公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
めまぐるしい1日とはこのことである。

お昼過ぎに早稲田に行くともう「劇場」に変化している。照明がつられ黒幕もバックに貼られスペース早稲田は完璧なブラックボックス。

4時過ぎから「明かりあわせ」をかねて小返し。7時過ぎからなんと、ゲネプロまで。勿論ほとんど休憩なし。15人のメインキャストの脳味噌はほとんどパンク状態。

が、とにかく「相手役」を信じてやってくださいと、最後のダメだしをして8時15分開場、栗原、岡島、ウネベ、米山、創、イワヲといった劇団員に加えていそさんや高野、めぐろといった楽塾メンバーに加えて出演者の知り合いも多数、30人近くの客席が埋まる。開演早々電気のブレーカーが落ちてちょっと「止まる」もラストまで一気に50分余りを全力で22人の出演者(途中楽塾と流山児★事務所のメンバー7人が乱入するシーンも加えてある)が一気に駆け抜けた。やあ、よく笑った。

熱い拍手が巻き起こる、ついには泣き出す出演者まで・・・・「初」の東京での5日間ワークショップは大成功のうちに終わった。終演後、即酒宴。また、いつかやろうねと約束。

ワークショップのみの参加者とはこれでお別れ。
明日は休み、19日から1ヶ月「葵上」そして「卒塔婆小町」との格闘が始まる。楽しく作るつもりである。WSのみの参加者であるソプラノ歌手のYさんに特別出演を頼み込む。

帰宅して彼女のCDを聴く、ほんとにきれいな歌声、小町と康子の影(分身)の歌う叙情歌はアリ!である。

謡曲の「葵上」と「卒塔婆小町」も聴いている。何とか、これやれねえかな?稽古大変だな。まあ、いつものことである。

※※

雪の名残が残っている久しぶりの休日。

なんとか3時過ぎに原稿書き終えてメール。そうか、国母くんは8位入賞か。お疲れ様。

まあ、明日はとりあえず「葵上」の本読みからである。さて、2年目のミシマ!どうするか?
2日続けての雨の東京である。

11日吉祥寺シアターで燐光群の新作「アイ・アム・マイ・オウン・ワイフ」12日新宿タイ二ィ・アリスでイラクバグダッドのムスタヒールの「アブグレイブ」とチュニスの女優さんの一人芝居「センディアナの女]を観る、アメリカ演劇、イラク演劇、共通するのは「戦争」。

今日は朝から稽古場はゴミだし。お昼過ぎから楽塾、夜からミシマワークショップが始まる。20人余り、そのほとんどが女優さん。うーん。がんばりましょう。

ボサノバで歌う歌謡曲ってのはいい。♪さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ、津軽海峡冬景色

何とか原稿4枚書き上げる。ずーとパソコンにむかっているのはいかん。昨日は新宿往復12000歩か、今日は・・・・。

1日中稽古場の日々が始まる。
雨が1日中降りしきる中、「標的家族」無事14ステージ完走する。超満員のマチネ、ソワレはさすがに満員にならなかったが「予想を遥かに超えた」多くのお客さんが連日Space早稲田に詰め掛けてくれた。土・日は超満員、平日もほぼ満員で平均50人以上のお客さんが14ステージ!連日早稲田に詰め掛けてくれた事実に感謝。

今回のセットは実に贅沢な空間に創り上げたモノでそんなに多くのお客さんもいれられないし、客演2人以外は劇団員のみの「少人数芝居」でアル。が、当初の「予想を遥かに超えて」多くの反響があり、まさに「口コミ」の力で、連日多くの「当日券」が出、多くの演劇評論家、演劇関係者が「初めて」Space早稲田に来るという現象まで起こった。2009年の全公演「満員」記録に引き続き2010年も幸先いいスタートダッシュです。ご来場のお客様に厚く御礼申し上げます。

キチンと役者・スタッフの実力がアップしたほんらいの意味での「育成公演」となった。木暮を筆頭に、谷、里美、力、直美、アマンダ、麻理、の役者達はめきめきと14ステージの中で成長した。そしてスタッフの山下、荒木も。お客さんが「芝居」を作ってくれるのである。そして、流山児★事務所というより次世代の演劇を担う実力派の演出家として小林七緒が正統に「評価」されるという公演となったのが最大の成果である。1年に何本かの演出を彼女に任せていこう?と思っている。とりわけ、カナミの真摯に役をつくりあげようとする努力には目を見張った。源太朗さんと恵梨さんには感謝感謝。又、一緒にやりましょうね。

※※

9時過ぎから久しぶりに「身内だけ」の打ち上げ。「北京」の餃子、春巻き、シューマイ、米山のつくったおでん、楽塾の皆さんが作った手羽先、コロッケ、その他イロイロ、本多社長からマッカランとほしぶどう。盛りだくさんのつまみとワインやらシャンペン、紹興酒、泡盛、ウオッカ、日本酒、ラム、何でもあり!の盛大な打ち上げとなる。12時過ぎ一度〆て、久しぶりにじっくり飲む。私も1時過ぎまで付き合う。とにかく早稲田でやると「毎日打ち上げ」で、かなり肝臓に悪い。

12時過ぎに〆る。1時過ぎまで付き合う。ほとんどが朝までコース。

※※

本日12日(金)10時からバラシ。
明日:13日(土)からミシマ・シニアワークショップの始まり。20人余りのメンバーが集まった。これが、いざ始める日になると、「必ず」やれ腰が、やれ風引いた、やれ家族に・・・と何人かが脱落する・・・今回も3〜4人からそんな連絡が・・・・いやはや、初の「東京」でのワークショップ、楽しみである。こちらは3月18日(木)〜21日(日)5ステージ上演。
※※

3月ミシマワークショップ公演「葵上」「卒塔婆小町」4月・5月ゴールデンウイーク楽塾公演「ほろほろと、海賊」とSpace早稲田の公演が続く全て小林岳朗の舞台美術、これもミモノである。微妙に「連続性」を持たせて!と私はオファーしているのだが・・・果たして・・・。


で、私は28日(日)のミニ・ライブのため歌稽古!新曲10曲に挑むことに!果たしてオレ間にあうのかな?

いつものごとく、♪そしてひとつが終わり、そしてひとつが始まる
立松和平さんが亡くなった。急なことで本当にびっくりしている。
娘さんの桃子は10年以上前から楽塾の宣伝美術や舞台美術もやってもらっている。高校生時代からのながーい付き合いである。なんどか和平さんも奥さんを連れて早稲田に私達の芝居を観にきてくれたものである。あの柔和な仏様のような優しい漢(オトコ)はそんなにいるものじゃなかった。

やがて、桃子はうちの劇団にいた俳優:山中聡と結婚し2児をもうけている。2番目の子供が生まれた!と、この前、英介さんと本多劇場で話していたばっかりだというのに。可愛い2人の孫にとって、本当にいいおじいちゃんなんだろうな和平さんは・・・いいなあ、と思っていたのに。この訃報である。

和平さんと私は同い年。それにしても早すぎる「お別れ」である。心よりご冥福をお祈りします。立松和平さん、本当にお疲れ様でした。

※※

『標的家族』本日15時・19時の2回で千穐楽、14ステージ完走である。

きっちり、やることを「やる」しかない。それが生きているものの務めである。
5日ぶりの東京である。
※※
5日(木)〜7日(日)までの4日間、熊本県立劇場にずーっといた。

熊本での「最後」の演劇大学。4年間実に楽しいワークショップであった。4年間の間にみんな「すごい成長した!」ことを「実感した」4日間であった。夏目漱石の「夢十夜」をテキストにして5人の演出家志望のメンバーが書き上げた脚本を4チームに分けて4日間で「上演」するという例によって無謀とも思える企画。

いや、大変!だった!が、面白かった!

※※
私はシニアチーム。2人の演出家の作品を別々にやろうと当初、思っていたが一人の演出家が「思わぬ出来事」で2日目から来られなくなった。急遽、一夜と二夜をミックスした作品をゴーインに作ることに。で、結局、演出家を役者のメインにしなければ無理ということで,
「演出家の役」を「演出家の幸太くん」が「演じる」(といいうか舞台で「演出もしていい」というカタチで)私がゴーインに作ることになった。だから、こんどこそ楽、出来るかな?と思っていたが今回が一番大変なことになった。

で、(何が!)テッテ的にナンセンスでそれでいて不条理オペラに仕上げた。シロウト、というか「初舞台」のおじさん、おばさん、30年ぶりに芝居をやることになった劇団東京ブラックホールの大介が面白い。

稽古中は、まるでシュールレアリズムの自動筆記状態。歌は「サンライズ、サンセット」と五木ひろしの「待っている女」を急遽、思い浮かべ「歌」うことに。

メインの「百年の恋」を演じるお二人さんは「見ず知らずの他人」というのに2日間カラオケボックス行き!を命じた。その効果は発表会当日に現れた。おどおどした「初舞台」おじさんは二夜にして五木ひろしと化した!!のであった。いや、ホンマ! ♪愛はかげろう、つかの間の命・・・である。


60代、50代の7人のエネルギーが「暴発」する20分の「世界の何処にもない」作品に出来上がった。いつものことだがみんなすごい!ニンゲンのエネルギーは「すごい」のだ。♪愛を止めないで、そこから逃げないで・・・・である。いやあ、わたし泣けました。

本番の朝から3回「通し」、徹底的に台詞が出るように「した」!コレがよかった。


※※

各チームの個性が出た「いい発表会」となる。きゃくせきも立ち見も出るほどの超満員になった。熊本の次世代の演劇を担うイイ意味での「おわり」であって本当の熊本の次世代演劇の「はじまり」の演劇大学になった。いや、良かったドラマドクターの和田さん、古城さん、坂口君の演劇感も見える。いい体験である。皆さん、お疲れ様。

とりわけ、名誉学長でもある瓜生正美さんの存在に感謝。シンポジウムで語ってくれた「戦後地域演劇の体験談」は、孫の世代たちにとって貴重な体験!となった。演劇は歴史性と社会性を持ち温度をもった肉体が作る芸術である。

※※

今年の7月に予定している坂口瑞穂「新作」書き下ろし『お岩幽霊/Buenos Aires』の公演場所を健軍文化ホールに決める。市電の終着駅の近くにある300人の小劇場。いい劇場である、ただし駐車場が無いのが玉にキズだが致し方ない。坂口君と一緒に決める。

いつものことだが演劇三昧の4日間であった。
全員で打ち上げ。熊本日日新聞に4年間総括を書く事に。

で、何人かとカラオケで2次会。久しぶりに歌う。28日の紀伊国屋演劇賞受賞記念パーティで「ミニライブ」をやろうと思っているので少しは稽古しなきゃ・・・である。

※※

8日(月)11時過ぎの飛行機で帰京。
夜7時から渋谷でケラさんと緒川たまきさんの結婚披露パーティに1時間ぐらい出席して8時半から早稲田で『標的家族』のアフタートークに参加。忙しい「いつものトーキョーの日常」である。さて、歩くか!!
今日はよく歩きました。本当。馬場から新大久保抜けてドンキホーテまで。明日から熊本で演劇大学なので一寸小さいバッグが欲しかったので・・、いいバッグが見つかる。で、2丁目を抜けて御苑前のシアター・サンモールに。浅井さやかの新作ミュージカル『コエラカントゥス〜深海 眠る君の声』のゲネプロを見せてもらう。時間が無いので本番が見られないので。2時間半の大作。たいへんなことをイッパイやっている。井村が楽しそうにやっていた。

※※

そのまま、抜弁天を抜けて女子医大、でもって夏目坂にある一度入ってみようと思っていたとんかつ屋で晩飯。
旨い!早稲田に着くと今日は終演後、ミニ総会なので劇団員の顔多数。ほぼ満員の4日目。安定していい芝居に。終演後10分ほどのミニ総会。
紀伊国屋演劇賞受賞謝恩パーティのこと。さっさと決める。イワヲ、畝部、米山が実行委員になって具体的なことを劇団員に。まあ、ミニ・ライブを早稲田でやることに。創に相談。熊本から帰って具体的な曲目もきめなくちゃ、稽古はどうする?である。

※※
ということで(何が!)私明日から熊本に行ってきます。
最後の演劇大学。夏目漱石の「夢十夜」をテキストに4チーム、4日間で作る熊本版「夢十夜」のドラマドクター。古城さん、瑞穂、和田さん、私の4人の演出家。楽しんで作ってきます。と、いうことで4日間このブログはお休みです。『標的家族』は絶賛上演中です!

是非、ご来場ください!面白いです!!

※※

で、14508歩。本当によく歩きました!!おれ。

※※
それにしても、おれたち、毎日よく飲むなあ。毎日打ち上げ!!である。

これがまあ、「劇団」なんだろうな。大内やびんちゃん、華子におまけにペーやら大介やら劇団員も元劇団員もグチャグチャで「芝居」のkotoを毎日熱く語っている!!ここでは元も今も「関係」ねえ・・・芝居が好きな先輩後輩だけである。ここが流山児★事務所の「いいところ」なんだろうな。一期一会。おれたちは「ここ」に「いる」だけである。
お昼過ぎ代々木八幡の青年座劇場。東恵美子さんの劇団葬。
20年前に一度だけ「競演した」大女優、紫の君。チェーホフの「かもめ」のアルカージナとトリゴーリン役。楽しい《出会い》であった。いろんなことがあった。本当に楽しかったです。その後もイロイロありがとうございました。本当にお疲れ様でした。

※※

本屋で月刊ミュージカルをめくる。2009年ミュージカルベストテン発表である。
『ユーリンタウン』ベストテン第8位!!
荻野清子さんが「特別賞」ベスト演出家第2位が流山児祥!


コレって何!である。2009年上演された48作品がノミネートされたなかのベスト10、ぜーんぶ商業演劇の中、たったひとつの小劇場ミュージカル!!の快挙。評価してくれベストテンに選出してくれた評論家・ジャーナリストの皆さんに感謝。うれしいかぎりである。

※※

「標的家族」3日目。満員ではないがイイ感じで埋まって、芝居もどんどんよくなっている。多くの評論家が見てくれている。江森さん、扇田さんといった顔。昨日も大笹さん。多くのヒトが小林七緒の演出を評価している、うれしい限りである。

裕作さんといつものように呑む。例によって来年の「寺社廻り」のこと、寺山演劇の新展開について。

※※
阿佐スパの新作を本多劇場で観る。「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」長塚くんのロンドン留学帰国第1作。面白く観る。隣の席が英介、山中の第2子のことなど、『標的家族』観にくるとのこと、待ってます。終演後、楽屋で伊達君、圭哉と立ち話。圭哉とは馬鹿話。希旨子が時々世話になっている。心のことなど。・・・つまり、元劇団員の子供の話ばっかりしている・・・おれ、おじいちゃん。

ケンッタキーでたばこ吸いながら珈琲。野田君の「野田版歌舞伎」を読む。

※※
夜は森下でよく通った呑み屋「とん八」のお別れ会、立ち退きで33年間の営業をやめることに。ということで、みんなでおやじさんと、おかあさんへのお疲れ会。仕切りはもちろんTPT、ハコ、熊たちが動き回っているおねえちゃんと亘理さんも本当にご苦労様。花屋に言ってピンクのはなを買っておかあさんへ。手塚君と久しぶりにゆっくりしゃべる、田岡とも、塩野谷、栗原、上田、沖田、石橋と続々と。塩野谷と亨からはアロエ。それにしても、イッパイのひとひと。33年間、とりわけこの20年間以上ベニサン・ピット、ベニサン・スタジオと一緒だったとん八。

安奈サン、千葉、久しぶりの堤くん、といつもの「とん八のある風景」となり、お疲れの乾杯。私の感謝のコトバと乾杯の音頭は堤+千葉。カウンターには門井さんと亨、こんな粋な企画をやってくれたTPTに感謝。塩野谷は本当にイロイロとお世話になった、オヤジさんと尽きない話・・・・。

わたしは少しはやめに帰宅。

読売新聞「流山児★事務所若手が総力結集!」東京新聞「いじめ社会の怖さ!」と27日夕刊に「標的家族!」の記事、演出家:小林七緒のインタビューが掲載されている。
※※

「標的家族」は本日(28日)昼から明かりあわせ!である。

ご予約はお早めに!!31日(日)・2月1日(月)・2日(火)は「大いに余裕アリ」です。ぜひこの3ステージに!!
5日間、楽しいソウルだった。

130の劇場がある、アジアのoffoffブロードウエイ=テハンノを中心に4日間芝居三昧の日々であった。

近いうちに又行こうと思っている。

6時おき、タクシーで近くの地下鉄の駅まで。(タクシー代はメチャクチャ安い)地下鉄に乗ってキンポ空港まで。(地下鉄もメチャクチャ安い)。

アシアナ航空で羽田まで。コレが近い!!
1時過ぎに帰宅。

原稿書き。稽古場に電話するとカナミが出た。今夜は7時から「通し」。
ハイ分かりました・・・・。

31日(日)には『標的家族』初日!!では、空港で買ったマッコリ3本と市場で買ったするめと海苔でも持っていくとするか・・・・。

今日:26日毎日新聞朝刊「遊ナビ」に「標的家族」の情報が掲載されている。

遊ナビ:ステージ /東京
 
■標的家族!
 31日〜2月11日15・19時(時間要確認)、Space早稲田(地下鉄早稲田駅)。作=佃典彦。演出=小林七緒。音楽=諏訪創。美術=小林岳郎。出演=木暮拓矢、谷宗和、藤川恵梨、下総源太朗ほか。ある日、キノシタさんは地下鉄の公衆トイレの前で倒れているノグチと名乗る男に声をかけた。数日後、ノグチさんは家族とキノシタさんを訪ねて来たが、ノグチさん一家はなぜか全員大けがをしていた。一方、キノシタさんは世間から「不当なイジメ」を受けているようなスズキさん一家も目の当たりにし、次第にキノシタさん夫妻にも不穏な空気が迫ってきて−−。3800円。流山児★事務所電話03・5272・1785
ソウル4日目。
ホテルのラウンジで外を見ながら朝食。

ツアーメンバーは今日帰国。

何回も来ているがちゃんとソウル観光をしていないので高サンの案内で初めて市内観光。景福宮と宗廟;世界遺産である。インサドン(仁寺洞)で伝統茶の十薬茶を飲む。高さんはバブル時代に日本に留学していた。韓国の最近事情をお茶を飲みながら聞く。

でもって、カンジャン市場でユッケとレバ刺しとセンマイ、これがうまかった。

超派手な衣装に使えそうな背広を買いホテルに帰宅。

夜はマーシャルアーツパフォーマンス『ジャンプ』を見る。ロングラン中。面白い、誰にでも受けるショウ。子供と一緒になって笑っていた。1時間半。世界中に行ってるのもうなずける。

終演後後、これまたプルコギを食ってなかったので食う。なんてことない、これでは、まるでグルメツアー。


夜中11時過ぎに「麻薬キンパ」とよばれている「くせになるほどおいしい」海苔巻きを買う。夜中だというのに凄い客。さすがにうまい!!

というわけで、今日はほとんどタクシー移動で7862歩。

※※

明日は6時起き。

9時の飛行機で帰国。

『標的家族』の追い込み稽古を観る予定。みんな元気に稽古中とのこと。皆さん是非早稲田までおいでください!!!