公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
小沢包囲網と呼ぶべ状況である。民主党も自民党とまったくおんなじじゃんという風景に、そりゃそうか小沢の根っこは角栄、金丸かと妙に納得して、鳩山さんの[子供手当て」に続いて小沢さんはお父さんからもらったっ言ってるし、これって何かなあ?と思う昨今。大久保秘書逮捕、石川議員逮捕、果たして小沢幹事長逮捕といくか。セイジってホントにカネがそんなに・・・いるのかよ。まあ、結局は角栄さんの道を行くのか?小沢さんも。

※※

昨日は池袋のあうるすぽっとでダンス・ツデイ。北村真実ダンスの「ハッ!と」を2年ぶりに見る。尚が格段に進歩していた。

夜は「標的家族」の荒通し。

台詞もキチンと入っているし、基本構造は全員にコレで見えたと思う、面白い芝居である。上演時間1時間20分余り、あっという間のジェットコースター演劇。

これから2週間「より大胆に」作っていくこと。力と集中力とエネルギー。これ又いつものこと。

明後日はもう「仕込み」。私たちは2週間「劇場」に変わったスペース早稲田で稽古できるのだ。実に贅沢なえんげき環境である。モノを作る現場!がココにアル!!

コレこそ人材育成公演である!!私たちは25年間確実に、地道に着実に「劇団の総力を挙げて」若い世代=次世代を担うえんげき人を育成している。これこそが「劇団力」である。この作業をこれから、劇場が「やっていく」とおっしゃってるが、そんなことほんまにできるのかいな?できるのやったら、本気でやってもらいまひょう、である。

劇団から劇場へ。
ヒトから「ハコ付きのヒト」ヘ(「公共」という紐がついた)かよ?!というギャグも出るってもんだ。まあ、劇場は勿論ヒトの集まりであるが、今ある劇場の温度はどーよ?・・・である。ヒトの温度を持っている劇場が今、日本にいくつあるか?

※※

で、ブ、ブレヒトである。とりあえず、全集の8巻、明後日までに全部読もうと思っているんだが・・・・。
新年あけ、稽古場は『標的家族』荒立ち稽古の真っ最中。小林七緒の的確なサジェスチョン。いい感じの稽古・・・それにしても佃のホンは面白い。まさにアクション活劇の醍醐味。ニンゲンの関係がきっちりアクションで繋がれているのである。だから笑える、だから泣ける・・・。

※※

私は今日から芸能花伝舎で1月9日(土)15時開演のリーディング公演「日本の近代戯曲を読む」の稽古である。まあこっちもある意味「荒立ち稽古」である。役者だし!!

「近代」戯曲を読み直し「現在」の問題を見つめなおす。演劇史に綺羅星のように耀く戯曲から、そうでない戯曲まで、何が語られ、何が捨てられてきたのか、新たな発見を求めて、戯曲を「読み」、そしてシンポジウムで「語る」日本演出者協会主催「日本の近代戯曲研修セミナー」第1弾!!

第1弾は木下杢太郎:作 ふじたあさや:演出『和泉屋染物店』と久保田万太郎:作 中村哮夫:演出『釣堀にて』

私は『和泉屋染物店』に出演する、大逆事件を想像される「あの事件」を起こした「29歳」の青年運動家、父親が瓜生正美さん、
三味線の生演奏アリの贅沢なもの。明治の言葉と正月早々から悪戦苦闘している。4日間の稽古で本番。・・・・頑張ります!である。

あ、『釣堀にて』には戌井さんも出演している。つまり久しぶりのパラダイス一座再結集!!というわけである。前売り券はずいぶん売れているそうです。お早めにご予約ください!!

※※
場所:新宿:芸能花伝舎1−1(新宿区西新宿6−12−30)

1月9日(土)15時〜「リーディング」 18時〜「シンポジウム」
料金:1000円(協会員は無料)

申し込みは03−5909−3074 FAX03−5909−3075 090−6162−1710
日本演出者協会まで。


とにかく「読む」「読む」・・・・「読む」だけである!!待ってます。

我因此知道凡有革命以前的幻想或理想的革命詩人 ・・・という大昔に読んだ魯迅の詩が頭のどこかでくるくると、めぐっている。
土曜日も日曜日も「嵐のような」日であった。

1時から30分稽古、一番新しい台詞を一生懸命覚え、なんとかゴーインに稽古。走って(地下鉄の中ホントーに走っていた。)新宿モリエールへ。名古屋の鹿目さんの劇団あおきりみかんの新作『占いホテル』を観る。終演後、これまた地下鉄の中走って「早稲田」に。

4時から『田園に死す」前半の小返し稽古。5時半まで。

6時半からラストまで「初」通し!!

ボロボロになりながら2時間!!


そうか!こんなに「面白い芝居」なんだ!と実感!これでいい。さて、来週からキッチリ決めていこうぜ、役者の皆さん!である。とにかく、わたくしめは、落ち着いて「やるしかない」。

稽古を終わって衣装合わせ。ほんと、38人もいるとたいへんなんてものじゃない。

それにしてもキチンと38人の見せ場があって、キチンとそれぞれの「物語」になっているところが天野天街という「天才」のすごさである。

あと1週間、このテキストに血と肉を!役者が如何に遊ぶか、だ。
演戯空間。

※※

29日(日)はお昼過ぎから楽塾『カレー屋の女』発表会のための集中稽古。ほとんどノンストップ!!で5時間。開演を15分押した。

途中、名古屋の佃君から稽古場にрり。
なんとか、12月27日(日)までには新作『ほろほろと、海賊』書き上げます!とのこと。待ってます!!

昨日の『田園」通し同様、多くのギャラリーのもと『カレー屋の女』無事に「初通し」。スリリングでステキな芝居になった。カンドーすら覚えた。いつかきちんとした形で「公演」しようと思っている。

終演後、呑み会。皆さん、ほんとにいい役者達である。
14年目の来年こそが正念場である。いい劇団になった。

旨い酒。来てくれた祐作さんと飲み屋へ。来年、再来年の「夢物語」を酒の肴に焼酎。

※※

さて、ほんとにあと1週間『田園』最後の戦い!が始まる。
こうなりゃ、やるだけである。

まあ、稽古、稽古の日々・・・・アタリマエだけどこれが一番俺にあってる。ちょっと、呑みすぎ。そういえば「心臓疾患(不整脈)」の持病ということでおととい、新型インフルエンザの予防接種というモノを受けた。私はいわゆる「基礎疾患を有するもの」というニンゲンなのである。

カラダと相談しながらといってもそのカラダが・・・・。まあ、考えてもしょうがない。「行くとこまで行くしかない!!」
朝早くから東松戸まで。

久しぶりに両親の墓参り。3ヶ月ぶり。ごめんなさい。

草むしり、1時間余り墓の前で例によってたつまと親子の馬鹿話を、たつまのおじいちゃん、おばあちゃんに。12月で母が逝って6年。父が死んだ年を5年も超えた。

その後、西船橋近くのパスタ屋さんで昼飯くいながら小1時間、世間話。世界状況というかデフレのすさまじさ、業界の話、たいへんを通りこしたはなししきり。まあ、とにかく、やれること「やるしかない」親子とも、である。27歳の青年起業家サン頑張って。

※※

2時から楽塾稽古。

佃君に前半を見せた後、後半も4回ワークショップを続けている「カレー屋の女」。やっとこさ、「ラストシーン1歩前」まで辿り着いた。

ほとんど、毎日曜、でも「欠席者」続出で一回も「全員そろっての稽古」が出来ていない、というのに、来週「全員揃う」というので、急遽、来週29日(日):17時「発表会を開催する」ことにする!!

だって、全員そろって「カレー屋の女」をきちんと「立って読む」ぐらいやってやらなきゃ「作家」に失礼ってものだ。

稽古終了間際、佐々木想(昔、流山児演劇塾生、いま、映画監督)がふらりと稽古場に。ボージョレー・ヌーボー持って。

ということで「呑み会」に。想監督と楽塾創立メンバーは同期、想も31歳か。いまさらながら時の流れの速さに・・・・。

※※
朝からずーっと雨、雨、雨である。

なんとか、お昼過ぎまでに原稿1本書き終えてメール。今週は原稿書き多し。

で、稽古場へ。

1時から6時まで稽古が着々と進んでいる。前半のシーンの小返し稽古。そのシーンの関係者だけなので稽古場の状態はいい。

私のシーンも1時間近くアレコレやってみる。まあ、コンナもんだろう、適切なダメだし。はい、確かに「その通り」。沖田乱が飛ばしている。カズとタケがキチンと育っていくといい現場になる。それにしてもコデラとカズの青森弁は聞きモノ。タケも頑張っている。

6時前に一時帰宅。あと、2本残っている原稿を・・・・・である。


夜7時から、再来年の寺社廻りの打ち合わせ。

明後日はシィザーと打ち合わせ。明日は美術会議。忙しい、が、これが本番20日前!!当たり前である。

夜はダンスの復習。きっちり2時間はまだ要る。

※※
事業仕分けやらで様々な憶測が・・・・まあ、目の前の事をキッチリやるしかない。

※※
大浦みずきさん死去の報。一度も仕事したことはないが彼女のタンゴのファンだった。53歳は早すぎる。ご冥福をお祈りします。
お昼から夜中まで早稲田にいる。

今日は忙しい1日となる。

12時過ぎから「魚人」歌稽古。この歌が結構難しい。
1時からとりあえずの魚人」の通し。

で、大隈講堂に移動。場当り、何とかラストまでゴーインに「あたる」声はキチンと聞こえる。私も歯医者の役で舞台に立つのだがまだ一度も一緒にやってねえ。明日の「場当り」にでも立とうと思っているが・・・まあ、無理だな。

少しおくれて稽古場。

急に電気が消されて、次々とマッチがすられて「ハッピーバースデー」稽古場の全員による歌。


うーん、62歳になったのである。

まあ、いつものように「1日中稽古場にいる」日常・・・これでがわたしには一番似合っている。出来れば「台本が今日上がってくれたら最高の誕生日プレゼント」だったのに!!

劇中に歌う「身毒丸」のオペラの稽古。これが決まれば凄い!!動きと歌のシーンを中心にやることはいっぱい!!である。

※※

雨。

※※

快晴、文化の日。
今日も1日中稽古場。

リーディング「魚人」稽古初日。
とにかく、出てるやつが舞台にいるという形で読んでみる。でもって立っているところではキチンと立っている。

つまり荒立ちの荒立ちというヤツでゆっくり4時間かけてラスト近くまで・・・あとは役者さんたちの意見を入れて・・・・これが面白い。ワンちゃんが歌のシーンでイロイロサジェスチョン。4拍子にしたらいい。そう、さすがクレージーキャッツ。バンドメンなのだ。

主題歌を歌う阿萬由美と大内厚雄。ピアノと二胡の生演奏。決まればメチャカッコいいものになるだろう。さあ、これからというところで時間となる。5時過ぎまで稽古。

明日まではこんなカンジで行く。2日と3日の「通し稽古」で私たちなりの「魚人」を創り上げるつもりである。楽しみましょう。


※※
「田園に死す」のメンバーが入れ替わりで入ってくる。こちらも夕沈ダンスの自主稽古。


私は昨日飯食えなかったので今日はキチンと、松屋でうな丼。


本読み1回で今日も夕沈danceの振付。今日で1曲完成。
このdanceが様々なヴァリエーションとなって使われる。

わたしと演出部は美術打ち合わせ事務所で。様々なる妄想合戦。
水谷画伯と例によって・・・・・。


私は踊りのシーンはゴメンしてもらっている。でその代わり?歌2曲。これが難しい。家で稽古しているときはキチンと出来るんだが、いざ稽古場で通し読みになると・・・・。稽古します。

※※

ブレヒトの「イエスマン・ノーマン」を来年1月、芸団協の「戯曲を読む」のテキストにすることを決める。私も初めて読むブレヒトの教育劇。能曲「谷行」を原作にしてブレヒトが初期に書き上げた学校オペラ。勿論クルトワイルの作曲。


で、これ、いっそのこと「歌謡曲オペレッタ」にしちゃうか?なんて考えている。

来年1月は忙しくなった。1月8日演出者協会の「近代劇リーディング」公演。木下杢太郎・作 ふじたあさや・演出「和泉屋染物店」に出演。
18日〜22日芸団協「戯曲を読むセミナー」ブレヒト・作「イエスマン・ノーマン」・・・つまり正月越えたら、なんか俺ずーっと西新宿の芸能花伝舎にいるってカンジ。

1日中、稽古場にいる日常・・これが私には一番あっている。ビンボーヒマナシ!である。え?俺もうすぐ62歳の誕生日。足腰の衰えとの戦い。スクワット朝30回夜30回。で、早稲田との往復ウオーキング。正月明けからは西新宿までのウオーキングだな。
9日(日)マチネ。暑い!

超満員。戌井さんが顔を出してくれた。今日は本当に各地から楽塾ファンが駆けつけてくれた。感謝。

いい感じで皆さん疾走中です。
終演後、アフタートーク。楽塾では初めて。それにしても初楽塾のヒトが予想を超えていっぱいいらっしゃった?ことに驚く。

ロビーで中日祝い。ビールとお寿司、ケンターキーなど。

私は途中で抜け出し、早稲田に向かう。

6時から『ハイライフ』オリジナルチームの顔合わせ、打ち合わせ。本読み。3年ぶりの強力チーム。若杉、塩野谷、保村、小川の不動のメンバー。北京公演も経験しているので海外のkotoについての打ち合わせもスムーズに。

本読み、さすがに凄い!!

本読み中、突然地震。震度4!!だそうな?

さあて、『ハイライフ』明日から2週間の集中稽古となる。

まあ、このチームは安心して任せられる。全員台詞はばっちり?入っているし、テンポが凄い、間なんて一切ないじゃん!!で、かっこいいイ。

《自由》を求めて世界を旅する4回目の『ハイライフ』!トーキョー公演は8日間11ステージのみです。お見逃しなく!!この凄いチームのファイナル?!

※※

楽塾「めんどなさいばん」もあと3日・4ステージのみです。こちらも是非ご来場ください。作家の北村想も11日(火)マチネに名古屋からやってくるそうな。
さて『ハイライフ』アナザー・バージョン稽古2日目。
勿論、今日からたち稽古。
ジョン・ケージの「マルセルデュシャンのためのピアノ」の音でもつかって稽古したろか?と思ったがやめてきちんと音なしで粛粛と。

それにしても谷宗和は大変だ。ディック役は体力勝負?1章から3章まで4時間近く。タバコ休憩は勿論とった。

10時前に稽古を取って塩野谷と美術打ち合わせ。
ヴィクトリアはフリンジフェスティバルなので30分仕込み、30分バラシなのでとにかくセットはシンプルに。照明も音響も基本仕込のみ。地明かりとブルー舞台のみ。そうか、前は稽古場でシュミレーションのため急遽プレビューやったっけ。今回もやるか。いや冗談。

ソルトスプリングにはヴィクトリアで集めた道具をフェリーで運ぶことする。マカオは香港で・・・といった話しきり。
11時前に打ち合わせ終わり、男たちは昨日に続いて呑み会。

私は雨の中、遅くまでやっている早稲田の本屋で雑誌の立ち読み。「マイケルジャクソン急死」の特集号を何冊かめくる。
※※
さて、朝からうるさいと思ったらきょうから都議会議員の選挙戦が始まったのである。

『ハイライフ』稽古時間あるようでない。もう一度原点に戻って「まっさらの気持ち」でこのテキストに向かい合おうぜ。
昨日(1日)は再びの梅雨空であった。

久しぶりの本屋めぐり。文庫本5冊、雑誌3冊。

「月刊ミュージカル」7月号に扇田昭彦氏の「ユーリンタウン」劇評。ブロードウエイミュージカル「ヘアスプレー」との比較批評。「変革」を描くミュージカル!さすがに扇田さん、「オレタチのブロードウエイ・ミュージカル」をキチンと見てくれた。いい「劇評」である。

11月4日に国際演劇協会(ITI)日本センターの主催で早稲田大学大隈講堂で予定されている「感劇・環境」「演劇が喚起する地球環境への感性と国際交流」という企画でやるリーディング公演の打ち合わせを久しぶりのスペース早稲田で。

私が演出を担当するのは中国の劇作家:過士行の『魚人』。釣り人たちの集団のドラマ。これが面白い。出てくるのはジジイたち、それもかなりイカれた男たちで、リーディングなんてやったことは無いが引き受けることにした。まあ、私はITIの理事でもあるので仕事といえば仕事。

演出助手のイーランさんとFプロデューサーと一緒にキャスティングの話。主役の釣神には大久保鷹さん、メインにはキャラメルボックスの大内くん と伊藤弘子、栗原茂、上田和弘、甲津拓平、イワヲ、里美和彦木暮拓矢といった劇団員7人には「様々な役」や「ト書き」も読んでもらうことに。加えて文学座、俳優座、民芸といった新劇団の「大物」メンバーに出てもらうことになりそう。あ、それから犬塚弘さんも呼ぼうよ!ということに!1時間のリーディング台本を今月中に作らなきゃならん!!

久しぶりの居酒屋「22坪」。
ママさんに3ヶ月以上だったので、「死んだと思ったよ」といわれてしまった。高円寺に3ヶ月もいたことを実感。そういえば、家の近くの焼き鳥屋さんでもそういわれたっけ。

※※

今日(7月2日)は松山の演劇大學用のテキスト作り。

でもって、8月から9月にかけてワールドツアーと神楽坂シアター・イワトで上演を予定している『ハイライフ』アナザー・バージョンというよりNEWバージョンの稽古インであった。

完全に日本のものがたりに翻案し30代のどうしようもない日本のジャンキーのドラマとして作り上げる。

イワヲ、谷宗和、甲津拓平、里美和彦といういま・劇団を代表する4人の役者たちとの2ヶ月近くの長ーい『ハイライフ』の旅が今日から始まる。楽しもうぜ!友よ、常に芝居はやってるもん勝ち!である。

『ユーリンタウン』が終わって『ハイライフ』っていうのも実にイイ感じである。革命劇から銀行強盗劇!ションベンからジャンキー!何も変わってねえってか?!

4人ともイイ感じの本読み。

2回目の本読みから4にんとも立ちだした。

よし、明日(3日)から「荒立ち」でいくゾ!塩野谷と美術打ち合わせもやることに!

で、夜はみんなでちょっと呑む。稽古場で飲むのがやっぱり一番!

ワールドツアーの舞台監督は武田智弘と諏訪創、入団3年目の若手である。タケは海外公演も去年の中国公演に続いて2回目!!若いやつは「熱いうちに打て」である。全ては経験。イワヲも拓平も入団早々2人だけでソウルに前のりで送られたっけ(笑)。

海外経験をつめば本当に「集団で演劇する」「演劇が誰のためにあるか」をキッチリ体で覚えるってものだ!!

2000年のカナダ公演のホームステイ話をみんなでしていて、本当にわが劇団は「凄い!」と痛感。あのときのメンバーと一緒に「カナダに久しぶりに帰る」今回の『ハイライフ』ワールドツアー!楽しみ!!である。

※※

8月楽塾下北沢ザ・スズナリ公演『めんどなさいばん』の前売り予約を開始しました!!公演近くになったら「売り切れ」が予想されます。お早めにご予約を!!

03−5272−1785流山児★事務所 http://www.ryuzanji.comまで!!