公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
《世界》は君のすぐ《トナリ》にあるのに。[稽古場]
稽古稽古の日々が続いている。その間に様々な打ち合わせ、原稿、企画書と目まぐるしい日々である。それでも、わたしはやはり、稽古場で役者たちといるのが一番楽しいことである。おもえば、この30年余りずーっとそんな感じである。お昼過ぎからたいていは22時すぎまで稽古場にいる。この15年はほぼ、Space早稲田にいる。もちろん、座・高円寺や本多劇場公演といった広い空間の時は別の稽古場だが・・・・・Space早稲田にいると自分でも吃驚することだが「この空間」が「演出」してくれるのである・・・・・ここにいる空気が「役者」の身体に様々な「浸食作用」を自然と起こしてくれるのである。
楽塾の追い込み稽古をやっているとつくづく「この空間」が「楽塾歌劇」を生み出したのだと思ってしまう。
演劇評論家の江森さんが「楽塾」の演劇を「官能の解放区」と名付けてくれたがまさにそのとおりである。
15年の歴史と関係性がこれだけ「強固な」それでいて「いいかげん」でフレキシブルな芝居を生み出しているのである。わたしは、何故か完成形になるとすぐ悪戯心が働いて、壊したくなる。創って壊してを永遠に続けていたい衝動に駆られながら、Space早稲田でほくそ笑む日々である。
「十二夜」はいろんな意味で「楽塾15年の集大成」であり、新たなる「出発点」になる作品となるだろう。
体力と集中力、それも「集団」の演劇の極北がここにある。平均年齢が60歳近い彼女らの人生が醸し出す「個性」のきらめき「いきざま」のきらめきは半端じゃない、この「きらめき」をぜひ、多くの皆さんに見てもらいたいのである。既成の演劇にはない、アナーキーでアモルフな「生の衝動」とでも呼ぶべき「凄み」がここにある。プロの役者ってなんだろう?といつも思う稽古場。それが楽塾の現場である。これこそがプロだろう、だって「命懸けで突っ立っている死体」(土方巽)とはこのことかもしれない・・・必死さの持つ可笑しさ。「一生」懸命で「一所」懸命とは、このことだ。
ここには、劇作家・演出家の才などというものより「すっかんぴんの役者の身体」の「凄み」が屹立している。で、あるならば、なるべく「すきま」を!なるべく「いいかげんさ」を!である。
演技する、芝居をする・・・・だと!ふざけるな、ニンゲンのオモシロさ・・・・これである。6か月稽古はダテじゃない。みんな、ピナ・バウシュのダンツテアターの先、カントールの先まで行こうぜ!あと15年!そん時、おれ80歳近くなるけどさ・・・・・。
・・・・・・・・・・
中津留章仁君と来年のテラヤマプロジェクト第2弾『無頼漢』の打ち合わせ。
流山児★事務所創立28年の集大成でもある『地球☆空洞説』に続く豊島公会堂企画第2弾は中津留章仁:脚本、流山児祥:演出による映画『無頼漢』の舞台化!である。寺山歌舞伎!それも「集団活劇」として極彩色の「情念の美」をやろうと思っている。黙阿弥の名作『天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)』の天保の六悪党のモノガタリ、ま、中津留君が如何に料理してくれるか?楽しみである。

夕方は11月寺山見世物MUSICAL『地球☆空洞説』の音楽打ち合わせ。J・Aシーザー、音楽監督の坂本弘道さんと楽曲の決定。新曲の決定、その他。これまた、総勢60人近い出演者が池袋の街と豊島公会堂で繰り広げる「半市街劇」的スペクタクル。7月には豊島区で「大人のための演劇WORKSHOP」まで開催することも決定。
来年は寺山さんの没後30周年、生誕77周年の記念の年、ここしばらくは寺山修司作品との格闘が続く。

昼間は8月・9月エジンバラ・ニューヨーク・ビクトリア・バンクーバー各地の国際演劇祭で上演する『花札伝綺International version』の稽古、この作品も急遽、出発前の8月初旬Space早稲田でプレビュー公演をやることに決定!!近日詳細は発表します。

バタバタと様々な企画が決まってゆく。やれることやりたいこと、世界中、日本各地からの要望に応えて身軽にこれからも、日本の芝居者の原点である「河原乞食」の精神を忘れずに真摯に、自由に「遠くまで行こう」と思っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
それにしても、流山児★事務所は実にオモシロイ集団に進化・深化してる。10代から60代までみごとに3世代が自由にいられる稀有な「劇団」らしい「劇団」である。それも風通しは何時もよくしている。演劇祭やったり、海外へ行ったり、被災地との協働作業を追及したり、若手を中心にいろんなことをやっている。
ぜひ一度、ふらりと、稽古場=Space早稲田を覗いてください。再来年には「創立30周年」を迎える流山児★事務所だが、昨日入った「新人」でも実力があったら、ひょっとして次回作の「主役」?をやれる、へんな「劇団」かもしれない。

思い返せば、わたしが唐さんたちの劇団状況劇場に1967年、20歳で入団した時と同じように今は「なにもない時代」である。だからこそ「何でもやれる時代」なのである。問題はやる気である。とっくに、メイヨもカネもモノへの欲望、なんて何の「意味もない」ことを誰もが3・11で知ってしまった「現在」、「劇団員」!っていうのは結構オモシロイ仕事だと思うのだが・・・・。ま、一生ビンボーなんだが、自由で面白いことだけは請合います。どうなんだろうね?苦労してまで、いまの20歳はやらねえか?世界を見れば(体験すれば)確実にニンゲンは変わるのに。そして・・・・・《世界》と《自由》は、キミのすぐ《トナリ》にあるのだ。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: