公演情報

流山児★事務所 公演
高取英メモリアル
寺山修司―過激なる疾走―

2020年8月20日(木)〜24日(月)
下北沢 ザ・スズナリ

628omote.jpg

 

 

 


作◎高取英

音楽◎J・A・シーザー

演出◎流山児祥

◎出演
伊藤弘子
里美和彦
木暮拓矢
鈴木麻理
山下直哉
山丸莉菜
竹本優希
橋口佳奈
春はるか
松永将典
本間隆斗
(以上、流山児★事務所)
白永歩美
岬花音菜
石津ゆり
(以上、月蝕歌劇団
高野美由紀(劇団☆A・P・B-Tokyo
紅日毬子(虚飾集団 廻天百眼
霍本晋規(劇団三日月湊
《特別出演》伊藤裕作


◎公演スケジュール
2020年8月20日(木)〜24日(日)
20(木)19:00
21(金)19:00
22(土)14:00
23(日)14:00
24(月)14:00
各回、アフタートークあり。ゲストは後日発表。
 

発売開始 2020年7月23日(木・祝)
ご予約はこちら
https://www.quartet-online.net/ticket/terayama2020

チケット取扱・お問い合わせ
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)

 

 

流山児★事務所
2020年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
Space早稲田リニューアル中![稽古場]
北京蝶々『パラリンピックレコード』本日仕込み、という事で私はオフ。
左足の太腿の具合は大分よくなっている。が、包帯で締め付けたところが赤くはれ上がっているので軟膏をすり込む。リハビリのために歩く事に。

神田川の櫻は満開一歩手前、「節電」という事で例年のライトアップはないが見事に咲いている。これでいいじゃん。平日の昼間だというのに、多くの人出で賑わっている。ま、櫻の下で呑んでいる人はいないが・・・・。どんな状況でもヒトはヒトと出会い、イマを生きる。岩手の酒屋さんが言っている。「岩手の酒を呑んで、櫻を愛でてください」と。が、自粛自粛、と石原がまたしても・・・・。
・・・・・・・
早稲田までゆっくり歩く。
今日から3日間、「14年ぶり」に稽古場兼拠点劇場の全面リニューアル工事。劇団員総出で取り組んでいる。早稲田に果物と飲み物をいっぱい近くの八百屋(この店はイジョーに安い)で買う、これまた近所の珈琲店の店員さんに「今日は凄い買い物ですね」と聞かれる。「いま劇場を作り変えている」といったら八百屋さんと店員さんに「一度観にいきたい」といわれる。「是非、観に来てください」。ゴールデンウイークには中高年劇団=楽塾をオープニングに2ヶ月間の第1回Space早稲田演劇フェスティバルが始まります。この「14年間」ですっかり町の風景にSpace早稲田は溶け込んだ「町の小屋」となった。いつも、近所のお客さんが本当にふらっと来てくれる「小屋」である。ささやかな民衆のココロの避難所としてSPACE早稲田は存在し続ける。どんな時代になっても、決して「ヒモ付き」でない「自前の演劇」を「ココ」から私たちは創り続ける。

看板担当は塩野谷正幸、山下直哉が助手。手作りの見事な看板が出来上がりそう。

劇場の中では、様々な「収納箱」が作られている。ほんとうに坂井香奈美が言うように「職人さんがいっぱい」の木工場の風情である。木屑まみれで一日中奮闘。全員が棟梁である。もちろん、この14年間ででここまで「成長」したのである。

照明班もコードの整理、修理。機材のメンテナンス。
勿論、ボロの40年選手のいまどき「何処にも無い500W灯体」だらけの20灯体・・・・・。ま、これでいい。このボロ灯体と作業灯と電球でいかに「芸術的」に空間をデザインするかだ。

照明班以外は今日は「野郎どもの職人」だけの現場。龍昇の差し入れのビール券でビールを買い、稽古場に届けて帰る。負傷兵は役立たずである。今日の賄いはお稲荷さんと餃子とサラダ。
・・・・・・
福島第1原発事故で、東京電力は6日朝、2号機取水口付近のコンクリート製立て坑「ピット」の亀裂から海に直接流出していた高濃度の放射能汚染水を止めたと発表。

今回の人災を受け「反原発」「脱原発」の動きを進めねばならない。東京は電力の最大消費地でありながら危険な原発を新潟、福島に委ねて繁栄してきた「事実」が今のパニックをよんでいる。今回の都知事選は石原の「今でも原発推進論者です」の発言を東京都民がいかに「審判」するかである。石原がもし「当選」するなら嘗て、石原が語ったように「完璧な管理が行われるなら東京湾に原発を作ってもいい」(2000年日本原子力会議)を「実行」すべきだ。経済(カネ)が全て!だから『原発は安全・安心です!原発は東京に!』か『脱原発!』か?を東京都民は直接「住民投票」で「決定」すべきである。
・・・・・・・
今日も快晴。
13時トラム入り。『パラリンピックレコード』場当たり、明かりあわせ。役者に専念しなきゃ。

Space早稲田は本日女性陣も加わり色塗り作業。
3日間ですっかりわたしたちの劇場は手作りで「リニューアル」される。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: