公演情報
シアターRAKU公演
テラヤマ音楽劇
『くるみ割り人形』
2023kurumi_omo.jpg

5月6,7日
台湾新営芸術祭参加

6月21−25日
下北沢 駅前劇場


作:寺山修司
音楽:高橋牧
演出:流山児祥


公演詳細


イラスト:山中桃子


***********
流山児★事務所公演

『オキナワ2部作』
omote_outline533.jpg

2023年
4月6日(木)〜23日(日)

作・演出 詩森ろば
音楽 鈴木光介
芸術監督 流山児祥
ザ・スズナリ

イラスト:ヨコヤマ茂未
公演詳細
流山児★事務所
2023年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

新年あけましておめでとうございます。
2023年もよろしくお願いします。
いつものように近所の水稲荷神社に初詣。
3年目のコロナ禍だが人出は例年並みに戻っている。
お神楽はないがいつもの風景。一陽来復。
2023年、老いをすこーし自覚し、ゆっくり往こうと想っています。
戦争の時代に一介の老芝居者に何ができるのか?
世阿弥の「初心、忘るるべからず」
そして、一所不在(住)の思想「住することなきを、まず花と知るべし」を座右の銘に
今年もいくとする。

絶えず動き続けて老いの花を捜しつづけるしかない。
決してワガモノとせず、トナリの誰かさんと「オモシロきもの」を創りたいものだ。
かくて「新しく同じである」2023年です。

2023年、流山児★事務所は以下のようなラインアップ7作品を予定してます。
盛りだくさんです。果たして「やれる」か?
先立つもの=カネがなくなりゃ「やれない」だけです。
無い知恵絞り「演劇愛」を信じて、いけるところまでいきます。
ゼロに賭ける愉しさ
伏して、流山児★事務所をご支援の程、宜しくお願いします。
みなさん、RYU、Sクラブにご入会下さい。

※なお、4月、演劇評論家:西堂行人さん相手に50年のアングラ史を語り尽くした
『敗れざる者たちの演劇志』が論創社から出版されます。
4月詩森ろば連続上演初日、スズナリで「先行発売」を予定しています。
御期待下さい!

※また、流山児★事務所新人募集を兼ねた
流山児長期ワークショップ&発表公演は5月中旬開催予定。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★流山児★事務所2023ラインアップ★
◎劇団協議会+文化庁「新進演劇人育成公演」
2月1日〜12日@Space早稲田
『血は立ったまま眠っている』(新演出)
寺山修司:作 
三上陽永:演出(ぽこぽこクラブ)
音楽:オレノグラフィティ 
振付:スズキ拓朗(チャイロイプリン)
プロデュース:流山児祥

◎流山児★事務所 OKINAWA1945⇔1972 連続上演
4月6(木)〜23(日)@下北沢ザ・スズナリ
『OKINAWA1972』『キムンウタリOKINAWA1945』(新作書下ろし)
作・演出:詩森ろば(serial number)
音楽・演奏:鈴木光介(時々自動)
美術:杉山至
芸術監督:流山児祥

◎シアターRAKU 寺山修司没後40年記念台湾&下北沢公演
5月6(土)・7(日)@台湾・新営藝術祭公演
6月21(水)〜25(日)@下北沢駅前劇場
『テラヤマ音楽劇☆くるみ割り人形』(新演出)
作:寺山修司
脚色・演出:流山児祥(新作)
音楽:高橋牧(時々自動)
振付:北村真実(mami dance Studio)

◎流山児★事務所・伊藤弘子155本出演記念公演
7月21(金)〜30(日)@Space早稲田
『ピロワ・ヴェルヴェッティ』(新作書下ろし)
作・演出:林勇輔
出演:伊藤弘子
音楽:諏訪創 
美術:塩野谷正幸 
監修・芸術監督:流山児祥

◎「戦争」を描く名作実験室上演【予定】
9月29(金)〜10月9(月)@Space早稲田(予定)
『戦場のピクニック』(新演出)
作:フェルナンド・アラバール
翻訳:若林彰
構成・演出:流山児祥
音楽・演奏:諏訪創 
美術:塩野谷正幸

◎劇団協議会+文化庁「新進演劇人育成公演」
11月22(水)〜28(火)@下北沢ザ・スズナリ
『森から来たカーニバル】(新演出)
作:別役実
演出・振付:スズキ拓朗(チャイロイ・プリン)
音楽:諏訪創+清水ゆり
美術:青山健一
プロデュース:流山児祥

◎流山児★事務所12月荒尾&下北沢公演【予定】
12月9(土)・10(日)@荒尾(予定)
12月16(土)〜24(日)@下北沢駅前劇場(予定)
『夢・桃中軒牛右衛門の』
作:宮本研
脚色:詩森ろば
演出:流山児祥
音楽:朝比奈尚行(時々自動)
振付:神在ひろみ

◎寺山修司没後40年記念スペシャル【予定】
2024年3月14(木)〜24(日)@下北沢ザ・スズナリ(予定)
『田園に死す2024』(新キャスト・新演出による)
原作:寺山修司
脚本・演出:天野天街(少年王者舘)
音楽:J・Aシーザー(演劇実験室・万有引力)
芸術監督:流山児祥

「劇場」でお会いしましょう。2023年正月 流山児祥

「空」には時間も空間も生成も「もの」としての実体性も存在することはない。
そうではなく、それらあらゆる事物をいまここで可能にするものなのだ。
それは無限の可能性に満ちたゼロであり、また、尽きることのない内容を持った空虚なのだ。〜鈴木大拙〜

2022年の大晦日である。
12月の演劇界はイジョーな公演ラッシュ。
サイコシス『G線上のアリア』深海洋燈『戦争で死ねなかったお父さんのために』
青年劇場『殺意』天動虫『アナンケ~宿命の女神~』
3年ぶりの流山児祥シニアワークショップ公演『瓦礫のオペラ』上演を間に挟んで、
この2週間余りで、新宿梁山泊『奇妙な果実/マルコムXと金嬉老』
座・高円寺レパートリーシアター『ジョルジュ』、亜細亜の骨・影絵劇『鯨生GEIO』、
桟敷童子『老いた蛙は海を目指す』、ドナルカ・パッカーン『オッペケペ』と観劇が続いた。
そして、2022年12月の観劇の〆は今日お昼@新宿西口公園で、
水族館劇場・さすらい姉妹の路上劇『むすんでひらいて』の10本。

今年も100本を超える芝居を観ることができた。
30年あまり、毎月5〜10本の芝居を観ることをノルマに課している。
演劇評論家でもないのに、なんでそんなに観るんですかと聞かれると
「芝居がすきだから」「役者が好きだから」とシンプルに応えることにしている。

プロデューサーだから当たり前と言えば当たり前だが、
活きのイイ役者、活きのイイ舞台を見るとそれだけで
わたしのようなシアターゴーアーには愉しいものです。
来年も出来るだけ観るつもりです。

自らの感性の蛸壺化を防ぐためには常に《他者》を知る=理解することからしか始まらない。

流山児★事務所2022年を振り返ってみる。
2月、ウクライナ戦争に合わせたような別役実の不条理演劇『不思議の国のアリス』
スズキ拓朗:演出からスタートした。不条理演劇とは「抵抗の演劇」であることを再認識。
5月わかぎゑふ:新作書下ろし『黒塚』もまた、戦争の悲惨さとニンゲンの業を描く時代劇。
2作ともわたしたちの本拠地:スズナリで上演。

7月はシニア劇団=シアターRAKUの新作、シェイクスピア翻案時代劇『から騒ぎ』
を知立文化会館と恵比寿の新劇場:アルファ東京で上演。
いつものように、高校生やシニアの皆さんとのワークショップも開催=交流した。

夏と秋は目玉企画、宮本研作品連続上演8月『夢・桃中軒牛右衛門の』
10月『美しきものたちの伝説』下北沢B1で好評上演。
『夢・桃中軒牛右衛門の』はコロナ感染で残り3ステージが
無念の「公演中止」となったが『美しきものの伝説』は完走できた。

11月、2年前コロナで上演中止となった唐十郎:作、小林七緒:演出『ベンガルの虎』をスズナリで上演できた。
新作、アングラ、新劇の名作戯曲の再構築=現在の視点で読み直す上演企画を進めた2022年であった。
この試みは、若い演劇人とコラボして2023年以降も続けます。

2023年2月1日〜12日@Space早稲田上演予定の寺山修司:作、
三上陽永:演出『血は立ったまま眠っている』絶賛稽古中です。是非ご覧ください。

今年のご愛顧に感謝するとともに来る2023年も流山児★事務所をご贔屓の程、お願いします。
わたしたちは元気です。なお、流山児★事務所は「若い力」を募集中です。
シアターRAKUには2人の新人が入団しました。
ぜひ、劇団の門を叩いて下さい。待ってます!

皆さんよい年をおむかえください。


『夢の肉弾三勇士』終演。
50年ぶりに七ッ寺共同スタジオで再び出会った拙作『夢の肉弾三勇士』
素敵に狂ったその2022年の芝居でしかないナニモノか?に狂喜乱舞した。

が、その2日後の「上演中止」に暗然佇立。
即、映像上演の勇断。無事、昨日終演を迎えた。

東京より、スタッフキャストの皆さんの「演劇愛」「七ッ寺愛」に最大の敬意を表します。

イロイロ有難うございました。
本当にお疲れ様、また、会いしましょう。
渡部君、今度、ゆっくり呑もうぜ!
【打ち上げ花火?まで飛び交う「劇」】

七ッ寺共同スタジオ創設50周年記念公演
拙作『夢の肉弾三勇士』を50年ぶりに観た
観劇中の2時間、50年前の稚拙でイカレタ「演劇団」
という劇集団の集団的疾走の様々な想い出が走馬灯のようにうかびあがり、不覚にも何回も涙腺が決壊した。

スピードアップし批判性の中に明快な「物語」を加えた鹿目由紀の脚色、
独自の勁い演劇観を持っ渡部剛己の演出、万有引力的芝居にスズキメソッドまで登場した時には笑ってしまった。
やとみまたはちの多彩な音楽が「劇」をナビゲートする。
劇的腕力溢れるコラボレーションで「2022音楽劇」にステキに変貌していた。

とにかく役者がイイ。いやー、名古屋にはこんなに素敵な役者がいるのかと驚かされた。
異優、快優、美少年、美少女、じゃがいもみたいな個性的な役者がごろごろ出てくる。飽きない。

とりわけ、主役のアンジェリータを演じた鈴江あずさ嬢の登場には息をのんだ。
タフで根性が座っている美人女優・・・妙な褒め言葉だが、これがアンジェリータだ。
フラメンコをやってるとのこと。川島芳子役の好姫には笑った.

反則のような芝居。映画「仁義なき戦い」のヤクザの姿で傷痍軍人のシーンをやりきる自由さには大拍手。
大衆演劇の座長さんだとか、いいなあ。

どいつもこいつも「好き放題」に七ッ寺共同スタジオの空間を「遊んでいた」その心意気、その志やよし!である。
役者達の力演に拍手そして感謝です。
フィナーレは打ち上げ花火?まで劇に登場。
こんな「自由」な劇場はない。呆れけーります!
笑って泣いた2時間のジェットコースター演劇であった。
27(日)まで上演中です。

ぜひ!七ッ寺共同スタジオで「劇のshower」を浴びて下さい!
名古屋に七ッ寺共同スタジオが存在することが何よりも寿ぐべきことである。日本演劇の宝です。

アフタートークを終え、二村さんと一緒に知多へ移動。
天野天街(少年王者舘):演出『不思議の国のアリス』を観る。
小堀純、丸山厚人、安藤光夫さんらと合流。
怒涛の「維新派」8人衆に感激、痺れた!
2時間の芝居2本、流石にヘロヘロで深夜近く帰京。
それでも新幹線のホームで閉店時間ぎりぎりに滑り込み、しっかりきしめんだけは食べてきた。

『ベンガルの虎』スズナリ入り、明り合わせ。23(水)19時@スズナリ初日である。
『夢の肉弾三勇士』小屋入り、絶賛稽古中。初日まであと8日!!
50年前の「テメエタチの言葉の残骸」に会いに19(土)名古屋に行きます。
お時間のあるかたはぜひ、七ツ寺共同スタジオでご覧ください!嗤えますよ。
七ツ寺共同スタジオ50周年記念公演

『 夢の肉弾三勇士 』
【日時】
11月19日(土)14:00の回終演後
【トークゲスト】で参加します。
流山児祥(流山児★事務所)
ニノキノコスター(オレンヂスタ)
【司会】
加藤智宏(office Perky pat)

2022年11月18日(金)〜27日(日)@大須・七ツ寺共同スタジオ
で上演中です。
水族館劇場の桃山邑、青山学院、演劇団以来の戦友:田中伸彦に続いて
オフィスコットーネの名プロデューサーの訃報。
哀しい10月になってしまった。

昨日、早朝、綿貫凛の突然の訃報に暗然佇立である。

綿貫凛は永遠の演劇少女=演劇愛の塊のようなヒトだった。
貴女は、僕の最も敬愛する稀代のプロデューサーでした。
ずいぶん年下だけど、わたしの演劇界の畏友でした。
なぜか貴方は僕の先輩のようにアレヤコレヤアレヤコレヤとお小言をいってくれました。

想えば長ーい付き合いですね、鐘下辰男のザ・ガジラを育て上げ、
その後、自らオフィスコットーネを「小劇場界の良心」と呼ぶべきプロデュースカンパニーに育て上げました。

次々と国内外の素敵なテキストを捜しだし、その剛腕で制作し発表し続けた。
時には、たったひとりで照明も音響も受け付けもやっているプロデューサー:綿貫凛のすがたにいつも敬服していたモノです。

近年は、わたしも密かに買っていた「地べたにころがる骨」のような文体を持つ、
夭折した関西の雄:大竹野正典という傑出した「無頼の劇人」を見出し、
ほれ込み、次々と上演してくれましたね。その功績は大なんてもんじゃない。
僕もいつか大竹野の芝居にチョイ役でも出してほしかったのに・・・いや、ホント。

それにしても、アッチに逝くのが、早すぎるよ、凛さん、
みんな吃驚してるよ。コロナ禍に入り、アナタから病気のことは聞いたけど、おれ信じていなかったし・・・。

お疲れさまでした。またな!綿貫凛!!
★七ツ寺共同スタジオ50周年記念公演★
『夢の肉弾三勇士』
11月18(金)〜27(日)@七ツ寺共同スタジオ

※19(土)14時の回終演後★アフタートークに参加します。

■50年ぶりに名古屋@大須七ッ寺共同スタジオで『夢の肉弾三勇士』を観ることになった。
この作品で開場した七ツ寺共同スタジオが50周年迎えることとなり、
その開場記念公演で『夢の肉弾三勇士』を上演するのである。
すでに、去年、ラジオドラマ版制作、高校生による上演も行われている。

まさか、こんな事になろうとはついぞ思っていなかった。
長生きはするものである。こうなりゃ笑うしかない。大笑い、50年のバカ騒ぎである。
『夢の肉弾三勇士』は半世紀前、21歳で書き散らした「アジテーションだらけのコント台本」
に20曲近い歌と踊りが交った「ナニモノか」である。

1971年『夢の肉弾三勇士』を書き上げた当時、
演劇団の芝居をぼくらは「肉離れ的狂騒疾走劇」やら「関係の雑劇」なんてと呼んでいた。
テキストは叫示録であった。

そんな半世紀前に書き散らした演劇アジビラの殆どが
名古屋の演劇人によって「食い散らかされた残骸」になっていることを望みながら名古屋に行くことにする。

みなさん、よろしくお願いし〼。
10月18日、水族館劇場:桃山邑の訃報が届く。あまりにも早い好漢の死に愕然。心より哀悼の意を捧げ想い出を綴る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わたしは、遅れてきた桃山邑と水族館劇場のファンである。桃山とはたった8年の親交しかない。もっと早く会いたかったと悔やまれる好漢であった。
桃山邑と最初に出会ったのは1998年、関西野外劇の雄:犯罪友の会『牡丹のゆくえ』@南千住荒川イベント広場特設劇場の打ち上げの場であった。お互いギラギラした眼で出遭った (私は50歳、桃山は40歳) 記憶がある。犯友の『牡丹のゆくえ』は、建築用丸太2千3百本で創られた《建築物》芝居で情炎の夢幻劇だった。
それから16年の月日が流れる。友人の伊藤裕作の奨めで2014年『Ninfa 嘆きの天使』@太子堂八幡神社で桃山劇世界との初見参となる。犯罪友の会を上回る水族館劇場の巨大な《建築物》芝居は、水浸しの「野戦攻城」の名に相応しいシロモノでそのスペクタクル性に度肝を抜かれた。それにしても下手糞な役者達の悪ふざけの放浪芸が第一印象。皿回しやら高所での綱渡りの芸も「一応」あるが、役者達の芝居はイイカゲンで、台詞を覚えてないヤツもいる。「桃山の台本が遅い」と、楽屋落ちのネタに「酷すぎる」と桃山に言うと「あれでイイんです」と、あっけらかん。そうか、こんな「不逞の役者徒党」を率いているのだから敬服するしかない。自由奔放!乱暴狼藉!既存の演劇業界などどうでもいい!その志や良し!この夜、わたしは桃山と水族館劇場の虜(ファン)になった。
桃山邑は、現代の心優しき河原者の棟梁(水族館劇場司令)という名称が、ピッタリの漢(おとこ)である。一時期、正月に、恒例のように上野のアメ横の居酒屋で桃山と呑んだ。シャイでインテリ。己の劇作法を贋作、剽窃、引用何でもアリのマガイモノと、テペイズマン(意味をずらす:シュールレアリスム)の手法である。本来、私の演劇観の根幹にもあるのだが、今は「汚れっちまった悲しみ」で、そこまで行けないテイタラクの演劇ジジイである。10歳年下の天才:桃山は、ストイックに贋作、剽窃、引用の「役者のための台本」を書き続ける。そして、千代次座長の「さすらい姉妹」の身軽さと華麗なる水落しのロマンティシズムを贅沢に往還していく。誰も真似できない水族館劇場は唯一無二の地平で生々しく蠢き続けて往く。
虜(ファン)のわたしは、桃山と水族館劇場を8年間追っ掛け続けた。下手な役者のわたしを遣ってくれと懇願し、さすらい姉妹興行に二度も出演させてもらった。感謝。山谷、渋谷、新宿で炊き出しに集まってくるホームレスの人たちと水族館劇場を支える観客がフツーに交流し出会う《アジール》を求め続ける桃山たちの歩みは新宿花園神社を経ていま羽村宋禅寺で野戦攻城を行っている。世界の何処にもいない、高所作業員の漢(おとこ)が思い描くマガイモノの藝能=水族館劇場の野戦攻城は、酷薄の「21世紀の現在」を撃つ静かな最前線である。
ぶっ魂消る水落しのロマンとスペクタクルの果てに、無様にのたうち回る藝能の民の生き様芝居の次なる展開を期待する、多くのわたしたちのような虜(ファン)に、桃山邑の早すぎる訃報が2022年の秋、届いた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
水族館劇場の「お知らせ」には、こう記されている。
「最後の野戰攻城となった『Naufrágio 出雲阿國航海記』のなかで桃山は「形が消えてはじめて見えるものもある」「眼閉じてうかぶものもある」と書きました。桃山が芝居を手がけることはもう叶いませんが、彼が貫いた河原者の魂は、肉体を離れた今こそ帆をいっぱいに張った船のように大海原へと踊り出で、より壮大なスペクタクルで皆を謀ろうとしているに違いありません。
水族館劇場一同、役者徒党としてこれからも流浪の旅を続けてまいります。今後とも応援のほどよろしくお願いいたします」
水族館劇場一同 2022年10月26日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
桃山邑に会いたくなったら水族館劇場の野戦攻城に行きましょう。そこに桃山はいます。桃山くん、ゆっくり眠ってください。それにしても淋しいなあ。合掌。
流山児祥 2022年10月27日


【4月に観た芝居と映画】
さすがに『黒塚』の稽古に入ったので、いつもより少ないが、
観るべき芝居を観た5月であった。
全ての作品に戦争・動乱・被災の影が色濃く反映されている。

戦争の時代の演劇、映像を多く観た5月。
『ひまわり』と『異端の鳥』で描かれているウクライナの風景。

彼の地ではいまも多くの血が流されている。

◎パルコプロデュース@新国立劇場中ホール
『三十郎大活劇』作:鈴木聡 演出:ラサール石井

◎こまつ座@紀伊国屋サザンシアター
『貧乏物語』作:井上ひさし 演出:栗山民也

◎チャイロイプリン@三鷹藝術センター光のホール 
『踊る落語:あたま山』 演出・振付:スズキ拓朗

◎Pカンパニー@芸術劇場シアターウエスト
『5月35日』 作:荘梅岩 訳:マギーチャン/石原燃
演出:松本祐子(文学座)

◎ヒトハダ旗揚げ公演@浅草九劇
『僕は歌う、青空とコーラと君のために』
作・演出:鄭義信

◎時々自動@三河島元映画館
『時々展覧会』作・演出:朝比奈尚行


[映画]
★『キネマの天地』山田洋次:監督

★『秋津温泉』吉田喜重:監督

★『華の乱』深作欣二:監督

★『桃中軒雲右衛門』成瀬巳喜男:監督

★『君の名は・全3部作』大庭秀雄:監督

★『ひまわり』ヴィットリオ・デ・シーカ:監督

★『異端の鳥』ヴァーツラフ・マルホウル:監督
不思議不可思議不死劇場
七ツ寺共同スタジオ50周年記念公演 関連企画第四弾

高校生が創る『夢の肉弾三勇士』
作:流山児祥
脚色:鹿目由紀
構成・演出:キノコノスター

★21歳の流山児祥が書き散らし50年前七ッ寺共同スタジオで上演した妄想のアジテーション劇を鹿目由紀が令和verに脚色。それをキノコノスターが1時間弱に圧縮濃縮★
高校生たちが「夢の戦場」を駆け抜ける!!

@名古屋七ッ寺共同スタジオ

5/7土18時 , 8日13時/16時
一般2000円/高校生以下1000円 🎥配信有

高校生が主人公で、いいじゃない!
青少年たちが過去と現代を駆け抜ける!!