公演情報

流山児★事務所 公演
高取英メモリアル
寺山修司―過激なる疾走―

2020年8月20日(木)〜24日(月)
下北沢 ザ・スズナリ

628omote.jpg

 

 

 


作◎高取英

音楽◎J・A・シーザー

演出◎流山児祥

◎出演
伊藤弘子
里美和彦
木暮拓矢
鈴木麻理
山下直哉
山丸莉菜
竹本優希
橋口佳奈
春はるか
松永将典
本間隆斗
(以上、流山児★事務所)
白永歩美
岬花音菜
石津ゆり
(以上、月蝕歌劇団
高野美由紀(劇団☆A・P・B-Tokyo
紅日毬子(虚飾集団 廻天百眼
霍本晋規(劇団三日月湊
《特別出演》伊藤裕作


◎公演スケジュール
2020年8月20日(木)〜24日(日)
20(木)19:00
21(金)19:00
22(土)14:00
23(日)14:00
24(月)14:00
各回、アフタートークあり。ゲストは後日発表。
 

発売開始 2020年7月23日(木・祝)
ご予約はこちら
https://www.quartet-online.net/ticket/terayama2020

チケット取扱・お問い合わせ
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)

 

 

流山児★事務所
2020年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
マヤコフスキーとユーリンタウン。[稽古場]
朝から久しぶりにマヤコフスキーの詩を声を出して読む、時々やる習慣。高校1年のとき買った古い詩集(小笠原豊樹・訳:世界の詩(弥生書房)この本だけ何故かずーと持っている、ほとんどの本を引越しするとき捨てるのになぜだろう。吉本さんの初期詩集と共にもっとも好きな詩人。抒情詩人であり反逆の詩人。革命をうたったロシア未来派の夭折のヒト。13歳から詩を書き15歳で政治闘争に加わり3度逮捕され裁判にかけられている。ロシア未来派に参加、革命詩劇「ミステリヤ・ブッフ」などを書く。高校生時代兄貴が出演したその芝居を観て妙にコーフンした記憶がある。

「ぼくの踏み荒らされた精神の 舗装道路に 狂人たちの足音が
 こわばったことばの踵をあざなう。
 街々が首をくくり、雲の縄に 塔のまがった頸が冷えたところを
 ぼくは行く、ひとりで泣きに、十字路に警官が 磔刑にされたと」(1913年 20歳)

「雲のかけらが空を泳いだ 雲のかけらは四個だった。
 一番から三番までは人間で 四番目はラクダだった。
 その四個に、めずらしそうに、
 途中から寄ってきた五番目の雲。
 青空のふところののなか、その雲を嫌って、
 小さな象たちは四方へ逃げた。
 そして六番目の雲におどかされたのか、
 雲のかけらはいっぺんに溶けた。
 いちばん最後に、雲たちをたべながら
 追ってきたのは太陽ーーー黄色いキリン」(1917年 24歳)

 ●●

お昼過ぎから事務所で来年5月〜6月のメイン企画初のブロードウエイ・ミュージカル作品『ユーリン・タウン』の制作会議第二弾。

3時間、いますぐやらなければならないことを決める。とにかく面白いことをやりたいものだ。そのためにはイロイロ・・・。多くの賛同者を募るしかない。小劇場ミュージカルの原点から!誰もやっていない混沌と熱狂のミュージカルをこそ。

ホームレスの叛乱と祝祭のミュージカルとしての『ユーリン・タウン』、勿論エコ・ミュージカル。

●●

稽古2週目。能の「道成寺」の乱拍子の「謡」の稽古。シロウトのうたう謡い、とにかく1ヶ月ある!でもってカラダで作る「小鼓・大鼓を打つごとき奇異なる掛け声」その他?やってやろうじゃん!


『綾の鼓』コトバとカラダの原点からの関係性と距離感を探るため細かい稽古となる。まあ、時間はたっぷりアル。

今週中はじっくり「この調子」でいこう。

●●

映画「それでも僕はやっていない」をDVDで観る。傑作、力作。映画でしか出来ない凄みをもった作品。99.9パーセントの有罪率という日本の裁判制度の恐ろしさ。近年導入予定?の裁判員制度反対の声が弁護士たちから次々と起こっている。トーゼンである。「裁判員制度」ってそもそも「国民投票」で決めるべき問題だろう。世論調査でも多くの国民が反対している。明日オレもアナタも裁判員なんて冗談じゃない。


●●

突然、劇団員のAの父親急死の知らせがはいる。63歳、早すぎる!合掌。

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: