公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
昨日に続いて学生達の箱根の戦いを見る。

image.gif

第84回箱根駅伝。総合優勝は駒澤大学。

2日続いてのテレビ観戦15時間。それにしてもガキの頃から「長い間みている」なあ?

青山学院大学のたすきで学連選抜が4位で入ってきたときにはまったく愛校心もないくせに大きな声出してたりして、ヤバイな、これってプチ・ナショナリズム?

史上初の3校途中棄権にはおどろかされた。早い選手はいるが強い選手がいないということか、まあ箱根がどんどん大きくなっているというプレッシャー?

●●


そんな寝正月休みも3日間で終わり。

さて、ぶらぶらメタボのカラダをすっきりさせるためにも、散歩しながら早稲田まで行くとするか・・・・今夜から2月公演『血は立ったまま眠っている』の稽古再開である。

あと4週間!

2月1日には新宿のSpace雑遊という初めての劇場で幕が開く。若手中心の寺山修司の処女戯曲。

やりたいことをやる。とにかくいい役者を育てることが急務!流山児★事務所という劇団の今後を決める公演でもある。ご期待ください!!

※※

前売り予約全ステージ「大いに余裕アリ」です。お年玉があるうちにお早めにご予約ください!03−5272−1785
taiyo.gif


朝8時起床。

40年以上見続けている箱根駅伝。

今日も快晴のもと学生達は走っている。


これがいい、それにしても雲ひとつない東京の空である。

※※

学生達の山登りを見る、これ恒例。


で早稲田10年ぶりの往路優勝。順天堂悲運!みんな頑張った!お疲れさま。

それにしても今年の関東学連選抜は凄い!復路、目指せ優勝である、と箱根マニアの戯言。7時間見ていて飽きないんだから凄い。走ることの凄さ。

※※

というわけで、夕方アサクサへいこうと思ったが都電に乗り遅れたので急遽、池袋まで散歩することに。

で、ふらりと正月映画『椿三十郎』(森田芳光監督・織田祐二主演)を見る。
黒澤映画と比較するのをやめれば・・・という映画。が、ついつい比較してしまうオレとしてはオイオイ!?オマエであった。近いうちにDVDで見よう。

※※

で、なぜか博多もつ鍋でシヨーチューの晩飯、でもってがんばって歩いて帰宅。ながーい散歩の1日であった。

この世に《我=わたし》という存在は「たった一つの尊いモノ」というコトバが紺碧の空に舞う1日であった。

※※


さあ、明日夜から稽古である。じっくり、ゆっくり!
新年、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

kokoro.gif

今年の抱負は、少しは「ゆっくり、じっくり」ヒトに優しい気持ちで行こうと思っているんですが、はてさて?無理か!?

みなさんにとって2008年が「いい年」でありますように。


といいながら、あいかわらず、1年8本流山児★事務所は突っ走ります!


流山児祥 2008年 正月元旦。


※※

いつものように、近くの早稲田・水稲荷神社に初詣。一陽来復!
でチョコット眠って、朝早くから去年に続いて、富士山近くまでの温泉日帰りバス・ツアー。

fuji.gif

富士急ハイランド近くの温泉でぼーっとする。呑みすぎ。いろいろアクシデントあるも「じっくり、ゆっくり」の気持で、ヒトに優しくの気持で9時過ぎに帰京。日本にいたら来年も行くとするか?とにかく面白い。
1.jpg

28日(金)運命の還暦ライブ。

朝から明かりあわせ、結局4時過ぎにゲネプロ。

ほとんど本イキで喉つぶす?ということに。

6時多くの皆さんがスペース早稲田に詰め掛けてくれた。これないヒトから酒やら花やらなにやら沢山の贈り物がそれこそ全国から事務所に届く。ありがたいことである。せまい事務所がまるで酒屋?


7時から第一部、村田さんの変幻自在のドラムスと諏訪創のギターも入って60年代の歌を中心に、テラヤマ・ソングも。衣裳はみんなにもらった赤ジャンと想ちゃんの送ってくれた赤いマフラーにレイバンのサングラス。
滅茶苦茶あがるも何とかやりきる。

瓜生さんらバンチ・メンバーからのお祝いのメッセージ。岩淵さんの歌には爆笑。「陶芸家」の河童さんのプレゼントの丼がイイ、ありがとうございます。


9時から衣裳代えして第二部。バンド「さだめ知らズ」のメンバーと一緒に演劇団時代の歌を中心にして40分あまり。超もりあがりの中閉幕。

本当にありがとうございました。狭いスペース早稲田に予想をはるかに超えた多くの客さんが来てくれた。劇団員手作りの還暦ライブ!ここでやってよかったとつくづく思った。
私は果報者である。

2.jpg


※※

さて、今日はバラシ、大掃除。夜は自主稽古。

私は夕方から演出者協会の理事会。で、6時半〜9時まで、これまた新宿3丁目の「池林坊」で演出者協会大忘年会。こちらはどなたのご参加も自由です。ぜひ多数ご来場ください。

池林坊:03−3350−6945
24日から『血は立ったまま眠っている』の本格稽古に入る。稽古時間は夜5時から10時。

稽古前の肉体訓練のメソッド化にも取組んでいるのでみっちり1時間のストレッチ、蹲踞、摺り足、六法など発声と緊張と弛緩と盛りだくさん。

●●

25日は1幕をみっちりあたる。

●●

お昼過ぎに韓国のキムさんと再来年の仕事の打ち合わせ。
5時から神戸学院大学の先生と中高年演劇・高齢者演劇の実践についてのミニ・ワークショップの打ち合わせ。

で台本をじっくり読み込む、で26日は役者達のための自主稽古にする。どんな風でもいいのでこの台本に立ち向うかを「集団」として獲得するための自主稽古。

25日・26日共に3時から5時まで2時間さだめ知らズのメンバーとライブの練習。祥子がアコ−ディオンとキーボードで加わってくれたので音に厚みが。

●●

27日は1日中明日の大忘年会兼流山児祥還暦ライブの為の準備。

久しぶりにROMIさんが照明の仕込み。

私はお昼から2時近くまで、用賀でこれまた久しぶりに小川輝晃くんのFM世田谷の正月特番の対談。

小川輝晃はエジンバラへ行ったらしい?来年は久しぶりになんかやろうぜと話す。

●●

3時過ぎに稽古場に行くと大体の格好はついていた。村田孝明さんが急遽ドラマーとして出てくれることになった。これが凄い!さすがプロ、30年前まではプロのバンドメンとして働いていたヒト!一発で決める。

トーシローの役者のライブもこれでカッコつく。イカン!まだ完璧に歌詞が入ってないゾ。やばい、時々飛んでしまう。

とにかく稽古!!

8時近くに稽古を取る。

明日28日(金)は11時から音響の島さんの仕込み。12時過ぎからバンドメンバー全員で稽古。2ギター、キーボード、ドラムス、サックス、ジャンベとバンドも6人。劇団員の若手BAND:さだめ知らズと誠心誠意歌うつもりである。

70年代の演劇団の頃の劇中歌を中心に2部構成。7時から第一部45分。
9時から第二部、30分。

Space早稲田の前には看板が立っていた!

「流山児祥早稲田に吠える!還暦ライブ2007!」とある。

1975年12月渋谷天井桟敷館で初ライブ、1984年冬渋谷ラ・ママで2回目のライブをやって実に23年ぶりのライブである。おれ一番興奮している。 とにかく頑張ります。

●●

夜、おさらいして寝る、まるで一夜漬けの受験生だ。考えてみりゃ一生一夜漬けでやってるなあ。

※※

28日(金)

昼近く快晴となる。さあ、明かりあわせ、音あわせ2時からゲネプロ
オールドバンチ無事に終了しました。

本当にありがとうございました。

連日満員のなか文字通りのスズナリでした。

1年2ヵ月後本多劇場でお会いしましょう。ギネスに載るような平均年齢80歳の座組みに乾杯。

無償の演劇による「高齢者演劇の革命運動」に参加してくれている同志たちに感謝。国内外にこの運動・活動を広げようよ皆さん、完全に商業化され消費蕩尽されているいまの商業(小劇場)演劇世界から遠く離れて街のど真ん中にヒトビトのど真ん中に演劇を取り戻す試みなのだ!


でもって、今日の名言。打ち上げの場で私の最も敬愛する瓜生正美さん曰く「流山児はいい男である!こんな馬鹿でも年をとる!皆さんよろしく!」には大感激。20年近くの付き合いでほとんど父親的におもう(思想的にはちょっと違うが)この親父の言い分にほとんどウルウルしてしまった。



ただただ、バカな男のお祭りにこの20年以上本当に様々な多くの人々が付き合ってくれている。楽塾もパラダイス一座も。ありがとうございます。

本当にみなさん、お疲れ様でした!!!!


※※

さて、明日は片付け。夕方から楽塾。いつもの稽古場の日常が始まる。そういえば今日息子のたつまがうれしそうに芝居を観てくれた。これが一番うれしかった。

つまり「バカな男でも年をキチンととっている」のである。
ついに本日3時の回で『続オールド・バンチ』千穐楽です。

10日間12ステージすべて満員という昨年の観客動員をはるかに超えてついに高齢者劇団=パラダイス一座の第2回公演は今日無事に幕を終えそうである。とにかく気を抜かないでいつものようにキチンとやるだけである。皆さん元気である。世界に類のない演劇がここにある。史上最強の演劇!がここにある。

日本演劇史を塗り替えるえんげきのかくめい・実験の現在形。

※※

快晴。
ついにあと2日!

オールド・バンチ超満員爆走中である。2度目のマチネ・ソワレの2ステージ。疲れもピークとおもうが皆さんほんとに頑張っている。戌井さんの集中力には頭が下がる。昼の回には若杉、なつみ、李さん、演出者協会の和田理事長以下理事多数といった知り合いがいっぱい。満員の客最も集中した回となる。

昼夜の間に本多社長からいつもの寿司の差し入れでこれまた全員元気に。夜の回も2度目の超満員札止め、何とか立ち見で見る。

●●

照明の沖野、金さんらとといわし屋で飲む。帰りに伊藤さんとばったり。トモロヲ達と忘年会だったらしい・・。


12時近く帰宅。2時過ぎまで月刊新松戸原稿。何とか書き上げてメール。

※※

快晴!
さあ、あと2日!頑張るぞ!


本日のアフタートーク最終回は劇作家:山元清多、舞台美術家:妹尾河童、水谷雄司をゲストに行いますがオールドバンチ五人衆も特別に参加する超豪華版です!

アフタートークも見逃すな!

※※

明日の千穐楽21日(金)昼3時はなぜか「大いに余裕アリ」です!これ本当。とにかく今すぐ!スズナリまで電話予約を!03−3469−0511
あと3日、4ステージである。

●●

戌井さんは風邪、本多さんも風邪で点滴と最悪の状態であったが、何とか乗り切る。戌井さんの舞台には本当に頭が下がる。そのカッコよさは・・・・まさに歴史を背負った身体。

アフタートークはそんな本多さんと肝付さん。二人は今回はコンビでトップ・シーンからラストまで話を運ぶコンビである。息の合った最年少コンビ!73歳の本多さん、72歳の肝さんあと4ステージ頑張ってくだされ。

●●

夜ははじめての歌稽古。音響の島さんがPAをやってくれることに。さだめ知らズと稽古。ダブル・ギターとジャンベの3人。創、タケ、クマの3人10時まで6曲の稽古。

生で6曲、カラオケ6曲、アカペラ3曲の予定。さていかがなりますやら還暦ライブまであと9日コッチも時間ない!歌詞キチンと覚えなきゃ。それにしてもコリャ大変なことだぜ。
昔はよくやっていたんだが・・・まあ、恥かいて何ぼ!の世界である。独り善がりはダメだが。


※※

寒い冬。


波乱にとんだ老いざまの魅力(日本経済新聞)をお楽しみください。殺し屋五人衆は実にチャーミングです。
あと4日、5ステージである。

●●

下北沢の歌広場でカラオケ6曲練習1時間半。でいつものように5時から歌稽古1時間。久しぶりのソワレのみ。皆さん元気。ただし戌井さんが風邪を引いたようで心配。

超満員札止めの17日(月)夜であった。ものすごいキャンセル待ちと当日券の列。今年は去年より「少しゆったりと客席」を作っているのでそんなに多くの客は入れられない。

名古屋から佃典彦、いろんなヒトの顔。中村京蔵さんも。大爆笑、大拍手のなかほぼ完璧の「初日」が出たって感じとなる。
稽古場ではまったく完璧だったにもかかわらず、なぜか超満員の客を前にすると皆さんちょっとした集中力が切れる。ソレが人間である。あがるのはトーゼン。

京蔵さんには歌舞伎の所作指導をお願いしておきながら結局は殺し屋スタイルの口上になったことはお詫びしていたが「これでいいですよ」とうれしそう。来年も手伝わさせて!ときた。ありがたいコトバである。佃は大感激。

アフタートークも佃、岩淵先生ともに絶好調であった。オレがちょっと喋りすぎたか?

●●

久しぶりに「ふるさと」で若手達と飲み会。佃に再来年の「新作」を依頼。名古屋・大阪公演もやる予定。演出は天野天街(少年王者舘)にしようと思っている。 『最後から二番目の邪魔物』以来のコンビとなる予定。まだアマノには頼んでないけど・・・・ね!!

●●

雑遊の太田サンとも久しぶりに話す。『血は立ったまま眠っている』ではお世話になる。『血は・・』のセットプランが来ている、裸婦のピンアップのみ。いいけどこれでどうする?である。

ほろ酔いで帰宅。
岩淵さんから「八軒長屋・芝居版」(現代思潮新社・刊)という新著が送られてきていた。明治東京庶民のユーモアと非情がブレヒト的に変身する戯曲。

※※

今朝の朝日の朝刊に戌井さんが載っている。「演出・出演で3つの舞台を飛び回る文学座代表 戌井市郎さん(91歳)」。

「破天荒な活劇「続オールド・バンチ」の伝説の殺し屋役で、初舞台であった昨年に比べ、格段に充実した演技を見せる」とある。


演劇界の長老・重鎮達が走る。文字通りの師走のバトルである。見逃すな、一生の損。スズナリの前を通りかかった柄本明さんが必ず見に来るからと私のところに.

待ってマス!!