公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
USバンバン高田馬場店が閉店セールをしている。ほんと30年?近く私と劇団の洋服(衣裳)御用達?だったUSバンバンがなくなるのである。早稲田にも10年前にはあった(いま、100円ショップになっている。)
プロレスのTシャツ(パンクラスやらH・グレーシー(これがおもしろいことにヒクソンならぬリクソン・グレーシーになってたりする)やら、変に派手なズボン(ピカピカからビニールレザー:『ハイライフ』の初演で山本亨が着ていた。)で、これまた派手シャツとメチャ安くて本当にお世話になっていた。私は冬・夏、1年分必ずここで揃えてきた。ユニクロやAOKI、しまむらと馬場にもイロイロな店が出来てまあ、予想されたことだがやっぱり寂しいことでる。EDWINのジーンズ2本とTシャツ5枚買う。閉店セールで店内の品も売れたらしく・・・点数も少ない。新大久保に本店があるのだが、あっちはどうなんだろうか?時代の流れの残酷さよ、である。USで70年代当時の流行のVANをくっつけた若者向けの安物店。逆に良くぞ持ったりというべきか。まあ、ブランド品よりはいい。

※※
4時早稲田に向かう。照明吊り終わり、シュートも終わっていた。里美、七緒、カナミの劇団照明班のみなさんご苦労さん。
尚たちも衣裳の汚しと格闘している。本番ちかしである。6時から気になるシーンのチェック。

8時半から「通し」。カメラマンの横田さん、米山、直美らのギャラリー。ほぼ完成?

ダメだし、いつものように10時半過ぎに稽古を取る。皆さん疲れのピーク?が、このまま集中していくしかない。頑張りましょう。

※※
今日も春らしい天気、今にも神田川の桜並木が咲きそうな気配。

本日はお昼から1日中「明かりあわせ」。なんとか8時くらいから「通し」にいけないかと思っているのだが・・・・。

※※
急ピッチである意味ゴーインに創り上げている、いやそんな感じすらする1日であった。でもっていろんなものが見えてきた1日であった。
「卒塔婆小町」小返し、何とか初の「粗通し」、オモロイシロモノに出来上がっている。とにかく楽ーにやってください、である。

短い夕食休憩のあと「葵上」小返し。

こちらもゴーインに10時から「初粗通し」こちらも、うんシャープに方向性が見えてきた。11時近くに稽古を取る。皆さんヘロへロ、これも至らぬ演出家ゆえごめんなさい。ROMIさんと照明の方向性打ち合わせ、大変な状況(だって2本連続上演)、出来ることと出来ないことがある。

疲れ果ててさすがのオレも・・・・が、キチンと歩いて帰宅。お昼に神田川沿いを散歩して早稲田まで歩いたせいか久しぶりの13000歩。

あと、5日。なんとか日曜日にはつなぎの部分を作って通せそうである。でも、はっきり見えてきたぞ、オレタチのMISHIMAが。

※※

今日もいい天気、さて、今日もハード。楽塾の稽古、でもってMISHIMA、でもって下北沢のがま発動機のアフタートーク出演。久しぶりの佃くんに元気をもらうことにするか。
時間がない、あと6日間でMISHIMA本番である。
稽古ほとんど休憩ナシのノンストップで10時半まで、それでもやっと「卒塔婆小町」ラストまで。今日中に全部当たれると思っていたのに・・・いかん、いかん、細かく細かく、これでいいのである、と自分に言い聞かす。あせってもしょうがないのである。

気楽に、楽しく、遊びましょう。

さて、今日から14時稽古開始、ホントーに追い込みである。

昨日、今日(12日)といい天気である。神田川の桜のつぼみが・・・。ウチのアパートの大家さんちのサクランボの木の桜が満開になった。初夏にはサクランボの実でいっぱいになる。

かくして春はすぐそこまで。このところ、連日の8000歩。

※※
MISHIMA追い込み稽古、だというのに多忙な日々。お昼前から3時間、花伝舎で日本劇団協議会理事会。劇場法と公共支援のあり方についての熱い意見交換。緊急の課題として多くの演劇関連団体の話し合いが必要。緊急に・・・。きちんと、しゃべりあうこと。諦めないこと。権力に流されないこと。費用対効果、経済で語られる演劇、演劇の国際競争力、政治の失敗としての地域を救うための演劇、etc.いつの時代だって×××なヤツ・・・はいる。やることはキチンとやる。言いたい事はキチンと言う。また、やめる時はキチンとやめようと思っている。

※※

2時近くに会議が終わる。というわけで、栗原茂の出ている芝居をシアター風姿花伝に行こうと思っていたのだが、行けず!!ゴメン、クリ。

雨の中、新宿西口まで。それにしても寒い。
バスで早稲田まで。4時過ぎから『卒塔婆小町』の稽古。途中、東京新聞の取材が入る。1時間近く。

で、北村真実先生と一緒にステージング、振付。お互いはなしながら『葵上』の部分を半分当たる。

10時半近くまで。こりゃ、明日も大変。外は雪、風も強い。
笠をさしているがメチャクチャ濡れる。寒いが、歩く。このところ、8000歩止まり。

※※

10日(水):お昼近くになってやっと晴れる。関東はなぜか温かい1日だそう。それにしても寒暖の差が・・・これじゃ.

さて、今日から15時〜22時:7時間稽古の始まり、本当に追い込み!!である。楽しく、ぐわんばりましょう、面白くなってきましたよ。是非ご覧下さい。
さて今年も始まった恒例の若手演出家コンクール最終審査。今年で10年目!あっという間の10年である。それにしても時の流れの速さよ、である。毎年全国から4人の優秀賞受賞者達がグランプリを目指して競い合うコンクール。2時間で仕込み、1時間の作品を上演して1時間でバラすフリンジスタイル。
最終審査に選出された今年の演出家は以下の4名。 鹿目由紀(名古屋:劇団あおきりみかん)城谷歩(札幌:劇団深想逢嘘) 長谷川達也東京:DAZZLE)御笠ノ忠次(千葉:激弾 SPACENOID)

いずれも、これからの演劇を背負っていくいい演出家達である。コンクールのたびに「演劇を創る」原点を思う。とにかく役者という他者にイカにこだわり続けるかだ。


MISHIMA稽古1時半から6時過ぎまでノンストップ。一寸変えてみる、全員の方向性を探す。土・日は自主稽古。

私は審査の合間に楽塾と自主稽古に付き合うことに、下北沢・早稲田の往復繰り返しの日々。

今日は1日で3本の作品が一挙に観られます。是非下北沢「劇」小劇場へおいでください。2000円で4本全て見られます。ここにニホンの演劇の「現在」がある。

7日(日)17時から公開審査会、今年の栄冠は誰に?
MISHIMA PROJECT の稽古に本格的に入った。
昨日今日と「卒塔婆小町」の稽古。

今日はお昼に昨日初日を迎えたPROJECTナッターの新作『ピロクテーテス』(ハイナー・ミューラー作 ペーター・ゲスナー:演出)をSpace雑遊で観る。塩野谷正幸も山本亨も必死に格闘していた。真摯な格闘に久しぶりに感銘を覚える。いい役者達である。芝居に対しての感想などドーでもいい。頑張れよ、塩野谷!

歩いてそのまま、早稲田まで。これで1万歩。

振付の北村真実先生が来てくれたので、休み2人でほとんど稽古できないのだが、代役でとにかく「全体」を「粗通し」してみてもらう。
来週には振付。かなり動く芝居にするつもり。

イワヲも最終美術プランを持ってくる。
と、いうわけで明日は美術作業、早めにやることに!!これであと2週間で創り上げられる!!衣裳も同時進行。一気に本番モードにシフトチェンジ。でも、チラシは土曜日に出来上がるそうな!え?本番12日前かよ。

というわけで、

ただ今、3月公演MISHIMA PROJECT三由紀夫:作『葵上』『卒塔婆小町』4月・5月ゴールデンウイーク楽塾公演佃典彦:新作書き下ろし『
ほろほろと、海賊』共に前売り予約開始しています。

今すぐ!ご予約を!http://www.ryuzanji.comあるいは03−5272−1785
流山児★事務所まで!
1日中稽古場の日が続く。土曜日はお昼から楽塾、休憩ナシで夜はMISHIMA本読み・荒立ちと超ハードデイとなる。楽塾にはいよいよ真打ち登場:戌井市郎氏のシーンを先週からやっている。出番は3シーン、見せ場はたっぷり、実に贅沢。93歳の最年長の新進男優。

実に稽古好き。3時間近くみっちり。稽古場のアイドルに楽塾のお姉さま方はウキウキ。これが実にいい。

戌井さんのシーンを追えて「前半」荒通し。
明日は「後半」をみっちりやる。

MISHIMAPROJECTは本格稽古。トップシーンの全員のシーンのテキストを何とか作る。4分余りのtopシーン、コレは見物、乞う、御期待。

「卒塔婆小町」topバッター、惣三郎と石田さんのシーンをみっちり、月曜日からもっとキッチリ作り出すことに。

10時半稽古をとる。ヘロへロになりながらもコレがいつもの日常、まあ頭でも冷やすかと寒い中歩いて帰宅。ライブで歌う「アンチェイン」の歌詞がドーしても出てこない、ヤバイ。こっちのほうが大変、1週間後は本番である。

♪疲れ果てていることは 誰にも隠せはしないだろ・・・・コレも歌うことに・・・?
MISHIMAプロジェクト始動である。
ワ−クショップを経て本格的に「葵上」「卒塔婆小町」に取り組む。ワークショップ組から石田さん、清水さん、これはさん、恵子さん、阪口、そして川島有未さんの6人の女優、ダイ、惣三郎の2人の男優、コレに加えて木内尚、山下直哉、鈴木麻理、荒木理恵の流山児★事務所4人衆、総勢12人、いい顔ぶれである。ソプラノ歌手でもある有未さんは3月しか稽古に参加できないとのことなのでなんとかその歌声を生かした事を考えることにする。

初日、とりあえず全員で「葵上」を何回か《読む》。で、謡曲「葵上」を聴く。♪六条の御息所(ろくじょうのみやすどころ)

来週は能のDVDを見ることに。金剛流豊嶋弥左衛門、江崎金次郎氏の「葵上」1975年京都観世会館収録版。

「卒塔婆小町」も全て入れ替え、ただし、惣三郎さんと石田さんコンビははとりあえず、今のところ、そのまま残すことに。
これまた「読んで」みる。とにかく4時間みっちりただ「読む」初日となる。

今月は28日、おまけに28日(日)は紀伊国屋演劇賞受賞記念のパーティと2次会と私のミニ・ライブというわけでSpace早稲田は26日から使えない。稽古時間はあるようでない、が、あせっても仕様がない。気楽に行きましょう。

とにかく、いつものように「台詞覚えてきてください」。明日から立ちます、である。

来年に予定している北村想との2人芝居の稽古スケジュールが決まった。飛び飛びで今年は5月、7月、9月、11月、まあ5日間ぐらい稽古しながら1年近くかけて作品を作るということになりそう。まあ、いい年したオヤジがやるんだからこういうのもあっていいんじゃない。

※※
Space早稲田は2010年新春公演『標的家族』は最終段階に突入にしています。28日(木)千葉哲也と事務所で9月1日〜7日池袋:あうるすぽっとで上演する安奈淳:主演 千葉哲也:演出『櫻の園』キャスティング打ち合わせを終えて明かりあわせを見る。まさに衝撃の『標的家族』!に出来上がっています。実に面白い「体験する演劇」でもあります、いやほんと。稽古終了後、千葉君も交えて近くの居酒屋22坪で役者達と呑む。

※※

29日(金)1回目のゲネプロである。ほぼ完璧!この調子でもっと面白いものになっていく!米山の作ったまかないの晩飯、コレが旨い!!栗原、畝部、赤目さん、創、イワヲ夫妻にトキゾウ、藤川さんのマネージャーさん、カメラマンの横田さんやらギャラリー多数。本田さんからの差し入れも・・・本番近し、の光景である。



本日:30日(土)午後3時:最後のゲネプロ、で明日:31日(日)午後3時ついに『標的家族』初日の幕が開きます。

ぜひ、早稲田の濃密劇空間においでください!!なお、これは【社】日本劇団協議会主催の「次世代を担う演劇人」育成公演です。育成対象者は木暮拓矢(俳優)小林岳郎(舞台美術)諏訪創(音楽)という今後の演劇界を担う「才能」たち。

佃典彦は2月公演に続いて4月・5月ゴールデンウイーク楽塾公演『ほろほろと、海賊』と2本の「新作」書き下ろしです。観念的な構造を具体的なシチュエーションで包み込むシニカルでナンセンスな不条理劇というかアクション活劇、ご期待ください。

前売り券は土・日以外全ステージなぜかまだ「大いに余裕アリ」です。ふらりと早稲田にご来場ください。土・日の予約はお早めに!

ほんとうに面白くてゾッとするいい芝居です。私も劇場に毎日いる予定です。(但し2月4日(木)〜7日(日)は熊本での演劇大学参加のため不在です。)
「標的家族」本番まで2週間。
今日,早稲田は舞台の仕込み、イワヲの美術、実に細かいディテールのある贅沢なセット。多分コレじゃ、メチャクチャ時間かかるなあ?という予想通り、1日でも仕込み終えないことになりそうである。劇団員総出でいま、美術作業と制作作業。これが「劇団」!

でも、このセット見るだけでも「標的家族」見る価値アリです。いや、ほんと。イワヲも「人材育成」対象者である。

※※
ということで、今日は楽塾の稽古は早稲田で出来ないので、落合にアル地域センターの多目的ホール。

お昼過ぎから「歌と踊りのシーン」を今回振付をしてもらう木内尚に観てもらう。
いつもは絵美が振付なのだがめちゃくちゃこの何年か忙しいので今回は尚に頼むことに。13年間、ずーとメイク担当なのだが、今回はダンサーとしてもいまや一流の彼女。いろいろ楽しんでくれればいい。

私が来週韓国ソウルに行っているときに「振付」の第1段階をしておいてくれと頼み込む。

※※

今日は、新目白通りから中井のほうまで30分余り歩いていった。で、帰りも歩いてかえる。それでも、たかが9000歩である。私の住んでいるボロアパートに近くに最近でっかいスーパーが出来ていたことに今日気付いた。こんな近くに・・・!?

※※

明日から芸能花伝舎でブレヒトを「読む」ワークショップ。
今日こそ、一夜漬けでもブレヒトを「読ま」なきゃ。