公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
それにしても昨日はよく歩いた。汗ダラダラの1日であった・・・。

お昼からの演出者協会国際部総会。国際部の一員というか副理事長として広報部と国際部でもって若手演出家コンクール担当なので、キチンと今年度の企画を確認ということで。
8月の香港特集エンディ・ンさんは私と小林七緒が担当。今年のメイン企画はコロンビア特集になりそう。佐野碩という新劇の父的、現代演劇で始めて国際的に活躍した演出家と出会い南米で今なお活躍中のガルシオ氏を迎えてのワークショップ&レクチャーは面白そう。

会議の終わりごろに鐘下氏・・・久し振りの顔。来年予定している日韓演劇祭などの話し・・・で、新国立劇場問題・・・など。

●●

帰りも大久保のコリアン・タウンを抜け、グローブ座をぬけ、少年タチが野球とサッカーしている姿、でもって公園にあそんでいる子供と母親がが全員どうみても日本人じゃない・・・・て光景・・・で、あるいて馬場の駅近くで今度は元さんにバッタリ。

喫茶店で2時間近く来年2月本多劇場公演『続々オールド・バンチ』の打ち合わせ、みっちり。抱腹絶倒のフィナーレとなる!!

アパートに帰る時間もなくそのまま稽古場へ。

●●

1幕の2シーンを3時間半みっちり。

9時半から美術打ち合わせ、これで決める。天草地獄沼の戦場と芝居小屋のイメージが錯綜するなかなかオモシロイモノに・・・これで、動きが決められる。

11時近くに打ち合わせを終え、ちょっときついが歩いて帰宅。ホントーに久し振りに「歩いたぜ!」と言う実感。万歩計をつけていたら確実に1万5000歩?

ベニサンの瀬戸さんのご好意で急遽17日からベニサンスタジオの稽古場に入れることに、感謝。これで実寸がとれる、さあ、来週から本格的な稽古に突入である。本番まであと、4週間!!
さて稽古本格始動中である。

洞爺湖では厳戒態勢と過剰警備の中G8サミットなるモノが行われている2050年までにお世界全体の50パーセント削減を「目標として採用することを求める」と宣言したそうな・・・なんじゃコリャ。とっくにぶっ壊れつつある地球なのに「目標として採用すること」、ヴィジョンじゃだめじゃん。具体策はほとんどなし、投機マネーを断つでなきゃ、食糧危機に対してもほとんど無策。アフリカでは次々と暴動が起こっている。

豪華ディナーを食べながら食糧危機を語っている漫画のサミットって何?

そんな地球の危機が叫ばれる中、ピュアに世界と対峙する若者の苛立ちを1968年に書きなぐった唐サンの革命劇と七転八倒しながら戦っている。「正しい雪に比べるものはありやなしや」という革命への渇望と現実の格差社会への苛立ち・・・・江戸時代も昭和元禄も平成の地球温暖化社会も・・・・みんな同じである。
搾取され虐げられ、ヒトとヒトを繋ぐモノが壊れてゆく・・・・。

全員難解なる台詞をとにかく自らのコトバにしようと必死、がこれまた楽しく!が根底になくっちゃ・・・。

●●

いつもどおり6時から4時間ぶっ続けの稽古。今日から各幕の稽古とする。今日は2幕中心。1幕が「剣にとって美とは何か」のシーンであるならば2幕は「女にとって美とは何か」とう「国家論」であり「もう一つの革命論」?
とにかく全員でゆうくり進むしかない。舞台美術の基本プランが送られてきた。これで稽古を進めることに。モチロン早稲田の稽古場では本多劇場の実寸はとれない。

殺陣の岡本先生、振り付けの北村真実先生も稽古場に。来週から殺陣も振り付けも始まる。ワクワクしながら《40年前のテキスト》を全員で解読・誤読する1ヶ月。楽しみましょう、みなさん。

自らの現在位置を!目の前に立ちふさがるものを斬れ!
様々な事件が起こり、地球は確実にヘンテコリンになっている2008年の夏。私たちはいつものように早稲田の稽古場に「いる」。

考えたら正月2日から「ずーっと」ここに「いる」・・・って感じである。
が、上半期は楽塾、アマノ組と「役者」やっていたからなんとなく発散して精神のバランスがとれていたようである。どーも「演出家」なんて仕事は「待つ」、仕掛けるといった按配で・・・。この半年、不整脈と心筋梗塞予防の薬を飲んでいるので昔みたいに飲んだくれるということもしなくなったし?その分本を読む時間とよく歩くことにしている。早稲田との往復はモチロン、新宿までは原則として歩く。すると「街」を「読む」ことが出来るようになる。これが「年をとる」こと?

●●

「由比正雪」と同時進行で様々な作品の仕事もこなさなければならない。8月稽古の9月『狂人教育』日本・香港コラボレーション。11月坂口瑞穂の新作『ドブネズミたちの眠り』2009年2月の山元清多の新作『続々オールド・バンチ』そして2009年5月〜6月に予定しているブロードウエイ・ミュージカル『ユーリン・タウン』までノンストップのキチガイ沙汰のいそがしさである。でもって来年秋の日本・中国『ハイ・ライフ』コラボレーションのコトまで!!再来年は「リターン」だって?


あらら、今年の若手演出家コンクールの第1次ビデオ審査も始まるという電話が和田さんから。そうか、今年もそんな時期かよ!と時の流れの速さにおどろく。今年も70本を越す応募とのこと。2000年から始まった日本演出者協会主催のコンクールも今年で8回目か!

これまた、大変な「夏休み」の宿題?が始まるのである。

●●

「由比正雪」順調に荒立ち稽古進行中である。弘子がコーラス指導、長男を出産したばかりのSABOの考えたコーラスがこれまたオモシロイ。感謝感激。

歌アリ踊りアリ殺陣ありの盛りだくさん。まだ始まったばかり。ほとんどのメンバーがほぼ台本を離しだした。今週はこの感じで・・・・行く。来週から殺陣、踊りの振り付けも同時進行・・の予定。


●●

夏の陽気。

馬場のユニクロで安い浴衣を買ってしまった。稽古場で役者の皆さんが着ているので・・ついつい。これは涼しい。私はジャージのパジャマなのだがこれでいいじゃん。風呂上りの浴衣。
相変わらずのハードデイが続いている。

●●

29日:日曜日お昼過ぎ久し振りに楽塾の新人ワークショップを覗く。
これが大変なことになっている。そりゃ初めて?だからグチャグチャ、見ていてイライラ。で、もっとグチャグチャ?に。

いっぱい「宿題」を課すことに。

あれ!4時半だよ!!

ということで表参道まで地下鉄で。青山のてっせん会能楽堂でやっている観世榮夫追悼、観世ゼミの公演を見るため。「隅田川」を真摯に演じるゼミ生の姿の後ろに観世さんの思い出がよぎる。日下、前田さん、篠本くん、望月さんといった皆さんお疲れ様。客席に塩野谷、加地、アマンダのすがた。葉子さんにアイサツ、スポニチの木村さんや太郎のすがたも。雨の日曜日の観能もいい風情。それにしてもスゴイ人出の原宿、2日続けてこの町を歩いていると40年前の学生時代が思い出される。

●●

で、稽古場に電話してみると楽塾のみなさん飲み会とのこと差し入れの焼酎とつまみを持ってふたたび稽古場へ。飲みながら皆さんと喋る。面白いメンバーである。次の芝居のイメージがふつふつと・・・とにかくメチャクチャに歌うこと踊ること・・・あはは。

●●

30日:月曜日。

3時半から久し振りの劇団総会。07年度の収支決算報告。09年度の予定(流山児案)プラン提出。創立25周年の年である、今年度如何にするかの討論。エコプランなどイロイロ。いろんな意味でバトンタッチというか次世代に「何を残すかを考え実行してゆく年」の始まりである。

5時過ぎに終了。続々と稽古場に。

みなさん浴衣姿の稽古着。1時間弱歌稽古。
7時からほとんどノンストップで「荒立ち稽古」完璧に台詞を入れてきている保村大和ほか様々な立ち方で「由比正雪」というテキストと格闘している。立ってみると判る!というのは真実である。今日1日で多くの発見があった。

とにかくオモシロイ本であることを痛感。
さあ、あせらず、じっくり40日間の稽古を楽しくやりましょう。とにかく今週中に台詞を完璧に入れてください。

10時半近くまで時間を忘れて稽古、なんと2幕後半まで当たっていたよ。

●●

吊チラシ、ポスター貼りの作業を伊藤と大塩も手伝っている。そんな稽古場をあとに帰宅。

資料ビデオ「新宿泥棒日記」「天草四郎時貞」の上映会を急遽やることにする。これがスゴイ、28歳の若い唐サンの映像。私は何度も見ているがほとんどのメンバーは初体験。さあ、どーだろー?


※※

久し振りに快晴。7月1日:火曜日いつのまにか今年も下半期に。
お昼過ぎ、龍から電話。早稲田小劇場時代の後輩の新健二郎氏逝去の報、偲ぶ会に出て欲しいとのコト。大腸がん66歳若いなあ・・・合掌。
昨日から10月に北京蝶々と一緒にやる大塩哲史構成の『マルチリンガルドラマの可能性』という芝居のオーディション・ワークショップをやっている。27日までの4日間。20人以上の参加者で早稲田はにぎわっている。

一般参加者16人には正直驚いた。いろんな人に参加してもらって感謝。子供の世代?と4日間楽しもうと思っている。使用テキストは坂手洋二の『南洋くじら部隊』野田秀樹『赤鬼』岸田理生『ソラ ハヌル ランギット』の1シーン。シーンにして5分足らずのところを3チームにわけてとりあえずつくることに。

最初は大塩君リードでゲーム。

本読みで、チーム分け。

5時間余りのワークショップあっという間に時間。で、宿題明日12時45分1回目の発表会とする。4日間で極限状況でのコミュニケーション、コトバ、カラダについてのワークショップとなる。

●●

さて、今夜6時由比正雪顔合わせ・本読みである。

唐十郎唯一の時代劇、カクメイ時代劇。60年代アングラ演劇の原点を探る40日間の熱い夏が始まる。

さあ、劇中歌もほとんど出来上がっている。
それにしても40年前に書かれた戯曲のなんという瑞々しさよ!である。「演劇」が「状況」とストラッグル(格闘)していたコトの証明。
本日8日(日)愈愈『双葉のレッスン』最後の通し稽古。

朝飯をくって10時稽古場に。
楽塾新人オーディションというか面接。楽塾メンバーもほとんど来ている。みなさんで軽いストレッチ、で歌、好きな詩を読む、台詞、音楽を流して動きをやってもらう。経験者にはかって演じたシーンをやってもらう。
応募者4人、みなさん実に個性的なひとたち、オモシロイ。男性2人、60歳と45歳、女性は61歳と45歳。別にプロの役者を育てる所ではないので一緒に遊べたらというだけ。

前回のメンバーと足して7人、さて来週の日曜日から2ヶ月のワークショップの予定。7月21日にかるい発表会ができたらいいなあ?と思っている。楽塾メンバーも5・6人付き合ってくれそう。出来る範囲で新人達と「演劇で遊べばいい」なんとか稽古に付き合いたいとわたしも思っているんだが・・・・。


あれこれ12時過ぎまで2時間みっちり。

●●

1時からいつものようにダンス稽古、台詞あわせ。

2時過ぎから最後の「通し」スリリングなこともあったが「完成」!
あとは集中力と体力!

ダメだしいつものように30分みっちり。で小返し。

5時半から事務所でNET TVのインタビュー。天野のこと、唐さんのことなどを30分余り。

6時早稲田から差し入れの焼酎を買っていそいで新宿花園神社へ向かう。7時やっと唐組の新作『夕坂童子』(唐十郎作・演出)を見る。唐ワールド全開の幻想冒険譚。唐さんがいつものように元気に暴れまわって実にチャーミング。1時間半ちょっとの小品といった作品であった。唐さんの楽屋に「お疲れ様」を言い帰宅。それにしても唐組の役者たちは実にイイ。

稽古場に電話すると搬出は8じまえに終了とのこと。


さて、明日はスズナリで仕込み。いよいよ問題作『双葉のレッスン』11日より始まります!!


 ●●

帰宅すると大事件のニュース。
秋葉原で通り魔事件で無差別殺人のニュース、刃物男が17人を連続殺傷。7人が死亡!!いったいこの国のニンゲンはドーなっているんだ!暗然。


※※

雨のなかスズナリ入り。1日仕込み、夕方映像撮影。いつものアマノ組の風景。ご予約はお早めに。03−3469−0511スズナリで受け付中!
全員集合の稽古場となる。

●●

1時から小返し、着々と出来上がってゆく。
さとうこうじも千秋楽のマチネのステージを終えて夕方には早稲田にやって来た。打ち上げは2次会から参加するとのこと。ご苦労さん。

6時からこうじの出番の稽古。一発でできるこうじさすがタダモノではない。

7時45分から3回目の「通し」疲れのピークかちょっと精彩がない。で、やっぱりオレタチのシーンもうまくいかず・・・稽古だ。

衣裳の買い物や小道具つくりといったことで全員がバタバタ、休みなしのいまが「疲れのピーク」。明日は稽古開始を2時間遅らせることに。

俺たちは2時から自主稽古。

10時過ぎにさすがに今日は全員飲まずに帰宅。

●●

黒澤明の『隠し砦の3悪人』を見ようと思っていたが疲れ果てて風呂の中でせりふを一回復唱してキューバタン。

※※

今朝も雨。

8時過ぎに起床、朝飯を食ってFMかわさきの電話インタビュー。いつも公演のたびにやっている、ありがとうございます。

京都と名古屋の異才たちのコラボレーションの意義についてイロイロ話す。考えてみたらこんなことやっている劇団は確かにウチだけである。日本には様々な演劇がある、アジアには世界にはいろんな演劇がある。それを出来るだけ伝えたいと思っている。

それにしても今回のごまのはえとアマノテンガイの出会いは成功である。ごまの世界を様々な手法でアマノは伝えるためのゴッシク・ホラーというかサイコ・サスペンスドラマを宇宙の果てまで広げて見せてくれる。実にスケールの大きい創世記のモノガタリに変容することを誰が想像しただろうか?

京都と名古屋の異能たちの出会い!をぜひスズナリで目撃してください。

演劇の持つチカラを役者をやっていてひしひしと感じている。ならば、確実に作り上げてやろうじゃないか、役者!!!、さあ稽古稽古!!!


※※

あ、それから楽塾新人募集は「本日締め切り」ました。現在4人、58歳、60歳の女性、61歳の男性あともう一人男性。ねえ。8日(日)朝10時から面接・オーディションの予定。前回と加えるとヘタすると5人ばかり新人が増えたりして??
入梅である、雨がしとしと降っている中、1日中早稲田の半地下の稽古場。

『双葉のレッスン』文字通りの大詰め。じっくり小返し、アマノワールドがどんどん完成していく。実にこまかい演出、チョッとしたニュアンスの違いも見逃さない。それでいて役者の個性をみごとに際立ててくれる。
「役者のチカラ」「役者のミリョク」がそこかしこに発揮され世界の何処にもない芝居に出来上がりつつある。すべての「現在」がここにある、ごまのはえの世界とアマノテンガイの演出が見事に融合してある意味ごま+アマノ+流山児★事務所の「代表作」と呼ぶべきもの、それはまさに「演劇でしか出来ないコト」の凄さを持った「作品」がいま、生まれつつある実感。過去・現実・未来・幻想・妄想・死・生・宇宙・さまざまな記憶。コトバとカラダ。

それはニンゲンの持つ《関係性》へのこだわりの凄さ。

●●

7時半から2回目の「通し」。ギャラリーもスタッフ全員集合。音響の島さん、音楽の本田さん、照明のキンタローさん、映像のハマジ、舞台監督の伊東くん、制作の米山、畝部、フレンドスリーの近藤さんと10人余りの目にさらされての「通し」。昨日の初通しに比べると抜群にイイ。

あしたも1日中こんな感じ。
あ、こうじが明日から完全参加。壱組印の本番で今日のマチネを終えて「打ち上げ」にも出ず?稽古場直行。オレの相手役、がんばろうぜ。

※※

梅雨のなかの曇り空。

楽しく大胆に、世界の終わりの終わり(始まり)のモノガタリを?嗚呼。
もう梅雨に入ったの?と思わせるように雨の日が続いている。

さていよいよ追い込みの最終週。

ラストシーン前のこれでもかこれでもか?のアマノ的世界の決定版の稽古1時〜5時までみっちり。

●●

1時間食事休憩。いつもゆく中華屋で昨日の読売新聞の日曜版の「不屈のひみつ」の私のインタビュー記事のはなし。ホイコーロー定食。

6時過ぎからとにかく「初通し」。約2時間あまり。1時間45分にはつまる。

みんなへロヘロになりながらも「初」の「通し」でこの芝居の全容を確認した。さて明日から細かく細かくアマノ的ディテールが・・・。いつもどおりだがコレまでくるのが毎回大変。

夕沈さんはちょっと名古屋に帰って、また9日の場当たりには戻ってくる。

というわけで夕沈のお疲れ会。

●●

初日まであと8日、どこにもない疾走感にあふれ「既視感=既死感」あふれるキミョーの世界が現出する。


是非おいでください。あ、天野天街の短編映画祭も同時に下北沢で開催されることも決まった。14日(土)下北沢シネ・アートン?


※※

今朝も雨。
病院へ行く。ピロリ菌は除去されたとのコト。うん。

さあ、元気に今日も7時から「通し」!1時〜みっちり稽古稽古!!
今日も1日中ハードな日となる。

10時半には地下鉄半蔵門線永田町なんてところのH会館て所を目指す。あれこれ迷ってプリンスホテルの裏手と判る、結局は30分余りぐるぐるしていた。
国際演劇協会(ITI)の理事会。今年初めて理事を引き受けた、著名な人ばかり、その顔ぶれに日本の演劇界の多様性に改めて気づく。もちろん、ITIはユネスコの組織で 国際的機関で演出者協会とまったく違う(当たり前だ)。坂手くんと林さんといった知己もいるが。新会長は永井多恵子さん(前代の会長は松竹の永山氏)。事務局長の小田切さんに頼まれて引き受けたのだが、果たして私に何が出来るか?次世代につなぐ国際交流の仕事は続けなきゃならない。

会議が終わって昼皆さんと一緒に昼飯弁当もちろん手弁当で千円なりの黒ウーロン茶つき。理事も勿論演出者協会同様、ボランティアである。久し振りに話劇人社のSさんと中国演劇の話し今は日本ペンクラブのトップ陣でもある。照明家の吉井さんの話が面白い、今度パラダイス一座に正式に誘おうかな、カッコイイ。


●●

渋谷に出て下北沢劇小劇場 帰ってきたエビス公演『RATS』(進藤利夫作・演出)を見る。なんとか見ることができた、冨澤力が客演している。1時間40分余りの作品。ハーメルンの笛吹きのモノガタリと不条理?風アングラが交錯?時計仕掛けのオレンジ風の鼠少年をまあ気持よさそうにやっていた。なつかしいあがた森魚が流れてたりして。

●●

5時稽古場に辿り着く。

ついにアマノ演出台本完成。ラストシーンまでキチンと出来上がった。

3回本読みして荒立ち、とりあえずの位置決め稽古×3回。

明日は後半とラストのシーンを当たって、こうじも夜やってくるのでなんとかぜんぶ当たれる。

これから本番に向けてアマノ演出の微に入り細にわたる実に細かい「映像的演劇」と「死の演劇」そして「ノン(無)センス(意味)の演劇」を「情熱をもってリアルにパワフルに」作り上げる。

9時過ぎに稽古を取る。

さて、初日まであと10日!何処にもない演劇が生まれる=メチャクチャオモシロイ芝居になることをお約束します。