公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
午前中近くのかかりつけのT病院。血液検査の結果を聞きに。それにしてもロビーに人が溢れている。楽塾のいそさんの友達という人から声を掛けられる。楽塾全作品観ているとのことありがとうございます。結果、コレステロール高め、薬のまなきゃだが何とか食い物制限ということで、糖尿、痛風、ぎりぎり今のところセーフ。

そのまま三軒茶屋のパブリック・シアターへ。the companyの『1945』(アラン・アッカーマン脚本・演出)を見る。2時間20分、総勢80人余りの役者が出ている戦後闇市の「藪の中=羅生門。観劇中ずっと、映画「羅生門」と「仁義なき戦い」を思い出していた。早稲田で新しく出来たラーメン屋に入る。横浜ラーメン系。うーん。ヘビー。

『ドブネズミたちの眠り』本読み3日目。じっくり、ゆっくり4時間。
明日は「休み」明後日から愈々「荒立ち」となる。
ドブネズミたちの眠り稽古インである。

千葉と西條の2人は他の芝居の公演中ということで欠席。

塩野谷がもう舞台を作っていた3方舞台。ぐるっと客席に包囲された小さな空間に5人の男たちが暑苦しく「いる」芝居になる。後はもう一つの「地下」というか「穴」。ポールが1本。これだけ。『ハイ・ライフ』以上に濃密な劇空間になる。

本読み2回、代役の新人山下とうちの若手の竜一とカズの「ダメだし」ばかり続きそうな前半1週間の稽古の「予感」(冗談!)。

今回は20年ぶりぐらいに音響の市来さんと一緒の仕事になる。『流山児マクベス』や『ピカレスク・イアーゴ』といったシェイクスピア作品で実験的なことをやった音響家と早稲田の小空間で仕事するのはオモシロイ。市来とは40年近い付き合いの戦友である。今回歌があるのだが早速「曲を作ってきてくれたのには」大感謝。

例によって飲み会での「妄想」「誤読」大会が楽しかった。

塩野谷正幸の全員が「ニンゲンじゃなくてドブネズミ」なんだよ、あたりから「オモシロイこと」をいっぱいやってみようぜ、「ここに居ること」の必然・・・・?・・・うん。

11時前にお開き。今夜はまだ始まったばかり。

※※

今日も快晴。西新宿の協会事務所へ。
演出者協会の広報誌「D」創刊号の最終校正10時から12時過ぎまで。皆さんお疲れ様でした。11月初旬に16ページのカッコイイ小雑誌が刊行されます。広告を本多劇場から頂いた。本当にありがとうございました。

で、その後明日からの国際演劇交流セミナー「コロンビア特集」の打ち合わせが始まった。

演劇と社会をシャッフルするコロンビアを代表する劇団「テアトロ・ラ・カンデリア」のサンティアゴ・ガルシア氏と女性演劇運動の中心的リーダー:パトリシア・アリサさんと会う。ガルシア氏はメイエルホリッドに演劇を師事しその後メキシコに渡り「メキシコ近代演劇の父」と呼ばれた佐野碩の弟子でもある。80歳の高齢にもかかわらず今回初めて来日してくれた。是非多くの皆さんにコロンビア演劇に触れてもらいたいものである。11月1日(土)17:00〜20:00 芸能花伝舎1−1でレクチャーがあります。ご来場お待ちしています!!


サンティアゴ・ガルシア氏の「集団創作ワークショップ」は10月29日・30日アリサさんのワークショップの題材はガルシア・マルケスの「予告された殺人の記録」10月31日・11月1日 共に芸能花伝舎
申込みは03−5909−3074日本演出者協会まで。
「デーモンズ」打ち上げは早稲田の安居酒屋一休、でもってカラオケ、30曲歌う予定だったが5曲歌って2時過ぎに退散。
翌日は1時〜5時みっちり楽塾の「十二夜」の稽古。方向性だけ口すっぱく言う。新人達がオモシロイ、ただ鉄は熱いうちに打て!である。

夜は6時から「ユーリンタウン」の追加オーディション&7時から主演・男女優「最終」オーディション4組。こちらも5分休憩をとり2時間半みっちり。その後1時間かけて決定。

※※

27日快晴。久し振りに病院へ。心臓の薬が切れたのと一応血液検査と尿検査。香港で出た「痛風」の検査も。


さて、いよいよ今年冬本番、今夜6時より坂口瑞穂の「新作」の稽古インである。台本もすでにでかがっています。ヒットマンの密室喜劇『ドブネズミたちの眠り』オトコばかり七人!!
元気に楽しくハードにやりましょう。

今日から少しは体を動かすことにする。とにかくもう半年以上役者をやっていないのでカラダが完全になまっている。自転車ではなく今日からは早足で回り道の稽古場通いということにする!!

※※
お昼過ぎ早稲田大学の国際会議場(井深大ホール)に。

自転車を止めるところがなくて困る。ニューヨーク、ラママ劇場のエレンスチュアートの講演を聴くために。早稲田でやっている国際研究集会60年代演劇再考というヤツ。九條さんや安藤先生らはエレンのあとの寺山修司のシンポジウムに出る。車椅子にのってエレン登場。4年前に会った時より少しふけたが元気な様子。今なお、前衛演劇の世界センターであるラ・ママのヒストリーを聞く。

岡島の顔も。3時前に会場を抜け出して稽古場へ。

●●
3時から夜10時半までみっちり。

明かり作り、なんとか作り終える。

すごい灯体の数、ミニのパーやらエリスポットやらメチャクチャ吊ってある。今までこんな数の灯体は見たことがない。うちのボロ灯体はもちろん使わないよなあ。

うん、かっこいいデザイン。照明ってなんだ?と考えてしまう。わたしは「役者」を魅力的に見せたいだけである。そのことをしゃべる。

●●

デーモンズ、ほぼ出来上がりました。

あとは細かいことを、今日と明日で。

面白いです。日本語と英語のチャポンです。うどんとパスタ。いまのところ蕎麦がないといった感じ。

明日20日(月)夜7時半『デーモンズ』初日です!!

お待ちしています!!
お昼から夕方まで『デーモンズ』追い込み稽古。

この期に及んで「様々なもの」が見えてくるから芝居ってやつはオモシロイ。
で結局は「舞台に立っている役者のもの」だということである。

ラスト近くのSCENEの小道具のことで1時間近く全員でしゃべる。これでいい。

私は夜の「通し」は大塩君に任せて、森下へ。

塩野谷正幸の出演している『いさかい』を見るためにベニサン・ピットへ。毬谷友子さんが素晴らしいというか、イイ意味、化け物的存在感。久し振りに「恋」の感情を思い出した。塩野谷と毬谷さんが芝居を引っ張っている。いい役者!がいればセットも何もいらない。



終演後、tptの事務所で出来上がったばかりの坂口瑞穂の新作『ドブネズミたちの眠り』の台本を手渡す。塩野谷正幸にも、再来週から稽古が始まリまっせ。千葉はtptの次回作の演出出演。大変だ!


森下に来るのも「あと何回」だろう。

魚三の看板が中に入っていたけど、オバサンに頼んでちょこっと呑ませてもらう。ベニサンピットがしまるというと淋しそうな顔。この店に来るようになって20年近く。お土産にたらこを。


※※

来年の『ハイ・ライフ』はワールドツアーになるかもしれない。ロシアのオムスクの演劇祭の時期の都合でロシア・ポーランド公演は次回になったが、台湾の演劇祭に参加しないかといわれている。で、カナダからも・・・この1週間で決めなければならない。

北村想から来年の楽塾の新作に裁判官制度を書きたいというメール。想さんらしい企画。12人のイカレルおばさんたちの物語?いいんじゃない。

タイトルは『めんどなさいばん〜歌いリ楽塾篇〜』
ご期待ください。

※※
今日は1日照明の吊りこみ、明かり作り。
明日はお昼過ぎから「明かりあわせ」。『デーモンズ』いよいよ追い込みである。オモシロイ何処にもない実験的で元気な芝居にできあがりつつあります。

是非多くの皆さんに見てもらいたいものである。Space早稲田においでください!!
デーモンズ、20日初日に向けて追い込みである。

朝から仕込み、色塗りを深夜に残しセットは完全出来上がった。
セットというかただの「舞台空間」4軒ワイドの2軒奥行きのただの「何もない空間」である。

それにしてもせまーく感じられる。それは役者のせいである、この狭い空間をどれだけ客に広く感じさせられるかだ。

6時から7時半まで抜き稽古。

7時半からノンストップで10時半まで真実さんとラストまでステージング。そうこれは役者の動きに対する「サジェスチョン」なのである。この「動き」と「動線」はどう?というコレオグラファーからの提示である。

とりあえず、これであとは本番に向けて細かく作ってゆくしかない。で、これは大塩君の「作品」であり「北京蝶々」の公演なのである。

ただ「言葉がなくなるときひとはカラダで如何につながるか?がテーマ、だからイロイロやる!やってみる!それだけである。

●●

昨日は1日中雨だったが、今日はいい天気である。

私はお昼過ぎにパラダイス一座の音楽をお願いした林光さんと打ち合わせ。来週は『ユーリンタウン』の音楽監督の荻野清子さんとも打ち合わせ。まだ稽古に入ってない来年の作品のことをどうするかと妄想するのは楽しい。

さて、11月・12月公演『ドブネズミたちの眠り』最終稿がついに上がった。これでとにかく稽古を始める。コレマタ27日から1ヶ月の早稲田での稽古が始まる。オトコ七人のドラマである。
12日(日)13日(月)の2日間で来年5月・6月に高円寺駅前の座・高円寺のオープニングにやるブロードウエイ・ミュージカル『ユーリン・タウン』の主演・男女優オーディションをやった。

「書類審査」を経た150人を超える人がスペース早稲田に!

20人×1時間半が目安。課題曲男女各1曲、短いdance、長台詞と2人の台詞、自己アピールこれだけでみっちり1時間半から2時間になる。

これを11時開始で1時、3時半、5時半の4回。

ヘロへロに疲れ果てた。

150人を超える人の「演技を見る」ことは予想以上に大変だった。流山児★事務所の芝居を観ている人は参加者の3分の1、つまりほとんどがミュージカル役者志望。それにしても全員キッチリ歌えて踊れてそこそこ台詞が言える。が、それだけ。そりゃオーディション3日前に楽譜が送られてきてもいきなりは歌えない(楽譜が読めなきゃ)ものだが、そこは一発。めちゃくちゃいい声の人も、良く動く人も・・・ただし・・・。

※※
何処にもない「オレタチのブロードウエイ・ミュージカル」を作りたいもんだ。アングラ・ミュージカルとでも呼ぶべき生々しい革命ミュージカルそれが『ユーリンタウン2009』。

「日本初の小劇場ミュージカルロングラン」であり「ミュージカルの価格破壊」とでも呼ぶべき「チケット代:5000円以下!!」でやろうと思っている。今度、劇団四季が入場料を15パーセント値下げするというニュースが入って来た。これは「いいことである!」1万円以下にするという。年間の10億の減収になるというがそれだけ客は増えて逆に儲かったりして?とにかく今の芝居の入場料は「異常」である。本多やスズナリで7000円!近い芝居が平気で上演されている「異常」さ。

『ユーリンタウン』はなるべく安い値段で、何処にもない志の高いミュージカルを作り、見てもらおうと思っている。そのタメの「ミュージカルの価格破壊」である。元々、『ユーリンタウン』はoffoffブロードウエイというアングラ=小劇場から始まった「革命劇」でもある。原点回帰の「観客の目の前で起こる=肉声と息使いが感じられる」100〜250の小劇場での上演が最も適している。だからそれをやる。
それが最も贅沢でそれでいて根源的な演劇の姿である!

それにしてもすべてが「商業化」され「商品」として切り売りされる「えんげき」のデパートそれが今のトーキョーの「劇場」である。1万円近い小劇場演劇ってなんなんだ!?

●●

2日間なんとかやりきる。「最終審査」を近いうちにやろうと思っている。あと、人かアンサンブルに加わってもらおうとも思っている。

そんなオーディション中、峰岸徹氏の死去を知る。20年前、三上博史と一緒に大ヒット作品『やさしい犬』に出てもらった事がある。会うといつも近いうちに又、一緒に芝居やろうよ!と言ってたのに、俳優座養成所時代に私の兄と同期だったのでほんとにガキの頃から知っている俳優さんの一人でもある。65歳!まだ若い!合掌。
2日間稽古場の近くの居酒屋Nでみんなで飯をくった。マスターの顔が見えないのでママに聞くと先月下咽頭ガンで急死されたとのこと、コレマタ、愕然。私と同世代の全共闘世代、61歳。合掌。

●●

疲れ果ててあたまがボーっとしているので覚ますためにもちろん歩いて帰宅。

さて、明日は朝10時から『デーモンズ』の仕込み!1週間後は本番である。頑張りましょう。
昨日に続いて今日も真実先生の振付というかステージング。

1時から稽古。昨日のチェックから。

2時過ぎから5時半まで真実先生のステージング。1・SCENEは基本的に「あるステップ」で動き回るSCENEにする。ショー的な要素も一応は加えて・・・だ。

いつものように、オモシロイSCENEが次々と現出する。作品への「味付け」というより真実さんらしいこのテキストへの「読み」方である。これが実にオモシロイ。毎度のことだが眼から鱗とはこのことだぜ。演劇が総合芸術であることの確認をこういうヒトといっしょに現場に居ると実感する。


●●

振付のあと、そこまでのSCENEの再チェック。考えてみたらほとんど休んでいなかったので「食事休憩」45分。

7時半から後半の稽古、でもって一応ステージングが終わっているトコロまで「通し」てみる。

9時に稽古を取り、稽古場の整理。

明日からSpace早稲田は『ユーリンタウン』のオーディション会場となる。ジムショに行って明日のオーディションメンバーの履歴書を受け取る。約80人。あさっては90人。これってナニよ!!!!

午前11時から9時まで10時間ノンストップの「初」のオーディション!!頑張ります。頑張りましょうみなさん。

●●

歩きながら、ほとんど「秋の気配」の早稲田の道を帰宅。


さて、『デーモンズ』面白くなっています。是非ご来場ください。
坂手洋二と野田秀樹の世界を実に面白く大塩哲史の世界に繋ぎ上げ独自北京蝶々世界を作っています。私はとにかくコトバとカラダを繋げる作業を丁寧に作り「コトバえんげき」を「カラダしばい」に変換する手伝いをやることによって「ひょっとしてもっと真摯に創り上げたら海外でもやれるんじゃない?!」とこのメンバーたちが思えるような「役者の物語」の「手伝い」をしようと思って「いま稽古場にいる」。


すべては「役者」が「作る」という当たり前の「演劇の現場」のシビアさをあと1週間!頑張ろうぜ!

●●

さて、明日は早稲田はブロードウエイ・ミュージカルの、おっとアングラミュージカルの現場だぜ?!

とにかく、楽しくやりましょう。
昨日に続いて今日もハードデイ。

坂口君とお昼からルノアールで「ドブネズミたちの眠り」第2稿「直し」の打ち合わせ。終わる頃に野毛のHさんから「外波さん」「流山児です」と応えたら旧知のHさん、笑う。大道芸のプロデューサー。坂口君も知り合い。是非近いうちに一緒に何かやりましょうと盛り上がる。座・高円寺で・・・。
「直し」今週中に、これで「最終稿」に!と別れる。来年はゲイの芝居をやるか?と話す。「蜘蛛女のキス」とモーパッサンの短編を下敷きにしたロードムーヴィー風ドラマ。

1時半から紀伊国屋ホールで坂手洋二の新作「スペース・ターミナルケア」を見る。栗山民也:演出 それにしても客席の老人度の高さ!俺が子供に見える客席?!ってなんだ。紀伊国屋ってちゃんと「喫煙ルーム」があることにカンドー。それにしても最近の「禁煙ファシズム」の進行度はすさまじい。

約3時間の緩和ケアとホスピスの物語にちょっとぐったり。が疲れているヒマはない。早稲田へ。

5時過ぎから1時間半、トップとラストの稽古。6時半から真実先生に「通し」を見てもらい、即「ステージング」という「振付」めいっぱいで10時過ぎまで。かなりオモシロイ動きに進化!さすがにオモシロイ。

トップSCENE、歌のSCENEと続く。
明日何とか「半分」終わればいいが、、、時間がない。

が、面白くなってきた。役者たちが「何故そうなるか?」をキチンと「てめえ」と「てめたち」のモノにできた時この現場は「化ける」だろう。人の「気配」を感じる。これです。

俺の芝居ってこれだな。ヒト(他者)の気配を感じる役者たちがキチンと居る。
お昼過ぎコレマタ久し振りの下北沢。

お昼1時から本多劇場でケラの新作『シャープさん、フラットさん』を見る。ホワイトチーム。2時間半、相変わらずいい調子で書いている、アマノ的同ポジ映像ちょっと使いすぎの感。新谷、三宅、村岡、広川さんら劇団としてのナイロンの役者の層の厚さに敬服。15年周年という時間を感じた。みのすけたちのチームもみたかったがそのまま早稲田の稽古場に直行。

※※

5時から10時まで北京蝶々の集中稽古。
『デーモンンズ』後半を集中的に当たる。

オーラスのSCENE以外、これで一当たりやった。大雑把にこのSCENEは何のSCENEなのかの確認をキッチリ。


稽古後、歌の自主稽古中の女優たちを見ながら大塩君と演出会議というか雑「動き」を作ってもらう。様々な角度から『デーモンズ』という芝居が出来上がっていく。役者達が頑張るしかない、それも、楽しみながら・・・・。

ケラの芝居がバブルとその崩壊の様を描いていたが今又《世界恐慌》を思わせる時代、それにしても株価は何処まで落ちてゆくのか。8000円台まで下落してってことは海外投資家の金が逃げているってこと?ビンボー人のオレタチは、で、これからドーなるの?

で、野球も混沌、果たして巨人優勝なるか?

どっちみちクライマックスシリーズで我らが中日が勝ち抜き日本シリーズへ!である。これからだぜ、ドラゴンズ!