公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
何かが狂っている。[酩酊舟ノート]
11日間12ステージを終えて『血は立ったまま眠っている』という戯曲のもつ力を確信した。

※※

人間だけがもつ想像力の豊かさを、その翼だけが「世界」を超えられることを教えてくれる。この25年日本のコンテンポラリ・ードラマ(現代演劇)の疲弊が、演劇的知性の崩壊のさまが『血は・・』の舞台を見れば判る。
いかに60年代演劇が「世界」=社会とつながっていたかの証左を見て取ることが出来る。演劇によって世界の再現が可能だったのである。

いま、日本演劇が再生するためには60年代・70年代の現代アングラと呼ばれるテキスト群を「現在の視点」で読み直し上演する試みがもっとも有効であることを今回確信した。

※※

『少女仮面』で唐十郎さんが『鼠小僧次郎吉』で佐藤信さんが岸田戯曲賞を受賞してから40年以上の歳月が流れた。

戯曲も演劇も運動性・社会性・実験性を喪失し演劇が文字通りの「商品」として垂れ流され「流通」している40年。昨今の売れっ子劇作家?と称するフリーター連中の次々と「商品化」される状況はまさに半径1メートルの己の日常を描く「コンビニ演劇」でしかない。

「すべてが狂っている」という確か鈴木清順監督の映画があったがキチンと正統に権威というヤツとは喧嘩しなきゃ「男」じゃねえだろう!とおれっち言いたいもんである。何でドイツもコイツもなんの躊躇もなく権力という名の商品=カネにころぶんだろうか?ビンボーってそんなに大変かよ。たのしいじゃん。

たぶん「何かが狂っている」のである。

ホームを「レス」にする自由をおれたちはキチンともっている!だから芝居はとこしえに「自由」というものをもてるのだ・・・。

※※

1960年寺山修司と浅利慶太という「無名」の男2人が日本という「社会」に既成の演劇界に向けて放った憎悪と罵倒の言語のテロリズムは48年の歳月を経ても決して古びていない。いま、そんな根性を持った「若いヤツラ」っているか?ヘラヘラ権威におもねることだらけの羊のような若き演劇人の群れ。


今年は2月寺山に続いて4月三島、5月北村想、8月唐、10月再びの寺山と「大きな物語」との格闘が続く。コッチの根性が問われる。

※※

とにかく、ペラペラの「表層だらけ」の日本演劇の、それでも必死に「テレビタレントたち」と共に「演劇を商品化」することで生き延び続けているこの演劇白痴状況=商業化からとおくはなれて「アジアからの舞台芸術家たちの逆襲」を組織化するしかない。もう少しだ!「やる気と「世界」を変えたい」ヤツらはアジアにいっぱいいる!

ちょっとした勇気、それさえあればいい。

●●

以上酩酊舟ノート。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: