公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
君は『オッペケペ』を知っているか?[酩酊舟ノート]

朝から1962年の歌謡曲を聴いている。

ザ・ピーナツのベスト。ザ・ピーナツの「ザ・ヒット・パレード」なんてCDを聞いていると自分が中学生にもどっている事に気付く・・・音楽の力のすごさである。

Bヴァージョンの客入れ音楽を決めるためである。西田佐知子の「アカシアの雨にうたれて」なんて名曲は俺たちの時代には60年安保の敗北のエレジーであった。ついでに福田善之の傑作戯曲『オッペケぺ』なる本まで読み出してしまった。

明治20年代の壮士劇をはじめた川上音二郎らをモデルにした芝居である。自由民権運動が弾圧され、かっての壮士たちは官憲にこびて出世するか無頼漢になるかの挫折の時代。  寺山修司とは違った角度で60年安保状況の「政治と文学」を描いた戦後演劇の傑作のひとつである。

1963年劇団新人会公演で『オッペケぺ』は初演されている。

「せりふの時代」の今月号で斉藤憐さんは「新劇の公式に、反旗を翻した最初の戯曲」とこの作品を語っている。今度じっくり読み返そうと思っている。

今の時代こそ、コノような戯曲は読まれるべき、そして上演されるべきだと私は考えている。佐藤信の『鼠小僧次郎吉』のように、唐十郎の『由比小雪』のようにだ。時代に対して熱く語るべきものが確実にあった時代、今だって「アル」。

●●

谷川俊太郎の詩集を片手に地下鉄に。お昼過ぎにベニサン入り。

ピーナツの「DON`T FORGET DOMANI」をスタンバイにすると島さんに・・・・、で、「岸を倒せ!」のデモノイズない?と聞いてみる。アベさんの敬愛する祖父と日本中の人々が闘っていた60年安保の状況を寺山修司は『血は立ったまま眠っている』と『狂人教育』で見事に描いている。

 

そんな62年状況とオーバーラップさせ《原テキスト》世界を「正統」に作り上げるべく本番までしつこくやろうと思っている。まだ、4日ある。

5時過ぎから9時まで北村真実さんと動き・ダンスの「場当たり」。

3チームあるから時間がいくらあっても足りない。なんとか半分。音合わせにも時間がかかりそうである。でもあせっても仕方が無い。じっくり、あせらずカクジツニダ!

クリエイティブなイメージなんてクソくらえである、原初的な動物的エネルギー渦巻く「オスとメスの世界」「支配と被支配」の反逆のメロディーこそ謳わねばならない。「岸を倒せ!」だもん。笑うしかないコノ世界に反吐はくアモルフな「眼と精神」・・・・なんのこっちゃの今宵も酩酊船ノートと相成る。

「水天宮」近くにコノ明治座のポスターがいっぱいはってある。「黒革の手帖」ねえ・・・・・。

●●

 

明日は朝9時から準備。

10時から「場当たり」開始である。1日中かかるだろうな・・・・・・。

全ては集中力である。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: