公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
青春=原点のオッペケぺ![稽古場]
なんてこっちゃ、もう暑いなんてモンじゃない。こうなりゃ泣き言いっても仕方が無いか。
というわけで(何が?)今日もソーメン。

●●

11時、カナダ現代演劇祭の終了ということで木村健三と一緒にシアター・カイの上田女史とカイの皆さんにお礼を言いに・・・・。2010年の次の「カナダ演劇祭」のこともお願い。
シアター・カイという劇場の協力なしにはカナダ演劇祭はない、本当にありがとうございます。営利目的ではなく志を持った演劇を志を持った劇場と一緒に次世代につながる国際交流をこれからも続けるつもりである、よろしく。

健三や小林七緒たち、そしてその次の世代まで続けたいものである・・・・。(私が生きてなくてもだ)

●●

健三と劇場の横の喫茶店でこれからについてだべる。12時過ぎ両国からベニサン・スタジオへ。暑い!!!!

1時から2幕の前半稽古。

大討論の果てのバトル・シーンが大変。日清戦争の頃の「反戦」の激論シーン。難しい台詞だが、今でもきっちり判るし、今でこそやるべきシーン。一挙にナショナリズムへと傾斜していく演劇人、文化人の姿勢をきっちり「問う」シーン。先の太平洋戦争のときの私たちの先達のやったことを「思えばいい」。今でも同じか!

でもって、国家の根幹を「問う」2人の革命家=「幸徳秋水」と「奥宮健之」のシーン。「大逆事件」へと連なる二人の男、演じるは塩野谷正幸、保村大和のご両人。このシーンは見もの。この二人はとにかく面白い!

でもって、「伊藤博文」加地竜也はまさに名優である。その集中力、その台詞力。

●●

4時過ぎ青木砂織と本田実の協力で『オッペケペ』の野蛮な叫びにも似、それでいて「ストンプ」を超える動きのワークショップ1時間。
必ずや皆さん驚くことだろう。

というわけで、ベニサンスタジオに来て飯休憩まともに30分取っていない!ごめんなさい、明日は必ず!とります。

※※

が、いま「演劇スル」根源を問う面白い作品に出来上がりつつある。私自身もこの作品をやりきることで「もう一度」原点回帰を果たせる実感・・・・。観世榮夫さんに感謝。

「もっと矛盾だらけの、ガサガサした、ゆたかさとかあったかさとかとはまるで正反対の、冷たくて貧しくてイライラするな演劇を作りたいんだ」・・・と思っちまっていたりして・・・・、そんな「荒立ちの日々」である。

●●

まさに、「貧しさこそ豊かさ」!である。なんて、青臭いことを言いたくなる現場=稽古場ってホントーにイインジャナイ。


で、今夜はなぜか、大昔のTPO師団の『超夜間飛行』なるLPを聞いて寝る。傑作である。1977年製作。実に貧しさゆえの豊かさ!でもってシュール。全員下手、が実に味がある。「レコードに残りマース」だ。青春って凄いんだなあ。

これでいく!!ぞ。
だって『オッペケぺ』って青春のドラマ。若者演劇の「お話」だぜ、そうかオレタチ「天井桟敷」か!?よ。天井桟敷という劇団は最後まで「演劇で飯が食えなかった孤高の劇団」だった!と私はきっちりリアルな演劇史として語ろうと思っている。流山児★事務所もそうか!
で、いいじゃん!!!!

原点回帰、青春回帰の『オッペケペ』!!!いや!青春の『オッペケペ』なのだ!


ヒロシマ・ナガサキ 原爆の日が続く。アメリカは2発の原爆を落とし一切の謝罪をしていない。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: