公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」[代代孫孫]
BY 佐藤茂紀(劇作家)

「代代孫孫2016」流山児★事務所@ザ スズナリを観た。
作:パク・グニョン 朴根亨(劇団コルモッキル)
脚色・演出: シライケイタ(温泉ドラゴン)
企画:流山児祥

ずっと想像力を掻き立てられながら、「ザ・スズナリ」ならぬ「ザ・ミミナリ」で過ごした1時間40分。
韓国が日本で日本が韓国になっちまってるパラレルワールド。
もしもそうだったらの平行世界。
以下、思いのままに記す。

北緯38度線はまさにフクシマを境いに引かれ、その世界ならおそらく僕は、日々脱北を企んでいるかもしれない。
ベトナム戦争に日本が集団的自衛権を行使し、派兵している。
そして、日本に588(オーパルパル)がある。つまりかつての在韓米軍に対する慰安所の名残りでもある飾り窓のことだろう。それがなんとフクシマの双葉町にあるというのだ。まあ、このあたりからは単なる日本と韓国の立場を入れ替えただけとは言えない事情が見えて来る。

おそらくは、オリジナルが第2次大戦まで日本の被害者であった韓国が、ベトナム戦争では加害者としての立場をも経験してしまったという流れが描かれているからに違いない。時が経ち、人の記憶から都合の悪いことは消えていき、また同じことを繰り返すそれが人の世だ。だからこそこの戯曲が韓国で生まれたのだと、劇中大いに頷く。そして流山児祥とシライケイタが興味を持ったことにもだ。
韓国と日本が慰安婦問題を解決できていないと同時に、韓国とベトナムとの間にも同様の問題がある。そしてそれにはアメリカも絡む。

588が存在する場所がフクシマとなることで、戦後の復興を朝鮮戦争と国内の貧困に対して原発政策を展開した日本の姿が重なる。その背後にはアメリカの影が大きく覆いかぶさる。そこには全てを経済優先とする人間の事情がある。朝鮮戦争で経済成長を加速させた日本、朝鮮戦争での恩を返すという大義の元に何十万人もベトナム派兵した韓国、もはやだれが被害でだれが加害なのかすらわからなくなる人間の事情。
それでもやはり懸命に愚直に生きるニンゲンを描き切ることで、希望の光が射す。

ベトナムでこの戯曲を翻案し上演したらまた面白いかもしれない。
昨年の「あれからのラッキー☆アイランド」、アメリカ人がやってくれないかな、なんてことも思った。
人はやはりその立場に置かれないと実感など持ち得ない。それをカバーするには想像力を磨いていくしかない。そしてそれにうってつけのツールは演劇だ。

演劇の可能性にワクワクした1時間40分。
たったこれだけの時間で世界を飛び回れた気分になれるお得感満載の舞台だった。
2016-06-20 01:54 この記事だけ表示