公演情報

文化庁委託事業「平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演 劇作家部門

 『SCRAP(スクラップ)』

【作】シライケイタ(温泉ドラゴン)

【演出】日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

【プロデューサー】流山児祥

 

【出演】

月船さらら(metro、清水直子(俳優座)

みょんふぁ(洪明花)、西條義将(モダンスイマーズ)

伊原農(ハイリンド)、シライケイタ

栗原茂、上田和弘、イワヲ

里美和彦、木暮拓矢、佐原由美

 

【日程】

2017年7月1日(土)〜17日(月・祝)

 

【会場】Space早稲田

 

【チケット】

日時指定・全席自由

一般 3,500円

学生、U25(25歳以下) 2,500円

高校生以下 1,000円

リピーター割引 3,000円

 

流山児祥の予約



公演詳細はこちら

 


【お問合せ】

流山児事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com 

グラフィックス1.png

イラスト:藤原カムイ

 

ワークショップ参加者募集!!

 

【講師】流山児祥

【日程】2017年8月14日(月)〜20日(日)

14日(月)〜17日(木)は、18時〜22時

18日(金)〜20日(日)は、13時〜21時

*発表公演を行います

19日(土)夜 20日(日)昼・夜の3ステージ

【会場】 Space早稲田

 

【募集人員】20名 40歳以上・経験不問 上記日程に全部参加できる方

【参加費用】25,000円

【応募期間】7月3日(月)〜

【応募方法】流山児★事務所に以下をお知らせいただき、お申込みください。

@名前 A性別 B年齢 C住所 D電話 Eメールアドレス(ない方は結構です)

*楽塾に入団希望の方は、履歴書あるいは芸歴書をお送りください。

 

【お問合せ・応募先】
流山児事務所 ワークショップ
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

『狂人教育』アジアツアー。9月15日に成田をでて、香港、杭州、上海と好評のうちに12ステージ無事に終了しメンバー全員元気に帰国しました。

国慶節の中国はひと、ヒト、人の群れ!「人に酔う」という初体験をしました。

暑い香港から一気に「秋」になった上海、空港で中国のメンバーと別れを惜しみ、成田についたら「すっかり秋」。それにしても空気がうまいです。

馬場の駅に着いてアパートに帰ろうとしたら「流山児さーん」の声。ふりかえると月蝕の三坂。すごい荷物に驚く三坂に「いま上海からかえってきたんだよ」と返事。

9月6日早稲田の大隈講堂で幕を開けた『狂人教育2008日中コラボレーションヴァージョン』は東京、仙台、札幌そして中国の観客に確実に「熱いなにか!」を遺し「伝説」として語られるだろう。

再見!

今日は早めに寝ます。さすがに疲れているようだ。

さて、明後日から相変わらずの「忙しい日日」が始まる。

※※
11月29日から始まる坂口瑞穂の新作書き下ろし『ドブネズミたちの眠り』本日から優先予約が始まります!劇団オンラインチケットで申し込みください。

お早めに!

で、パラダイス一座『続々オールドバンチ』の顔合わせも5日、で夜は楽塾の稽古。でもって、北京蝶々の『デーモンズ』の稽古場にも来週から顔出さなきゃいけないし・・・・。

それから来年5月の『ユーリンタウン』の出演者オーディションも今日が締め切り?ご希望の方はお急ぎください!


わたしたちは元気です!
かんどうのこうしゅう「せんしゅうらく」となる。

900いじょうのかんきゃくがつめかけた。ほとんどのひとが「かんげきのマナー」をまもって?みてくれた。もちろん、こどもにいちいちせつめいすろおとうさんやおかあさんもいたが、すごい「しゅうちゅうりょく=かんがえるえんげき」はこうひょうなのである。

とちゅうのパパのシーンのうたでだいはくしゅ、カナダやエジプトではフツーだったがこんかいは「はじめて」。あとはラストまでわらうところはわらいカーテンコールはすごいはくしゅ。

3かいつづけてみたというおきゃくさんがいっぱいいた。サインとあくしゅとさつえいでおおいそがし。またきます!としゃべっていた。

さて29にち、きょうもあきらしいいいてんき。

10じバスにのってしゃんはいへむけてしゅっぱつ!である!

さよならこうしゅう!!

[さいこ]のこそばにある「れいおんじ?」にいく。「ぶつぞうざんまい」のはんにちとなる。こんなにぶつぞうをみたのははじめて、こころがあらわれる?

2かめ、きのういじょう、やく800にんのいり、「かんげきのルール」をふきこんだテープをなんどかながしたせいか?ケータイとフラッシュはげきげん、さいこーのパフォーマンスとなる。やくしゃたちも1380のだいげきじょうにまけない「しばい」でがんばっている。

このちょうしだ!「げきじょうぜんたいでかんがえるえんげき」というひひょうってなんだ?

しゅうえんご、ユエンホンのしょうたいで「こうしゅうりょうり」で1にちはやい「うちあげ」、ぜんいんおおおいにのみくう。

なんにんかがおなかのちょうしがわるい、わたしはいまのところぜっこうちょうである!!


おひるすぎ、こうしゅうのふるーいまちをみてあるく。ちゅうごくじゅうからのかんこうきゃくでいっぱい、らいしゅうから「こっけいせつ=ゴールデンウイーク」がはじまる。つまり、どようびの「きょう」からだ!!

こんなときにしばいなんかみにくるのかよ?

たのしく、げんきに@こうしゅうせんしゅらく!である。
あさからアメ。すずしいかぜ。

「しょにち」ぶじにあきました。よきせず2かいにもおおくのきゃく。げんだいえんげき、それもにほんのしばいなどみたことのないフツーのおきゃくさんの「はんのう」にかんどー。それにしても、ケータイはなるはしゃべるはたいへん。えんげきをみる「マナー」などありゃしない、そういえば6ねんまえのカイロもこうだったけ。

さまざまなくにのさまざまなとしで「でんせつ」となる「きょうじんきょういく」である。

ユエンホンいわく、こーしゅうをちかいうちに「えんげきのまち」にするプロジェクトがしんこうちゅう?!とのこと、らいげつにはスタンレイ、あきにはリンチョウカ、モウケイキとちゅうごくのTOPのえんしゅつかがやってくる、わたしたちがそのTOPバッター、せきにんじゅうだい。

にほんをたって10か、あと1しゅうかん、ぜんいんげんきにちゅうごくのたびをたのしんでいます。きょうは4じいり、いつものように1じかんのうたとうごきのけいこ。こうしゅう2かめ!
きのうはけっきょく10じちかくまでかかってゲネプロをおえる。このごにおよんで、すこしかてみえる。えきのちかくのコンビニで「ひょうけつ」をみつけて2ほんかいホテルでのんでキューバタン。ハードな1にちであった。

なんでもTVのニュースでワークショップのもようとペキンのヴィデオがながれていたとのこと。

25にち、きょうもあつい!
ごうかなちょうしょくをおえて10じからセットとぶたいのうえのしょうめいきぐのバラシ20ふん。

おひるまえから「こうしゅうえきのうらのはんかがい」まであるく。だいこんざつのデパートで「チャイナふく」をかう。これまたいつものこと。

おもえばわたしは「このくに」にもう「7かい」きている。そのうち4かいはしばいをやりにきている、、のである。こんかいはさすがにちゅうごくごがすこしわかるようになったが、、、。やはりはなせない。

れいによって、まちのなかを「はんにちちかく」あてもなくさんさく、フツーのひとびとのくらすだんちでひるさがりにろうじんたちがマージャンしているようすがなんともゆったりとしていてちゅうごくのしばいをおもいだしていた。

3じちかくにホテルにもどる。

さて、4じこやいり。

7じまでにさいどセットとしょうめいをもとにもどしチェックして7じ30ふんかいえんである。

さて、「がんぐうかぞく」ほんじつこうしゅうこうえん「しょにち」です!!
きょうもあつい1にちになりそう。そとはあいかわらずのスモッグですごいかずのくるまとでんどーじてんしゃがいきかっている。

ごうかなちょうしょくをはらいっぱいくってあさ9じはんから、きのうのしんやじこみのつづき。めちゃくちゃおもーいリノリウムをはってしょうめいのシュートのつづきとおんきょうチェック。しょうめいがすごくたいへんそう、これもまたまいどのことだがかいがいではむこうのスタッフとのれんけいがつうやくをとおしてと「やりかたのちがい」でかならずおおくのじかんをとられる。

12じはんから「ばあたり」かいし!アップは1じかんまえ。

すべての「しんぶん」にきのうの「レクチャーのきじ」がのっている。

きょうは1にちじゅう「ばあたり」&「ゲネプロ」&「バラシ」のハードデイ?!

だいがくからおくられたしろいTシャツをきてリフレッシュ。がんばります。
あさのしょくじのごうかさにまずびっくり。こうしゅうえきのひとのむれとその「ねっき」にこれまたまたびっくり。でもって「スモッグ」にけむるまちにちょっとがっかり。うえしまコーヒーでピザ&フルーツ&コーヒーのランチ。

で、セイコーだいがくでレクチャー&ワークショップ。テレビカメラとかずおおくのしんぶんのしゅざいカメラのおとがカシャカシャなりひびくなかで1じかんはん。よんでくれたグーせんせいはにほんえんげきのセンセイで「のだひでき」のだいファン、たのしくがくせいあいてにあそぶ。みなさん、とにかくいろんなくににいってください!と「いえでのすすめ」ならぬこっきょうをこえたえんげきのちからのはなしをする、がくせいたちのしばいのダメだし?やら、、、、。

ミズウミのまちを1じかんドライブしてげきじょうまで。とちゅうの「おちゃばたけ」とかっこいい「ちゃしつ」にかんどーする。

さて、こどもたちのうたごえがするぶたいのうらで「しこみ」かいし!!こりゃたいへんだ!きょうはいちおうしんや12じまでのよてい。あしたはあさはやくから1にちじゅう「ばあたり」&「ゲネプロ」でもって「バラシ」!
あさっての「ほんばん」まえにオーケストラのほんばんがはいいってるからである!

いろんなことをけいけんしているこのチーム!まあ、こんなことは「なんども」けいけんしているし、だいじょうぶである。これもまた「おもしろきぼーけん」である。たのしもうぜ!

のだくんのしばいにたしか「あかるいぼーけん」っていうのがあったよね?そうか、わたしたちは1990ねんからずーっと「あかるいぼーけん」をつづけているのだ。


というわけで、きょうもひらがなとカタカナのryuzanji showでした!
というわけで、なぜかきょうからは「ひらがな」つうしんデス

あさはやく「ほんこん」をたって、こうしゅうへ。

こうしゅうはうつくしいまちです。で、ここもめちゃくちゃ「あつい」です。100にんの「しょうげきじょう」から1000にん「だいげきじょう」へです。まあ、わせだの「おおくまこうどう」にもどったとおもえばいいだけです。

ほんじつしこみ、わたしはあしたの「こうえんかい」のじゅんび。つあーもはんぶんおえてのこりのすてーじにぜんせいりょくを!です。

みんな、げんきです。

たまには、ひらがなもいいいなあ?

なぜか、4つほしほてるの22かいにある「すいーとるーむ」にとまっています。なぜなら、このほてるの3かいに「げきじょう=こうしゅうあかほしげきいん」があるからです。


しょう りゅーざんじ
超満員の劇場で『狂人教育』進化しています。

毎日、開演4時間前に集合1時間半の稽古を欠かしていない。毎日少しずつ変わってゆくイキモノのようだ。2時間前には女優達のメイクのための時間を取らねばならない。

昨日の夜は早めの香港打ち上げ、近くの海鮮飲み屋で「喰い放題」に挑んだ。とにかくすごい量の海鮮やら餃子やら野菜やらを一生分ぐらい喰った。

●●

あ、それから右足の痛みがタイガーバームの湿布のおかげか?夜には歩けるようになり嘘のように痛みがなくなった。「痛風」の先輩銀太さん曰く、そんな感じなんだって・・・・。

とにかくお騒がせしましたが今日は朝から普通に歩いていますからご安心ください。

※※

マチネ公演のあと、多くの感動した観客から握手を求められる。
で、前進進劇場の芸術監督の陳さんや評論家の林さんとちょっと話す。林さんの着ているTシャツが三沢の寺山記念館で売ってるやつにきずく。テラヤマフリークで1983年に天井桟敷の芝居を見ているとのこと、寺山演劇の新しい展開だと絶賛される。

真美先生は今朝早く日本へ帰国。次は上海。

直美が疲労のせいか食いすぎ?のせいか胃の調子が悪いらしく畝部と病院へ。


さて、夜8時香港ラスツテージ!

がんばろうぜ!みんな。でバラシて明日は杭州へ出発!!
16日に成田を発って順調に香港ツアー中です。

とにかく暑い!熱い!と書いた方が正しい表現です。

九龍にある牛棚劇場という100人ちょっとの小劇場。でも舞台は大隈講堂並みの大きさおまけに柱が2本。

いや、大変な「場当たり」となる。

真美先生も来てくれているのでそこはなんとか伊達に「9回」も海外公演している作品ではない・・・・。

来たら「5場爆満」=5ステージすべてソールド・アウトの完売である。

19日超満員札止めの中初日の幕が開いた、好評。アフタートークで寺山さんの話がどんどん、さすが『上海異人娼館』を撮ったところ。

20日朝、香港の有力新聞文化面全面1ページぶち抜きの特集記事におどろく。そういえば香港ウォーカーにも掲載されている。でも載ってもチケットは1枚も残っていない!


※※

杭州、上海も18日に上演許可が下りこれから「大宣伝」とのこと、上海の新聞にも大きく掲載されている。杭州、上海はタイトルが変わり『玩偶家族』、北京で『玩偶之家』で何度も上演されているのでこのタイトルになったらしい。

全員「熱い」香港にさすがにバテ気味だが元気です。
私は今朝から右足の横がめちゃくちゃ痛くてほとんどびっこ引いている状態である。

劇団員は「痛風」でと全員がうれしそうに脅かしています。

まあ、ビールと肉とイカと臓物系の食べすぎの感は否めないので、ちょっと肉は控えめにして今日から魚にします。


※※

今日明日と連日の3時・8時の4ステージ!

13回目の海外公演。10年目の『狂人教育』!!!!

今回の日本・香港のコラボレーションは確実に「成功」である。今日の客席を見て確信した。


それにしても暑い!熱い。35度で体感温度はもっと熱い、でもって湿度が高いのでまるでサウナ。でも、WE LOVE HONGKONG.

早稲田から始まったツアーも香港で中日。どうやら今回の狂人は7000人近くのお客さんに出会えそうである。
.

月刊新松戸の原稿書きをマチネとソワレの間に終える。久しぶりのパソコン。