公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
劇団力![MISHIMA]
規制値を越える放射性物質が農産物から検出されたり金町浄水場の水道水にも。
大気中の放射線量が下がらないのは原発からずーっとガス状の放射性物質が洩れ続けているにほかならない。長い闘いとなるだろう。昨日今日と大きい地震も。今朝は茨城。震度5。
・・・・・・・
NEWS!です。
月刊ミュージカル2010年ベストテンで『愛と嘘っぱち』(作:鹿目由紀 演出:流山児祥 音楽:浅井さやか 音楽監督:諏訪創)が「24位」に選ばれました。ちなみに創作(オリジナル)新作ミュージカルでは三谷幸喜:作『TALK LIKE SINGING』(15位)中島かずき:作『薔薇とサムライ』(16位)に次ぐ第3位の快挙です!!
審査評:「流山児★事務所の『愛と嘘っぱち』はミュージカルとしては異色だが、こんな大衆的路線がもう少しあると楽しい」(河野孝氏)「『愛と嘘っぱち』は劇団の力が生んだ。」(阪清和氏)

『ユーリンタウン』に次ぐわたしたちのミュージカルの代表作が生まれた。流山児★事務所はいまや、誰もが認めるミュージカル劇団である。『花札伝綺』『狂人教育』も加えて《世界》に通用する「流山児ミュージカル4作品」のレパートリー、いつか「連続上演」したいものだ。
・・・・・・・・
『卒塔婆小町』連日「満員」爆走中である。
勿論「満員」といっても定員:60席そこそこの小劇場である。
が、いま「必要」なのはこういったオルタナティブな劇場(小劇場)ではないかと思う。
「公共劇場」のほとんどが「《公共を管理=自主規制する《場》」でしかない事が、今や、誰の目にも明らかになった。消費される商品でしかない公共の「演劇」。「ローソク1本あれば演劇は出来る」というシンプルな論理が、実は「公共劇場」では・・・・・誰のためのコミュニティ・シアターなのだ?誰か、答えて欲しいものだ。率先して「劇場」のドアを閉める「ヤツラ」を誰が信じると言うのだ。「劇場」とは誰をもがドアを開け、いられる《場》でなければならない。
・・・・・・・・・・
定員60席の小劇場は「経済原則を越えた表現と自由の解放区」である。

わたしは、これから「公民館演劇」を提案しようと思っている。「公民館」はマチの人たちの「避難所」でもある。そこには勿論、「非常設備」が完備されていなければならない。「劇場法」でいう区分け:創る劇場、観る劇場、集る劇場=「公民館」=集会場(避難所:アジール)こそが「民衆のための劇場」だと思う昨今である。「創る」「観る」劇場はいまのところ、何故か「ドア」を閉めている管理された《場》でしかない・・・・・。せめて、新国立劇場ぐらいは「劇場を避難所」にして、ロビーや屋外で「芝居してみせる」ぐらいの事をやってくれたら、うれしい限りだが・・・・・無理に決まってるか。
・・・・・・・
レパートリー・シアターも「あと4日」で終演である。
連日30分ストレッチ、2時間稽古、本番の日常がここ「1ヶ月」続いている。
1ヶ月以上小劇場で「3作品連続上演」を可能にしているのは「劇団のチカラ」である。
20人の劇団員総出演で3チーム、キャスト以外のスタッフワークは違うチームがフォロー。
長期稽古で本当にまるで早稲田で生活しているといった感じのこの半年間であった。こんな贅沢な作品創りも「劇団」でしか出来ない事である。
こんな時代だからこそ「集団=劇団」の力が問われている。「ローソク1本あれば」わたしたちは「演劇」出来るのである。それが「劇団力」である。嘗て、唐十郎氏ら劇団状況劇場は戸山ハイツで自転車のライトで芝居を上演したじゃないか。ぱりっとした「役者体と集団」があればいいのである。
それは経済を越えた志である。演劇は「生きざま」でしかない!メイヨもカネもカンケイねえよ。
・・・・・・・・・・・

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: