公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
完徹!アタマがんがん夏模様。[稽古場]
『オッペケペ』稽古2日目、超スピードで飛ばしている。これからもっとパワー全開にするつもり。

革命劇である!「演劇の革命」でなく演劇などまるで知らなかった明治の政治少年・青年たちの「革命の演劇」を目指した冒険の物語。

「何も持たない」ということがいかに素敵なことであったか、「無名なものたちの」無名の叛乱劇。

がんがん無鉄砲に行こうぜ、体使って。カラダ!カラダが見事に物語っていたエネルギーを放射していた時代のものがたり。イライラしてたのであるいつの時代にも若者たちは。しんげき・新しい・げき・劇・激・激突するしんたい。せいじ・政治・性事・地龍子・みみず・「みみずじゅくじゅく土の中・・・なめくじぺろぺろ塀の裾」北村透谷。

で、やっぱ音楽劇である。
俺たちの世界のどこにもない「おっぺけぺ」節を作り出そうと想っている。で、それをやる!

●●

6時から昨日に続いて「本読み」、どうしても1幕だけでも1時間30分を超える、ちょっと考えねばならない。スピードをいかに出しても本読みだけで1時間半、これに歌、オッペケペ節と加わってくるこれじゃ確実に1幕だけでも2時間?。一考である。

8時から北村真実先生とサボと本田実さんで考えた「オッペケペ」ワークショップ2時間。

6つのリズム、6つの動きのみっちり2時間。」

皆さんヘロへロ?になる。明日から稽古場で毎日1時間肉体訓練もかねて、『狂人教育』と同じリズムとカラダのメソッド・トレーニング。とにかくカラダにさまざまなる4拍子のリズムを落としていく作業。1ヶ月以上まだある。各パートのリーダーを決めていく、マリーちゃんもリーダーの一人。

それにしてもマリーちゃんにしろ栗原、こうじ、なんか2、3日前まで違う現場で本番やっていたのに・・・役者は大変である。うちの連中もか!!

それにしても25人の役者たちが一糸乱れぬ「リズム」を出すときの快感はぞくぞくする。

●●

10時に稽古をとり帰宅、朝7時まで久しぶりの「完全徹夜」で上演台本作り、なんとか8時前にメール。さて、寝よう。


※※

うつらうつらで寝ようと想ったらボロアパートの20年ぶりの外装のためのイントレ組みが始まった。鳶職のおじさんたちが鉄パイプで足場を組んでいる音のすさまじさでまったく眠れない。

12時過ぎに起床。アタマはボーとしている。えーい、とうなぎ丼の昼飯にする。

ナヌ!原発地下浸水2000トンだと。もうめちゃくちゃ。

で、、こうじ君の歌のための録音、ついでに國太郎さんの「オッペケペ節」の参考にと小沢さんの歌も録音。

シャワーでゴーインにテメエの体を起こす。さすがに還暦近くなると体力が」がくんと落ちる、昔は3日ぐらいの徹夜なんてへでもなかったのに・・・。まるでカラダはダメなんだけどアタマは実にさえてどんどんギラギラ度が上がっている。(なにそれ?)


それじゃ、早いけど稽古場に行くか?それにしても外はめちゃくちゃ夏模様!である。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: