札伝綺』で確実に役者達は成長した。
劇団員だけで作るということは「こういうこと」を実感する作品作りである。
ほぼ半年かかりで、リズム稽古や衣裳、小道具つくりと長い時間をかけてやっている。
それでも間に合わない?という贅沢な芝居作り・・・。
プロデュースやユニットでは決して出来ない経済原則を越えた無償の愛というべき芸術行為・・・それが「劇団」である。「劇団」制がほぼ崩壊し、経済原則を基本にしたプロデュース制が全てに近い現在、経済ではなく志という真の意味での総合芸術集団それが「劇団」である。わたしたちは所謂「劇作家=演出家=主宰」の「小宗教」の小劇場集団ではなく、あらゆる演劇を志向し、ジャンルを越えた、ジャンルの撹乱者集団として《世界演劇》を目指す総合舞台芸術集団=劇団を目指している。だから、歌舞伎も能もアングラもミュージカルもコンテンポラリー・ダンスもシニア演劇も現代口語演劇もすべて「大衆演劇」として再構成する。それが真の意味の《世界演劇》なのである。
わたしたちはニッポンを代表する《世界演劇》の戯劇大師として《ニッポン》を《世界》のヘリ(縁)を「旅」する!!
・・・・・・
『花札伝綺』2時間を越えていた「初通し」から1週間、1時間40分余に。
もう少し縮まるだろう。
ミュージカルを超えた文字通りのテラヤマ・オペレッタとなった。
盛りだくさんの歌・踊り、是非堪能あれ!!

・・・・・・・
『卒塔婆小町』も順調に進んでいる。
こちらもダンステアトルというべき世界の何処にもなMISHIMAになる。

こんなキチガイじみた実験が出来るのもアトリエがあり、
様々な試みを楽しめる劇団員がいるからである。
基本的にカラダで考える。
カラダで表現する事を基本に全員で「討論」?しながら稽古している。
テキストは40分余りの戦後演劇の最高傑作とよばれるMISHIMAの台本。
1ヵ月後の本番とはいいながら・・・・
『花札伝綺』や『夢謡話浮世根問』の本番中は稽古環境もそれなりに制限される。

この4日間あまりでとにかく行けるところまで行く!しかない。
3本とも面白い!!です。

次々とレパートリーシアターとわたしの取材。

産経新聞・毎日新聞・共同通信、近々、掲載予定。
レパートリーシアター「通し券」で3本!!ぜひ、ご覧下さい。今すぐ、予約。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: