公演情報

流山児★事務所 公演
高取英メモリアル
寺山修司―過激なる疾走―

2020年8月20日(木)〜24日(月)
下北沢 ザ・スズナリ

628omote.jpg

 

 

 


作◎高取英

音楽◎J・A・シーザー

演出◎流山児祥

◎出演
伊藤弘子
里美和彦
木暮拓矢
鈴木麻理
山下直哉
山丸莉菜
竹本優希
橋口佳奈
春はるか
松永将典
本間隆斗
(以上、流山児★事務所)
白永歩美
岬花音菜
石津ゆり
(以上、月蝕歌劇団
高野美由紀(劇団☆A・P・B-Tokyo
紅日毬子(虚飾集団 廻天百眼
霍本晋規(劇団三日月湊
《特別出演》伊藤裕作


◎公演スケジュール
2020年8月20日(木)〜24日(日)
20(木)19:00
21(金)19:00
22(土)14:00
23(日)14:00
24(月)14:00
各回、アフタートークあり。ゲストは後日発表。
 

発売開始 2020年7月23日(木・祝)
ご予約はこちら
https://www.quartet-online.net/ticket/terayama2020

チケット取扱・お問い合わせ
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)

 

 

流山児★事務所
2020年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
「いまある」ことへの苛立ち[酩酊舟ノート]

「いまある」ことへの苛立ち。

最近、年とったせいか、青臭い(演劇)青年だった頃にもどったように、様々な「いまある」ことへの苛立ちを覚えてならない。

昨今のメディアと大衆によって作り出されているナショナリズムもそうだし、言論思想統制をおもわせる戦前と同じ風潮。安倍政権誕生で教育基本法改正、憲法改正という悪夢の平成「戦争準備体制」へと突っ走る!というのか。

翻って、何よりもダメなわが演劇業界もまた、「触らぬ神に祟なし」で、毒にも薬にもならないテレビドラマにそのまま転換可能の「批評精神」を喪失した商品=芝居ばかり。そこには「いまある世界」に対する嫌悪や批判はほとんどない。

こんなふうじゃ、「いまある」芝居はいつでも戦前の大政翼賛的芝居OK!になっちゃうようで気持ち悪い!ったらありゃしねえ。多分、今度は先の大戦中のような慰問演劇といったものにはならないかもしれないが芸能は国策協力メディアの尖兵となる?

 

こんな風に書くのは、わが国には本来あるべき、きちんと自立した「批評家」がいつまでも存在せず、実験性や、舞台芸術が持つ先駆性、前衛性、反社会性をきちんと評価する体制がない!という根本的な貧しさである。

舞台芸術が文学、美学、哲学といった芸術ジャンルと切り結ぶことなく、ただ娯楽という「商品」として生産=消費され「時代」とともに消えていく。

そして、そのサイクルを「批評家」という名の「宣伝屋」がお先棒を担ぐという構図。批評家は舞台芸術家とともに、この消費体制そのものと戦え!ってもんだ。「いまあること」への怒りの戦線の組織化?

 

一体俺、何書いてるんだ?かなりの勢いで酔っているな・・・・・。メチャクチャじゃん、論旨もヘッタクレもナイじゃん。いかん、飲みすぎだっつーの!


●●

昨夜に続いて今日も朝からビデオ審査2本。これで残り4本。

稽古場で前半の「通し」。7時半過ぎに早めに稽古を取る。久しぶりの500円(宴)会。遅くまで。私はゆっくりほろ酔いカゲンで歩いて帰宅。


稽古場日誌に別に俺はブログでダメダシなんかしていない。役を作るための様々な試み。


それもなるべく大胆不敵にやろうぜ!って激を私は発しているのだ。
台本も演出もしょせんテキストでしかない!

役者という圧倒的な「批評家」を私は育てたいのだ。

テラヤマのテキストはそうするにはピッタリのもの。


●●

今夜のビデオ。『アリゾナ・ドリーム』(エミール・クストリッツア監督作品 ジョニーデップ主演1992年)『アンダー・グラウンド』『ライフ・イズ・ミラクル』の巨匠のメチャクチャ映画。ビンセント・ギャロはまるでタランティーノだな。


で、ジェリー・ルイスでフェイ・ダナウエイ?役者の豪華さにまず驚く。

でもって、自由奔放な映像表現。魚が空飛んでるぜ・・・・。

これだな、多分。

俺も例えば、こんな表現を目指せば・・・・・・?ウン。

今日も「酩酊船ノート」である。

 

深夜3時近くビデオの返却。
きれいな満月である。部分皆既月食?ていつだったけ?

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: