公演情報

流山児★事務所 公演
高取英メモリアル
寺山修司―過激なる疾走―

2020年8月20日(木)〜24日(月)
下北沢 ザ・スズナリ

628omote.jpg

 

 

 


作◎高取英

音楽◎J・A・シーザー

演出◎流山児祥

◎出演
伊藤弘子
里美和彦
木暮拓矢
鈴木麻理
山下直哉
山丸莉菜
竹本優希
橋口佳奈
春はるか
松永将典
本間隆斗
(以上、流山児★事務所)
白永歩美
岬花音菜
石津ゆり
(以上、月蝕歌劇団
高野美由紀(劇団☆A・P・B-Tokyo
紅日毬子(虚飾集団 廻天百眼
霍本晋規(劇団三日月湊
《特別出演》伊藤裕作


◎公演スケジュール
2020年8月20日(木)〜24日(日)
20(木)19:00
21(金)19:00
22(土)14:00
23(日)14:00
24(月)14:00
各回、アフタートークあり。ゲストは後日発表。
 

発売開始 2020年7月23日(木・祝)
ご予約はこちら
https://www.quartet-online.net/ticket/terayama2020

チケット取扱・お問い合わせ
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)

 

 

流山児★事務所
2020年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
8歳の俺。[稽古場]
稽古の日々が始まった。北京蝶々(昼)@四谷と楽塾(夜)@早稲田の稽古同時進行。
・・・・・・・・・
『パラリンピックレコード」は「初」通し。1時間40分余り。台詞は一応、全部入った。
ダメだしというか中屋敷君の感想。目標は1時間25分に圧縮。中屋敷君曰く「チューニングの作業」にはいります。前半から「濃い」ものに。
じゃ、俺もエネルギー全開でいくか!と稽古再開でメチャクチャ動いてみたら「左足太腿」が「プチッ!」と音を立てた。あれ?とおもったが稽古を続けてた・・・で、稽古を終えて着替えていたら、急に歩けなくなった・・・・。本当はそれから本多劇場で行われる予定だった演出者協会の大集会の「延期」のため、劇場で「お詫び」に行く予定であったが・・・・・.
足引きずって10分ぐらいかけて近くの病院へ。肉離れである。包帯でキツーク、グルグルまきにされる。タクシーで帰宅。冷やせ!ということでアイスノンを当てて寝る。
・・・・・・
朝。起きると、少しは良くなっていた。昨日は全く動けなかったが・・・きょうは「少し」歩ける。
いやはや、年甲斐もなく・・である。ストレッチ、ちゃんとやれ!ってもんだ。ほんと、俺「8歳で成長止まってる」と思う昨今である。ほんと「寅は・・・・・」である。やんなくてもいいのに「やってしまう」俺って何?

今日からは「楽塾」の稽古と重なっていたが、今日1日だけ「お休み」をもらう。
医者がこれからはだましだまし使ってゆくしかないですよ、と説明してくれた。
「中古だが、巧く使えば新車より凄いんだから」・・・そうですね、気をつけます。
というわけで、今日は1日中[oyasumi]。
明日は大丈夫でしょう・・・・なんてったって、8歳のガキなんだから、俺。
・・・・・・・
稽古の日々だが同時に来年度の企画の話も進んでいる。

が、この時代である。この時代と状況に対峙する劇団活動を真摯にやるしかない。
「邪心を捨てろ、たんたんとやれ!」という小津安二郎の言葉ではないが、「身の丈にあった」ことをキチンとやりたいものだ。経済原則を越えた、演劇が「運動」であり「避難所」であるための志を持った集団的営為となるために・・・・・。劇団のレパートリー・シアターを中軸に据えながら、若手の作家達と「新作」劇を作ってゆきたい。オリジナル・ミュージカルも・・・・・。あくまでも、「劇団=集団」と「小劇場空間」にこだわって、出来るだけ「ロングラン」で・・・。

呼ばれたら何処へでもゆくし、何処でも出来る芝居を作っていく。芝居は何処でもやれるシロモノなのだ。河原乞食の《志》を高く持って・・「旅する演劇」!!行こうぜ、友よ!8歳のココロとカラダを持って。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: