公演情報

シアターRAKU公演

『RAKU歌舞伎☆十二夜』

 

東京公演4/1922

 Space早稲田

三重公演4/2829

 津市芸濃町総合文化センター

台湾公演 5/46

 高雄市図書館総館小劇場 
高雄春天藝術節2018正式招聘

raku18s.jpg

 

流山児祥の主催するシニア劇団「シアターRAKU」。今回より「楽塾」から「シアターRAKU」に改名。2018年公演は「RAKU歌舞伎☆十二夜」4/19-22(Space早稲田)4/28-29(三重県津市芸濃町総合文化センター)5/4-5(台湾高雄春天演劇祭2018招待作品)です。シニア演劇のパイオニアとしてこれからも楽しく元気に活動していきます!皆さま是非劇場に足をお運びくださいませ!


流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

加油台湾!皆さんよろしく!


Yahoo!基金の募金ページ | Tポイントでも寄付できます。
donation.yahoo.co.jp
2018-02-09 11:46 この記事だけ表示

フェニックスプロジェクトVol.8
『あの日、私たちは小学生でした』
〜震災から7年。福島の高校生が「今を語る」!〜


わたしも参加します。予約はお早目に!!
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
2011年3月の東北大震災を受け、被災地の芸術支援活動として
2011年5月から継続的に開催してきた「フェニックスプロジェクト」が再起動します。
第8回目となる今回は、福島県の4校の高校演劇部部員の皆さんをお招きし、サテライト校舎に学ぶ高校生を描く『福島サテライト2011』の上演とシンポジウムを行います。
被災地の現状を直に伺い、打開策を考え合うための企画です。
 
日時:2018年2月10日(土)18:00〜
会場:中野スタジオ あくとれ
中野区中野2−11−2 サン中野マンションB1
(TEL:03‐3384‐3495)
 
参加費:1,000円(高校生以下500円)
 
★お問い合わせ・ご予約★
一般社団法人日本演出者協会 事務局
TEL:03‐5909‐3074
E-mail:j_d_a_info@yahoo.co.jp
(定員80名のスタジオですのでご予約をお願いいたします)

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル
自動代替テキストはありません。

2018-02-06 22:49 この記事だけ表示
1月2日

ああ、面白かった!!恒例の水族館劇場:さすらい姉妹で明ける新年!!!
まさか、共演が叶うとは・・・


上野、渋谷で路上芝居。


こいつは春から縁起がいいや!!!!

明日からは「さすらい姉妹」は三重県芸濃町へ!括目!!

******************

〜ない袖も振ってやる!

『ちょっと見るだけ -百貨店の迷子たち-』
臺本 桃山邑 演出 毛利嘉孝

タイムテーブル


2017年1月4日
午後1時00分 安濃町 萩原建設倉庫前
午後3時30分 芸濃総合文化センター・エントランス(大駐車場あり)
2017年1月5日
午後2時 芸濃町 普門寺境内

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
でもって、1月3日。

やっぱり、やりました第94回箱根駅伝
「青学大逆転4連覇:10時間57分39秒の大会新記録で史上6校目の総合4連覇」です!!フレッシュグリーンのみんな、おめでとう!!

かくして、2日間限りの母校愛も終わりです。


明日から『オケハザマ』稽古再開。
さっそく、前半通仮し、チェック!
殺陣再開です。
みなさん、よろしくね!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2018年1月公演『オケハザマ』1月24日(水)〜2月4日(日)@スズナリ


作:しりあがり寿 演出:流山児祥
脚本協力:竹内佑(デス電所) 演出協力:林周一(風錬ダンス)
音楽:坂本弘道 振付:北村真実 殺陣:栗原直樹 美術:水谷雄司


出演:山像かおり・井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)・成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)・眞藤ヒロシ/林周一・堀井政宏・外波山流太(以上、風錬ダンス)・水谷悟(WGK)

&流山児★事務所オールスター総出演!!


※今回、「はじめて割」の設定をつくりました。
一般4,000円→3,000円です。
ベンチ席になる可能性が高いですが、
これぞ、小劇場の醍醐味です!
1ステージ10枚限定です。
お求めは、お早めに!


※モチロン、まだ、全ステージ「大いに余裕アリ」です。

流山児祥扱い ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgca
2018-01-03 14:28 この記事だけ表示

少し早いが2017年の流山児★事務所を振り返ってみます。


1月『メカニズム作戦』(宮本研:作 流山児祥:演出@Space早稲田)、3月『だいこん〜珍奇なゴドー』(戌井昭人:新作 流山児祥:演出@スズナリ)、5月『すももももももモモのうち』(佃典彦:新作 流山児祥:演出@座高円寺2)、7月『SCRAP』(シライケイタ:新作 日澤雄介:演出@Space早稲田)、10月『ブランキ殺し上海の春』(佐藤信:作、西沢栄治:演出@スズナリ) 11月・12月『西遊記』(作・演出:天野天街@対馬・五島列島ツアー)と、6本の作品を企画プロデュース&自主上演しました。


3本の「新作書き下ろし」の創作劇上演。「初」の離島公演。2本の「戦後名作戯曲」上演。佃典彦・戌井昭人・シライケイタ・日澤雄介という劇的才能との「協働作業」&宮本研戯曲との出会い、そして、演出家:西沢栄治と4年がかりで取り組んだ佐藤信「喜劇昭和の世界」3部作上演!は、劇団協議会主催若手演劇人育成公演として劇団の枠を超えて「現代演劇の財産」を共有する作業として高い評価を得ました。Kテント:佐藤信に続いて、わたしたちは2018年〜2020年日本のシェイクスピア:唐十郎の紅テントの名作戯曲に挑戦します。


また、私達は台湾OURシアターと2016年より2019年まで4年間国際共同製作を行っています。アジア各地で「日本地下演劇の帝王」と呼ばれている「70歳の漂泊の演出家」とスタッフが、嘉義市に2ヶ月間長期滞在し、台湾の若手俳優と共に創り上げた『マクベス〜PAINT IT BLACK!〜』(作:W・シェイクスピア 流山児祥:演出 2016年7月@嘉義表演藝術センター)は、前売り完売・追加公演の大ヒット上演。2017年5月、台中国立劇場で再演、6月、ルーマニア・シビウ国際演劇祭2017で好評上演しました。シビウでも様々な出会いがありました。


2018年5月にはシアターRAKU(楽塾改め)『RAKU歌舞伎☆十二夜』(原作:W・シェイクスピア 翻案・演出:流山児祥)が、台湾@高雄春天藝術祭に正式招待され2016年@台湾国立劇場公演に続いて2度目の台湾公演を行います。6月・7月には台湾劇作家の新作を日本人キャストとコラボして上演します。台湾に「熱いアングラを生み出す」という高い志を持ってこれからも交流は続いていきます。


『西遊記』(天野天街:作・演出)11月対馬・12月五島列島ツアーは10トントラックに舞台・照明・音響機材を満載し大ホール舞台上に250席の小劇場:スズナリを現出させ、圧倒的な反響で連日超満員札止めでした。「初」の離島公演は海外公演同様「演劇の力」を再認識した《旅》でした。本当に様々なヒトたちとの出会いで生れた奇跡の大ヒットでした。演劇を愛する人は日本中にいる!この試みは、今後も続けていきます。どこにでも行きますよ、是非あなたの街に流山児★事務所を呼んでください。

また、3・11以降続いている福島演劇人との「3年交流プロジェクト」真船豊:作『鼬』を音楽劇に創り上げる長期ワークショップも2018年夏から始まります。わたしたちは「演劇を真に求める」観客との出会いを求めて「旅」を続けます。


文字通り、軍事国家への道を突き進む腐敗国家の下、芸術に、演劇に何ができるのかを求めての「野垂れ死への幻視行」は続きます。


そして、2018年1月24(水)から 漫画家:しりあがり寿の本格的劇作家デビューともいえる新作:戦国集団音楽劇『オケハザマ』@スズナリ を久々の劇団員総出演で上演します。2018年も、アジアの、日本の「縁」を、駆け抜けます。これからもよろしくお願いします。1月下北沢でお会いしましょう。


『オケハザマ』予約はお早目に!


2017-12-20 12:07 この記事だけ表示

昨夜、楽塾「RAKU歌舞伎☆十二夜」の稽古を終えて帰宅すると、
母校である東葛飾高校同窓会3年D組の幹事N君からメールが送られていた。


それは、恩師である八幡先生逝去の報であった。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「3年D組の皆様へ。
本日(12月10日)午後1時40分頃八幡先生の奥様から電話がありました。

八幡先生が去る11月28日早朝、散歩に出掛けられ突然の心臓疾患で亡くなられたとのことです。前の晩までお元気で晩酌もされていたそうです。「特段病院にかかっていたという事もなくただ足腰が少し弱ってきた感じでした。来年のお茶飲み会を楽しみにしていました。」との奥様のお話でした。
突然の電話にビックリしました。
とりあえず明日午後にでも先生のご自宅へ弔問して来ようと思います。
取り急ぎD組の皆様へお知らせいたします。それにつけても信じられません。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋に柏のレストランで開催された東葛飾高校昭和41年卒同窓会で、先生が「腰痛」で来れないなら、みんなで来年春あたり、八幡先生の自宅へ行って「お茶(酒)呑み会」やろうぜ!と決めていたばかりだというのに・・・・。


八幡先生は国語の先生で日本の古典文学を研究していたオモシロい先生だった。


私が3年になって受験勉強もせずに「演劇部」に入った時も

「藤岡は好きなことをやっている、これでいいんだぞ!!みんな、やりたいこと、好きなことやれ!」

と励ましてくれた豪放磊落な先生であった。


卒業式のあと、寿司屋の友人のTの家でのワルがき大宴会にも来、一緒に安酒をかっくらってくれたアニキでもあった。


今ではもちろん考えられない事かも知れないが「あの時代」は先生と生徒が一緒に酒を酌み交わし「人生を、天下国家を」論じていたのもである。柏に急遽持ち上がった「ナイキ・ホーク基地建設反対ビラ」を市内や高校に貼って停学処分も受けた。

高校の「社会部」の新聞に成人映画『白日夢』(武智鉄二監督)の映画評を載せたり、富里の三里塚空港反対闘争を扱ったり、ビートルズコンテストに応募しようぜと盛り上がったり、彼女と関西に駆け落ちしようとしたり、六本木のバーに行ったり、わたしは今同様、文字通りのミーハーだった。


そんな私達と10歳も違わない若い「恩師」が八幡先生だった。

眼鏡の奥の優しい眼差しは老いてからも変わらなかった。

久しぶりに同窓会で会うと、必ず2次会でもみんなと一緒にのんでいた。


先生のご冥福をお祈りします。

本当にお疲れ様でした、好きな日本文学の研究(平家物語?でしたっけ)を彼岸(あっち)で楽しんで下さい。
でも、やっぱり残念です。

そのうち、墓参りに・・・出来たら不肖の教え子たちで行こうと思っています。

その時でもゆっくり話させてください。
合掌。


2017-12-11 11:25 この記事だけ表示

さっき、日本演出者協会からメールがあったので「嘘だろう」!と、思ったが・・・・「青井さんが死んだ」・・・現実である。

愕然としている!


思い起こせば、この20年近く、青井さんとはいろんなことをやってきた。


初めて流山児★事務所がカナダへツアーした時、『狂人教育』の英語台本を作ってくれた。カナダでは一部英語で歌ったのでSpace早稲田でうちの馬鹿な役者たちに英語の指導をしてくれた。イワヲや拓平、銀太、沖田乱といったバケモノタチをいつも笑って指導してくれた。『青ひげ公の城』の池袋芸術劇場公演の時は演出協力で参加してくれた。


演出者協会では若手演出家の面倒を本当に細かくみてくれた。御笠ノ忠次、佐野バビ市、村井雄、スズキ拓朗、とりわけ、札幌の若手演出家たちをずーっと育ててくれた。国際交流演劇セミナー、近代戯曲研修セミナーの中軸で様々なことやってくれた。青井さんの「熱い想い」は、ちゃんと若手に引き継がれていますよ、安心してください。


青井さんは、同世代の最も信頼のおける知的な演出家だった、でもって、メチャクチャ芝居が好きなやつだった。」

それにしても、早すぎるよ。青井さん。


皆、病に勝つて帰ってくると信じて待ってたのに。次は「演劇の教科書を創ろう」と言ってたじゃない。

佐々木君が青井さんが帰ってくるから!ちゃんとやろうよ、と毎日喋ってたのに・・・・・。


悔しいな、淋しいなあ、青井さん。

ほんとうにお疲れ様でした。ゆっくり休んで下さい。

寺山さんにあったらよろしくね。

2017-09-03 21:51 この記事だけ表示

昨夜は座・高円寺1であしたの劇場「フランドン農学校の豚〜注文の多いオマケつき」の初日を観る(13日まで上演中)。


佃典彦の新作、西沢栄治:演出、神在ひろみ:振付。面白い音楽劇です、今日から子供たちがこの「音楽劇」をどう見るかたのしみ。


初日乾杯に顔をだし、「豚を食いたい」ということで、畝部と山丸りな(まるこ)と3人でガード下の四文屋へ。ホッピーとホルモン。まること畝部の「流山児★事務所学校廻り芝居の夢」を聞く。終電近くまでよく飲んだ。まることじっくり話すのも久しぶりである。


流山児★事務所はほんとうにいい女優さんの宝庫である。


それにしても、大浦千佳に「流山児さん、いつ日本に帰ったんですか?台湾にいると思った」のあいさつには驚いた。


帰省ラッシュが始まった山の日である。

で、山の日ってなんだ?


明日は息子の一家とお盆の墓参り。涼しいといいな。


恒例の夏の若手演出家コンクールビデオ審査真っ最中である。


今年も25本目標に若手の作品審査。それにしても、うーん?!である。

頑張ろう。

2017-08-11 12:28 この記事だけ表示
懐かしいモノが山田勝仁氏のfacebookに載っていた。

これまた、懐かしい。「初日通信大賞」の記事である。


初日通信大賞1989年度作品賞・助演女優賞・演出家賞3冠受賞
『青ひげ公の城』@本多劇場
作:寺山修司 音楽:宇崎竜童 演出:佐藤信


主演女優賞:6位 美加理
主演男優賞:8位 塩野谷正幸
助演男優賞:17位大鷹明良
劇団賞:11位 流山児★事務所


「演劇ミニコミ紙「初日通信」が選んだ初日通信大賞。「大賞」とついた演劇賞は当時これだけ。「読売演劇大賞」よりもずっと先行していた。演劇ファンが選ぶ演劇賞。年間50本以上観た人80人くらいが投票していたから、演劇人の間ではなまじっかの演劇賞よりも「権威」と「愛」があったのだ。」(山田勝仁:演劇ジャーナリスト) 


受賞の時、佐藤信さんがとっても喜んでいたのを記憶している。観客が選ぶ賞ってとってもいい事だつくづく思う。因みに、初めてカナダのビクトリア国際演劇祭に参加『狂人教育』で2000年グランプリ(ベストプロダクション賞)を受賞したのも観客が選ぶ賞であった。

2017-04-19 16:11 この記事だけ表示

お、ななんと!!新宿高田馬場のうちの襤褸アパートの前にタヌキが出現した!・・・・最初は、猫だと思ったが、どう見ても違う、やっぱりタヌキ(狸)である。器用に電線を歩き、向かいのビルをひょいひょいと飛び越え、いつの間にか「都会の闇」に消えていった。おれ、大家さんまで誘ってしまったぜ。

新宿に狸!である。

楽塾の粗通しを終えて、スズナリで観た戌井さんの秀逸な「馬鹿舞伎」を観てカンド―した後だったので、なんかシュールな夜である。

※ちなみにその後、ハクビシンと判明。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
さて、明日もみっちり楽塾。オモシロい作品になりまっせ!!
●楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』(5月3(水)〜6(土)@座・高円寺2
佃典彦:新作書き下ろし 流山児祥:演出
上演時間1時間40分。

詳細は→http://misakichi4.exblog.jp/26667732/
予約はこちら→https://www.quartet-online.net/ticket/raku2017?m=0abjgca

2017-04-17 15:14 この記事だけ表示
2017/3/15 BY梶野聡

『だいこん・珍奇なゴドー』

 流山児★事務所公演 下北沢ザ・スズナリ


冗談を言っちゃいけない。あ、いや、冗長であってはいけない。ベケットの『ゴドーを待ちながら』が衝撃なのは、その寡黙さ故なのだ。だからこそ様々な解釈を生み、繰り返し上演される傑作であり、時代を超えて問題作なのだ。作者のベケットは若かりし頃、ジョイスを擁護してダンテを引いた。ダンテがその内に最高地点を内包している円錐型浄界を目指す一定方向の運動をもっているのに対して、ジョイスのそれは球形をなし、運動は多方向、無方向となる。そして「絶対の絶対的不在」ということにおいて、ジョイスが浄罪的であると。そのベケットの絶対的不在こそが『ゴドー』なのだ!ところが何と『だいこん』はattendantすらしない。

 そもそも待っているのはヘモロゲさんである。因みにこのヘモロゲということばからグラムシやハンナ・アーレントを感じたのはわたしだけだろうか。

舞台には「一本の木」はある。これも柳でもなく、灌木でも喬木でもなく「電柱」である。その装置もあろうことか終いには盲になった鶴夫に持ち去られる。

登場人物もゴゴ(男2:谷宗和)、ディディ(男1:佃典彦)が、それであることすら怪しい。ことによると後に登場する男4(冨澤力)、男3(柏倉太郎)こそがゴゴ、ディディであるのかもしれないのだ。加えて三人の女(伊藤弘子、月船さらら、山ア薫)まで待っている。あ、勿論、ヘモロゲさんを! ボッツォ(大根:大久保鷹)とラッキー(馬男:栗原茂)には鳥男(里美和彦)がついてくる。男の子に至っては得体のしれぬ鶴夫(塩野谷正幸)だし、占いババア(平野直美)まで登場する。軍服を着て日の丸を下げた父親(土井通肇)に連れられた家族(佐藤華子、星美咲、橋口加奈)は既にヘモロゲさんに会ってさえいる。

干し椎茸を喰らい、石を齧り、北海道産バターソテーの大根を食す。最後には大根の男根を三人の女が貪り喰う。

シェパードの目を潰してエリートセールスマンの座を引き摺り下ろされた馬男は刺客・鶴夫に追われ、鶴夫もまた馬男に盲にされる。

そして最後には誰も「待ちながら」すらせず、出発するのだ! まさにダンテ的に!

 舞台は一撃の雷の間に起こったようでもあり、また何年もの月日が流れているようでもある。『ゴドー』には「隙間或いは沈黙」が最大に生かされているが、『だいこん』は踊りがあり、歌があり速いテンポで観客に考える「隙間」を与えない。そもそも役者が「わからない」なんて歌っちゃダメだろ〜



しかし、それにしても楽しいゴドーだった。特に大久保鷹さんは全開。凄かった!!彼にチケットを取っていただいたので、またこれが馬路かに、あ、間近に、みることが出来た。ありがとうございました。


この『だいこん・珍奇なゴドー』必見であります。ただ既成に縛られている方には閲覧注意かもしれませんが…

作者の戌井昭人と演出の流山児祥はその制作にあたって呑気なことをいっている(SPICE)が、この『だいこん・珍奇なゴドー』はそうそう一筋縄ではいかないのである。
2017-03-17 11:40 この記事だけ表示