公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

『オールドバンチ』3日目。

今日からマチネ公演のみ。12時過ぎ劇場入り、1時から体操、歌、で1時間あまり。ちょっとしたブレがあるもののイイカンジで3日目を終える。相変らず超満員。客席の後ろで立って1時間半。

アフタートークは瓜生さん、中村さんと。

●●

アフター・トークを終えて走って駅まで、井の頭線、地下鉄を乗り継いで早稲田まで。肉まんと野菜ジュース買って稽古場に・・・・・。

6時から『鼠小僧次郎吉』の稽古イン・天野と夕沈が名古屋から来ている。本読み、ト書きを美術家の水谷さんが読み2回読む。

●●

わたしだけ9時前に稽古場を抜け、タクシーにのって西新宿:芸能花伝舎まで、大久保通りから青梅街道10分もかからなかった。8時半からの本演出者協会の事務所で恒例の「若手演出家コンクール:最終審査作品(優秀賞)決定審査会」。

夏から続いている審査の中から4作品を選ぶ日である。

和田、篠崎、森井、貝山、大西、西沢、瓜生、流山児の8人が第2次審査審査員。青井さんがオブザーバー参加。

例年、深夜を超え、時には朝3時近くまで激論が続く審査会なのだが、今年はあっさり11時前には決着がついた。例年より、審査員が強力に推したい作品がなく相対的評価ということに・・・・それでも最後の方になっていつものようにもめ、けっきょく今年は5作品選出という事に。来月号のシアター・ガイドで発表となる。授賞式は12月29日新宿:池林坊で開かれる演出者協会主催の大忘年会の席上となる。

審査終了の後大西君が電話する。電話の向こうで感激している有様が・・・苦節5年なんてヤツもいる。7年間続いているこの若手コンクール確実に若手演出家の登竜門になった。が、決して「権威」にならないようにしなければ・・・・。

例によって、青井さん、和田さんらと近くの居酒屋でお疲れ会。早めに、といっても1時近くに切り上げタクシーで帰宅。

 1日中トーキョーを駆け回っているようなカンジのハード・デイであった。まさに師走である。もちろん、俺は「師」ではないけど・・・・・・。

明日は4日目、中日である。和田、貝山、森井さんにチケット頼まれる。席はないというのに・・・・・。青井さんにも・・・・。嬉しい悲鳴。がんばるぞ!!2時から天野と打ち合わせ。

●●

『鼠小僧』ただいま、優先予約ハガキ受付中!早めに申し込んで下さい。

こちらも「完売必至」の定員70人の早稲田公演です!!

2日目。

ゆっくり寝て、2時過ぎ芳林堂、結局「文学界」を購入、クローデルの討論を読み、岩波文庫の『繻子の靴』も買う。

3時過ぎに下北沢に。で、また本屋と喫茶店。

何故か、ぜんざい。

●●

4時過ぎ劇場入り。芝居の始まりのアナウンスから暗転のところを変える。5時半体操と歌。

6時過ぎには終わる。5時には当日券の列が出来ていた。

超満員の2日目である。立ち見も・・・・・・。昨日と違って今日の客席は圧倒的に若い観客で埋まっている。黒テントのメンバーが総見。斉藤晴彦さん、さとうこうじも・・・・。高取や福田善之さん、日刊現代の山田さんの顔も。岩淵さんもいる。千葉哲也、山本亨、梅沢昌代といった顔も・・・・。凄い人の群れ。

●●

今日もいろんなことが起こった。暗転中に役者が客席に落ちるは(支え持ち上げてくれたお客さんアリガトウ。)、思わぬ箇所で台詞は飛ぶは・・・・(戌井さんが元に戻したのには感激!感動!)・・・。

そして客席は昨日以上に沸いた。

とにかく前代未聞のえんげきにみんなビックリしている。客席と舞台が共に呼吸する「えんげき」である。

アフタートークも沸きに沸いた。

●●

岩淵さん本多さんとわたしの3人。岩淵さんのエロ話と戦後責任のはなしには笑った。

岩淵さんと高取、山田さんと呑む。高取の次回公演『花と蛇』で盛り上がる。紘子に行くと塩野谷ら。亨や千葉、梅ちゃんと少ししゃべりタクシーで帰宅。明日は1時集合。

明日からマチネ公演。

オマケに夜は『鼠小僧』の本読み。でもって、9時からは花伝舎で演出家コンクールの徹夜?の審査会。もう、忙しいったらありゃしねえ。

 

 

ついに『オールド・バンチ』初日の幕が開く。パラダイス一座の幟がスズナリの劇場にはためいている。

今日は2時から公開ゲネプロ、結局、今日は2回公演と同じ・・・・・。

12時体操開始。これからの本番の日常である。

歌のシーンのおさらい。今朝のNHKニュースで今日の旗揚げのニュースやっていたとのこと・・・・。

で「ラスト・シーン」の直し。結局は5回、やり直し・・・・・・。決める。

●●

2時からゲネプロ。

半分以上の客、60人近くの人の前でゲネプロ。文学座、黒テントの若手メンバー、そして劇団員ら昨日以上の反応、役者は「普通に」きっちりやっている。小林勝也さんが嬉しそう。

●●

ついに本番。金払ってみる客と関係者の違い、客が一番ノッテイル。

開演のアナウンスで拍手。トップシーンの映像で大拍手。メチャクチャ、受けまくる!というか客席はまるでお祭り状態。大爆笑!オマケに拍手がなりやまないし、途中で起こる笑いもハンパじゃないし。笑いで台詞が聞こえない有様。

役者達はノリまくるし・・・・2ヶ月の稽古の成果で、誰も途中で演技がブレない・・・・凄い!!涙が流れた。ありがとうございます。

予想を超える反応に一安心。

36年間芝居をやっていて「300本以上」の現場にいたが、今回ほど客席にいて、心臓がどどきどきした事はない・・・・・楽しかった。観客の皆さんの力に感謝。劇場にいられる事に感謝。エンゲキをやっている事に感謝。その全てに感謝。

とにかく、今回ほど観客が芝居に参加=創っている!事を実感したことはないだろう?とにかく楽しかった。皆さんありがとう。

「芝居の半分は客が作るのだ」という寺山修司の言葉がふと、よぎった。

「青い山脈」の160人の大合唱!がスズナリにこだました。

●●

「超満員」の初日であった。

いろんな人が、こういった芝居を切実に待っていた事を実感した1日でもあった。実験的で、実に大衆的なコメディ。3年間続けられる実感。

扇田さん、高橋さん、小田島さん、梶さんといった評論家の皆さんに加えて河童さん、元さん,水谷龍二さんらがずらりと並んで劇場の「最後尾席」あたりに座っている様は壮観である。あ、それから今回出演依頼してスケジュールの都合で参加できなかった文学座の加藤武さんも、戌井さんに「掛け声」掛けている。次は必ずやりましょうね・・・・・。

※前売り券は全て完売ですが「当日券」用に充分とってあります。開演1時間前から階下の受付にて発売します。

※ぜひ、ふらりと下北沢スズナリにご来場下さい。待ってます!!!

 

さて、いよいよ本日7時『オールドバンチ』初日です。

昨日は朝から10時近くまで、「場当り」「明りあわせ」

そして1回目の「通し」。

これが凄い!ほとんど涙が流れんばかり・・・・。いい!

テレビクルーがちょっとうるさいが、オマケにNHKのニュースまで取材には協力したいが、役者の皆さんには集中してもらいたい。

●●

疲れ果てたバンチたちの底力に敬服。

戌井さんとタクシーで帰宅。早稲田の自宅までお送りする。

●●

「通し」を見て本当に凄い芝居が生まれていた事を確認した。お客さんも50人以上、演出卓前は満員。明日のゲネプロも関係者や取材で超満員。

楽しく、楽しくやりましょう。

朝9時から仕込み。劇団員全員集合!ドイツもコイツもてきぱきと働いている。劇団を35年やっていて、いいなあ、と感じるのは「仕込みの日の朝」である。ゴリッとした男たちが15人、バリッといる劇団は東京中探しても、うちの劇団ぐらいである。道具、照明、音響、車両、小道具ときっちり別れて全員スタッフのプロの顔で働いている。タダモノではない奴らの群れ。

11時過ぎセットが立つ・・・・すげえ!!

で、これはまだ、後ろの本体。まだ全体ではない。妹尾河童、恐るべし!水谷雄司恐るべし!という今年度サイコーの愛のこもった舞台美術である。王様美術に感謝。

こんなセットはスズナリ始まって以来?!というアンチックな銀行ソノモノがきっちり立ち上がりつつある。河童さんも12時前に小屋入り。見るなり眼を細める。

河童さんは1時過ぎまで、水谷さんたちの作った愛のこもったセットの凄さをしゃべっていた。それから、「三年間続くのだから稽古場の早稲田の急な階段の手すりをつけろ!」と厳命。早速、大家に交渉することにする。イワヲに検討させる。

 

で、わたしは少し抜け出し、2時から恵比寿のテアトル・エコー劇場へ。劇団テアトル・エコーの『大都映画撮影所物語』(作:本庄慧一郎 演出:永井寛孝)を見る。

今回の公演で誘った熊倉さんの芝居を見るため・・・・・熊倉サンは元気に撮影所長の役を演じていた。来年は一緒にやりましょうね、と握手。とにかく見に来て下さいねと別れる。

●●

5時過ぎにスズナリにもどる。NHKのクルーが劇場入りするバンチたちを追う。セットが全部たっていた。改めて凄い!と感動する。

6時から1時間「場あたり」。これまた、マイクとカメラが追っている。

8時頃から「ジグザグ」で『オールドバンチ』パーティという名の本多社長主催の呑み会。

皆さん、飲みまくり、喋り捲りの、まるで決起集会の趣き。河童さんの名前を本名にしたいきさつに大笑い。本当に面白い人ある。バンチたちはこの2ヶ月で本当に「仲間」になった。

明日から宜しく!である。

10時過ぎにスタッフも合流、大宴会に。わたしは少し早めに、帰宅。

明日は朝、10時から「明り作り」である。

1時過ぎ皆さん集合。いよいよ「場あたり」「明り作り」そして、7時:1回目の「通し稽古」という名のゲネプロである。さて、本番まであと1日!である!!!

たつまが「通し」見に来るという・・・・。嬉しいな。

朝9時市ヶ谷Bスタジオ集合。

8時45分についた。制作の米山、カメラマンのアライテツヤさんと助手、演助の畝部。大路恵美はもう来ている。ヘア・メイク。

今日は3月公演『リターン』のポスター写真撮り。各事務所のマネージャーさんも・・・。

出演の千葉哲也、塩野谷正幸、大路恵美、阿川竜一、北村魚の五人で。千葉は『ハイ・ライフ』以来2年ぶり。大路さんとは『ピカレスク黙阿弥』以来、実に8年ぶり。魚さんとも『狂人教育』エジプト公演以来だから5年ぶりの仕事となる。

この超豪華キャストでSpace早稲田開場10周年を祝う記念公演スペシャルが『リターン』である。歌あり踊り?あり映像ありの『ハイ・ライフ』を超える問題作。翻訳劇、それもオーストラリアの最新戯曲。いま、映画化されオーストラリアで公開中の話題作。アクション・コメディ・サスペンス・・・・・・劇に全ての要素を持ったオーストラリアの若手劇作家の最新作をキチンと人間臭いハード・ドラマにしようと思っている。

【60人限定】のSpace早稲田。ドラマと同じく、電車の車両に乗り合わせた「乗客=観客」を体験できる小劇場ならではの贅沢な劇的体験です。

舞台美術は『ハイ・ライフ』と同じ塩野谷正幸!音楽はインドネシアの音楽家:ヤヌー・アリエンドラ 振付は北村真実。

前売開始は2月4日の予定。売り切れ必至の15ステージ限定公演!

10時から1時間半。楽しい撮影となる。みんなかっこいい。アライ・マジック!?も御期待。

1月には出来上がる予定。乞う、御期待!

●●

歩いて早稲田まで。

事務所には天野天街デザインの『鼠小僧次郎吉』のチラシ・ポスターが名古屋の印刷所から大量に届いている。旅公演もあるから凄い量である。『オールド・バンチ』本番中には街中、劇場に貼る予定。先行ハガキ受付中です。WEB前売り開始は12月14日です。

それにしてもやりすぎ!と制作は悲鳴を上げている。

『鼠』の稽古も8日から始まる。役者で出ることになったので、イロイロ大変。

●●

稽古場の前にはNHKの撮影クルー。今日もカメラが稽古場にはいる。

1時から取材・・・・・。

2時からいつものように稽古。

昨日2回通しで「疲れませんでしたか?」と聞くとなんとも無いとのこと、オマケに皆さん今朝は全員、学校で授業をやってきたとのこと、ふーん。

暗転稽古を続ける。なんとか大暗転も上手くいく。

映像も、荒い編集で出来上がっている。タイトル・バックがかっこいい。

これからは、スタッフ・ワークを中心にこまかく段取り稽古も。・・・・・

●●

4時から通し。

チョコッとしたミスというか台詞が飛んだが、いい調子に出来上がっている。

ダメダシというか気になったとを30分。

7時過ぎに稽古を取り、映像と舞台監督との打ち合わせ1時間。

8時、事務所で当日パンフの原稿書き。

9時過ぎ、疲れ果てタクシーで帰宅。京都行きとか疲れが溜っている?

で、ステーキでも食うかと決め、安い1000円ステーキ。

●●

疲れた・・・・。ニュースステーションでキムタクをちらっと見て11時すぎ就寝。

 

 

 

で、朝からRU・HIT「PC」

久しぶりに早起き。快晴、秋晴れというより初冬晴れ?そんな言葉ないか・・・。

●●

 

10時出発。新幹線、お昼過ぎには京都に着く予定。京都精華大学が作った国際マンガミュージアムを見に行き、夜は芝居の審査。日帰りはきついのでとまることにした。

久しぶりの京都行き。

 

●●

行くと今日は休館日。仕方が無いので道端に貼ってあるあるポスター鑑賞。・・・・それでも充分楽しめる。

 高取教授に電話。今日は教授も休講とのこと。

で、清水寺・・・・・・・。

ほんでもって、先斗町で審査。山口茜:作・演出『豊満ブラウン管』元・倫敦亭という名のBARをもう一度戻して上演するという「試演会」=ワーク・イン・プログレスである。面白い!

その後、京都のメンバーと飲む。

久しぶりの京都の夜。

三条にとったホテルで夜、BSでウディ・アレン監督の映画『スコルピオン・恋のまじない』3時まで。これまた面白い。

 

カラヤン指揮のベルリン・フィルの「魔笛」をききながらの1日の始まりである。

時々、夜の女王とパパゲーノの歌を一緒に歌っているよ・・・・・・。で、朝から原稿1本きちんと書上げメールしました!真面目だなあ?

これで残る原稿は演出者協会の20枚の「70〜80年代小劇場演劇」大論文と『オールド・バンチ』の当日パンフ5枚のみ・・・・・・。来週、がんばります?!

●●

今日は、稽古休みである。

夕方、芳林堂書店で2時間、久しぶりにゆっくり「立ち読み」三昧。子供の頃からの癖である、昔は平気で1日4〜6時間近く立ち読みしていたものである。

様々な分野の本を子供の頃からめくるのが好きだった、哲学も科学も漫画も小説も雑誌も詩集も戯曲も写真集も絵画も「何でもあり」の本屋に1日中いるのが好きだった。

図書館よりも、なぜかわたしは書店が大好きである。

本屋にはいろんな人がいて面白い、今日も本読みながら、ぶつぶつ喋り捲るお兄ちゃんがいた・・・・こういう人がいるから本屋はいいのだ。

●●

で、東銀座へ。

6時東銀座のエアー・スタジオ。演舞場近くの呑み屋の地下2階にあるスタジオ。日本演出者協会若手演出家コンクール第2次審査作品。演劇集団ログハウスプロデュース『万華鏡』(作・演出:仁瀬 由深) ある居酒屋で繰り広げられる人生模様。いわゆるリアルでちょっぴりディープな世界。1時間20分あまりの小品。いじめ、介護、監禁みんなあり・・・・・。

貝山さんと森井さんも一緒であった。で、東銀座「さくら水産」で呑む事に。安いなあ、で白波。

それにしても今年の作品審査はしんどいですね・・・・・と2時間。こりゃ、12月の審査会もめるなあ・・・・・。あと2〜3本、無理か?京都だとよ!

●●●

10時過ぎに帰宅すると、テレビで『セーラー服と機関銃』の最終回をやっている、なぜか見る?ふーん。で、すき焼きでJINRO。

明日は「通し」である。

がんばるぞ!

お昼過ぎに朝日の取材、通しのあとは産経の取材。今日の読売の夕刊に大きく「シルバー演劇」が取り上げられている。

是非読んでください。

●●

去年秋、ソウルで買ったChoo Hyun MiのヒットCDを聴きながら読書。ド演歌でいいなあ。

さあ、あと2週間。

小返しの今週、じっくり。が小返しより「通し」でやった方がいいみたいである?

でも何度かやって体に覚えてもらうしかない。

シーン2と3を返す。動きを大胆に変えてみる、映画みたいになったがこのほうが判りやすい。

宴会のシーンも決めるところを決めていく。

で、再び戻してシーン2と3のかるーい通し。明日もこんな調子でやろう。

●●

「シアター・テレビジョン」でいま放映中のシアター・インフォ・クリップのDVDが送ってきた。良く出来ている。

ホームページにアップしようと思ったがだめらしい。

すみませんもうちょっとお待ち下さい。

アカデミー作品賞21本の名作DVDを楽天通販に頼んでいたのだが送ってきた。『ローマの休日』が付録である。

つまりこの21本著作権が切れたのか?21本で1万円。

ローレンス・オリビエの『ハムレット』!だよ。

そのうち時間が出来たらゆっくり全作品見よう。

●●

『オールドバンチ』絶好調!

お昼前から楽塾。

先週、休んだから2週ぶり。皆さん大体台詞が入った。

デジャビュ的なシーン、や繰り返しが多い芝居になる。つまり他人の芝居の段取りをきちんとおぼえていなければならない。結構、大変。

桐原の歌をジャズのスタンダードに変えてみる。これがイイ。これで行くことにトップのタイトルバックのシーン。

●●

5時過ぎ急いで表参道まで。

青山銕仙会・観世流能楽研修所へ、観世榮夫さんの撮影。観世サンのシーン渋くハード・ボイルドに決めてもらいそのあと「遊行柳」を舞ってもらう。その舞姿にしびれる。まさに幽玄の美。能舞台のすごさにしびれる。観世流の皆さんのご協力のお陰です。本当に贅沢な撮影であった。ありがとうございました。

観世榮夫という貴重なえんげきの財産と出会ったこの6年間に感謝。先輩、今後ともヨロシク。『黒いぬ』がんばってください。見に行きますよ!

それにしても、観世、岩淵の映像シーン、メチャクチャかっこいいシーンとなること請け合います。

1時間半で撮り終える。

その後、パンフレットのインタビュー30分。

で青山の高級そうな蕎麦屋のBARへ。

麦焼酎の蕎麦湯割り。上手いつまみ。スタッフ全員と・・・・・。10時近くまで観世さんの昔話をつまみに・・・・・。聞いた事も無い面白い話。

 

雨の中、青山1丁目まで。

タクシーで帰宅。

11時から昨日の通しのビデオを見る。明日から2週間の稽古方針を決める。

●●

ホームページに『オールドバンチ』の予告映像が入った。

是非見て下さい!