公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
以下「JOIN」という日本劇団協議会の発行する演劇雑誌に掲載した原稿を掲載します。


妄想記〜何処でも劇場に「なり」ます!〜 流山児祥

これはあくまでも「劇場」を巡る私的妄想メモです。

演劇で世界を変えられるか?の時代から演劇はいかに国家を支えるか?の翼賛時代に突入したようだ。「演劇」という枠を超え一気に政権交代後、蔓延した《表現=教育》革命は「新しい公共」の時代にふさわしい正統なる文化芸術戦略となった。

戦後最大の「文化政策の大転換点=革命」の真っ只中に私たちはいるのである。舞台芸術が経済効率(雇用創出)と地方分権(地域活性化)で語られる明快さ。「劇場法」はその「正統さと明快さ」ゆえの「胡散臭さ」に総論賛成、各論反対の声が全国で起こっている。

格差演劇の時代・トーキョーのビンボー演劇人たちは「劇場法」何それ?の無関心。一方《表現=教育》革命エピゴーネンたちはアートマネージャー・芸術監督・地域プロデューサーになるため着々準備中。この革命が生み出すのは「天下り」を根絶しても他者の痛みを知らない若き(痴的)演劇エリートの「天上がり」と演劇格差の増大か。

国家・大学・企業一体となった文化・観光・芸術立国による雇用創出これが「劇場法」の内実。「劇場法」は「議員立法」で来年早々提出?されるという。合意形成のないまま法律になる。演劇界の違和感=温度差を埋める努力を!至急に草案・試案を提示し公開討論を!だ。
 
では、わたしたちの「劇場」とは?私たちは志ある友人たちと共に2011年から新しい劇場ネットワーク作りを始める。全国の寺社・教会・ライブハウス・コミュニティカフェ・限界集落などを「劇場化」しそのネットワークを多くの演劇人が共有=協働する。

早稲田のアトリエでプチ演劇祭を5月・6月に開催する。役者はカラダひとつあれば何処にでもふらりと往ける。5月から8月にかけて北村想との2人芝居、北村想:作『謡説浮世根問』、寺山修司:作『花札伝綺』三島由紀夫:作『卒塔婆小町』の3本を持って海外そして全国を回る。呼んでくれれば、何処でも行きます。劇場は「ある」のではなく「なる」のです。劇場とは自由に「他者」と出会う解放区=アジール(避難所:自由空間)なのである。

また、この時代、公共劇場を真に民衆のアジール(避難所:自由空間)にする〜創り・観る・集まる、人々の「寄り合い」の場所にする〜ことが河原者の末裔であるわたしたち芝居者に課せられた緊急のテーマなのである。

最後に、金が仇の娑婆世界(鶴屋南北)の格差国家ニッポンへの提言。芸術家のセーフティネットの効率的な社会環境整備政策はベーシック・イン・カム=基礎所得保障制度導入・実施である。
経堂からまた早稲田へ戻る。
土曜日は最後の休み。
原稿3本なんとか書き上げ、楽塾の稽古をちらっとみて青山劇場。バーンスタインのミュージカル『ワンダフル タウン』初日を見る。安蘭けい、別所哲也主演。レナード・バーンスタイン没後20年というわけでこの作品が「日本初演」となった。未来を信じるタフなアメリカンのHappy endの作品。超満員の青山劇場。

久し振りの渋谷なので鳥金で焼き鳥とサワー。
帰宅して原稿2本。

・・・・・・・

寒い冬のような日曜日。美術作業、衣裳、小道具と作業日。稽古は3時から。
あと3日間の稽古で小屋入り。実にパワフルで何処にもない和製、革命ミュージカル『愛と嘘っぱち』ディス・イズ・ジャパニーズ・ミュージカル!世界初演!である。

さあ、細かく丁寧に創りましょう。
・・・・・・・
《出会い》を求めて、あらゆる場所を《劇場化》する試み、これがこれからの私たちの演劇活動の一方の軸になる。演劇を街のど真ん中に取り戻す試み。演劇業界から遠く離れて、街の人々とおもいっきり、芝居を楽しもうと思って、いろんな人に声かけしている。

5月北村想との二人芝居『謡説浮世根問』の第1次ツアーっていうか、一宿一飯先がとりあえず、出揃った。大阪・名古屋・津・盛岡・仙台・柏で、ほぼ1ヶ月、すべて60〜100人ぐらいのフリースペース。地域のコミュニティの集会所、ライブハウス、小劇場の6箇所。

7月〜8月にかけて上演予定の『花札伝綺』は海外の演劇祭を皮切りに目黒・沼南町・甲府・石見銀山?あたりの寺・神社を回ることに・・・いま,最終的なスケジュールを・・・・・スケジュールってかんじでなく、ふらりと行くことが主眼目。

これは、嘗ての「運動の演劇」や「革命の演劇」とはまったく違う、真のアジール(自由空間)を探す試みである。たかが、河原者の末裔でしかない、わたしたちビンボー役者に出来る事はテメエのカラダ使って町のど真ん中で「ごろーん、晒してみせる」のが渡世ってもんだ。ビンボーと無名!これって一番ステキな事なのである。やりたいことをやれる。現代演劇史などに残らない、熱い《出会い》を求めて・・・・。

出会いの「場」が劇場に「なる」のである。シンプルによりシンプルに、演劇による出会いを楽しもうと思っている。わが町に来て!と気楽にお電話ください。低料金で「世界演劇の地平」にある、大衆的でそれでいて志のある「音楽劇」を持っていきまーす。

・・・・・・・・

『愛と嘘っぱち』順調に昼・夜9時間稽古が進んでいる。それこそ40年間で300本以上、一銭のカネにもメイヨにもならないのに、身銭切って、まるで無償の愛をささげるように芝居作っている。家も家庭もすべて無くしてボロアパート住まい、心臓の持病もこうなりゃ一生の友達である。気楽にノー天気に、である。所詮、たかが役者人生である。

・・・・・・・・

でもって、毎回、あああでもない、こうでもないと役者・スタッフと一緒に喋りながら悪戦苦闘している。これが面白いのである、おれってほんと馬鹿だなあ、と思いながら、やりながら、喧嘩しながら「テキストを集団で読んでいる」のである。

まあ、俺は一生巨匠になんかなれないし、なりたくもない、演劇史なんてものにも残らないし、残りたくもない。ただ、現場で常に役者として、劇団のニンゲンとして、現役でいること!である。今年も365日、ほとんど「毎日」わたしは稽古場で芝居を作っている。たぶん、死ぬまでこの調子である。

現場にいること、居続ける事。多くの戦友が次々と彼岸へ逝っている。生きている限り、俺は稽古場に居続ける。失うものは何もない。

・・・・・・・・・・・

明日、『愛と嘘っぱち』通し」!本番まであと15日!
2011年2月・3月Space早稲田で1ヶ月ロングラン上演する劇団員総出演による流山児★事務所レパートリーシアター2011のレパートリー3演目決定!!

@『花札伝綺2011』(寺山修司:作 青木砂織:演出 本田実:音楽 伊藤弘子・上田和弘・イワヲ・里美和彦・冨澤力・平野直美・木暮拓矢・坂井香奈美・武田智弘/流山児祥ほか出演)

A『謡説浮世根問(うたでとくうきよのねどい)』(北村想:作 小林七緒:演出 流山児祥・北村想の2人芝居)

B『卒塔婆小町』(三島由紀夫:作 北村真実:演出 諏訪創:音楽 塩野谷正幸・栗原茂・木内尚・谷宗和・小林七緒・柏倉太郎・阿萬由美・荒木理恵・山下直哉ほか出演)


※2011年5月〜8月全国ツアーの上演場所を探しています!

只今、5月『浮世根問)7月〜8月『花札伝綺2011』(作:寺山修司)をアナタの街に呼びたい、是非来てくれ!のご連絡をお持ちしています。大至急ご連絡ください!!

ホント何処でもやります、低料金で。お近くのお寺、神社、ライブハウス、集会所、学校の校庭、盆踊りの公園へ行きます。是非、流山児★事務所までご連絡ください!モチロン海外も・・・・http://www.ryuzanji.comまで。

第1回Space早稲田演劇祭2011も4月〜6月開催決定しました。第1回の参加劇団は近日発表予定!!フェスティバルディレクター:龍昇を中心に運営委員会がいま鋭意企画進行中。オープニングは恒例の楽塾!参加5〜6劇団の予定。

わたしたちの表現の根拠地=Space早稲田を中軸にさまざまな社会と共有できるえんげきを作っていきます。ご期待ください。流山児★事務所は変化・進化・深化してゆきます。
本当に、久し振りに映画を観る時間がとれた。池袋H劇場で『十三人の刺客』(三池崇史監督 役所広司:主演)を見た。1963年工藤栄一監督の名作映画のリメイク。私にとっても傑作のひとつである。ときたま、DVDで何度か見返すほどの作品でもある。片岡千恵蔵・里見浩太郎・嵐寛寿郎・内田良平・菅貫太郎といったスター役者達による集団時代劇であった。工藤栄一という集団のドラマに固執した名匠がとにかくリアルに殺し合いという殺陣を生み出し、光と闇の映像世界が今でも鮮烈に残っている。

半世紀を経ての今回のキャスティングがオモシロイ。とりわけ最凶の暴君を演じる稲垣吾郎の造型が《現在の世界》を現していて面白かった。まあ、このダメ男の死に場所を見つけるための2時間20分にもなっていて、ホントふざけんな!と首をはねたくなる。それも厠にごろり、うじむし!!いやあ、飽きずに見れました。

三池監督は昔はどうもその「やりすぎ」でいただけなかったが今回は実にキッチリと「映画でしかできない事」を徹底して「アクションにしている」ところが気に入った。工藤栄一監督版よりある意味映画の快楽=愉悦を備えた作品に仕上がっている。説明的台詞は全くなく乾いていて事実の映像を羅列し、あとは「観客の想像力」にゆだねている。映画はコレでいいのだ。テレビじゃねえんだから。芝居もこれでなきゃ・・・・うん参考になりました。

主演の役所広司は千恵蔵御大と違って真っ先に「その他大勢のように」突っ込んで行く。これが実にいい。スターもヘッタくれもない、ただ「無名の戦士」たちの「むなしい殺し合いの50分」の大殺陣!!

サムライなんてイキモノのむなしさをきっちり、見せてもらいました。伊勢谷くんが一番の儲け役。

結局、体制=権力だけは生き残り(サムライ達はコレを守っているだけ、いまも同じ!)、100年後にっぽんはヒロシマ・ナガサキの破滅まで突き進んで行く。

トップクレジット「この物語は広島・長崎に原爆が投下される100年前の物語である」という文字がきちんと観客の胸に落ちる仕掛けになっている。巧い。
・・・・・・・

その後、都電で早稲田まで。

今日からミッチリ前半から小返し。
とにかく、役者達と喋って作っていくことにしているいつもの事だがコレが大変。デモ、コレでいく!
・・・・・・・・

で、今日は午前中から1週間ぶりの地域コーディネイター養成WS。

でもって、『愛と嘘っぱち』の稽古はデモシーン。所謂、赤旗事件である。さて、どうする。

わたしたちはとにかく目の前の『愛と嘘っぱち』をきっちり作る!これである。
ひょんなことから、浮世の義理で「地域コーディネイター養成ワークショップのコミュニケーションワークショップ講師」を半年やるkotoになった。来年から始めるお寺や神社で芝居を始めるので
地域とりわけ疲弊しきっている地域社会の片隅で他者とつ・な・が・り・た・い人々との《出会い直し=生き直し》は私にとってもいい体験になると思って引き受けたのである。

「社会のためになること、人に喜ばれること」を仕事にする人材!を養成する実践的な訓練(ワークショップ)流行の言葉で言えばいわゆる「新しい公共の未来を開く」社会的起(企)業人を養成するワークショップ!である。

様々な人がいて、演劇人でできる事がある!からと随分前から頼まれていた仕事。私でなんか手伝えたら、でもって、面白そうなので引き受けた。毎週:木曜日午前9:40〜12:30までの3時間、茗荷谷にある日本社会事業大学文京キャンパスで半年間。受講生は20人。

自分の中の生きる力=新たな可能性を発見する。地域(コミュニティ)の再生、《生き直しワークショップ》。

まず、みなさんに、地域社会の問題として、@他者(コミュニティ)の痛みを共有する想像力を持つ A自ら問題点を発信する表現力を持つこと を演劇的なやり方でやろうと思っています・・と、喋ってハチャメチャな自己紹介を1時間マシンガン・トーク。

休憩後、2時間20人の「ちょっと長めの自分史」を語ってもらいながらの自己紹介、モチロン何を起業しようと思っているかも語ってもらった。途中で全員が質問というか「対話的な自己紹介」(コレが面白かった)となって、2時間はあっという間。コレがメチャ劇的!!結局、6人しか出来なかった!!来週もこんな感じで行きます!でワークショップ初日を終えた。

30代から70代までの20人。本当に「様々なる劇的=激的人生」があったし、これから!を真摯に探している「20人の人生」である、この人たちと半年間、私も一緒に《生き直し》?の方向性を見つけたいと思っている。2時間彼らの話を聞いていて、傲慢だが私なりに真摯にこの人たちと「遊びたい」と思った。

それにしても20人見事にキャラクターがあってこのチームだったら「いい劇団?!」が半年後には出来そう?なんて不遜な心が。楽塾の始まりもこうだったっけ?ここに居る20人で「起業」したらどーよ?

・・・・・・

雨の中、護国寺まで歩く途中、講談社のビルを始めて見る。凄い!かっこいい。美味しそうな蕎麦屋でせいろ。文京区はほんとに学校の町なんだ?御茶ノ水女子大、そうか、ココには林泉寺って芝居やらせてくれる寺があったっけ!てこと思い出していた。


・・・・・・・

いつもの通り粗立ち進む。

何とか3分の2まで荒立ち。
通してみて確認、少し早めに稽古を取って役者達のミーティングに変える。

今週中にはなんとか、ラストまで粗立ちしたいものだ。誰に言っているか、どこにいるか。

1時間45分舞台に居続け、も・の・が・た・りを伝える事・・・これである。
名古屋10時半着。あおきりみかんのS君がお迎え。中津川のCAMPで先週一緒だった。

彼らの拠点でもあるG−PITで地元のケーブルテレビの取材。
東海放送の生番組のゲスト、もとナビの役者だったパーソナリティとMusicalについて。名タイの名物演劇記者であったUさんの「名古屋劇場ジャーナル」の取材。22、000部の立派な情報紙、名古屋の演劇状況についてのアレコレ。で、夕方、栄のアートピアで鹿目由紀さんと2人で今度はS君のディレクションになるHP用ビデオ撮り。あおきりみかんと流山児★事務所のお客にMusicalのお客さん、でもって、とにかくフツーの人にふらりと来てもらいたいものだね、で一致。

次の名古屋情宣は10月5日(火)、新聞社、雑誌社周りでもう一度ケーブルテレビの予定。午前11時から夜19時までミッチリ。お疲れ様でSくんと駅前の手羽先やさんでビール、赤福を買って帰京。

水上勉の『冬の柩〜古河力作の生涯〜』を読む。古河力作を描いた戯曲。名古屋名演会館企画制作で昭和52年木村光一:演出で上演されている。良く書けている、参考になった。

冷たい雨が降り続けるトーキョーである。
・・・・・・
今日から粗立ち。

本格稽古の始まり、あと1ヶ月、楽しみながら『愛と嘘っぱち』作りましょう、みんな。

・・・・・・・
なお、本日より来年秋座・高円寺で再演する『ユーリンタウン』(別所哲也主演)のボビー役およびメインキャストを含むアンサンブル(出演者)を募集します。11月オーディションです。ふるって、ご応募ください!!新しい才能との出会いを待ってます。詳細はhttp://www.ryuzanji.com

Musical『愛と嘘っぱち』は私たちのMusical宣言でもあります。ご予約はお早めに!!
久し振りの柏。

柏プラザの2階にある中華飯店。400人の同窓生のなか参加者100人余。2割は既に死去?
先生は7人、皆さんご健在で、元気溌剌、コレってすごい事である。担任のY先生の顔も。そりゃそうだ、あの頃29歳だった!?って。つまり、俺らより10歳上のアニキでしかなかったのである。そうでなきゃ、卒業式の後、寿司屋のただしのうちで大宴会やって皆と朝まで一緒に飲んだくれて!!なんかいられないってもんだ。それにしても、悪友がみんなジジイとババアになっている。まあ、それなりに色っぽいおばさんも居るが・・・・?2年前にも同窓会があってほとんどの奴らはわかるが、今回、始めて参加なんてヤツラもいて、まるで浦島太郎の竜宮城の集会の部分も。

おれは、聴いてねえかもしれないが、とにかく「来年春、柏で芝居やる」と宣言!それなりに反響アリ。全てはこれからだ!

同窓会終宴後、柏アートラインのKさんと短いミーティング。上演予定のライブハウスのスタジオウーの下見。柏神社の下見のあと2次会に。同窓生はみんな、俺の芝居を見に来いよ!!である。

カラオケスナックにオジサンおばさん30人余りがいるのは実に壮観。1曲だけ歌う「逢わずに愛して」同窓会、次は来年、10月だそうである。まあ、生きていたら再見!である。

そのあと、こじゃれたBARでO,T、Nらと来年の「作戦会議」というか馬鹿話、喋っているといつのまにかまったく高校生に戻るっていうのが面白い。とにかく、ちゃんと「馬鹿馬鹿しい事」をやることを!で一致。お互いカラダに気をつけて・・・・。柏のまちはそれにしても変わった、大都会である。

・・・・・・・・

メチャ酔いで常磐線に乗って、馬場の駅の近くでたこ焼きをかって帰宅。

・・・・・・・
さて、明日は早朝から夕方まで名古屋で「長久手公演」の情宣。ぐわんばりまーす。
秋の新作ミュージカル『愛と嘘っぱち』は順調に進んでいる。
とりあえず、4章まで本読みと歌のチェック。全員のキャラクターが出揃う。歌もカットしたりセリフの間に入れたり構成しなおしながら進んでいる。
事実・史実が入り混じった3章までの構成は「よりわかりやすく」をモットーにもっと考えて・・・だ。来週からだいこさんの動き・ステージング・振付も加わる。だいこさんとははじめての仕事になるので、だいこさんが振付・主演した『市電うどん』のDVDを見直す。だいこさんとのコラボレーション、さていかなるものに?

10時過ぎまでみっちり、事務所に行って明後日:26(日)の名古屋公演情宣の打ち合わせ。長久手公演は鹿目さんの劇団あおきりみかんが制作協力。中津川CAMPで一緒だったSくんと一緒に地元テレビなどを回る予定。

それにしても、このところほとんど日曜日に東京にいない。先週は中津川、先々週は名古屋、その前は福岡と・・・・・というわけで、楽塾の自主稽古『楽屋』の稽古には全くいけず、本当に申し訳ない。とにかく、好き勝手に「楽しんで作ってください!」と勝手なエール。

・・・・・・
涼しさを通り越して寒い。一挙に10度以上温度が下がっている。台風の余波で風も。

でも、昼過ぎには晴れ上がる。
今日は柏の中華飯店で東葛飾高校第38期生(昭和41年1966年卒業)の第4回同窓会。「様々な人生を送ってこられた皆様の来し方行く末を」語り合おうってわけである。あの悪がきどもも62歳のジジイとババアになって・・・・でも、きっとまだ色っぽい?え?

来年春から予定しているレパートリーシアターのトップバッターを柏からはじめようと思っている。まあ、仲間集めである。どこでもいいから、芝居できるとこある?と河原乞食の体できちんと・・・である。

もうひとつの故郷の荒尾からも芝居作りの話が!・・・・ふーん、面白そう。
名古屋からお昼過ぎに帰京。
昨日、劇作家の山元清多氏の死去の報。
愕然とする。肺ガンで治療中だったけどまさかこんなに早く逝去するとは思いもよらなかった。こういうことがホントに起こるんだ。

・・・・・

考える暇なく「現実」の時間が進んでゆく。
『謡説浮世根問』の稽古、いつもどおり。稽古中に黒テントの坂口クンから稽古場に電話アリ。

順調に稽古は進む。生きているニンゲンは生きていてやるべきkotoをやるしかない。

・・・・・・・

夕方、『ミュージカル:愛と嘘っぱち』の稽古イン。
総勢30人近くのメンバーが早稲田に。このニンゲンたちと私はこれから1ヵ月半、芝居を作るのである。

・・・・・
元さん、ホントにお疲れ様でした。ゆっくり、お休みなさい。合掌。
きちんと、やりまっせ『オールドバンチ』!! それにして、悔しい、悔しすぎる訃報である。