公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
フクダとアソウの二人の総裁候補とやらがメディアに露出し始めた。ほとんど二人の主張が変わらない、何で?って感じ。劇場政治からの脱出は可能なのか、この国のポピュリズムが滅茶苦茶なセイジを生み出してるのかもしれない。とにかく早めに解散総選挙を行うしかない。コイズミの財産をそのまま使ってテロ特措法のときに3分の2を使うかもしれないと思われる。

●●

昼夜2ステージの土曜日。

朝のダメだしで「昨日の芝居はダメ!」と一言。とにかく舞台で「事件」をそして「より、当事者性」を・・・と。

昼の回は7分の入り。芝居はいい緊張感できちんと詰まってイイ。

久しぶりの扇田さん、再来年のブロードウエイ・ミュージカル上演についての協力をお願いする。
それにしても今回ほど全国の演劇鑑賞会の人が多く見た作品はない。是非、全国を回ろうと思っているので、演劇鑑賞会の皆さん気軽に流山児★事務所まで、待ってます。


夜の回はほ満員、客席で見る席もないのではじめて2階のスタッフ席で観劇。熱い!スタッフはいつもこの暑さの中で仕事をしているのだ、感謝。

早めに帰宅、ビール1本でキュー・バタン。

※※

残暑の秋。いい天気の日曜日。テレビではフクダとアソウ。

あと2ステージ!本日16日・17日ともに2時開演。

今日も明日もまだ客席は余裕ありです、是非森下へ!!待っています。面白いです、今の政治状況もすべて『オッペケペ』の中にあります。自分たちが《世界》とどう立ち向かうかだ!
なだれをうって「福田支持」に自民党の派閥が動いている。いったいどうなっているんだこの国は何度でも繰り返す風景。またしても派閥政治だとよ!国会は開店休業で税金の無駄使い。霞ヶ関の連中だけが喜んでいるんだろうな?消えた年金のその後もとにかく内閣が「ない」んだから。
反アベの路線転換なるか?コイズミの影をいかに断てるか。コイズミの影との闘いを『オールド・バンチ』に入れたりして・・・いや冗談。

●●

久しぶりの夜公演のみ。

あっという間のあと4日間、残すところ5ステージである。

いつものように一時間の音楽・殺陣稽古。全員で劇場の掃除。これが面白いもので大体どこの掃除と決まっている。マリーちゃんはロビーの花廻り、ロビーでころころジュータンを掃除しているのはだれだれといった風。


ほぼ満員ぎっしりの客席となる。高橋恵子さん、中村哮夫さん、松村冬風、池下重大、石橋祐といった顔ぶれが。

すこし慣れた空気が漂いだした、やばい。明日きちんとダメだしだ。今夜から4ステージ連続といったスケジュール。「呑み過ぎないように」と役者たちに厳命。

といいながらテメエは水天宮の飲み屋で11時半近くまで。イカン。おまけに久しぶりの「白波」でアタマぐらぐら。

結局、何度も水のみに起きてしまった。

完璧な2日酔いである。反省しきり。

※※

あと、3日。とにかく元気に突っ走ろうぜ、皆さん。
「政権放り出し」という前代未聞の首相辞任劇に国内は唖然。もっと早くやめておけば、病に倒れるということもなかったろうに。「無責任といわれるかもしれませんが国民の為に身を引きます」がアベさんの最後の言。アベ後継にアソウ、フクダの名前、コイズミの再登板とさまざま。芝居で高杉晋作のコトバが出てくるが奇兵隊を組織した高杉晋作とは余りにも違った3代目のお坊ちゃんは慶応病院。なんというテイタラクの無責任国家。

●●

11時音楽稽古、殺陣稽古、動き一時間余り。大江戸線の事故で三人遅刻。いつものように、あと5日間6ステージ。昨日が中日(なかび)だったがマチ・ソワ2ステージということで中日打ち上げ出来ず、今日になる。

平日のマチネ公演というわけでほぼ8分の入り、ちょっと淋しい。戌井さん、高橋さん、横溝さん、西堂さん、といった顔。劇団を辞めたカナも、カナいわく事務所の芝居初めて客席から見ました、めちゃかっこいいとのこと、当たり前だ。お客は置き去り?!そんなことないよと・・・。

それにしても今日の俺はダメ人間であった、少しボケたのかな?喫茶店で開演ギリギリまで原稿書きで劇場に入ったので役者たちに開演前のアイサツは忘れるは!イッツ・ショータイム!まで忘れ、花道を歩いているうちに思い出すという始末。イカン!そんな私のせい?でちょっとした台詞ミスがあったりして。ゴメンナサイ、謝ります。

●●

5時過ぎからピットインで中日打ち上げ。ベニサンの瀬戸さんの差し入れのお刺身とお寿司、カツとといった豪華版に舌鼓。國太郎さんは「悲劇喜劇」のインタビューでちょっと遅く参加。

7時近くまでユックリ久しぶりに飲む。日本酒5合。アルコール性アルツハイマー?なんてコトバがちょっとよぎる。


歩いて水天宮。
さすがに日本酒で酔いが・・・・、テレビではフクダ優勢のニュース。ふーん。[しのぶの演劇レビュー]に劇評が。



で、10時の報道ステーションを見ながら爆睡。2時過ぎ起きる、テレビつけっぱなし。消して再び寝る。

久しぶりに12時間近く眠る。やはり疲れているのかもしれない。さて、今日から4日間泣いても笑ってもあと5ステージのみ!

※※

秋の快晴。あと5ステージ全力でがんばります!
初めてのマチネ・ソワレの2ステージ。約2時間半の芝居を2時・7時にやるのはしんどい。

が役者たちはきちんとやりきった。確実に毎日進化している。昼が7分の入り、夜が8分の入りという客席、満員でないのが少し淋しい。夜は小沢昭一さんのアフタートーク。観世榮夫さんとの衝撃の出会いの話や福田善之さんの高校時代の話、麻布高校演劇部をフランキー堺さんらと設立した話と抱腹絶倒の30分に客席沸く。役者たちも全員客席に。小沢さんが流山児★事務所の「非常勤の演出補」をやると言い出した。ありがたいことだ。「とにかく稽古すること!」が最後の〆の言葉。下手でもなんでもいい、とにかく稽古すること!

ozawa.gif

●●

それでも、夜はビールのみに「蔵」。

12時過ぎに帰宅。

衝撃の安倍辞任ふざけたやろうというしかないニュースに愕然。2時近くまででパソコンでニュースを見る。まさに自爆テロ、体調の問題、麻生にだまされた?!とのニュース。すべてが後手後手に♪何がなんだかわからない・・・。でこれで、小泉の復活なんてことになったら漫画でしかない。それにしても・・・間抜けな国の間抜けな首相。漫画の好きな麻生の登場かよ?

※※

今日はマチネ14時のみ。

すっかり秋の気配である。

あと6ステージ、今日は久しぶりに全員で中日祝い打ち上げ。

※※
2007-09-13 09:57 この記事だけ表示   |  コメント 0
朝から晩まで若手演出家コンクールのビデオ審査。外は雨、時折雷、今の日本はまるで亜熱帯だ。。



夏休みが終わったというのに最後の追い込みである。1日3本6時間以上マチネとソワレの2ステージを見る感じでやっと審査終了。

今年は21本のノルマ。60本以上の全国からの応募。1本の作品を三人の審査員が見て審査する方法。

今年は去年よりレベルは高い。が相変わらず社会や歴史といった他者とのかかわりを描く作品は少なく、身の回り3メートルとりわけ「恋」の物語が圧倒的に多い。意識的に性を露悪に描いたりする作品も多い。中にはっとする集団=表現に出会うとうれしい。

それにしても全作品1字1句「台本通り」なのには驚いた。作・演出がほとんどだから自分の作品を相対化してみる視点が欠如しているのだ。ライブというより自己撞着?

●●

芸能花伝舎で9時過ぎから深夜12時半まで激論。第1次審査員は和田喜夫、森井睦、篠崎光正、瓜生正美、貝山武久、青井陽冶、西沢栄治、木村健三、流山児祥の9人司会進行は大西一郎。


14人の第2次審査対象者を選考。貝山さんも森井さんも帰れずホテルどまり。

その後3時まで今年の活動について森井さん和田さんと話す。

結局は久しぶりの朝帰り。

※※

今朝も凄い雨。

今日は初の2ステージ。夜はアフタートークもあり小沢昭一さん。

是非森下へ!
今日はソワレのみ。

3時本当に久しぶりに原宿の駅で降り表参道まで歩く。まったく見違えるほどに町並みが変貌している。表参道ヒルズなんて知らなかった。表参道の駅周辺は行くし、原宿駅周辺もたまには歩くがこの道筋が久しぶりなのである。大昔は原宿にはよく行った。山岡生花店は劇団員の実家だったし・・・演劇団の頃はずーっとチラシの宣伝もらっていたっけ。

で、だらだらと散歩しスパイラルホールへ。

劇作家・演出家の太田省吾氏のお別れ会、献花。太田さんにぴったりの静かな「花の駅」といった風情の祭壇というより太田さんの写真を囲む草花の美しさ。静謐というコトバがぴったり。ロビーでは太田さんのビデオが上映されている。会場は太田さんの作品パネル。

赤坂の転形劇場時代を思い出す。初期の転形劇場時代の音楽は演劇団の及川恒平が作っていた。沈黙劇へといたりまさに孤高の劇世界を太田さんは踏破しひょいとアッチへ逝ってしまった。考えてみれば「更地」の韓国ヴァージョンを見てから話していない。和田さんがこの前の演出者協会のポーランド特集の時ゲストに依頼して病気ということで心配していたが・・・・。

最後の演出作品が観世榮夫さんとのベケット作品。二人の天才が逝った。合掌。

ぴあのTさん、松本修さん、品川徹さんらと太田さんのことを話す。青木豪くんは17歳の高校生のとき『地の駅』で演劇開眼したとのコト。帰り際、岡田くんと伊藤キムさんと出口のところでばったり。


●●

5時近くにベニサン・ピット入り。

音楽稽古、殺陣稽古は終わっていた。

ロビーで佃と。台本をペラペラめくる。滅茶苦茶面白い。

5時半から約一時間、名古屋の中日新聞のMさんのインタビュー。佃典彦の特集記事を書くらしく東京関係の取材とのコト。

1991年の出会いから今まで佃劇世界についてのあれこれ。

7時今日は客の入りが危ぶまれていたが当日予約が順調に伸びてほぼ満員、これで4日連続の満員記録。が客席130足らずの小劇場である。これはめちゃ贅沢な芝居現場と開き直ろう。目の前で起こる「こと」の凄さ。是非体験しに着てください。あっという間の2時間24分です。

●●

終演後、岩淵達治氏と佃君をゲストに迎えてのアフター・トーク。岩淵さんは新人会の頃の3冊の古いパンフレット持参で当時の上演状況を話してくれた。佃の奥さんが20年ぐらい前にふじたあさやさんの演出で名古屋で上演した話も面白かった。ちなみに奥さんは「おみつ」の役をやったとのコト。もっと長くても飽きないと絶賛。

ブレヒトの影響、パルタイ(前衛党)のことなど興味尽きない話多し。
●●

森下の「こころ」でお疲れ会。

佃は劇団員のところへ。

岩淵さんと地下鉄で帰宅。

『続・オールドバンチ 復讐のヒットパレード』を一気に読む。面白い!あっと驚くラストシーン、ご期待ください!!

※※

本日11日休演日。

明日12日(水)は14時・19時の初の昼・夜2ステージ公演!夜の回終了後、小沢昭一氏をスペシャル・ゲストにお迎えしてアフター・トークあり。後半全ステージまで「大いに余裕あり」です。今すぐ予約!03−5272−1785 直前メール予約も受付中。是非森下まで待ってます。
今日もマチネのみ。

それにしても暑い、真夏がきっちり戻ってきてるぜ。

いつものように11時から一時間ちょっとの音楽稽古、ダンス、演奏、殺陣とみっちり。

12時過ぎ札幌のコンカリーニョの斉藤さんと来年の北海道公演の企画の打ち合わせ、ロビーで。『ハイ・ライフ』の札幌公演から2年北海道に行ってないのでなんとか来年あたりと。『リターン』と『狂人教育』海外ヴァージョンをレパートリーとして検討してもらうことに。

●●

昨日に続いて今日も満員の客席、これで3日連続の満員である。今日も当日予約が伸びた為。役者は正直なもので満員の観客の熱い反応でのりまくり、きっちりいい感じで6ステージ目を終える。あと9ステージまだまだ長丁場である。あさってはやっと休演日。でも来週はまだ全ステージ「余裕あり」の状況。皆さん是非お友達を誘って森下までおいでください。決して損はさせません。

客席には大谷亮介、植野葉子ちゃんといった顔も。役者たちは森下に両国にのみに行く。國太郎さん一家が皆さん観劇。中学生のりりしい息子さんに驚く。

●●

私はみんなとのみにもいけず、再来年に予定しているブロード・ウエイミュージカルの契約の打ち合わせで早稲田。夕飯を一人わびしく焼肉や『ホドリ』で定食、マスターと例によって馬鹿話。ついつい国民健康保険料の異常な高騰ぶりについて話す。「200万ちょっとの年収に40万近くの保険料!」は明らかにイジョー!である!なんて話やらテロ特措法とか支離滅裂。

で、珈琲館でYさん米山と一時間近く打ち合わせ。あせらずじっくり楽しい作品にしたいものだ。よろしくお願いします。

●●

名古屋の佃典彦から『続オールドバンチ』書きあがりましたと連絡が入る!さすが、佃くん、きちんと締め切りに間に合って明日上京である。『オッペケペ』のアフタートークにも参加してもらう。一緒に出てもらう岩淵達治さんもパラダイス一座のメンバー。岩淵さんは劇団新人会の60年代の演出家でもあった。佃の『続・オールドバンチ』も舞台の設定は1963年、東京オリンピックを1年後に控えた東京と2007年の現在を結ぶドラマ。


朗報にブラボーとビールと缶チューハイの祝杯をあげる。

帰宅してビデオ審査1本。これが面白くない!

夜中、久しぶりに坂手洋二に電話、結局は今の劇場状況の話となる。

というわけで今夜は黒澤ドラマ『生きる』はラスト・シーンのみで見られず。残念。

藤田一樹君のブログにオッペケペの劇評が出ていた、一読。
久しぶりにゆっくりできた。

3時稽古開始。考えてみたらずーっと朝9時、10時から夜10時までピットにいた。久しぶりに皆さん元気な顔。稽古終了時伊藤弘子の誕生日よいうことで全員の合唱。
ハマジの映像が花火と「おめでとう」。思えば伊藤弘子は桐朋学園の高校3年生から我が劇団にいる塩野谷正幸の次に付き合いが長い女優である。今回も衣裳部で縫い物づくしの日々である。ほんとにありがとう。

3時から2時間みっちり全体を当たって稽古。稽古を終えて両国でラーメン。朝日新聞の夕刊に劇評。大笹吉雄氏。

「初演は政治と演劇の関係がクローズアップされた。しかし戯曲はこの問題のみを描いたのではなく、演劇論や俳優論を含む芸術論でもあり、日本の近代論でもあり、ある意味での人生論でもあるという多義的な要素を持っているのを、今回改めて再認識した。一言で言うと、とてもおもしろい。大詰め愛甲辰也のオッペケペ節を歌い舞いながら詰め寄るシーンは21世紀の今日、歴史の回転扉はこの場面に新たなアクチュアリティーをもたらす。世界中で戦争が絶えず、その「理想」の火が消えかかったり、そのもの自体が省みられなくなろうとしているからにほかならない。」

朝の産経新聞の劇評に続いて1日に2本も。

●●

朝日の劇評の効果か?夕方になり予約、当日券と伸びて満員御礼の2日目である。福田さん、ゲネプロ以来2回目。岩波さん、石森さん、村井さんといった初演を見た人たちの顔。伊藤さん、V.銀太、樫葉といった知り合い多数。

終演後、アフタートーク。福田さんと國太郎さんとマリーちゃん。観世榮夫さんの思いで出話も含めて30分。

その後、稽古場の前の蕎麦屋さんで飲み会。福田さんの愛情あふれる役者たちへのエールしっかり受け取った。

11時過ぎまで。

深夜まで裕作さんと馬場のすし屋で飲む。こういう芝居をきちんと政治家が見るべきだと力説。確かに一理ある。国家と人民の論理。『オッペケペ』は国家を作ろうとした人々の物語でもある。政治も憲法も国民のモノなのだという当たり前のコトを失ったイマ!


※※

朝から真夏のような陽気。

暑い!


さて11時から稽古。きょうはマチネのみ。
台風9号が関東を直撃した。

そんな6日『オッペケペ』初日である。キャンセル続出でどうしようといった気分だったが、昼2時開演ということでいつものコアなお客さんが来てくれてほぼ満席で幕を開ける。

熱い拍手に感謝。2時間20分近くに今日は縮まって凄いテンポである。

アフター・トークは山元清多氏。1960年代の安保闘争後の東京大学劇研や当時の東大合同演劇研究会といった学生演劇の状況を聞く。運動と挫折を描き続けた福田さんの作品が44年前と同じように今もきちんと生き続けている事の証明が今回の『オッペケペ』であるとゲンさんのコトバに感動。ゲンさんはずーっとこの原点にこだわり続けて芝居をやっている。また、観世榮夫さんと中南米で 『心中天の網島』 を一緒に上演する予定で稽古したときのエピソードなど30分余り。

●●

5時過ぎに終わり、ハマジ、沖野さん、岡島君らと焼き鳥やで2時間余り、台風情報を横目に飲む。

雨が大降りになった新大橋通りを浜町まで歩く。

早めに帰宅。神田川はごうごうと音を立てている。凄い雨と風。

※※

真夜中に台風上陸のトーキョーの街を徘徊しようと思ったのだがついつい呑みすぎたらしく爆睡、7時過ぎに起床。

台風はもう東北に向かっている。被災した家族にお見舞い申し上げます。

※※

駅までいって産経新聞を買う。

劇評が掲載されている。「國太郎と町田マリーが好演。初演時は4時間だった大作を2007年版として2時間半に再構成。映像演出や歌が加わり終始パワーに圧倒された。」「充実度99パーセントの作品」とある。是非多くのお客さんにその眼で確かめてもらいたいものである。

10時、雨もそろそろやみそうである。

私は演出家コンクールのビデオ審査の最終段階。今日はソワレということで3時集合稽古開始。すこしラストシーンを変えたいと思っている。それから音も・・・・。

ホームページに舞台写真を「Rシネマ」と題してアップした。ご覧ください!

※※

台風一過の森下へ。今日のアフター・トークのゲストは河原崎國太郎&町田マリーといった役者たちです。終演後20分余りのミニ・トークとなります。
プレビュー公演2日目。

●●

朝早く10時から稽古2時間。1幕1場と2場を全部当たる。でもって映像シーンの再チェック。

2時、ほぼ満員の2日目。今日は評論家諸氏多し。今回の企画はいわゆる新劇の本だから年配の評論家先生が多数。

平日のマチネなので年齢が高めのお客さんが多いので舞台から客席にはいってもらうこととする。まるでバックステージツアーの趣。これはこれで面白い。今回の舞台は明治の劇場を思わせる?モノだからこういうことが可能。

2時間24分。大体このテンポで平均化してきた。いい感じの出来上がりとなる。ちょっとしたテクニカルなことの気がかりはあるもののこれで完成。

5時全体集合。ダメだし30分。

直しのテク・リハ3箇所。

6時半にはお開きとスル。明日もマチネ公演。いよいよ本公演が始まる。巨大台風のニュース。公演中も大雨が時折。


●●

ほとんどのメンバーが近くの焼き鳥屋で飲んでいたが一人帰宅。西友で刺身とトマトと豆腐を買ってきてビール。でもって、カレーを作る。うまい。

時折雨強し!

●●

毎日新聞の今日の夕刊に『オッペケペ』の記事が大きく掲載されている。これで読売・朝日・毎日の3大新聞に大きく掲載されたことになる。観世榮夫さん追悼公演と戦後新劇の代表作の44年ぶりの再演ということが大きな理由だろう。

それにしても評論家や記者の皆さん異口同音にいい戯曲と絶賛される。そして「今の時代」にこそぴったりと。明治の自由民権運動、60年安保、70年安保闘争といった「レジームとの闘争」はいまだに終わっていないのである。真っ向から真摯に演劇に世界に向かうだけである。けれんみなくだ。

●●

11時過ぎて凄い雨が降り始めた!これが台風か?神田川の明日が見ものである。子供の頃、台風になるとよく家の屋根に登ってお袋に怒られたものである!

※※

明日は朝10時過ぎ、FM川崎生出演、電話出演です。

でもって、11時過ぎから稽古。

2時『オッペケペ』真夜中関東に台風直撃の情報の真っ只中に本公演初日の幕が開きます。嵐の前の森下へ!

アフター・トークのゲストは山元清多さん。1963年の新人会の初演当時の新劇界について話してもらおうと思っている。
もちろん『オールド・バンチ』の劇作家であり、テレビドラマ『ムー一族』などのシナリオライターでもあるゲンさん。観世榮夫さんや福田善之さんのことなども・・・。


まだ、席は「大いに余裕あり」です。大変な1日になりそうですが是非嵐の中で明治の演劇青年たちの熱い青春ドラマを見るのも一興です?

森下で劇団員一同熱い心で待ってます。