公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
8日(金)早朝、成田集合。
9時過ぎの飛行機で一路ジャカルタへ。
7時間あまり。機内で観た映画『武士の家計簿』『明日のジョー』それにしても『ジョー』はひでえ映画。なめてんのか、とムカつく。

流石に疲れ果てる。空港に着くとジャカルタの劇団GARASIのメンバーのテオ君が迎えに。テオ君はトモ曰く、いま最もインドネシアで人気と実力があるといわれてる役者さん。今回のツアーはGAREASIの全面協力で実現した。大感謝。インドネシアでは劇団GARASIのメンバーといってもいい、流山児★事務所劇団員のトモが制作をサポートしてくれているので実に心強いかぎりである。

時差は2時間。日本より涼しい。ジャカルタから大型バスでバンドゥンへ。
バンドゥン国立芸術大学での公演。

深夜に到着。ホテルにチェックイン。総勢30人近くのフル劇団員+スタッフ。何年か前、北京でやった『狂人教育』『静かなうた』『ハイライフ』の3本公演のときを思い出した。あの時も劇団員総動員であったっけ。

9日(土)1日『卒塔婆小町』中仕込み。場当たり。スタジオホール。小道具の公園の電柱ももあっという間に塩野谷が作りおげた。すごい。小道具も面白いものを見つけてきた。
さすがに、芸術大学いい劇場を持っている。スタッフもY教授(燐光群に客演しているトニーの奥さん)、照明・舞台関係はJ教授といった一流のスタッフ連画学生たちと一緒にさまざまなサポートをしてくれる。それにしても、本当に芝居好きの人たちばかり。いい環境。野村さんをはじめとしたさまざまな人たちに感謝。
ク・ナウカ、KUDANプロジェクトも公演している劇場でもある。日本の現代演劇の面白さを是非多くの皆さんに知ってもらいたいものである。

10日(日)午前中から小返し。
13時ゲネプロ。16時『卒塔婆小町』ワールドツアー初日。
インドネシア時間らしく20分押しで開演。ほぼ満員の客で埋まる、お客さんは唐組のテントよろしく全員桟敷。ジャカルタから劇団に1年間留学していたエディ・スヤントが1歳の子供と奥さんを連れてやってきた。久しぶりの再会。
反応もよし。空間は本当に『卒塔婆小町』にぴったりであった。

終演後、サボ、マミ先生と3j人で演劇学部長も参加して演劇関係者と「交流会」。
質問攻めに会う。三島のこと、今回の『卒塔婆小町』のこと、動きの事、流山児★事務所の活動のこと、実によく『卒塔婆小町』について知っている。さまざまな形で上演されているとのこと。が、こんな芝居は初めて・・・・・。ジャカルタで是非やってほしいと多くのヒトから・・・・。

・・・・・・・
バラシ、劇場は『花札伝綺』の舞台に。
明日はお昼すぎから場当たり。
『卒塔婆小町』『花札伝綺』流山児★事務所ワールドツアー2011。快調なすべりだしである。
全員元気です。みんな、今ホテルに帰って初日の祝杯をあげている。
大正11年艶歌第1番『流浪の旅』

♪流れ流れて
落ち行く先は
北はシベリア
南はジャバ(ジャワ)よ
何処の土地を墓所と定めん
何処の土地の土と終わらん

くしゃみの刑事、ジャワ島へ旅立ちます。

インドネシア、ジャワ島バンドゥン・ジョグジャカルタ2都市で初の流山児★事務所公演です。

いってきまーす。
1日中曇り空、涼しい1日となる。

お昼過ぎ、劇団MAYがタイ二ィ・アリスのドラマツルギ×2011というフェスティバルに参加してマダン劇をやるというので新宿3丁目へ。
『碧に咲く母の花』(金哲義:作・演出)を見る。戦後済州島で起こった「沈黙の事件=四・三事件」
島民の5人に一人が虐殺されたという事件を背景にきちんとニンゲンのドラマに仕立てあげるいつものMAYらしい劇。『夢謡話浮世根問』の大阪ツアー以来、金さんも劇団員も元気そう。この作品を持ってプサンへ行くという。

末広亭の横にあっていつもオムライスを食べる古いレストランでハンバーグライス。ここは、禁煙席がなく大ぴらにタバコが吸える、昔からのレストラン。美味い。

夜は厚生年金会館前のシアター・ブラッツで新転位21の『新・漂流家族』(作・演出:山崎哲)を見る。名作である。女性と家族の漂流はこの事件から始まった。イエスの方舟事件。これまた、同時期に発表された北村想の『寿歌』との妙な相似。「おっちゃん、雨を恵んでくださいな」のセリフが「黒い雨」に変わればそのままフクシマの現在に変わる先見性。哲ちゃんらしい「キリスト」なんぼのもんじゃい!のラストシーン。なにももたない、もとうともしないおっちゃんの研ぎ続ける包丁は今のニッポンを切り裂けるか・・・・このあたりに・・・。

涼しいので久しぶりに、ゆっくり歩く。

////

朝からスペース早稲田は片付け。
演劇祭もおわり、『花札伝綺』『卒塔婆小町』集中稽古に。
夜は総会である。演劇祭の総括と劇場(稽古場)貸出しの件などイロイロ。
今年も下半期突入。
真夏日が続いていたが曇り空の週末となる。
佃典彦の新作一人芝居を下北沢の楽園で観る。
「打さない女」と「出せない女」。「出さない女」は妊娠7年目のおんな。おなかの中には今年小学校に入学する男の子を身ごもっている。そんな女のスーパーでの出来事。「出せない女」はパチンコにはまっている女。  ともに凄みある「おばちゃん」ならぬ「おんな」の日常。天羽令さんがきっちり、まじめに、可笑しく、かわいらしく格闘していた。
・・・・
久しぶりの早稲田松竹。台湾映画『モンガに散る』(ニウ・チェンザー監督2010作品)。2時間21分、全く飽きないで観た。『ガキ帝国』を超えた極道青春映画。いや、トップシーンからガンガン往く、こうでなくちゃの肉弾戦。久しぶりに元気、元気の映画であった。

DVD『RED』ブルース・ウイリスはずっと同じ?『ソーシャル・ネットワーク』フェイスブックねえ?

・・・・・
曇り空、涼しい日が続いている。
スペース早稲田演劇祭も今日でファイナル。
明日は劇団総会。

時間をぬって進めてきた『花札伝綺』『卒塔婆小町』ともに追い込み稽古に突入。
//////

昨日の小笠原諸島に続いて平泉が「世界遺産」に登録された。
平泉の文化遺産、金色堂で有名な中尊寺など日本仏教の浄土思想を表した建築物と庭園群。東北初、被災地に朗報とはこのことである。でもって、復興構想会議の提言には「脱原発」は盛り込まれず「増税」だけ・・・なんじゃらほい。官僚主導の増税路線の「提言」って、何。
ハードデイ。
午前中から劇団協議会総会。
東日本大震災後、演劇界をつつむ問題は山積である。
役員改選、西川会長選出。あと2年理事をやることになった。やれることをやる。
その後、ジャパンアーツカウンシルの現在の進行具合を聞く。音楽・ダンスは今年からOP,ODの導入。演劇への導入は3年後?
・・・・・・
夜は錦糸町。アジサイが咲いている蔵前橋通り。

すみだパークスタジオで劇団桟敷童子の新作『オバケの太陽』(東憲司:作・演出)を観る。
トップシーンの「がんばろう」で一挙に1960年の三池に、パネルに書かれている「炭労」の文字にウルッと・・・・・打ち振られる赤旗・・・で、物語は1970年代の筑豊?のとある町の、ある少年の「夏休み」の物語。

一面の向日葵畑。姉の力、炭鉱町の風景・・・・九州の炭鉱住宅の夕日・・・・随所に幼いころのテメエを思い出して・・・・涙ぐむ、自分が?・・・・『夢謡話浮世根問』の盛岡公演で久しぶりに10歳上の姉に会った、姉ちゃんにはいつまでの私は10歳の弟なのである。・・・・何年まえかに観た『泥花』の続編というべき70年代の「炭鉱のものがたり」。劇団でしか出来ない演劇がここにある。バックステージツアーを観ていたら元劇団員の帆足がいた。佃の『アトミック・ストーム』の台本を頼まれる。それにしても、すみだパークスタジオ:倉はイイ劇場である。

あ、そうかここがスカイツリー!か。
スカイツリーの真下の劇場・・・ねえ。

『花札伝綺』『卒塔婆小町』はともに絶好調で稽古中である
・・・・・・・
7000人以上の行方不明者を残したままの東日本大震災は18日、百日を迎え、被災地では節目として合同慰霊祭が執り行われた。あれから、100日である。
2013年は寺山修司没後30年である。
テラヤマ演劇を次世代に繋げてゆくプロジェクトを来年から3年計画で始めようと思っている。

寺山演劇の中でも実験性の中に大衆性を備えた見世物=スペクタクル性をもち世界的評価を得ている『地球空洞説』『疫病流行記』『阿呆船』の3部作をテキストにして若手演劇人たちとコラボレーションして「3年間連続上演=再構築する」試み。
第1弾は演劇実験室:天井桟敷が1973年8月、東京都杉並区高円寺南5−10−7の公園の空き地で市街劇=「事件」として上演された『地球空洞説』。

公園の空き地には天幕の見世物小屋が建てられたが、劇は全て天幕の外で行われ、近くの町内会や銭湯やアパートにまで及んだ。

実在の町内会の、実在のアパートから一人の青年があふれ出したという物語。

一人の人間が「蒸発」するという事件はしばしば起こるが、一人の余分な人間が「勃発」するという事件は前代未聞である。

そんな見世物的街頭劇を、歴史を沁みこませた「廃墟?の仮設劇場空間」で、まるで回廊をゆく如き
プロムナード演劇を夢想している。そんな見世物実験劇に参加してほしい演出家・スタッフ・役者たちは20〜30代の多くの若手演劇人たち。夏には企画を発表して「呼びかける」つもり・・・・だが・・・・経済原則を逸脱した「お祭り演劇」「事件としての演劇」・・・ま、楽しくやろう。

とにかく動き出した。最近、こわいものなしのおじさんになりつつある・・・動くしかない。

・・・・・・・・
原発国民投票を日本でも、やるべきである。
菅原文太さんのいう「反原発日独伊3国同盟」いいじゃん、独・伊は降伏してヒロシマ・ナガサキを経験しなかった。今回もフクシマの悲劇を無駄にしてはならない。石原のバカ息子が言っている「脱原発簡単じゃない、で、どうするの?」ふざけんじゃねえ、今まで、原発推進簡単イケイケだったんだろ、カネまみれ慾まみれの《現在(いま)》をやめて、これからどーする?って「想像力」だろう。脱原発は欧州から、かならず「世界の趨勢」となる。!

/////
8月の「非戦を選ぶ演劇人の会」のピースリーディングに出演する。
8月27(土)18時 28(日)14時@西新宿全労済ホール:スペース・ゼロ
演出:鵜山仁 演出補:永井愛・丸尾聡
脚本:非戦を選ぶ演劇人の会

今回は、核エネルギーの問題を「非戦」ならではの視点で採りあげる・・・という。出演OKと伝える。あれから、3カ月。何も進んでいない「現実」に歯軋り。
久しぶりに芝居を何本か見た。
ずっと公演中だったので、ヒトの芝居が見れなかった。
Space早稲田でフェスティバル参加のピ-チャム・カンパニー、神楽坂のIWATOで服部有吉、青年座劇場でSENDAI座プロジェクト。劇場にいる快楽。この三劇場は実に素敵な劇場である、ブラックボックスの良さ。

楽塾総会、来年のレパートリーについてあーでもない、こうでもない、行ったり来たりの1、2時間。とりあえず、台本を何本か「読む」ことに。佃典彦「アトミックストーム」野田秀樹「空騒ぎ」「十二夜」「怪盗乱魔」井上ひさし「表裏源内蛙合戦」「イーハトーボの劇列車」で、「女の平和」などなど。読みますか・・・読みましょうの夏。

『ユーリンタウン』チラシがもうすぐ出来上がる。この時期様々なことが同時進行、7月甲府公演の情宣も?、せわしなく時が・・・・。やらなきゃいけないことはわかっているんだが・・・まったく違う事やってる、おれが・・・・いかんいかん。

梅雨のトーキョー?東日本大震災から3カ月の11日、6・11脱原発100万人アクションと題した反原発、脱原発を訴える催し、デモが全国で一斉に。

///////////
『効率』や『便宜』という名前を持つ災厄の犬たちに追いつかせてはなりません。我々は力強い足取りで前に進んでいく『非現実的な夢想家』でなくてはならない。(村上春樹)
JOIN2010年ベストワン選出!!

日本劇団協議会が発行している。機関誌「JOIN]の2011年MAR・71号の「2010年私が選ぶベストワン」の戯曲・スタッフ・女優部門に流山児★事務所の3人が選出されている。昨年の評価のラスト。


戯曲:佃典彦『標的家族!』
女優:坂井香奈美『お岩幽霊/ぶゑのすあいれす』
スタッフ:米山恭子:流山児★事務所の的確なプロデュース(2回目のベストワン選出)


因みに演劇雑誌テアトロの2010年ベスト5に林あまり氏が『お岩幽霊/ぶゑのすあいれす』を選出。(テアトロ2011年2月号)演劇批評誌シアターアーツで梅山いつき氏が「ベスト舞台・ベストアーティスト」のベスト5に楽塾『ほろほろと、海賊』(作:佃典彦)を選出。(シアターアーツ2011春46号)
また、『ミュージカル:愛と嘘っぱち』(作:鹿目由紀)は「月刊ミュージカル2010ベストテン」の24位に選出(創作ミュージカルでは3位!これはミュージカル界の「事件」である(笑))。わたしたちはミュージカル劇団と「認定」されたらしい。

様々な評価があった2010年のわたしたち。
で、2011年の上半期は終わる。大震災下の『花札伝綺』『夢謡話浮世根問』『卒塔婆小町』の3作品、楽塾の新作『楽塾版:もーれつ、ア太郎』の4本。

夏から秋にかけて『花札伝綺』『卒塔婆小町』2本のインドネシアツアー、『花札伝綺』の甲府・目黒の寺公演。そして、10月『ユーリンタウン:ザ・ミュージカル』12月『帰って来たオールドバンチ』と超大作・問題作が続く。ご期待ください!!真摯に、地道に、楽しくいい作品を下半期も精力的に創っていく。
今週末、青年座劇場に仙台の劇団SENDAI座プロジェクトの『アテルイ』がやってきます。
是非、ご来場ください!!
面白いですよ!!待ってます。

※※

☆SENDAI座☆プロジェクト 復興応援チャリティー公演!
「明日に向かって歌え!!〜アテルイ/キャラバン、再び西へ」
作:大信ペリカン 構成・準演出:高橋菜穂子 劇中歌作曲:榊原光裕、大信ペリカン

遥か昔、大和朝廷を震撼させた男、“アテルイ”の物語が西部劇として蘇る! 

奇想天外、音楽ロマン絵巻!

会場:青年座劇場(小田急線代々木八幡駅徒歩5分)
 
日程:2011年 6月11日(土) 14:00〜 18:00〜  12日(日) 14:00〜

<チケットの予約 方法>
SENDAI座☆プロジェクト  
電 話:090-3006-1004 
メール: goyoyaku@sendaiza.jp

劇団青年座  
電 話:03-5478-8571(平日11時〜18時)  
メール: ticket_sei.nenza@seinenza.com

ホームページ:http://www.sendaiza.jp/

※公演収益は、宮城県、仙台市を通じて義援金として被災地に届けられます。


//////////////

東京電力株主402人が原子力発電事業からの撤退を定款に盛り込むよう株主総会で議案を提起するという。総会では、原発事故への対応や収束の見通しについて株主から厳しい質問が出るのは必至。
402人の株主は「未来の子どもたちに負の遺産を残し、地元に負担を押し付ける「原発から即刻撤退」を主張している。当たり前の事である。
昼前から西新宿。演出者協会では3年目に入る「演劇camp2011中津川」の打ち合わせ。フェニックスプロジェクトとの組み合わせ、地歌舞伎とのコラボ、中津川の人たちとの交流、全国の演劇人たちの交流、
わたしは今年は「アングラと南北」というワークショップをやる予定。テキストは「東海道四谷怪談」の「夢の場」にしようと思っている。3日で歌舞伎をやっちゃう?・・な、もんだ。
・・・・・・・
同じ、小田急線沿線で、夕方から『ユーリンタウン』美術打ち合わせ。
10月、座・高円寺で2011年版のユーリンタウンを上演する。
プロデューサー氏の事務所で制作・舞台監督・美術・演出がそろってミーティング。7月8(金)の前売り開始!にむけてとにかく、座席を決定しなければならない。

前回とは趣を変えた美術が出現する?塔は今回もあるが街の外観が・・・・・。
で、打ち合わせを終えて、やきとりやでホッピー。

『花札伝綺』もインドネシア公演に向けて今日から稽古開始。本田実・谷宗和が新加入。レパートリーシアター、劇団員は大変、がこれが面白いことでもある。
『卒塔婆小町』も明日から稽古イン。こっちには拓平とカナミが新加入。こっちも変わるぜ。

そうか、このインドネシア公演チームの公演ってあり?じゃん。なんて・・・・。

・・・・・・
昨日は、メチャ夏日だったのに、きょうは梅雨に逆戻りの曇り日。

///////////

政府は7日、東京電力福島第一原子力発電所事故に関する調査報告書を、国際原子力機関(IAEA)に提出。28項目の安全強化策には、原子炉空冷装置導入、使用済み燃料プールの設置場所の再検討など、原発の設計や構造に「抜本的な見直し」を迫る内容。これを受けて原子力安全・保安院は同日、水素爆発防止策や放射線測定器の確保など「当面実施すべき緊急対策」を、各電力会社に「指示」。全国約50基の原発は「指示」どおりなら「即刻、運転を緊急停止すべき」である。

・・・・・・
新日プロジュニアの祭典BEST OF THE SUPER Jr。第8戦東京・ディファ有明大会でリーグ戦終盤戦に突入、Aブロックでは、2連覇を目指すIWGPジュニア2冠王のプリンス・デヴィットが04&05年2連覇を達成したタイガーマスクを撃破。決勝トーナメント進出を決めた・・・・・観客動員:750人!・・・ねえ。
・・・・・・・・・