公演情報

流山児★事務所 公演
高取英メモリアル
寺山修司―過激なる疾走―

2020年8月20日(木)〜24日(月)
下北沢 ザ・スズナリ

628omote.jpg

 

 

 


作◎高取英

音楽◎J・A・シーザー

演出◎流山児祥

◎出演
伊藤弘子
里美和彦
木暮拓矢
鈴木麻理
山下直哉
山丸莉菜
竹本優希
橋口佳奈
春はるか
松永将典
本間隆斗
(以上、流山児★事務所)
白永歩美
岬花音菜
石津ゆり
(以上、月蝕歌劇団
高野美由紀(劇団☆A・P・B-Tokyo
紅日毬子(虚飾集団 廻天百眼
霍本晋規(劇団三日月湊
《特別出演》伊藤裕作


◎公演スケジュール
2020年8月20日(木)〜24日(日)
20(木)19:00
21(金)19:00
22(土)14:00
23(日)14:00
24(月)14:00
各回、アフタートークあり。ゲストは後日発表。
 

発売開始 2020年7月23日(木・祝)
ご予約はこちら
https://www.quartet-online.net/ticket/terayama2020

チケット取扱・お問い合わせ
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)

 

 

流山児★事務所
2020年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
酩酊舟ノート。夢二・「少年」・アマノ[酩酊舟ノート]

今,午前3時45分NHKの「ラジオ深夜便」というやつ(これ1年に何回か聞くが面白い)を聞きながらこの日記を書き始めている。

さっき、新宿で天野天街と別れたばかりである。

今日は朝から忙しい日であった。

お昼前に、ロマン・ポランスキー監督の最新作DVD『オリバー・ツイスト

面白い。

なんとなく『戦場のピクニック』のあとに,少年を主人公にした寓話とでも呼ぶべき、これを撮りたいというのはわかる。ポランスキーてやっぱりヘンタイだな。

世界のアラーキーこと荒木経惟氏に『オールドバンチ』のポスター用写真の撮影を頼み込み、了承を得る。

大感謝。

制作に連絡し、9月2日六本木のスタジオ撮影決定。

どんどん超豪華スタッフ陣が協力してくれる、おいおい、元さん台本早く頼むぜ!

そして、来年の秋に予定している観世榮夫さんと一緒に作るベニサン歌舞伎の依頼をしている大物歌舞伎役者?のマネージャーと電話打ち合わせ。9月初めに会う事を決める。御期待下さい。

で、下北沢へ。

少年王者舘の新作『I KILL イキル』(作・演出天野天街)をみる為。

いわゆるストーリーは無い。ある種イメージの劇?というかアマノ・ワールドの全面展開。

面白い、トップシーンで全てを言っているので、あとは別に何度繰り返そうと本当はどうでもいい。男達が実に意味の無い体力芝居をやるシーンが面白かった。

小林夢二という元プロジェクト・ナビの小林正和の息子の芝居を見ていると、父親と母親の顔が浮かんできて名古屋の演劇人と35年以上付き合ってきたテメエがまるで息子の成長を見て喜んでいる事に愕然。

それにしても夢二はまさに「夢二の少年」というイメージ。

そういえば、25年前のアマノに似ているぜ・・・・。

元気であと3日間がんばってくだされ。

劇団のサポーターでもあり、私の演劇塾の教え子でもある(といっても5歳年上)村田さんと「いわし屋」で呑む。

その後、例によって「ふるさと」へ合流。

イープラスの安藤さん、「野鳩」の水谷君らと飲む。劇団の阿川竜一、阪本アツシといった連中も。あれ、スエヒロケイスケもいやがった・・・・・元気そう。

水谷君や「ひょっとこ乱舞」の広田君や「ミルクホール」の佐野君といった若い演出家たちと再来年当り面白い企画をやりたいものだ、イープラスものって下さいよ、安藤さん宜しく。

それとこのブログで「今日の流山児的映像」ってヤツ、やりたいんだけど・・・・宜しく、お願いします。

で、何故か?!これまた恒例で、アマノと2人で新宿で3時過ぎまで呑み馬鹿話。

再来年3月のごまのはえの新作の演出のことや、必ず書くと宣言している『アンダーグラウンド・ホテル』(ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出予定)のはなしなど。

で、最後は維新派の雄吉さんの「芸術家宣言!」の話しで大盛り上がり。

いつも思うことだがアマノはホントーに「少年」で「王者」であるなあ、と妙に納得する。

宇宙語のごとき「身体言語」を発するこの「王者」見ていて飽きない、もう25年以上の付き合いだが・・・・・。

こういうヤツはそんなに居ないなあ。アマノは一生「少年」なんだろうなあ?

という訳で(何が?)『オリバー・ツイスト』からアマノまで、今日は何故か「少年」について考えた1日であった?

 

●●

が、来年1月『鼠小僧次郎吉』での、夕沈と私のWキャスト上演の面白さについて!考えるだに面白い!!

夕沈という「天才」と私のような「天災」が出会い、わけくチャ分らん芝居作ったら・・・・・オモロー、嬉しい限り。

●●●

と、酩酊舟のなかでこの原稿を書いている。

今日は多分一人で焼酎のボトル2本近く開けたな・・・・・ああアタマクラクラ、。ダメじゃん。

おやすみなさい。で現在、4時15分である。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: