公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
久しぶりの雨の東京[稽古場]
23日朝雨の音で眼が覚める。涼しい、久しぶりに気持ちのよい朝となる。

※※

昨日の夜,
30年ちかく連載しているタウン誌に書いた以下の原稿を見直す。

     『オッペケペ』稽古場レポート。

 1963年福田善之が劇団新人会のために書き下ろした戯曲『オッペケペ』は川上音二郎や貞奴、伊藤博文、大逆事件の幸徳秋水、奥宮健之といった実在の人物を想起させるが、いわゆる実録モノではなく作者のオリジナルな人物像で描いた六〇年安保闘争時の敗北と挫折を活写した名作『真田風雲録』とならぶ傑作群像劇。

自由、民権といった志で集まった「壮士劇」が権力にとりまかれ「戦争高揚劇」へといたる流れをさまざまな役者や政治家の思惑、男女の恋模様も交えて描く歴史群像劇でもある。

 また、壮士劇を上演する《ある劇団の舞台稽古》という多重劇(メタシアター)構造をもつた斬新で実験的な試みの劇でもある。寺山修司の処女作『血は立ったまま眠っている』でも劇の解体・中断の試みが見られるが『オッペケペ』もまたいわゆるブレヒト劇の影響が如実に現れている民衆劇でもある。

 ともに「自由とは何か」を問う戦後現代演劇の代表作といえよう。私たちは来年二月、再び『血は立ったまま眠っている』を新宿の小劇場で若手劇団員たちと上演する。

 若者たちのドラマ、それも熱く時代を思想を政治をそして演劇を口角泡を飛ばして語っていた「身体性」を確実に持っていたあの「熱い時代」の劇。稽古場のボルテージは外の温度とともに上がりっぱなしである。演劇の志と原点を探す青臭い稽古を続けている。

 40年近く劇団活動をやっているとついつい慣れていくのだが私の劇団の20年選手たちたちは私以上に青臭いからより《原点》にこだわる。客演に劇団前進座の歌舞伎の若手女形=河原崎國太郎さんを主演の川上音二郎をモデルにした城山剣龍役に迎えているのだが若手劇団員と同じ扱いで徹底的に「集団の芝居」に参加してもらっている。歌もダンスも「オッペケペ節」を文字通りに「野蛮に」やってもらっている。とにかく「芝居にしないでください」がダメだし。よりリアルに、より生々しくが今回の芝居の根本命題。


 9月4日森下ベニサン・ピットで『オッペケペ』の幕が開く2週間前の今日(8月22日)はじめての通し稽古。

上演時間は2時間30分。初演時は3幕約4時間の大作。現在に合わせてテキスト・レジーを福田善之氏に頼んだ2007年改訂版。

 最初の「通し」は3時間半を悠に超えた。劇場の都合で長い上演時間は不可能。ずいぶんカットしたが2時間15分の目標にはいまだ。さて、思案のしどころである。 


「儘になるなら自由の水で 国の汚れを落としたい オッペケペ オッペケペッポー ペッポッポー 心に自由の種子をまけ!」いつの時代でも真理である。明治のコトバも日本語である。今だからこそ、きっちり「自由とは何か」を青臭く描きたいと思っている。熱い芝居、皆さん、是非森下まで! 
      
※※

というわけで昨日(22日)は初通しであった。その前にお昼にごまのはえ君と来年の『双葉のレッスン』の打ち合わせ11時ルノアール。

ごま君の芝居では絶対に殺人も武器もでないという、私の作った芝居は300本を越えるがそのうち9割、なんらかの形で人が死ぬ、殺される、まさに流山児祥の芝居は死屍累々である。

暴力とは愛である、愛が暴力を生む というのが私の持論。双葉=カップルが次々と殺し合い歌い踊るバイオレンス・ミュージカルってどうだ?と馬鹿話。

新幹線でごま君は京都に、私は稽古場に。

※※

佐賀北逆転満塁ホームランによる劇的な優勝!がばい?ねえ。いいじゃん。

今朝もコンビニで買ってきたソーメン。この2ヶ月毎日のように。納豆と卵も加えて。

今日こそラスト・シーンを作り上げる。考えてみたらそんなにあせることはないのだが、スタッフの目が。

あと3回通しができるのだ、今日はじっくり「小返し」である。

が、10時過ぎに晴れ上がり「いつものように」暑くなってきやがったぜ?

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: