公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
朝から町を散策。

本当に歩いた今日も。

青年座の水谷内さんはそれにしても凄い。毎日、氷点下のソウルを3時間以上走っている、私には決してマネ出来ないことである。

3駅歩いてサンゲタンを食べさせてくれる有名な店でブランチ。さすがにうまい。で、歩いてミョンドンまで。日曜日ということで教会から出てくる人の群れが半端じゃない。

で、地下鉄でテハンノ。昨日に続いてワンダースペース。今日は西堂さんのレクチャー;寺山修司の演劇。よく整理されたレクチャーである。最近「毛皮のマリー」が翻訳されたらしい。

昨日に続いて、申し訳ないが途中で抜けて演劇集団反の「ミリネ;ミルキーウエイ」を見る。まったく言葉はわからないが、70歳を超えたいい男優さんの芝居で1時間半楽しんで観た。イジュオンにいろいろ質問する。反のパクさんとは久しぶりの再会。

で、夜7時からミュージカル「オールザットジャズ」を観る。映画の「オールザットジャズ」とはまったく違う韓国版ミュージカル。もちろん曲は使っているが、、、いや、はや。


で、テハンノに戻ってライブハウスでジャズ。9時過ぎにオテソクさんの劇団木花の『楽屋』を見たチームと合流しようと思っていたのだが会われず、結局「日韓リーディング」のツアーメンバーとじっくり飲むなんてことは出来なかった、ごめんなさい、である。

で、ユッケ刺しで本日は打ち止め。ジュオンともお別れ。ありがとう、また会おうぜ!!

それにしても、今日もよく歩いた。13836歩。今日は少し暖かかった、それでも零下近く。寒さにもなれるものなんだと実感したソウルの3日目!である。

※※

明日は月曜日、テハンノで芝居はほとんどやっていない。一応ミュージカルを1本見る予定。それにしても130近くの「劇場」が下北沢と同じぐらいのエリアに集中してある「この国」の「凄さ!」に改めて感服。に、してもホント女の子ばっかりだな、客席が、、、。

これくらいに東京の演劇シーンがなれば面白いのに!!!!そのためには日本にはもっときちんとした「劇団」が「必要」!だな。

1980年代の後半から数え切れないほどこの街に来ている。来る度に変わっているイキモノ、それがソウルである。
昨日はマキノノゾミのリーディング『原子核クラブ』。面白く観た。

※※
今日(23日)も快晴。が、寒い。

市場へ行って「いつものように」朝飯。
これがうまい。白子と魚のなべ。

東大門の市場を恒例のように見回す。

4時からロングラン中の韓国の芝居を覗く。80年代の小劇場ののり。が、役者のレベルは一段と上がっている。

今日は7時半から岡田利規くんの『3月の5日間』のリーディング。

私は、途中抜け出して(ごめんなさい!)、オテソク演出の劇団木花の『楽屋』(清水邦夫;作)を見る。これが面白い!凄い、さすが韓国アングラの巨匠。木花の役者はやっぱり、凄い、いい!!直美の大女優で『楽屋』をやってみたくなった。うちの女優たちでやる『楽屋』、、、いいなあ。

まあ、オテソク作品がが観れたことで今回のソウルはよしとしよう。それにしても観始めて20年以上オテソク先生は衰えを知らない「実験精神を忘れない現場の演出家」である。

※※

リーディングのアフタートークにはなんとか、間に合った。

で、終わって小松杏里と飲む。韓国の現代演劇と付き合って10年以上。こいつも偉いやつである。ジュオンも連絡が取れてやってきた。来年辺り久しぶりに韓国公演もいいか、と盛り上がる。

久しぶりに、ゆっくりマッコリの「夜」であった!

お疲れ様。昨日も今日も12000歩。相変わらずよく歩いている!!これで行くぜ!
昨日はブレヒトリーディングの稽古12時からノンストップ。

何とか小返し、ラストまで当たる。

2時20分からぶっつけ本番!和田さんや中野志郎くんらにも見てもらって(観客10人あまり!]いい発表会になった!早稲田に「標的家族 」実に来たときにゆっくり飲みましょうと言い残し赤坂のホテルニューオータニへ。


紀伊国屋演劇賞授賞式。ちょっと長いスピーチしてしまった。まあ思っていることをしゃべった。これからもきちんと、「劇団」を軸にした仕事をやっていく。それだけである。で、ワインの飲みすぎ、まったく食ってなかったのでヘロヘロ。塩野谷の仕切りの2次会。新宿池林房、もう酔っ払ったので早めに退散。アマノ、坂手、沖野さん、真美さん、弘子、瓜生さん、哮夫さんに加えてゲストの綿貫さん、米山、若杉と身内で祝杯。

来月は関係者全員に集まってもらって大パーティーをやろうと思っている。31日の」標的家族」の初日に向けて早稲田は追い込みである。


で、私は今ソウル。

日韓演劇交流センターのリーディング。

いま、いつものホテルにたどり着く。地下鉄を乗り継いで、冬のソウルは極寒である。
桃園会の「ぐり、ぐりっと、」に続いて今度は両国のシアターχで樋口一葉の「やみ夜」を見る。

渡邉和子さんのアングラ?前衛劇。去年見た?「犬婿入り」と演出法はそんなに変わらないが塩野谷正幸の傍若無人の「白波」ぶりがいい。

久しぶりに気持ちのいい、志のある芝居。ドイツ人?的感性・・・ブレヒト読まなきゃ・・・と帰りの電車で思った。

帰ってみると岩淵達治先生から長文のおはがきが届いていた、何と2通にわたって!。来週の18日から3日間芸能花伝舎で芸団協のセミナーの「ブレヒトの「イエスマン、ノーマンを《読む》」という講座の講師をやるのだが・・・初めて「ブレヒト」をよ《読む》私ごときに実に懇切ていねいなサジェスチョンをいただき恐縮の限りである。

いいかげんに「楽しもう」と思っていたがこれで、根性据えて「いい加減に」ブレヒトを《読む》覚悟が出来た。

アジア的身体・能・ブレヒト・一葉・歌謡曲・ノイズ・パンク・ワーグナーなんてかんじ。

あ、まだ講座生募集受付中だそうです。奮ってご参加ください。ブレヒトで遊ぼうぜ!!

1月18日(月)・20日(水)・13時〜17時 21日(木)11時半〜15時 芸能花伝舎3階3−1
参加費:6000円

03−5909−3060芸団協:担当米谷・小林


※※

いろんなことが起きている。流されないように。調子に乗らないように。

ビンボーなこの身体とこの《集団性》を梃子に往くしかない・・・・。

「標的家族」いい、かんじで進んでいます。こちらもご予約はお早めに!!

※※
東恵美子さん逝去の報。

20年ぐらい前に鈴木完一郎:演出でチェーホフの『かもめ』で恵美子さん:アルカジーナ、私:トリゴーリン!で共演させてもらった。あの時は本当に生意気盛りで随分恵美子さんには、迷惑をかけ、お世話になったことがある。完一郎さんもアッチヘいっちゃたっし・・・・実に寂しい限りである。享年85歳、華のある女優さんだった。合掌。
さて、本日9日(日)15時芸能花伝舎にてリーディング本番である!

木下杢太郎作:ふじたあさや:演出『和泉屋染物店』
私は革命家幸一:29歳の若者役、いや聞きモノですよ!


※※
以下、この数日間のことを記しておく。

6日リーディングの荒立ち稽古イン。

コレが大変。

よく「読む」。が明治のコトバ、これが大変。・・・・ない「の」ですよ、ってところを・・ない「ん」ですよと読んでいたのだが、やはり台本どおり「の」ですよと読むことになった。これだけで、メタメタになったりして。相手役の瓜生さんに甘えっぱなしの現場になっている。あさやさんの的確なサジェスチョン。18歳の頃の新劇青年(勿論その頃からアングラ青年でもあったのだが)に戻って、「初心」に戻って「役者」しています。

初の「近代戯曲を読む」この試み好評で既にチケットは完売!
芸能花伝舎1−1は100人ほど入る教室だが現在120人以上の予約が入っている。つまり「前売り完売」。あとは「立ち見」になるそうな。すごいなあ。こんなことは初めてのkoto。うれしい限りである。

でも、ホント面白いホンです。
きっちり、あと3日の稽古、稽古、稽古である。

※※

稽古を終えて下北沢で坂手くん、和田さん、浅野さんらとミーティング。本当にいろんなことが起こっている。

ただ、生真面目にこの道を往くしかない。

※※

7日(木)きょうは七草粥。
道端で白夜書房の末井さんにばったり、「明けましておめでとうございます」と挨拶。元気そう。
夜は新年会!それにしてもみんなよく飲むなあ。
久しぶりに劇団員のみのいい呑み会!!

※※

8日(金)は立ち稽古。といっても実際は座って読むだけ。あさやサン曰く、「流山児のスタイル」じゃないんだから・・そういえばこの前の「魚人」のリーディングのときは走ったり暴れたり、歌ったり踊ったりしたっけ。

うん、いい感じで相手役としゃべれだした。が、29歳の革命家の役、うーん。

息子の気持ち。でもって、ガキの頃のオヤジのカオに瓜生さんをダブらせてみる。

夜9時半までみっちり。

※※

さて、本日9日(土)は午前11時よりゲネプロ。ごめん、楽塾の稽古いけなくなっちゃった。

本番は15時から。戌井さんのチームはかなり面白そうである。なんたって宮田慶子さんも役者やるし・・・。

とにかく、落ち着いてやります!!ご期待ください!!

近代戯曲を読む。『和泉屋染物店』『釣堀にて』@西新宿芸能花伝舎1−1
2009年は本当にお世話になりました。
あっというまの1年でした、劇団創立25周年を「劇団員一丸」になって駆け抜けたという実感です。

「恐怖と混迷のゼロズ、ダブルオーズ」が今日で終わる。

本当に来年こそいい年でありますように。来る2010年もよろしくご愛顧のほどを。

皆さん良い年をお迎えください。

流山児祥
師走だというのに1日中稽古場にいる日が続いている。

26日(土)
「標的家族」稽古、佃君が名古屋から来ている。キャスティング。来年から立ち稽古。夕方抜け出して、私は西新宿芸能花伝舎で1月9日開催される「日本の近代戯曲を読む」とリーディングの稽古。

木下杢太郎:作『和泉屋染物店』明治44年の作品。大逆事件への反応を見せている実に繊細で大胆な戯曲(「あの事件」ねえ)。私は29歳の青年幸一役、父親の徳兵衛役は瓜生正美さん。演出はふじたあさやさん。三味線も加わって面白いリーディングになりそう。それにしても明治の言葉は手ごわい。読めない漢字多数。大逆事件について勉強する期間となりそうである。
今日はテキスト・レジーのあと1回読む。ダメだしは正月明け・・・だそうです。読み込みます!!あと6日〜8日3日間の稽古、夜3時間である。10時前に稽古終わる。外は寒い師走の風である。

稽古場で佃たちが飲んでいる。が、私は疲れたので帰宅。

※※

27日(日)はお昼から楽塾「ほろほろと、海賊」の本読み。佃は今日も稽古場。2本連続で佃作品の「新作」を上演するのは「初めて」!

29日か30日までには「キャスティング」まで行きたい。



夜は演出者協会の恒例の大忘年会。協会員はもちろん、演劇関係者から一般のお客様までご参加出来る会で、当日は若手演出家コンクール2009を勝ち抜いて最終選考に残った4名の優秀賞表彰式も行なわれた。今年は、新宿駅南口の「浪漫房」を借り切って行なわれ、アルバイトのカナミのカオも。また、例年同様、司会を坂手洋二、宮田慶子と一緒に。22歳の最年少の演出家と長老の瓜生さんの挨拶。これが演出者協会。例年90人近くの盛況。今年も大いに盛り上がる。で、2次会、3次会はゴールデン街、鹿目さんと赤澤ムックさんが私の両隣、若い演出家たちでいっぱいになる。高取と一緒にすし屋へ。で、ベロベロになって帰宅。日本酒、焼酎、ウイスキーのはしごで久しぶりにカラダ中がアルコール漬け!ってかんじである。

※※

28日(月)完璧に「二日酔い状態」でお昼近くに起き、風呂に入る。

今夜も楽塾「ほろほろと、海賊」の本読み。佃ワールド炸裂のB級アクションの傑作。心して頑張ります。ご期待ください。今日中にはキャスティングまで行きたいものだが・・・・。

なお、『標的家族』ただ今、絶賛予約受付中です!!http://www.ryuzanji.comまで!!
超満員札止め!

本当に立錐の余地の無いほどザ・スズナリが人ヒトひとで埋まった。感謝感激の15分押しで『田園に死す』千穐楽の幕が開いた。朝倉摂さん、日野さん、鐘下、寺十のカオも。本当に多くの人たちが観てくれた。日野さんが偏陸さんからのプレゼントを私とアマノに。多くの天井桟敷の人々が喜んでくれたことに感激。本当にこの芝居をやってよかったと感じた2週間17ステージであった。それからなによりももう一つの「主役」でもあるザ・スズナリとスズナリのスタッフの皆さんに感謝。そういえば今日二つ森さんも来ていたっけ。

全員「演劇の持ち力」を出し切った17ステージめであった。

終演後、全員でバラシ。

夜9時過ぎからSpace早稲田で大宴会。蒲さんのたこやき、米山の作ったカレーライスと河童ナベ(これは妹尾河童直伝の白菜と豚肉をメインにしたナベ、これが旨い)、上の中華「北京」から大量の餃子、から揚げ、シューマイ、その他の豪華版!!

酒はウイスキーから焼酎、泡盛、ウオッカ、ワイン、日本酒、紹興酒その他といったまるで酒屋の風情でメチャクチャある!差し入れでもらったものやこの1年分の酒を全部吐き出しての大酒盛りとなる。

12時近くに大入り袋。目標を超えた「超大入り」の『田園に死す』であった。今年は本当に劇団史上最多の観客数と言っても過言ではない多くのお客さんが私たちの芝居を観てくれた。私たちはこれからも「愚直に」演劇の力を信じ、集団の力を信じて「演劇でしか出来ないこと」!をやり続けてゆく。決して「商業化」されず、志高くカネにもメイヨにもならない河原者=カブキ(傾き者)の未踏の原野を国内外を越えて往く!!

《神人(シンジン)として、最初の芝居びとは存在したはずだ。それが神人(ジニン)という変容をとげたのは、その営みに経済というものが導入されたからだ。この「快楽(Eros)」としての営為と、「経済(economy)」としての営為の二重のparallelな導線は、いまも変わらずに、演劇というものについてまわる。前者は表現として、後者は生活手段として。だから、演劇(狂言)の発生が知りたければ、古文書などにあたるよりも、いまの演劇人たる人々、私たちの生き方から推し量って充分その答が得られる。鎌倉室町から六〇〇年、このスタイルに大きな変化はナイ。演劇というのは、なにかしら〔生き残って〕きたのだ。私たちはこの生き残ってきたものに、自らの生存をゆだねているといってもイイ。それはいま、この時代、この世間(うきよ)で「生き残る」、本能的な選択ともいえる。》(北村想「劇、その演技03より)

この世の中を「生き残る」ためにわたしたちは「いま・ここ」にいる。

※※
塩野谷正幸もやってきて呑んでいる。アマノはべろべろ、の上機嫌であった。

ホントーに皆さんお疲れ様でした。

12時過ぎに栗原の音頭で一応〆て、その後は「朝までべろべろ」?

私はいつものように早めに抜け出して1時過ぎに帰宅。そのまま倒れこむように眠った。

※※

今日もいい天気である。朝10時から片付け、大掃除。私はここ何日かの新聞をじっくり読む。ふーん。

明日から『標的家族』の稽古開始。楽塾も27日(日)から『ほろほろと、海賊』佃典彦の「新作書き下ろし」2本連続上演の稽古開始!である。

『標的家族』のあとは2月ミシマワークショップPROJECTも待っている。2010年の前半戦は全てSpace早稲田=本拠地の劇場に1日中いることになる。これが一番!!

劇団員もシニアワークショップのメンバーも只今募集中です!多くの応募を待ってます。この劇団はいま一番面白いことは請合います。なんたって、「何でもあり」の劇団なんだから。キミがこの劇団を変えていいのだ!!

今日はクリスマスイヴ。1日中クリスマスソングがラジオから・・・・。

※※

今日も晴れ。クリスマス。『標的家族』の稽古が始まった。今日は「本読み」である。さて、早稲田に行くことにするか。
昨日、本番前のスズナリのロビーの電話にうれしい知らせが。

第44回紀伊国屋演劇賞団体賞受賞の知らせであった。対象作品は『ユーリンタウン』『ハイライフ』『田園に死す』の3作品。

来年で劇団活動を始めて40年になる。これからも芝居をやれよ!という励ましの賞であろう。感謝。出演者・スタッフ・劇団員一同あつくお礼申し上げます。

さて、このご褒美に応えてあと8ステージ『田園に死す』爆走します、
是非ご来場ください。

流山児祥
昨日からの雨が続いている。眼下の神田川はすごい濁流。


で、雨の中肺がん検診の「かくたん検査」の容器を近所のT病院へ。おととい池袋の健康センターでレントゲンとCT検査。20本×40年の喫煙というわけで何とか指数が800?まあ1回ぐらいは検査しとくか、というわけで区民診断1000円で受けることにした。結果は1ヵ月後。

※※
それにしてもいろんなことが起こる今日この頃である。

市橋容疑者逮捕と森繁さん大往生のニュース。

2年7ヶ月の逃亡劇。整形手術やら懸賞金やら・・・。

森繁さんは主演映画のギャラで墓を買ったという。軍事教練を拒否して早稲田大学を中退。兵隊になりたくないとNHKアナウンサーに。30代後半に初めて映画の主役に。森繁語録「にっこり笑って死んでやろう」のように96歳の大往生ですか。
「感動は客席と舞台の間で生まれるもの、役者自身の中にあるものじゃない」・・・・そうです。小沢昭一さんが言ってる通り森繁さんは「芸人の血とは無縁の新しい俳優の生き方を示したヒト、偉大なる素人」。
早稲田で演劇をはじめた森繁さんは現代演劇のヒトでもあった。死んだ三木のり平さんと同じくもともと、「新劇」のヒトだった。「戦争」を体験して「さめた」眼で「喜劇というニンゲンドラマ」を演じ「長ーい戦後」を生きたのである。



ベルリンの壁がくずれて20年。本当に変わったのだろうか。

でもって、オバマ大統領がやってくる。で、町中に警察官の姿が・・・。

※※

学級閉鎖も終わり、『田園に死す』稽古再開、あと本番まで1ヶ月!!

今日から立ち稽古である。