公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
松本雄吉死去の報。[代代孫孫]
驚愕、衝撃の悲報が突然、飛び込んできた。

維新派の松本雄吉さん死去。

日本現代演劇を世界に広げた浪速の巨人が、暑い夏の日、突然、彼岸(アッチ)へと逝ってしまった。1972年、演劇団時代『夢の肉弾三勇士』東海・関西巡業で演劇チンピラを自称していた時代、「日本維新派」を名乗るチンピラの雄吉さんと京大西部講堂で出会った。会うなりケンカ売られた楽しい記憶がある。流山児祥:25歳、松本雄吉:26歳。同じ熊本県出身、1つ年上のアニキであった。お互い、最も突っ張っていた時代、京都にも「面白いやつ」がいることに気付いた≪出会い≫だった。

想えば、あれからの「最強の演劇無頼漢」との半世紀は楽しかった。大坂で会えば必ず同志でもあり、戦友でもある小堀純と一緒に、旨い安酒を飲んだものである。

生涯、下層の民のジャンジャンオペラを創り続けた漢(おとこ)と同時代に生きられたことに感謝している。松本雄吉は役者の身体で都市の人々と歴史を描く稀有な舞台芸術家であった。このようなスケール感を持つ漢(やつ)は、もう出てこないかもしれない。

「もともとは演劇というものは社会の底辺で生きている人たちのやってきたものなんですね。へんに中流にいるよりも、生きるギリギリに自分を追いやった方が、僕には生きている現実感があった。みんなで旅回りをするとか、同じ釜の飯を食って生活するとか。」
松本雄吉

それにしても、早すぎるよ、雄吉さん。
まだまだやりたいこといっぱいあったろうに。
今、天野天街(少年王者舘)と電話で長話。体の具合が悪いのは聞いていたが、ちょっと、早すぎるるよ、雄吉さん。俺もアマノも「ほんとどーしたらいいの?」っていうのが、今の実感。残されたものは、とにかく、やることをやるだけである

雄吉さん、本当に、お疲れ様でした。ゆっくり、お休みください。
合掌。
2016-06-19 10:54 この記事だけ表示