公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
という訳で(なにが?)きょうからいつもの「トーキョーの日常」が始まる。

朝10時サンデー・プロジェクト観ながらこの国の相変わらずのノー天気なセイジジョーキョーを「こいつら馬鹿じゃないの!」と想いながら飯食って見ているオレ・・・って何よ?

お昼過ぎ、自転車に乗って早稲田へ。

1時パラダイス一座顔合わせ。全員元気に集合。
戌井市郎、瓜生正美、中村哮夫、本多一夫、肝付兼太、新人のふじたあさや、そして美術の妹尾河童のバンチ・レギュラーメンバー。でもって、若手の谷宗和、坂井香奈美、阿萬由美のこれまた劇団のレギュラーメンバー。このメンバーにいつもの藤井びん、で、去年に続いて「毛皮族」の町田マリー、ずっとパラダイス一座に「出たい、出たい!」と言っていた大路恵美と二瓶鮫一さんという「新人2人」の俳優さんが加入する。劇団を辞めた石井澄も出るので役者は映像出演の岩淵達治さんを加えて、今のトコロ総勢15人の大所帯になる予定。

音楽は林光氏!!スゴイ、最高の超豪華メンバー勢ぞろい?となる。これで「最後」となることが実に残念!である。

公演は2009年2月、公演場所は下北沢本多劇場。稽古開始は12月16日!

タイトルは『続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜』


作家の山元さんをかこんで「台本」の話し会い、2時間みっちり。元さんのめちゃくちゃなストーリーに全員あんぐり、でもオモシロイ!

前代未聞の未だ終わらざる「戦後」ニッポンの《現在》を問うハードな物語となること請け合い。行く所まで行こうぜ!何も怖いことなどない。

パラダイス一座の「最終公演」お見逃しなく!である。12月前売り開始予定!

※※

3時から6時半すぎまでみっちり「楽塾」稽古。楽塾メンバー全員気合が入っている。ノンストップで、時々怒鳴りまくりながら稽古絶好調!

2年前の『楽塾歌舞伎☆十二夜』がまったく違うメンバーで全編リニューアルします。12月23日1時・5時の2ステージのみの「クリスマス特別発表会」!!に向けて全員、眼の色変えて稽古中です。これまた、御期待ください!!そんなに稽古時間がない事に今日気づく、ごめん。


で、7時から久し振りに飲み会。9時まで。

事務所に行くと来年5・6月座・高円寺で上演予定のブロードウエイ・ミュージカル『ユーリンタウン』の主演男・女優募集!のオーディションの応募用紙が山積み。「書類審査」を終えて「面接・実技」を観る150人以上!!のオーディションを12日(日)13日(月)の2日間Space早稲田でやることを「決定」。1日80人だよ!!

2日で150人以上に会うの?こりゃ、25年前の北村想・作『碧い彗星の一夜・U』のオーディションを超える人数である。おれ、ほんとカラダもつのかなあ?まあ、オモシロイ・元気なヤツに会いたいものである。

※※

帰宅して、楽塾が2009年8月ザ・スズナリ公演に予定している「台本」について北村想に電話。すると、琵琶湖の維新派公演を観たあとらしく「凄く面白かった!」という想の弾んだ声。そうか、いま維新派演ってんだ!観たいなあ!で、後日メールすることに。


というわけで、いま夜10時。今日は久し振りのハードデイとなる。

そういえば、明日の北京蝶々の「通し」は夜7時半だとT君から電話。ハイ、判りましたと返事。

頑張ります、オレ!!
というわけで、本日4日(土)11月・12月スペース早稲田2008スペシャル坂口瑞穂新作書き下ろし『ドブネズミたちの眠り』優先予約開始!です。

私はきょうは1日中ボーッとしていることにする、すべては「明日」から、北京蝶々の稽古も伊藤弘子の芝居も見に行かずにごめんなさい。

あしたから、ガンガンいきます!お昼にはパラダイス一座顔合わせ!夕方から楽塾の稽古!北京蝶々はあさってから!これまたがんばりまーす。
予想を超えた人々が早稲田大学大隈講堂へ集まった。

いつものように歌、踊り稽古。トップSCENEとラストSCENEの稽古、開演2時間前に稽古をとる。講堂前にヒトの群れ。受付開始にほ凄いヒトである。岡島さんが見事にヒトの波をさばいてゆく。1階の客席がすべて埋まり2階にも客がはいってゆく。1000人余の想定外の満員で『狂人教育』日・中ヴァージョン日本ツアー初日の幕が開いた。凄いエネルギーで女優達は演じきった。反響は実にいい。九條さんも、偏陸さんにも好評。中国の女優達を絶賛。高取や山田さん、伊藤さん鷹さん、龍、びんといった顔顔・・・久し振りに見るか顔も・・・本当に大隈講堂でやって面白かった。アングラの原点を確認したこの2週間の稽古であった。感謝。

バラシ、&ツアートラックへの積み込み。

7時過ぎに楽塾のみなさんの手作りのツマミでささやかな打ち上げ。久し振りの日本酒で完全に酔っ払う。

バタン、キュー。

※※
さて、今日は2時から夕方まで楽塾12月公演?『十二夜』の本読み&キャスティング。

7時仙台に向け出発。夜は搬入のみ。明日は仕込み、明りあわせ。
いよいよ『狂人教育』ツアー10月4日までの4週間のたびである。

というわけでこの日記もひょっとしたらお休み?が・・・。
行ってきます、私たちは元気です!!

『狂人教育』日本・香港コラボレーション公演アジア・ツアー!!作:寺山修司 演出:流山児祥 音楽:本田実 振付:北村真実

9月9日(火)・10日(水)夜:7時開演 仙台・白鳥ビル8Fホール
9月13日(土)夜7時開演・14日(日)昼2時開演札幌・琴似コンカリーニョ

9月19日(金)〜21日(日) 香港 前進進牛棚劇場
9月25日(木)・26日(金) 杭州 紅星大劇院
9月30日(火)〜10月2日(木) 上海大劇院
最後の稽古である。

久し振りに稽古場で大声で怒鳴る。もう一度ドラマの原点にキチンと戻らなければならない。それも《集団のドラマ》の原点に!民族もヘッタクレもない《役者の仕事》である。役者はニンゲンのドラマを創り上げ観客のココロに届けるのが仕事である。演出なんてドーデもいいのだ。役者というイキモノが他者と強烈に繋がりたいという「欲望の見え方」それが芝居である。

1時からほとんどノンストップで全体を当たる。この期に及んでどんどん変えてゆく。あとは明かりが入って、明りあわせと一緒にやるしかない!

ギャラリーも多数カメラも多数。本田さん、サボ、七緒、香奈美、といったスタッフも全員集合。

最後の「通し」稽古。上演時間1時間20分、ほとんど完璧に出来上がった。真実先生のダメだしと直し。歌のダメだしは結局は外でやることに。時間がない。


ただ「彼女・彼らにしか出来ないモノ」を確実なものにするためにあと2日間と本番当日の朝の大隈講堂での舞台稽古がある、面白くなる!!!さあ、4日(木)から「4回」は明かり付きの「ゲネプロ=舞台稽古」をヤルぞ!よ、ゴーセイじゃねえか。
※※

暑い日差しの残暑である。本日3日(水)は朝9時から明かり仕込み。字幕のスクリーンも。
夕方4時から「明かり作り」。明日は朝11時からメイク衣裳つけての「明りあわせ」夜は初ゲネプロ予定。いよいよ本番近し!である。

女優達は本日全員美容院で髪を染める、赤、オレンジ、青、紫、シルバー、緑と6色の髪の自動人形が現出する。でもって、白塗りの極彩色のメイク。チャイニーズ・ビューティにご期待ください。

私は夕方まで最後の若手コンクールのビデオ審査、遅れた「夏休み」の宿題を片付けねばならない。5日(金)はゲネプロを終えて夜10時から芸能花伝舎で恒例の深夜の第1次審査である。

※※
それにしても、2度目の「政権投げ出し」。グローバルジャングルの名にふさわしい連日地球を襲う異常気象の砂漠化現象に立ち向う政治家なんぞ出てくるのかねえ。キムタク首相か、あれも本当はやばいけど。にもかかわらず、希望というコトバを求め続けるニンゲン・・・とにかく目の前の『狂人教育』に全力を!である。
1日中雨の新宿スペースゼロ。お昼過ぎから場当りと稽古。実に的確な愛さんの演出。やはりキチンと稽古に出ておくべきだったと反省しきりの1日となる。本番はさすがに上がった、満員で立錐の余地のない劇場、そうかスペースゼロは『白鷺城の花嫁』以来だ。ちょこっとロレッたがなんとかやりきる。非戦を選ぶ演劇人の会ピースリーディング公演『9条はまもりたいのに口ベタなあなたへ』は今日26日(火)も7時開演です。前売り完売だが若干、当日券が出ると思いますので是非!今日はラサールさんです。終演後愛さん、西堂さん、福島さん、憲太郎さんというメンバーで劇場の近くで軽く飲む。それにしても愛さんはいい演出家というか実に真摯な演劇人である。話していて実に気持がいい。

さすがに疲れ果てている。稽古場に電話すると大隈講堂の仕込みを終わり早稲田でみんな呑んでいる。私は即寝る。

※※
さて、今日から追い込み!大隈講堂で10日間の舞台稽古である!!
高円寺の阿波踊りを雨の中1時間近く眺める。ものすごい熱気、いいなあ、是非来年のミュージカルでコラボレーションしたいものである。
7時半から阿佐ヶ谷で月蝕歌劇団の『津山30人殺し幻視行』を見る、例によって高取ワールドの「阿部定と睦夫」、面白く見る。知らない役者がいっぱいいた。終演後シーザーや鴻さんやコレマタ20年ぶりにカメラマンの小林さんらと呑む。高取の教え子の大学生達も一緒でにぎやかな飲み会となる、

還りの電車で台本を読む。1時過ぎ就寝。


9時起床。本日10時から早稲田大学大隈講堂仕込み。私は12時から新宿スペースゼロで「非戦を選ぶ演劇人の会」のピース・リーディング公演『9条は守りたいのに口ベタなあなた』の舞台稽古、7時から本番である。まだ席には余裕があるようです。是非、当日券をお求めください。
待ってます。
ひんやりとした日が続く。

昨日は消耗した1日となる。お昼過ぎから夕方まで国際演劇協会の理事会、千駄ヶ谷国立能楽堂。今年度の事業計画、通称をユネスコ国際演劇協会日本センター(ITI)にすることなど、次世代に演劇の国際交流の必要性を語る場所としてITIの存在理由がある。最後に新国立劇場の芸術監督問題についてN専務理事からの提案あり。ITIも劇作家協会、批評家協会、演出者協会とともにこの間の「審査過程の公開」を新国立劇場運営財団に求めてゆくこと(「協議に応じる用意あり」という文言で同意)になった。これで4団体の足並みがそろった。さて・・・。

ちょっとした激論?の場面も。オレはどうしてこう熱くなるんだろう・・・とにかく落ち着いて・・・・が、どうも生来のせっかちさで・・・である。まあ、死ぬまでこの性分は治らないなあ。それにしても「自主規制」やら「事なかれ主義」という今の何も演劇人が発言しない体制翼賛状況?は危険な風潮である。
演劇人が常に発信続けなければ。えんげきとはにんげんがやること!という原点、組織もまたにんげんが作るのである。次世代の演劇人に笑われないようにキチンと言うべきことを言うしかない。嘗て日本の演劇人や文化人は先頭になって戦争を遂行しようと「大政翼賛会」という組織を作った苦い先達達の経験を忘れてはならない。

●●

30分遅れで急に振り出した雨に濡れ大明小に辿り着く。
5時半から今日は最後の振付日、なんとかラストSCENEまで真実先生に見てもらう。少し残ったがあとは早稲田ということに。

8時過ぎ全員で稽古場のあと片付け。9時までには稽古場を綺麗にする。本当にお世話になりました!!大明小学校に感謝。

早めに副都心線で帰宅。月刊新松戸の原稿を深夜2時までになんとか書き終えてメール。

※※

バタン・キューで寝て起きると男子マラソン、北京の街を走っている。それにしても街が綺麗になったなあ、と感慨。


雨の日曜日である。女優達はスペース早稲田でメイクと踊りの自主稽古。私は「非戦を選ぶ演劇人の会」のピースリーディング公演『9条は守りたいのに口ベタなあなたへ』の自主稽古。22日・23日ストアハウスで稽古があったのだがどうしてもいけなかったので・・・皆さん、ごめんなさい。頑張ります。

お昼過ぎに利花ちゃんから電話「吉永小百合です、流山児さんいらっしゃいますか?」には笑ってしまった。ひょっとしたら来年の『ユーリン・タウン』出られるかも?の電話。

で、坂手君に昨日の報告の電話、切ると今度は高取から電話。そうか、今阿佐ヶ谷で月蝕は公演やっているのか?じゃあ、夕方高円寺の阿波踊り見て7時半から月蝕歌劇団を見るとするか。


さて、明日のリーディング台本も声に出してみなきゃならんし・・・・それにしても、この2ヶ月余り咳が止まらない。ノド飴舐めながら明日はお昼から新宿スペースゼロで稽古で「ぶっつけ本番」かよ!
4日間本多劇場公演というのは去年の楽塾公演で「経験済み」なのだがまったくキチガイ沙汰の経済性無視の芸術至上主義?!の「赤字公演」である。

夕方には香港・台湾から『狂人教育』の女優とスタッフチームが来日、制作スタッフや通訳さんたちはもう活動開始である。

●●
いつもどおり4時から殺陣、踊り稽古、ダメだしと続く。
今日は昨日まで「余裕アリ」であったが続々と予約が入る、上演時には「満員」の状況に。予想を超えたお客さんの「入り」となる。

いつも書いているが、私の芝居を観てくれる人はそんなにいない。それでも40年間芝居がやれてるのはそこそこ「コアなお客さんが」みてくれるから「300本以上の作品を作ってこられたのである。今年はあえてテメエの「原点」にこだわった作品作りをすることにしている。それが「創立25周年」記念公演。

私自身いつまで芝居をやれるか知らないがテメエの体験したことを次世代にキッチリ「残しておこう」と思っているからこんなレパートリーになった。今年は1公演1000〜1500人という小公演を2月、4月、5月、6月と続けている。すでに5000人以上の人が私の4本の作品に付き合ってくれていて、でもって8月、9月、11月・12月そして2009年2月と続いてゆく。今年度も「いつものように」東京で「年間1万人以上の観客」を集める年となるだろう。25年間で25万人?!

ひょっとしたら北京を拠点にしたほうが東京より観客を集められるんじゃないか?とおもうこの10年間の流山児★事務所である(冗談)。

今回の『狂人教育』の日本ツアー&香港・杭州・上海ツアーの観客総数はひょっとすると『狂人教育』ワールドツアー最多の8000人を越えるかもしれない?『狂人教育』は世界中で6万人近くの人々が見るという《事実》に素直に驚く今日この頃である、日本にはたして《世界》と繋がりたいと思う演劇が存在しているのかと切羽扼腕しているオレである。体をはって真摯に「芝居」を《世界》の人々と作り続けるしかない。

●●

青学大の友や多くの旧友たちが今回は観に来て私に「もっと過激に!業界なんてぶっ壊せ!」と檄を飛ばしている。別に私は業界も文学としての演劇などにまったく興味ないし、そんなことドーでもいいと思っている。

わたしは、すでに「権威と化したアングラ演劇業界」から遠く離れて「持たざるモノ=アジアのアングラ」民族が如何にして出会い、新たなる運動を再創造できるのか?・・・を夢想しているヨレヨレの「スーパー・フリーター=野垂れ死におじさん」でしかない。

●●

『由比正雪』は2008年の特権的肉体論。まさに「集団」でしか出来ない「集団」の芝居・・・40年前の状況劇場に近い、猥雑さと不逞さを感じた4日間。初演の「由比正雪」の観客総数は3ヶ月間土曜のみの12ステージ公演、たぶん800人ぐらいのひとしか見ていない?と思う。あのころのテントは50人も入れば満員だった。唐サン曰く80人で超満員の15万円テント。今回初演の倍以上のお客さんが『由比正雪』という強靭な「自由を求めるにんげんを描く」演劇テキストに出会ったことが「事件」なのである。

多くの演劇=自由を愛する若者達が唐さんや寺山さんといった演劇の巨人たちと出会うシーンを私は作り続けたいと思っている。太田省吾、金杉忠男、内田榮一、でもって新劇の宮本研、三好十郎、最も愛する歌舞伎作家:鶴屋南北といった劇作家の作品群(テキスト)いつやれるのかしら?100歳まで生きるしかないか!戌井さんがこの前92歳の誕生日を迎えたしな・・・・。あと「10年」は現役で動きたいと思っているのだが、果たして?
さて、2日目マチネ・ソワレの2ステージ。11時から何箇所か稽古。殺陣稽古もみっちり。毎日1時間半近くの殺陣・踊り稽古でメイクという時間割。映像・照明・音響のチェックも!

マチネは昨日同様のほぼ満員。昨日と同じ客席の後ろにパイプ椅子を出してもらって芝居を観る。バタバタの初日の次だから心配していたが落ち着いていい芝居になっている。終演後様々な差し入れをぱくつく、楽塾のメンバーがスタッフとして手伝ってくれているので、フルーツやらその他が劇場の机の上にいっぱい並べられている、ヒロシの実家の佐渡から笹団子上手し。

ソワレはさすがに日曜のソワレと言うことで7分の入り、淋しい。ただし多くの関係者の顔が、高取がビール抱えてやって来た。息子の龍馬も友達5人連れて・・・唐サンの奥さんと娘さんも。

芝居は絶好調である。迷うことなく目の前に在るものを「斬る」のだ!諸君。

●●
伊藤さん、高取と再来年から動き出す「お寺演劇プロジェクト」の話しをツマミに鰯やで呑む。その後龍馬たちのグループと合流。タツマは子供の時よく高取に可愛がられていた。月日の経つのは早いもの。

12時過ぎに帰る。さすがに疲れ果てたのかキューバタン。北京オリンピックなんてまったく見ていない、そうか世間ではオリンピックやってるんだよな。

※※
いい天気である、涼しいし・・・今日は香港から『狂人教育』のスタッフ・キャストがやってくる。明日全員で『由比正雪』総見。明後日から本格的に稽古開始!つまり拓平、イワヲ、タケ、沖田の四人は休み無しで劇場バラシて今度は稽古場仕込みか・・・ゴメンね、強行軍で。
朝から明りあわせ続く。
何とか3時ゲネプロに突入、ラストを変える。よりシンプルにだ!

途中で武が足を怪我し病院に連れてゆく・・・とにかく怪我のないようにと思っていたのに・・・打ち身で何とか本番はOKとなる。

スタッフワークが問われる芝居でもある。打ち合わせときっかけ稽古。

本番1時間前になんとか終わる。それにしても相変わらずというかいつもどおり?

●●

6時半開場、ものすごい人、超満員のなか『由比正雪』初日。ラストの熱く長い拍手、まさに鳴り止まない拍手である。役者たちは頑張った。

唐さんの温度で初日乾杯。青春弁証法、怒涛の破天荒の青春劇、自動律の愉快などと様々な言葉が飛び交う「ふるさと」で初日打ち上げ12時近くまで。
明日は11時稽古開始、2時と7時の2回。何よりも集中力だ!

下北沢でお待ちしています。衝撃の問題作が出来上がりました!今日の夜の回はオススメです!今すぐ!!