公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
キネマと怪人終幕![キネマと怪人]
超満員札止めの観客動員新記録をうちたてた大ヒット作「キネマと怪人」(佐藤信:作)遂に終幕。多くの皆さんのご来場に感謝。

来年は「昭和三部作」完結篇「ブランキ殺し上海の春」を上演予定です。
何処にもない圧倒的熱量を持った音楽劇を、西沢栄治:演出 諏訪創:音楽
流山児祥:芸術監督で第3弾を創りあげます。
剋目して待て!

『ハイライフ』の翻訳者でもある吉原豊司さんのキネマと怪人:評
「ド派手でむちゃくちゃな舞台、これぞアングラの醍醐味。スペースを縦横無尽に使い、汗だくでご奮闘の皆さんに脱帽。満州国の興亡は僕らにとって「歴史の一齣」ではなく子供時代の微かな記憶。「紀元は二千六百年!」と歌いながら、訳も分からず花電車に日の丸の旗を振っていたチビのころの自分が苦く思い出されました」

そしていつものように宮崎さんのブログから。
「14時本番。本日も、キャンセル待ちで並ぶ人がでる。本当に、観れなかった人達には、申し訳ない。劇場の限界を遥かに越えているんです。芝居は、今日も乱れることなく、良いテンポでいくし、お客さんもよく笑ってくれる。
無事に終わり、舞台撤去作業。そして、20時より、打ち上げ。
約二ヶ月間の座組だったけど、「阿部定の犬」同様に、良い座組だった。劇団協議会主催公演だけど、流山児さんが仕掛けた「昭和三部作」今でも力強さと、日本に対することが、明確に出ている。現代演劇の基盤を作ったアングラ演劇。我が黒テントの作品が、蘇った。アングラ演劇の財産だよね。信さんの凄さと鋭さを目の前で感じた18ステージだった。たぶん、今、アングラ劇団で流山児事務所が日本で一番だと思っている。役者も面白いしね。企画もいい。そこで、芝居が出来ることも、うれしいことだ。
来年秋、昭和三部作三部目「ブランキ殺しの上海の春」を流山児さんは、企画した。また、驚くと思いますよ!乞うご期待。」
・・・・・・・・・・・・・
曇り空のトーキョー。
お昼過ぎから稽古場片付け。大掃除。色塗りなどリニューアル。
夕方には劇団総会。
少ーし、遅れの「新年会」(今朝まで「キネマと怪人」の打ち上げで飲んでたけど)である。

「キネマと怪人」を終えて、Space早稲田は週末は楽塾台湾公演「女の平和〜不思議な国のエロス〜」(寺山修司:作)の稽古。来週から3月インドネシア・タイツアー「西遊記」の稽古が始まる。
流山児★事務所は《演劇の自由》を求めて「世界」を旅してゆきます。小劇場から、海外の国立劇場、世界遺産:ボルブドール遺跡といった様々なトコロで上演していきます。
かくして、いつもの早稲田の日常がはじまります。
2016-02-15 12:10 この記事だけ表示