公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
今日も1日中歩いて「移動」していた。

お昼すぎゆっくり新大久保を抜けて歌舞伎町散歩。昼間のホストタウンを見ていると面白い、少年と言うか美青年達がごろごろ。それにしてもおおいなあ、バッティング・センターは昔と同じだが歌舞伎町もすっかり様変わりしている。

2時紀伊国屋ホール。青年劇場公演『呉将軍の足の爪』(パク・ジョヨル作 瓜生正美:演出)を見る。第15回湯浅芳子賞を受賞した石川樹里さんの翻訳。1974年の作、上演禁止処分を受け初演は1988年美醜のソン・ジンチャックによって演出された韓国現代演劇の代表的戯曲。瓜生さんの83歳とは思えない実に若々しい演出、楽しく(「戦争の劇」だが)見た。

終演後ロビーで瓜生さんと握手、元気そう。奥さんも。頑張ってくださいね。

●●

早稲田まで歩くことに。文化センターから抜弁天を抜け女子医大のある河田町から夏目坂で早稲田。

6時から「楽塾」追い込み稽古。

みっちり3時間ノンストップでマリ、タカノ、ニシカワ、カワモの4人のほんの「5分にも満たないシーン」を小返し。煙草をすおうと思って時計を見たら9時前!ジャン。後半もチョコット当たる。

明日・明後日は「美術作業」。18日からの10日間が勝負!やることいっぱい。

香港のE−RUNと『狂人教育』のコラボレーションの打ち合わせ。台湾、香港、北京とさまざまな人々との共同作業となる今回の企画、楽しみながら面白い作品にしたいもんだ。
来年に予定している『リターン』の中国語台本翻訳の話・・・。北京で1ヶ月、『狂人教育』に続く中国人俳優とのコラボレーション第二弾!!とにかく、体力つけなきゃ。で、最後まで今日はキチンと歩いて帰宅。本日の万歩計14312歩。2日続けて1万歩を超えた。

北村想からメール「歌謡曲だよ人生は」のDVD観てみな?・・とのことじゃあ、明日にでもツタヤに行くか?

本日は深夜DVDなしで、雑誌2冊飛ばし読み。朝3時近くに就寝。いつものごとし。
お昼から5時近くまで楽塾。仮セットが出来上がっている。

舞台美術はイワヲ、様々なプランを考えている。イワヲらしいテキストへの読み込み。来週16日・17日仕込み。客席もいつもの楽塾仕様となる予定。楽塾12ステージ!今年も「ホントーに多くの人が全国各地から」早稲田にやってくるだろう。

●●


ひさしぶりにじっくり稽古。1時間20分余りの作品なのでとにかく細かく細かく、でもほぼ全場面11人の役者さんは出ずっぱりだからやはり全員のエネルギーの行方をどうするか?である。


やっとエンジンがかかってきたと思ったら時間。

ごま君とアマノの3人で珈琲館で打ち合わせ。『双葉のレッスン』第3稿=最終稿となっているのだがもう一度改訂をお願いする。めどは4月末日、まだ時間は充分アル。

6時から本読み×2回。ト書きも、大阪弁は大阪弁で。明日の稽古はお休みとして稽古再開は5月7日とする。

8時過ぎもう一度事務所で打ち合わせ。ごま君は歯の調子が悪くてビールも飲めず。私はノンアルコール・ビール。

1時間打ち合わせ。ごま君は馬場のホテル。アマノは稽古場呑み会へ。
私は帰宅。一度も見たことのない『ハリー・ポッター』をチョコっと見ていたがすぐ眠くなる。

※※

雨の日曜日。5年ぶりの恒例の流山北部中の同窓会。いつもは1月だったのに・・・。雨の中、野田市運河の料亭へ。2時開宴。還暦を迎えた悪がきどもの顔を観に行くか・・・。
さて稽古3日目。

本読み×2回 夕沈ダンスワークショップ。

で、ついに本日キャスティング。私はさとうこうじと一緒に「犬老」という役をやることに。結構「大変」なんてもんじゃない役。カラダを鍛えなおさねば・・・。

すべては明日。

飲み会には参加せずに早めに帰り読書。早めに就寝。

※※

いい天気、今日はお昼から5時まで楽塾。6時から『双葉のレッスン』本読み4日目。ごまのはえが京都からやってくる。
1日中雨、まるで冬に戻ったような日。

『血は立ったまま眠っている』の本番以来久し振りにSpace雑遊に。椿組公演『黄金の山』(中島新作・演出)を見る。よく出来たテレビドラマをみるような1時間30分。勿論、悪意の人々と言うか壊れた人々がドンドン出てくる今流行り?のドラマ。このテの芝居は考えずに楽しく観ることにしている。外波ちゃんが かっこいい。沖野、青陰さんが照明、音響、終演後タバコすいながら立ち話。

ケイカラーメン。あいにくの雨で歩くわけにもいかずバスで早稲田まで。

本読み稽古2日目。

2回本読んで、夕沈ワークショップ。

夕沈の「コトバの羅列」の指示メモを頼りに4チームがいろんな動きを勝手にイメージで作ってゆく。4チームが2パターンの動き。これを組み合わせて夕沈が構成して例の幾何学的ダンスが完成する。コトバとイメージの複合ダンス。それとラジオ体操第1と第2。音楽は本田実最終的には何処にもない音楽劇が出来上がる予定。2ヵ月後は本番である。

今年は本当にじっくり稽古を取っている。いいことである。「新作書き下ろし」の続く2008年。楽塾なんて「脅威の7ヶ月稽古!」だもんな、スゲー!!


早めに稽古取る。香奈美の誕生日。昨日はカズの誕生日。連日のハッピーバースデーである。おめでとう若手の2人とタケは初のアマノ組。


●●

昨日のDVDD名作映画は藤田敏八監督の『野良猫ロック ワイルドジャンボ』であったが今夜は『サンダーバード』子供向けドラマ、何なんだこのアメリカのおごり、世界のレスキュー隊ざけんな!である。

※※


『双葉のレッスン』はがきによる「優先予約」はもう受け付けています!詳しくはhttp://www.ryuzanji.comで。
1日中春の大嵐。

夜、新宿シアター・モリエールでthe companyの『バーム・イン・ギリャド』(作:ランフォード・ウイルソン 演出:ロバート・アラン・アッカーマン)を観る。総勢30人の役者達がモリエールでエネルギッシュに動き回る。NYのマンハッタンのダイナーが舞台。負けを認められない負け犬たちののもがきざまがいま見ると「実に健康的なアメリカ演劇」1965年のテキスト。同時代の日本のアングラ演劇のテキストと共通する「熱い変革への希求」がある。テラヤマ・カラのテキストに近い、がカラ・テラヤマのほうが圧倒的にニンゲンの凄みがアル。結局は白人系?ヒスパニック系のお話し、黒人の登場人物なし、コレっておかしいんじゃない?!ふーん、それで判ったが「ラ・ママ初演」というのもうなずける。まあ、ヒロインヒーロー像の古さ。

ヒロシ、チョウ・ソンハ、マリーといった知り合いと終演後話す。ソンハが圧倒的にイイ、いいジャンキーぶりと存在感。近いうちに一緒にやろうぜと話す。和也君とも久し振りに。

●●
雨も上がったのでじっくり歩いて馬場まで。途中オリンピックでサングラス2ケ購入。

夜はこれまた久し振りに深夜DVD名作劇場というわけでツタヤで大島渚監督「無理心中 日本の夏」岡本喜八監督「戦国野郎」でもって「野良猫ロック ワイルドジャンボ」の3本。


岡本喜八監督の「戦国野郎」を見る。痛快娯楽時代劇「独立愚連隊」シリーズそっくりの忍者時代劇。300丁の種子島を信長の下に届ける木下藤吉郎や武田信玄の元から抜けた忍者らを軸に繰り広げる集団活劇。一人一人の役者が実にイイ。星由里子の美しさ!

※※

雨は上がった、風はまだ強く吹いている。

今夜は6月公演『双葉のレッスン』本読み顔合わせ。今日から土曜日まで4日間でじっくり本読み、キャスティング、夕沈による振り付け基本練習の予定。本格的な稽古は5月7日から1ヶ月ちょっと。来週から楽塾の追い込み稽古のため。総勢17人これまた異色の組み合わせ。アマノ組初出演の藤井びん、深山洋貴、木内尚の3人、はたして?小熊さんとも「SMOKE」以来2年ぶり、麻衣ちゃんもアマノはひさしぶり・・・。上半期の楽しみ企画。

台本は上がっている、実に面白いアッと驚くごまのはえの力作だ!12日にはごま君も稽古場に。

アマノと夕方、打ち合わせ。さあ「役者」である。頑張るぞ!!
朝からいつものように原稿書き。今週中の締め切り3本!!

●●

月刊新松戸の今月号5枚何とか書き上げる。ミシマと楽塾のことを中心にいつものように身辺雑事。思えば30年近く私の駄文を載せてくれるO氏に感謝。この原稿を書くことで私は毎月の自分をどこかで確認している節がある。

●●

2時半過ぎにに稽古場。楽塾、本日は全員集合。後半の稽古、で1時間分通し。うん、ダメなところはダメ、というかまだ「腑に落ちてない」。とにかく「自主稽古」して何度もやるしかない。演出家は早めに退散することにして森下へ。

6時ベニサンピットTPT公演『ミステリア・ブッフ』(作:ウラジミール・マヤコフスキー 台本演出:木内宏昌)を見る。2時間45分、30人近くの群集劇。若い役者たちが「革命劇」と格闘している。劇団の上田和弘、木暮拓矢も頑張っていた。沖田乱、池下重大、植野葉子といった旧知の役者達も。客席には七緒、里美、尚、MISHIMAのマリーちゃんなどこれまた知り合い多数。

●●

終演後近くのお好みやサンで飲む。
「節酒」中なのでビール・コップ2杯とウーロン茶でもっぱら葉子ちゃんの作る「もんじゃ」をご馳走になる。なんとかあと4日節酒。

なぜか久しぶりの熱い?演劇論をちょこっと。あと12ステージ皆さん頑張ってください。

さて、明日からの1週間がMISHIMAの勝負。お昼から夜10時までの長丁場である。
キッチリ、面白いものにしまっせ!!

MISHIMAご予約はお早めに!60人定員の小劇場です。03−5272−1785あるいはhttp://www.ryuzanji.comまで!!

なお、楽塾もお早めにご予約ください。1ヶ月以上前というのにイープラス29日昼の回は「売り切れ」ということになっています。楽塾のチケットは本番近くなると例年、確実に「完売」が予想されますのでお早めに!!
あっという間に1週間が経つ、ほんとに凄いスピードである。いつのまにか桜は満開になりそうな気配である。

早稲田大学の高橋先生から最新著書「時代劇に会う」(原書房)「ホラー小説でめぐる「現代文学論」(宝島社文庫)の2冊が送られてきた。面白い。高橋先生は早大大学院の教授。院生の田村さんの書いた「覚醒した赤い唇の女」という「道成寺論」をペラペラめくる。今度じっくり読もうと思っている。ありがとうございます。

●●

今日も1日中Space早稲田のハードデイとなる。

12時から4時過ぎまで楽塾。前半の稽古。私も本格的に稽古に参加している。仮の衣裳もつけてやると「役者」モードになれるから面白い。チョコット例によって変えながら楽しく追い込み稽古。

4時半から1時間休憩。カレーの晩御飯。

●●

5時半からほぼノンストップで10時半まで「道成寺」そして、「仮」のラストまでゴーインに作る。勿論来週もう一度作り直すと思うが?とにかくラストまで・・・・。

10時半から衣裳きめ。

何てったって「全員のMISHIMA」・・・衣裳も大変。オマケに男女さかさまのシーンもあるから男も女装するは女も男装するはでてんてこ舞い。楽塾も今日は衣裳探しに下北沢やら新宿に出かけていったがMISHIMAチームも明日は衣裳探し。


11時過ぎに稽古終了。12時過ぎに帰宅。

●●

さすがにヘロヘロ。地下の稽古場に1日中いると世界がドーなっているのか?ほんとわからなくなるってもんだ。

帰宅途中、Eプラスで優先予約したクストリッツアとノー・スモーキング・オーケストラのチケットが取れたのを思い出しセブンイレブンに。
ライブは6月か?

今日は上田和弘、木暮拓矢の出演しているTPTの『ミステリア・ブッフ』の初日、甲津拓平の長野公演もやっている。俺達は早稲田で真摯に楽しく芝居を作る!しかない。

なんとか観ようとは思っているのだが・・・。
3時過ぎから早稲田通りを1時間以上かけて高円寺まで歩く、勿論早足で。野方警察を超えたところで汗ぐっしょり、近くの公園で一休み。で、環7を渡って左折。高円寺駅前で建設中の杉並芸術会館の作業現場を覗く。それにしても、久しぶりによく歩いたなあ!という実感。

プロデューサーの岡島くんはエコロジスト、今日も自転車で颯爽とやってきやがった。

4時から斉藤憐さんら杉並藝術会館のスタッフの皆さんたちと打ちあわせというか来年の『ユーリンタウン』についての意見交換。杉並芸術会館「座・高円寺」という劇場が高円寺駅前に来年5月誕生する、そこのオープニングでブロードウエイ・ミュージカルを上演する。200から300キャパの小劇場。・
その外観はかつての黒テントを思わせる。さて1年がかりのこの企画みっちりヤルしかない。


●●

7時過ぎから稽古。連日の稽古の変更?で役者たちは連日の台詞あわせとなり、普通の稽古に?入れない。

♪山寺のや 春の夕暮来て見れば

 入相の鐘に、花ぞ散りける、花ぞ散りける、花ぞ散りける

 さる程にさる程に、寺々の鐘

 月落ち鳥啼いて、霜雪天に、満潮程なく、日高の寺の、江村の漁火、 愁ひに対して、人々眠れば、好き隙ぞと、立ち舞ふ様にて、狙ひ寄り て、撞かんとせしが、思へばこの鐘、恨めしやとて、龍頭に手を掛け
 飛ぶとぞ見えし、引きかづきてぞ、失せにける



で、今日は・・・童謡の「道成寺」これがまたイイんだ。♪とんとんお寺の道成寺   

やっと「チラシ」も出来あがった、カッコイイ。宣伝開始!!まだ3週間以上アルじっくり。

※※


で、今日は能「綾の鼓」?のレッスン?である。でもって、幕間はテラヤマVSミシマ対談?!コントなーんてね。妄想は膨らみっぱなし。

すべてよこしま、すべてさかしま、すべてさかさまMISHIMA?これって?

ぜひお早めにMISHIMA予約ください!03−5272−1785 そしてhttp://www.ryuzanji.com 尚、楽塾の予約も受付け中です
朝から久しぶりにマヤコフスキーの詩を声を出して読む、時々やる習慣。高校1年のとき買った古い詩集(小笠原豊樹・訳:世界の詩(弥生書房)この本だけ何故かずーと持っている、ほとんどの本を引越しするとき捨てるのになぜだろう。吉本さんの初期詩集と共にもっとも好きな詩人。抒情詩人であり反逆の詩人。革命をうたったロシア未来派の夭折のヒト。13歳から詩を書き15歳で政治闘争に加わり3度逮捕され裁判にかけられている。ロシア未来派に参加、革命詩劇「ミステリヤ・ブッフ」などを書く。高校生時代兄貴が出演したその芝居を観て妙にコーフンした記憶がある。

「ぼくの踏み荒らされた精神の 舗装道路に 狂人たちの足音が
 こわばったことばの踵をあざなう。
 街々が首をくくり、雲の縄に 塔のまがった頸が冷えたところを
 ぼくは行く、ひとりで泣きに、十字路に警官が 磔刑にされたと」(1913年 20歳)

「雲のかけらが空を泳いだ 雲のかけらは四個だった。
 一番から三番までは人間で 四番目はラクダだった。
 その四個に、めずらしそうに、
 途中から寄ってきた五番目の雲。
 青空のふところののなか、その雲を嫌って、
 小さな象たちは四方へ逃げた。
 そして六番目の雲におどかされたのか、
 雲のかけらはいっぺんに溶けた。
 いちばん最後に、雲たちをたべながら
 追ってきたのは太陽ーーー黄色いキリン」(1917年 24歳)

 ●●

お昼過ぎから事務所で来年5月〜6月のメイン企画初のブロードウエイ・ミュージカル作品『ユーリン・タウン』の制作会議第二弾。

3時間、いますぐやらなければならないことを決める。とにかく面白いことをやりたいものだ。そのためにはイロイロ・・・。多くの賛同者を募るしかない。小劇場ミュージカルの原点から!誰もやっていない混沌と熱狂のミュージカルをこそ。

ホームレスの叛乱と祝祭のミュージカルとしての『ユーリン・タウン』、勿論エコ・ミュージカル。

●●

稽古2週目。能の「道成寺」の乱拍子の「謡」の稽古。シロウトのうたう謡い、とにかく1ヶ月ある!でもってカラダで作る「小鼓・大鼓を打つごとき奇異なる掛け声」その他?やってやろうじゃん!


『綾の鼓』コトバとカラダの原点からの関係性と距離感を探るため細かい稽古となる。まあ、時間はたっぷりアル。

今週中はじっくり「この調子」でいこう。

●●

映画「それでも僕はやっていない」をDVDで観る。傑作、力作。映画でしか出来ない凄みをもった作品。99.9パーセントの有罪率という日本の裁判制度の恐ろしさ。近年導入予定?の裁判員制度反対の声が弁護士たちから次々と起こっている。トーゼンである。「裁判員制度」ってそもそも「国民投票」で決めるべき問題だろう。世論調査でも多くの国民が反対している。明日オレもアナタも裁判員なんて冗談じゃない。


●●

突然、劇団員のAの父親急死の知らせがはいる。63歳、早すぎる!合掌。
この3日間のこと。

27日(水)お昼過ぎ浅草、田原町から六区。浅草リトルシアター、伊藤弘子と直井修の『雪女』を見る、役者2人で作り上げた50分の大人のメルヘンなかなかよく出来ている。5月までロングラン公演の予定だったが諸事情で今月いっぱいで打ち切りとのコト、残念。

久しぶりにアンジェラスで珈琲とモンブラン。30年前に浅草に住んでいるときは毎日台本書きに通った喫茶店、珈琲もケーキも美味い。伊藤弘子らと話す。その後神谷バーへ。電気ブランでいい気持になって今度は日比谷帝国ホテルへと向かう。読売演劇大賞授賞式。野田くんが3冠王、戌井さんの特別栄誉賞受賞。久しぶりに野田君とも立ち話。おめでとうございます。オールドバンチたちのほとんどが集合、皆元気!

音響の市来さんと久しぶりにガード下の焼き鳥屋で呑む。この20年余り一緒に仕事してない、そろそろやろうぜ、と話す。様々なる業界の話なども。


●●

夜DVD『カサブランカ』(マイケル・カーティス監督 ハンフリー・ボガード イングリッド・バーグマン主演1942年作品)よく出来た映画こんな映画を戦時中に作ってたんだと何度観ても感心する映画。ボギーがいい、名台詞の洪水。

ビシー政権下のモロッコ。まだドイツ軍に占領されていないカサブランカはアメリカ亡命のための寄港地。亡命者の溜まり場のリックのバーをメインステージに繰り広げられる愛と革命という冒険のドラマ。そうかこれってもともとは戯曲だったんだ。コレ芝居に出来るよ。

「時の過ぎ行くままに=As Time Goes BYである、でもって君の瞳に乾杯=Here's lookinng at you,kid!


●●

28日(木)夕方読売新聞のTさん取材珈琲館。

「OMS(扇町ミュージアム・スクエア)について」大阪の小劇場シーンを牽引したOMSについて1時間余り。

6時過ぎから荒立ち。

昨日自主稽古でだいたい台詞は入った?ようだ。
『綾の鼓』『道成寺』と交互に稽古あっという間に終わる、明日通すぞ!といったらまだ時間はいっぱいあるんだからじっくりやりましょうと役者達に。ウン時間はたっぷりアル。両作品あわせて1時間20分余りの小品。

●●

夜DVD今度はビリー・ワイルダー監督の名作『失われた週末』(レイ・ミランド ジェーン・ワイマン主演)アル中映画。これが1945年作品、これまた。カサブランカ同様アカデミー作品賞受賞。

※※

快晴。
29日(金)お昼過ぎから観世榮夫さんの能『道成寺』をDVDで観る。
凄い、うん、コレダな!使える。

チラシのデザインが送られてきた。カッコイイ。

それにしてもこの3日間ラーメン・ライスばっかり。おとといが早稲田の武闘家、昨日が馬場の大分宝来ラーメン、で今日はラーメンはやめて味噌煮込みうどん。なんてこった。