公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
再びの猛暑。

昨日は劇団総会。テーマは今後の劇団の方向性について。来年春から始まるレパートリーシアターの展開について。地域というか日本国中の寺や神社やコミュニティ・カフェなどでの公演活動と同時展開するワークショップについての話し合い。ETC.次世代の劇団活動についてざっくばらんに、で、元劇団員の大物役者が30年?ぶりに「劇団」に戻って来るという朗報も・・・・これには全員びっくり!久し振りにさまざまな話で9時過ぎまでディスカッション。社会とのつながり方について。やることいっぱい。私の早稲田でのワークショップも年3〜4回定期的にやることにした。三島、漱石、寺山、太宰とイロイロ、楽しく「遊ぼう」と思っている。

レパートリーシアターに向けて、青木砂織と『花札伝綺』『卒塔婆小町/道成寺』のキャスティング打ち合わせ。私は北村真実さんとMISHIMAを演出予定。メインエベントはわれらが大プロデューサー:米山恭子の誕生日という事でその後大いに盛り上がる。久し振りの劇団呑み会。

・・・・・

で、今年も恒例の日本演出者協会主催「若手演出家コンクール2011」のビデオ審査が始まった。10年目のコンクール。予想通り、最多の応募作品95本となった。今年も1演出家について4人の審査員が審査するということに。つまり今年も30本以上のビデオ作品を観なければならない。

という事で朝から夕方まで、ほぼノンストップで4本を見終える。1時間少々の作品2本。1時間45分余りの作品2本。ヘロヘロになる。

あさってから『櫻の園』の稽古も始まる。台詞も覚えなきゃならない。こりゃタイヘンだの夏が続く。

・・・・・

沖縄海兵隊不要論が米議会で起こっている。「海兵隊は65年前に終わった戦争の遺物」「(中国のけん制に)空軍と海軍は必要だと思う。だが(沖縄から)1万5千人の海兵隊が中国に上陸して数百万人の部隊と対峙するなんてことはありえない」米民主党の大物議員バーニー・フランク氏の弁だがいちいち納得がいく。より主体的により積極的に、今こそ沖縄から基地をなくす運動を。軍事費削減の動きが米国で起こっている。「必要なのは経済の立て直しと国民に働く場を与えること。それにはまず軍事費削減」これだよ、管さん。
久し振りの休日。といってもイロイロ。
まず病院に行って薬。血圧は76〜127の正常。今日はいつもの院長先生と違った先生。不整脈なんですね、薬は飲んでいた方がいいです、もし歯医者で歯を抜く時は1週間前に薬をストップしてくださいね、とのこと。外に出たら院長。『櫻の園』のチラシを渡す。

夜は久し振りの座・高円寺。伊藤由美子「生誕50年」記念公演『少女仮面』(唐十郎・作 久保井研・演出)を観る。名作である。この作品を初めて読んだ読者はわたしである。状況劇場の研究生をやめて1969年鈴木忠志の主宰する早稲田小劇場の研究生時代である。唐さんがこの名作台本を書き上げて忠さんに劇場の下の喫茶店モンシェリで渡したあと、見せて貰った。チラシの紙のウラにきっちりとこまかーい字で書き込まれたその台本。一読してカンドーしたことを昨日の様に覚えている。白石加代子・主演で初演された『少女仮面』は戦慄を覚えるほど傑作であった。唐さんは岸田戯曲賞を受賞した。

無名のものの怒りと自負。『由比正雪』と『少女仮面』はイマに通じる力強い無名のエネルギーの傑作である事をカクニンした。

帰宅してこれまた岡本喜八の名作『大誘拐』を見る。唐さん同様『戦争』とニンゲンを描いている。
16日(金)9日ぶりの松山。去年に続いて演劇大学の講師。今年はワークショップではなく劇場法と地域演劇についてのシンポジウム。村井健さんの基調報告に続いて自由に。劇場法はもっと論議を。でもって、早く骨格を示せよ!といいたい。

劇場法というより如何にして松山の演劇を作るか、そのときの《劇場》って何よ?じぶんたちの《劇場》を作ろうぜ!って話に盛り上がる。予想を超える多くの愛媛の演劇人たちで超満員の盛況でいろんな意見が出た。その後の交流会で様々な企画が。元気でこれからが楽しみの愛媛の演劇界である。せいいっぱいの協力を演出者協会はこれからもやってゆく。

17日(土)お昼過ぎ井筒和幸監督の新作『HERO SHOW』を観る。シネコンの40席余りの小劇場。土曜日だというのに客は俺一人、上映間近にカップルが1組、途中からおじさんが一人の4人で試写室状態で観る。井筒節の青春暴力映画、『パッチギ!』の爽快さはない、暗くて救いのない内ゲバ状況のような作品。まあ、随所に馬鹿すぎて笑うしかないところは・・・。

夜は村井健さんの川上音二郎伝を聞く。現代演劇の祖:まさに革命児:音二郎の波乱万丈の人生を名調子で語ってくれる。いや、井筒映画より面白かった。一応、温泉に入る。なんか1日だけの休日ってかんじの松山でゆっくり。夜市と称して大街道は凄い人出である。讃岐うどん美味し!!


18日(日)それにしても暑い、猛暑の松山からこれまた、猛暑のトーキョーに帰京。梅雨は明けたらしい。

さて、やることいっぱいの来週になりそう。とにかく、『浮世根問』の台詞覚えなきゃ。20日(火)稽古開始である!!
真夏日が続くトーキョーである。
演出者協会で打ち合わせ。広報部の皆さんが大量の発送作業を横で続けている。たいへんな事だがもくもくと、事業の多彩さ、いま協会は多くの会員の力でこの多彩な事業を行っている。

ドイツの演出家渡邉和子さんとばったり、2011年の企画で和田さんとミーティング中であった。四方山話しきり、8月中旬まで日本にいるとのkoto、また会いましょう。

明日からの松山の打ち合わせその他を終えて西新宿からダラダラと十二荘通りから幡ヶ谷、幡代あたりから遊歩道を下北沢までひさしぶりに1時間余り「歩く」、汗ダラダラで東北沢の公園で一息つく。

ミンテイでうま煮定食。いつもの店でコーヒーを飲んでスズナリへ。演劇企画ナッターの『わが友、ヒットラー』(三島由紀夫:作 ぺーター・ゲスナー:演出 綿貫凛:プロデュース)
演劇少女:綿貫女史の演劇愛路線の第3弾。久し振りのMISHIMA!いやはや、1968年状況を思い出しながら「観ていた」!革命は終わった?

柄本夫妻。柄本さんと立ち話。中津川CAMPのkotoやら。楽屋に若松さんを訪ねる。元気そうで何より。飲まずに帰宅。熱帯夜は続いている。

お昼過ぎ羽田から松山へ。2日間の松山。帰京したら『浮世根問』の稽古、10月のミュージカルの打ち合わせ。

じゃ、行ってきまーす。
帰京。

天候不良で30分遅れ。夕刊を見るとつかこうへい氏肺がんで死去の報に愕然とする。62歳。同世代の雄であったつかさんの早すぎる死。アングラ第2世代というより全く新しい日本の演劇を作った天才である。シンプルな劇構造で愚直なまでに必死に時代状況をとらえ直し激しくぶつかり合う強度のある演劇。今考えれば彼の反面教師というべき鈴木忠志氏を超えた演劇の公共性を持つオトコでもあった。確実に「つかこうへいの時代」というべきものを作った演劇の革命児でもある。勿論、私とは全く違った地平をいったオトコであるが、ある意味遠くて近い戦友でもあったと思う。思い起こせば彼が慶応大学の学生劇団のころ彼の芝居を見ている。その後、早稲田大学で劇団・暫という劇団をやっていて、私が研究生であった頃の早稲田小劇場に彼も出入りしていた。その後、私は「演劇団」という劇団を作りかれは「つかこうへい事務所」という劇団を作った。劇団・暫の頃、名古屋の七つ寺共同スタジオで演劇団が旗揚げ公演を行い、続いて山崎哲の劇団つんぼさじき、そしてつかさんらが公演を行っていた。40年近い昔の事である。

その後、1992年大ヒット作『悪魔のいるクリスマス』(北村想・作)につか劇団の鈴木聖子さんが客演してくれた時一度だけゆっくり下北沢で飲んだ事がある。きっぷのいいまさに九州男児といったオトコであった。そのあと?つかさんの秘蔵っこであった山本亨の『銀ちゃんが逝く』を新国立劇場に見にいった記憶がある。『熱海殺人事件』という名作と共に登場したこの在日韓国人の劇作家はそれこそ徹底して弱者・被差別の視点から反権力の愛のドラマを書き続けた真のカブキものであった。そして何より多くの良い役者をこの世に送り出した「名伯楽」として語られ続けるだろう。RUPのSさんにつかさんが絶対書くと豪語していた『鯖街道』をやりたいと何度かしゃべっていたが、ついにかなわぬ事に。

「恥多き人生でした」遺書もまた、つかさんらしい実にカッコいい「銀ちゃん」節である。日本と韓国の間の対馬海峡につかさんの骨が漂い、海の底に・・・日本と韓国の「あいだ」・・・・いつか、こうへい、になるよのなか・・・・か。

それにしても、今年は演劇界にとって大きな損失の年である。井上ひさしさんに続いてつかこうへいという「現代演劇の巨人」が彼岸へと逝った。

最前線を走る続けるモノらしく孤高を保ってつかこうへいは早すぎる死でアッチへ逝ってしまった。なんか、アッチのほうが楽しそうな感じの時代になってきたが・・・まあ、生きている間はコッチを面白くするのがカブキ者の仕事である。

こんどじっくり本棚にキチンと並んでいるつかさんのホンを読み直そうと思っている。

つかこうへいさん本当にお疲れ様でした、ゆっくりお休みなさい。合掌。
メチャクチャ暑ーい1日だった。

池袋で参議院選の不在者投票。いつものことだが、今回もきっちり。で、都電に乗って早稲田へ。電車の中で知り合いに会う。

朝から『お岩幽霊』の荷物トラックへの積み込みを終えて、久しぶりに稽古場は通常の状態に。

楽塾の自主稽古、清水邦夫の『楽屋』をテキストに3チームが自主稽古、ワークショップにいそしんでいる。慶応大学の学生さんが楽塾のドキュメントを始めるらしく、稽古場に。

『楽屋』の台本をカット、30分余りのテンポのいいスリムな稽古台本に・・・。稽古終了後、久し振りの呑み会。馬鹿話しきり。楽塾はやっぱり面白い。とにかく、いわゆる演劇にならなくするには?である。

さて、明日は仕込み班は7時過ぎ羽田発。10時から松山市民会館仕込みとなる。私は第2次班で11時出発。かくして、明日から『お岩幽霊』ツアーの始まりである!!松山の皆さん是非ご来場ください!!

では、1週間、四国・九州ツアー元気にいってきマース!皆さんもお元気で!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『お岩幽霊』四国・九州ツアーの前にやることいっぱい、バタバタである。小林七緒が演出している新国立劇場演劇研修所3期生の発表会を新国の稽古場で『橋を渡ったら泣け』(土田英生:作)を見る。イワヲが美術と舞台監督。凄いセットが組まれている。ふーん。これみんなで作ったの?いいことである。セット作って、小道具も衣裳も考えて芝居は集団で作ること!という原点をキチンと七緒先生とイワヲ先生は教えた2ヶ月であったらしい。もし、できるんだったら小劇場の前の噴水あたりであれを海に見立てて「コンクリートや階段当たりでやる」っていうのもありだと思う。BESETO演劇祭で平田さんの『東京ノート』上演をロビーを使ってやってるというじゃない。駐車場だろうと、新国の敷地にはいっぱい「劇」の生まれる《場》がある。稽古場で芝居つくりの原点を知るのもいいが、芝居のもうひとつの最も重要な原点=芝居は何処でも出来る!を一度やってみる事である。

次回作『櫻の園』の美術・衣裳打ち合わせ。初めて石原さんと仕事をする事に。演出の千葉ちゃんからいろんなアイディアがでる。世界の何処にもないチェーホフが生まれる予感。3日から前売り予約の受付も始まりました。よろしく。

来年から予定している神社・寺廻り公演。全国にある限界集落に芝居を持っていく!がテーマである。そのための作戦を伊藤さんがイロイロかんがえている。壮大で面白いkotoを今年の夏始める。兎に角勉強と実践。みんなよろしく。

座高円寺1のリオ・フェスで青蛾館の『青ひげ公の城』を見る。それにしても久しぶりに聞く寺山修司のコトバ・・・・同時進行する理生さんの『悪徳の栄え』に感慨を覚える。

アルゼンチンがドイツにメタ負けのゲームに・・・・。
5日のツアー出発前。イロイロと忙しい日々である。

4月9日に亡くなった井上ひさしさんの「お別れの会」が夕方から東京會舘で開かれた。立錐の余地がないとはこのこと、凄い人の群れ、井上さんの交流の多さを物語っている。文学界や演劇界などの多くの関係者約1200人が出席し、この幅広い分野で活躍した「現代の戯作者」を偲んだ。私は井上喫煙ルーム(井上さんが喫煙している写真が飾られている)にほとんどいた。別役さんや岩松くん、山本監督、有紀哉らも。途中抜けて祭壇に行くと400冊の著書が飾られていた。丸谷才一さんと大江健三郎さん、栗山民也さんの弔辞。小曽根サンのピアノによる献歌の数々。最後の「マック・ザ・ナイフ」のメロディによる「劇場賛歌」に涙。ホントーに井上さんお疲れ様でした。閉会後には一般読者や演劇ファンらの多くの人が記帳に訪れたという。

それにしても会場内で何人からか「演劇界の危機」についていろいろ聞かれる。トーキョー演劇=J演劇の末期症状。おのれら位置をきちんと《集団》で認識し、惑わされずに往くしかない。ここではない別の場所にわたしたちの演劇を求めて・・・だ。体制翼賛化し、実験性・反逆性を喪失した《劇場》などに《演劇》はない!志あるヒトとヒトの出会いの《場》そこが劇場であり演劇である。

帰宅。
チェーホフの『櫻の園・台本』と北村想の『浮世根問』第1稿を読む、とにかく台本をキチンと読む、読む、読む。あ、『謡説浮世根問(うたでとくうきよねどい)』という歌舞伎風のが正式タイトル決まりました。かくして『お岩幽霊』も加えて3本の台本との「格闘の日々」が始まった。何となく、3本を結ぶ糸がある。それはどーしようもない人々のものがたりだということ?カブキじゃん。
朝から仕込み。私は演出者協会で宮田さん、和田さんとミーティング。昨今の演劇界のこと、今後の協会の事業についての意見交換。考えてみたら三人でジックリ喋った事はなかった。理事長と副理事長の二人、これからも時々はこういう機会を・・・・・。来年の日韓演劇フェス、協会50周年記念事業シンポジウム&演出家による演劇公演&若手演出家論争バトル、でもって、劇場法その他あれこれ、4時間近く。演劇界の今後について。

下北沢ザ・スズナリにいくとセットは出来上がっている。考えていた以上に凄い存在感あふれるセットである。さすが、塩野谷正幸の舞台美術ということにこれから日々変貌してゆくだろう?!これだけでも一見の価値アリ!です。役者の考える舞台美術!!

これだから、手強くて、照明は大変。7時から殺陣の当たり。実際のセットではなくここでしか当たれないので岡本先生とじっくり。迫力ある殺陣!今回の殺陣は少ないが実に計算されたものになっている。で、明かりの直しとシュートで本日のメニューは終わり。明日は朝から照明の時間。それでもって、スケジュールどおり11時から場当たり、明かり作り。あせらず、ジックリ創っていきましょう。それにしても、面白くてデンジャラスな芝居になる予感。

あと1日『お岩幽霊』きっちり、出来上がってゆきます!!是非ご来場ください。
いつものように一寸した直しを終え、殺陣、DANCEのチェック。2時過ぎから最終「通し」。ほぼ完成。あとは現場で微調整。面白い作品に出来上がった。面白い!

ダメだしというか、もっと底抜けの明るさと元気さ。歌舞く、傾く、カブク心である。

5時ころから搬出。さて、明日はスズナリ入り、仕込みである。

ちょっと時間が出来たので新宿花園神社で新宿梁山泊の『ベンガルの虎』(唐十郎・作 金守珍・演出)を見る。久しぶりの梁山泊のテント。3時間・三幕の大作。唐さんのピークの時代の作品。青春と冒険のものがたり。いや、今見ても充分面白い。唐さんの変わらない視点の原点を再認識。奈左さんが出ている。終演後ひさしぶりにテントで飲む。北京喋々の白井クンも出ていて、大塩君ともばったり。その後ゴールデン街、クラクラへ

・・・・

曇り、さて仕込み、夜は場当たり!『お岩幽霊』まもなく開幕です。ご期待ください。