公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
久し振りに演出者協会事務所に2日間続けてゆく。来年春に予定している日韓演劇祭のミーティングと協会機関誌「D」の編集会議というか広報部のミーティング。

両方とも朝10時からお昼過ぎまで、自転車にのっての2日間となる。機関誌の巻頭対談は戌井市郎氏と坂東玉三郎丈の「演劇の足場とは」。

日韓演劇祭も演出家も決まり正式に動き出している。1ヶ月以上留守していて何にもしなくてごめんなさいである。

機関誌の「宣伝」をというわけで本多劇場さんにお願いする、快く引き受けてくださり感謝。ほんとに若手演出家コンクールといいさまざまなカタチでお世話になっている。

●●

『デーモンズ】本格的に稽古に参加、すでに大塩君が骨格を作っているので私は「役者がイタに立つ根拠」と「動く」方向とキャラクターの造形?といろいろ探ってみることに・・・・3時過ぎから10時までみっちりなんとか半分。

若いってすごいと思うのは、やれ!といわれるとどんどん変化してゆくスピードが加速することだ。金曜日には真実先生の「動き」も加わる。それまでにある「方向性」を・・・だ。

『デーモンズ』日本語がなくなる日にそなえては大塩君らしい批評性のとんだテキストである。坂手洋二の『南洋くじら部隊」と野田秀樹の『赤鬼』を下書きに大塩哲史の劇世界に見事にしている。なんとか大塩君の世界を崩さずにそれでいて面白いものにしたいと思っている。役者達のスキルアップ!これしかない!


ママチャリに1日きっちり1時間以上乗っている・・・これもなかなかいいもんである。これがオモシロイ。

※※

緒形拳さんの訃報に驚く。P・シュレーダー監督の『MISHIMA』のキャスティングで森田役に塩野谷が選ばれて新宿で三島役の緒形さんに会った30年ぐらいまえを思い出した。何度か芝居を観ていただいてお話ししたが役者のなかの役者のイメージがある。肝臓破裂という壮絶な死。合掌。
さて、今日から北京蝶々『デーモンズ』の稽古参加である。
今夜7時から「通し」予定。日本語と英語が普通に混ざり合う大塩くんの坂手+野田テキストの料理ぶりにどんなプラスの味付けが出来るか?である。

久し振りに朝、坂手君と長電話。1ヶ月余り東京に居なかったがそんなにこの業界代わり映えなどしないものである。まあ、やりたいことをキチンと真摯にやるしかない。

で、坂口君に電話、新作『ドブネズミたちの眠り』の「第2稿」も明日には出来上がる。読み終えたあと25日の稽古に間に合わせるように「最終稿」を書いてもらわなきゃ。これまた秒読み!である。

★流山児★事務所08冬公演Space早稲田スペシャル★

『ドブネズミたちの眠り』
作:坂口瑞穂(黒テント)新作書き下ろし 演出:流山児祥

2008年11月28日(土)〜12月14日(日)20ステージ上演
於:スペース早稲田(地下鉄東西線早稲田1番出口徒歩1分)

7人のヒットマン=鉄砲玉たちの鮮烈な生き様を描く極彩色のB級ハードボイルド・アクション。血とヴァイオレンスとバカなオトコたちの《2008年のニッポンの現在》をアクションと会話で濃密に描ききる流山児美学08の集大成。

千葉哲也・塩野谷正幸・さとうこうじ・木之本啓(黒テント)の実力派に加えて西條義将(モダンスイマーズ)・阿川竜一・藤村一成の若手人気演技陣がSpace早稲田の小空間でぶつかり合い、20ステージのロングラン公演に挑戦します!

70席余りの小劇場、贅沢な空間で《体験する演劇》をお楽しみください!!予約はお早めに!http://www.ryuzanji.com、03−5272−1785流山児★事務所まで、今すぐ!!
『狂人教育』明りあわせ。

朝から女優陣は白塗り、メイク。
11時から「明りあわせ」。初の横原君の照明、若手の照明家と仕事するのは久し振り。いいセンスを持ったデザイナーである。10年間で山上さん、キンタローさんといったデザイナーと作ってきたが横原君と一緒に今度改めて作っていると『狂人教育』という作品を「客観的に見る」ことが出来た。

5時までになんとか決める。

ラストシーンについてはいろいろまだ試せそう・・・。で、6時45分から「明かり付き」ど「通す」ことに。ある意味での第1回目の「ゲネプロ」。ほぼ完璧に近いがもっとエネルギーを。もっと出来る。

字幕も付き合う、これが微妙に大変。創がんばれ!
ダメだし9時まで。

さあ、明日も今日と同じスケジュールいつものように稽古して3時から本番どおりの「ゲネプロ」。でもって7時から「通し稽古」の予定。

みなさん、生き生きと1時間20分を疾走してくだされ! 私の芝居は常に文字通りの「労働者演劇」です。カラダは使うためにある!

11時過ぎに帰宅。なんとか演出家コンクールのビデオ審査も終えた。夏休みの宿題も終えて、新学期というか『狂人教育』ツアーの始まりである。早稲田大学大隈講堂の特別無料公演を終えると翌日から仙台・札幌の国内ツアーでもってそのまま、15日から香港・杭州・上海へと旅たつ。本当にイロイロなことを済ましておかないことには・・・楽塾の12月公演のキャスティングもあるし・・・だ。
あと5日『狂人教育』の幕が開く。

土・日は北京から来たプロデューサーのYさんと劇評家のSさんを連れてTPTと宇梶さんの芝居を見る。でもって土曜日は女優たちの自主稽古にも付き合う。

お二人には北京語のサジェスチョンを頼む。

それにしても毎日の雷雨とスコールの夜となる。

私は31日(日)昼は若杉宏二の出ている『原子核クラブ』(マキノノゾミ作 宮田慶子:演出)を俳優座劇場で見る。超真面目の新劇を超えた商業演劇・・・・まあ、いい芝居である。若杉は頑張っている。二瓶さんも水木も・・・で、少し4人で呑む。

その後、Yさんたちと来年の『ハイ・ライフ』の打ち合わせ、チョッとした齟齬があることも確認。まあ、7日までにじっくりしゃべることに。中国での「小劇場運動は如何に可能か」?である。私は別に中国の有名な演出家になるつもりなどない。中国で何処にもないアジアの小劇場運動を始めたいだけだ。

1日(月)11時から1時まで歌と踊り稽古のあとじっくり前半の稽古。
4時から歌の録音。

7時から「通し」。
毎日新聞の取材。Yさんの台詞へのダメだしはスペース早稲田でじっくり2時間。この日も夜はスコール。

帰宅してテレビのスイッチをひねると「福田退陣」のニュース。いったいこの国はどーなってるんだ?国民不在の政治ゲーム、ポピュリズムの極北の政治。「政権投げ出し」が2度も続く不能の政治。

サイテーの国のサイテーの政治家たちである・・・・。

まあ、キッチリてめえらの芝居をやるしかねえ。あと、4日頑張りましょう。
なんでもゲリラ豪雨というらしい。まるで熱帯アマゾンのように凄い雨が日本列島を襲っている。地球温暖化の影響らしくこれが日常になるんだろうな。熱帯化しオマケにヒートアイランド現象でいつまでも灼熱地獄。この地球の未来は・・・・それでも世界では戦争やテロが・・・。


大隈講堂から事務所までの3分余りに降られて全身びしょぬれが2回、風邪引きそう。

稽古は着々と順調に進んでいる。細かく丁寧に「関係」の演劇である。北京語の台詞が普通に入ってきている。耳が慣れてきたのだろう、よく夢の中で中国語のフレーズが・・・メイヨー。

※※
今日はパパのSCENEの個人稽古11時から。一人芝居に近いシーンなのでみっちりやろうぜということに。

今日の夜には「初通し」の予定。あと1週間。夜には北京からプロデューサーのYさんと評論家のSさんもやってくる。本番近しの感。「香港ウオーカー」の取材も。

アフガン拉致の伊藤さんの死。「非戦の会」の私の台詞ではないが丸腰で戦場でホンモノの平和的国際貢献の現場で闘った誇り高き青年の生き様に合掌。
26日(火)1日中、雨の中早稲田大学大隈講堂にいた。
稽古中に深浦加奈子の訃報、驚天する。

V.銀太や沖田乱といった嘗て『ラストアジア』や『青ひげ公の城』で共演したヤツラも驚く。長い間闘病中だったと聞く、昨日の「非戦の会」ピースリーディングで当初私の「相手役」だと聞いて久しぶりに会えるなあと思っていたのに、急に出演不能ときいて心配していたのだが、まさか訃報とは!

思えば第3エロチカがアートシアター新宿?や赤坂芸術家センターといった小劇場でやってたころ、私は加奈子と有薗の大ファンであった。とにかく色っぽくてカッコイイ女優であった。流山児★事務所では最早、伝説として語られている『ラストアジア』の野外ステージで妖しく歌う彼女の姿は絶品であったし『青ひげ公の城』の大女優の役もサイコーだった。最も舞台の上で輝いていた時代の加奈子の姿を一瞬、走馬灯のように思い出していた。
●●
夕方6時からゴーインに仮通し。照明のプランを決めるため。

面白イ!これから凄いことになる!!

9時完全退出。

「非戦の会」の打ち上げが新宿の西口でやっているので顔を出す。全員加奈子さんの訃報に・・・。みんなで加奈子さんに献杯。

大塚道子さん長山藍子といった先輩と「戦争の話し」。長山さんの満州からの引き上げの話しに聞き入る。水木、宮、根岸さん愛さんらと話す。

深浦加奈子48歳の早すぎる死。それにしても、死というものは理不尽である。合掌。加奈子、本当にお疲れ様!!

※※

27日(水)お昼過ぎから8時半までみっちり稽古。でもって、最後の振付。ラストSCENE、まで『狂人教育』キッチリ出来上がりました。あとは「細かく細かく」で「大胆に、大胆に」である。

40分の飯休憩じゃ疲れるよなあ、ごめんなさい。

あと本番まで8日!!!
少し涼しくなった東京。こんなに温度が変わると体調に悪い。

先週の水曜日から始まった池袋の大明小学校で始まった『狂人教育2008バージョン』やっとラストSCENEまで辿り着いた。いやあ、長い道のりであった。

今日(22日)は朝10時から夜9時までみっちり、何が何でもラストまでの意気込みで飯休憩30分以外は取らずにハードにすすめる。今日の稽古の中心はマユと黒子のSCENE。色んなカタチでSCENEを作る。13回目にして「初の試み」が現出しほんとに芝居っていうのは「イキモノ」だということを実感する。あと2週間で今までなかった「新・狂人教育」を創り上げる!!

『狂人教育』の戯曲は最良の「テキスト」であることの証明。これでイイ、塩野谷が稽古場に顔を出す。後半の「通し」、台湾の2女優が安定して進化中。全員のエネルギーが爆発した時『狂人教育2008 NEWversion』が生まれる!!

今年の新人2人が連日稽古場番、この稽古の経験は貴重な財産になる。
2ヶ国語の入り乱れる劇創造現場、そんなにはないゾ。

●●
稽古を終え明日以降の打ち合わせ。23日は5時から9時、ラストSCENEの振付がメインとなる。

24日(日)は早稲田でメイクのチェックと歌稽古。

25日(月)は早稲田大学大隈講堂に搬入、1日中仕込み!2週間の贅沢な劇場での「舞台稽古」の開始である。

塩野谷たちと少し焼きとんやで呑む、上手いハツ刺し。早めに退出、さすがに疲れ果て、今日は歩いて帰らず山手線にのる。


 それにしても暑い、1〜2日涼しい日があったが再び熱帯である。池袋から大明小学校まで毎日歩く15分の炎天下がこたえる、汗だくで辿り着きロビーでお茶を買って稽古場入り。

今日で稽古1週間、連日宿題が増えてゆく・・・。歌も踊りも・・・
北京オリンピックなんてやってたんだ?ッて感じの毎日である、まあいつものことだが。

そういえば昨日の夜野球の試合を見たら星野ジャパン10対0で中国にコールドゲーム勝ち、韓国が首位で予選ゲーム突破。予想通りの日本、韓国、アメリカ、キューバの決勝リーグ。ダルビッシュの調子にかかっている。200メートルの予選でボルトの余裕溢れる走りを見ているとこのヒトを超えた存在に思わず笑ってしまう、コイツだな。

●●

オリンピックより若手演出家コンクールの審査である。毎年真夏に若手の演出作品のビデオ・DVDを20本以上見る・・・これもまた「闘い」である。ああ、頑張るぞー。あと、10本がノルマ、月末の審査会まで連日1本。

これも毎年思うんだが、「新しい演劇」を創ろうという熱がとにかく低い。演劇は「ある」ものではなく「なる」ものなのだ。まあ、時にはメチャクチャいかれたやつもあるから面白いんだけど・・・。
審査というより若いエネルギーとの出会いを楽しんでいる。
とにかく忙しいなあ。
まったく息つく暇もないとはこのことだろう。
17日(日)11時東松戸、たつまと2日遅れのお盆の墓参り。たぶんさっきK兄かT姉が墓参に来たのだろう?墓は綺麗になっていたし、まだ線香のあたりが暖かい。久し振りに熱い夏ではなくひんやりとした秋を思はせる温度。いつものように1時間余り息子と父と母の墓の前で対話。
で、西船橋で昼飯を食いながら「親子の対話」本番。
●●
稽古場ではこの3日間衣裳の最終裁縫。衣装合わせを見る。見違えるほどの出来。夕方宣伝写真撮り。

今日で3日目を迎える演出者協会国際交流セミナー香港特集エンディ・ンさんの身体ワークショップ最終日。20人余りの厳選されたメンバーによる太極拳を軸とした身体とコトバの根源を作るじつに親切丁寧な3日間のベーシックなワークショップ。好評である。

終了後の「交流会」に加わる。来年もやろうよという話しに・・・よかった。

●●
18日(月)今日はエンディさんと真実先生を軸とした動きのチェック。黒子の動きにチョッとした色をエンディさんにつけてもらう。

夕方、役者・スタッフ全員の「交流会」大いに盛り上がる。香港屋という要町の中華料理屋。合コンじゃないの?という台詞も。それにしても男たちはこの10年間の『狂人教育』最強のメンバーになっている!頑張れ!!

私は、早めに抜けて早稲田大学演劇博物館機関誌用原稿8枚と格闘。なんとか朝までに書き上げる。

●●
19日(火)朝11時から4時半までノンストップで稽古。ほぼ半分まであたる。なんとか今週中に「荒通し」まで行きたい。いや、行かなければならない。

夜は上野毛の真実先生のスタジオでダンスの稽古と振付。
『狂人教育』はすごいスピードで稽古中である。今までにない『狂人教育』を創り上げるべく多くの人たちが動いている。
そのエネルギーを決して無駄にしてはならない、楽しく作りましょう。それにしても「コトバの壁」を越えるのは大変、時間が・・・・。
考えてみたら、まだ稽古初めて6日目、始まったばかりである。
でも、みんないい感じで文字通り「走っている」「走り始めている」これだぜ!!国や民族の違いなんかない!!
「休み」なく猛暑の中『狂人教育』の稽古が続いている。もうエアコンがほとんど効かない稽古場で時々大声で怒鳴りまくったり?している、いや冗談。

初めて使う池袋の大明小学校、三田村さんや壌さん、木村健三といった知った顔も。タバコ吸っていてあったりロビーで飲み物買おうとしてあったりとか・・・ベニサンスタジオみたいである。

13日から音楽室で午前11時から夕方4時半まで稽古のスケジュール、でもって15日から17日は夕方6時半から9時半西新宿の芸能花伝舎で香港の演出家のエンディ・ン氏の太極拳を軸とした身体表現のワークショップ参加という強行スケジュール。こっちではなぜか?山本亨にあったりして・・・。エンディさんのワークショップは呼吸とカラダのリフレッシュ、といってもみんなさすがにキツイ?朝10時から稽古場にいるからおよそ12時間近く?ってかんじじゃねえ。

『狂人教育』なんとか前半3分の1当たる。言葉の壁は厚い、通訳を通すから倍以上の時間が必要。オマケに普通の芝居と違って「台本」は「テキスト」でしかないので「稽古場でのディスカッション」が軸になる。3重構造の「劇の劇」の「劇」。まあ、初の本格的なコラボレーションを楽しみつくすことにした。今日は弘子が歌稽古、明日はサボがメイクと衣裳。日本チームが全員で香港チームをサポートしている。

●●
『由比正雪』の感激・観劇メールがいっぱい来ているのだが返事できずにごめんなさい。でもって札幌のみえにも,来月会おうぜ、お客さんいっぱい呼んで来てね。明日17日(日)はお昼過ぎ早稲田で「この1週間女工哀史」であったバッカス・リー氏デザインの豪華衣裳が完成、衣裳合わせ。午前中は2日遅れのお盆の墓参りで東松戸の霊園、もちろん息子と一緒。夜は送られてきている25日(月)・26日(火)新宿Spaceゼロで予定されている「非戦を選ぶ演劇人の会」の「9条を守りたいのに口べたなあなたへ・・・」(永井愛:作・演出)の台本を稽古場でじっくり読む時間に、でもって夜は新宿で香港のエンディさんとの打ち合わせ。とにかく忙しい。多くの人に迷惑のかけどおしで、申しわけない限り。

12月に予定している楽塾の冬の発表会の台本も作らなきゃならないし、原稿も締め切り2本、ビデオ審査は今年は10本ぐらいにしてもらおう、ごめんなさい。


●●

夕方突然の雷、朝も冷麦だったのに夜もやっぱり冷やし中華にしてしまった。疲れているのか食欲も余りない。夜7時前に帰宅。これから原稿書き。