公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
ついに明日は小屋入り。

風邪でダウンしたクマも稽古場に戻ってきた。いつものように4時間小返し5時まで。

休憩時間に朝青龍対白鵬戦を見る。力の入った大相撲。私の予想通り白鵬の勝ち。まあ、これからである。

6時から通し。ほぼ出来上がった!

テンポをサイコーに上げてみる。1時間32分。が、これじゃ何言ってるか判らないか?まあ、緩急である。音楽もどんどん減らしている。あと1曲はなくせるか?三島プロジェクトでも「コトバとカラダ」にこだわることにしているが・・・これもあり。

●●

さて明日は3時から最終通し!

これで2008年版『血は立ったまま眠っている』が完成する。

役者で魅せる寺山演劇!
是非多くの皆さんのご来場をお待ちしています。地下鉄新宿3丁目の駅から0分、新劇場Space雑遊。70人の小劇場。三方客席ですので出来れば3回みればもっと面白いかもしれません。


今すぐ電話予約!03−5272−1785流山児★事務所まで。土・
日のチケットはお早めに!まだ余裕アリです。


※※

快晴、なに?明日は雨か雪だと!

2月の大阪での講演会、5月の熊本でのワークショップ、来年のブロードウエイ・ミュージカルの打ち合わせと滅茶苦茶の同時進行で進んでいる。楽塾の振り付けも終わって来週から本格的に後半の稽古。カラダが4つ欲しい。

明日は小屋入り、仕込み!
あと3日の稽古場である。

というのに、南小路役のクマが風邪でダウン。困ったもんである。
インフルエンザではないが次々とダウン、この期に及んでもである。

●●

それでもいつものように稽古を進める。2ヶ月近く稽古してきた歌を1曲カットする。がこれで芝居にリズムが・・・ごめんねSくん。

当初は暗転もなしにしていたが暗転も追加、音楽も削った。シンプルにシンプルに。そしてより猥雑によりぐちゃぐちゃに・・だ。

●●

1時間35分となる。最初の通しから10分縮まった。もっとスピード!とおもう俺って何だ?とにかくイライラとした劇空間。熱いエネルギーが奔流している場にしたいのだ。革命とは命が革(あらた)まるコトである。コレダ!

社会的な革命ではなく全的解放としての革命の演劇、それが1960年に23歳の寺山修司が書きのこしたテキストそれが『血は立ったまま眠っている』である。

オモシロイ、日本コンテンポラリーの傑作である。現代演劇を西洋的なリアリズムを軸としたアクター=「俳優」でなく「役者」という身体を軸にしたアジア的表現でこの等身大を超えたテキストを如何に作り上げるかでこの作品は「世界演劇」となる。そんな予感を孕みながら私達はこの若いテキストと闘っている。

●●

通し後イワヲを中心に仕込みの打ち合わせ。男たち全員で。


稽古場もギャラリーがどんどん増えている。

寒いなか11時近くに歩いて帰宅。

※※

快晴、寒い冬の朝。

あと2日!!がんばろうぜ、みんな。
1日中稽古場の日々が続いている。

アタリマエのことだが『血は立ったまま眠っている』追い込み稽古である。午前11時半から1時半までの2時間は歌と踊りの時間。30分休憩後、2時から6時までが小返し4時間。でもって、7時から通しが昨日から日曜日までの4日間の基本的なタイム・テーブル。

2時から1幕の決め、どんどん削ぎ落とす方向で。

シンプル イズ ベスト!

この期に及んで[新発見」があったりして!?

●●

通し!さらに短くなった。1時間38分。もっとみじかくなる。

で、こうなりゃ「誰もいない時間」ってヤツを「作ったりして」!

●●

9時過ぎに稽古はとる。

で、照明の金さんと打ち合わせ1時間。
そうか、そういう手があったのか!と納得。オモシロイこといっぱいやってください。『無頼漢』以来の仕事。初の小劇場!よろしく。

歩いて帰宅!寒い!

12時近く。1日中早稲田の地下にいると「世界」がわからなくなる。まあ、それもよし。

●●

あと、3日!やれるだけのことはやる!

久しぶりにJ・A・シーザー氏に電話。今回1曲シーザー氏の曲を使うから許可をお願いする。こころよく快諾、感謝!

何処にもない、熱い青春ドラマ?!が出来上がりつつある。とにかく体力と集中力。ケガがないようにと祈るばかり。
いよいよ追い込み稽古。

楽塾も振り付けだが『血は・・』のほうも振り付け稽古に入った。21日(月)12時開始、ストレッチは毎日充分やっているんだが予想通り足やら肩やら痛めるヤツ続出。それでもみんながんばって5時間ノン・ストップで動き続けた。2幕までの唄に動きが・・・。あと2日振り付けの時間をとっているので・・・。

●●

5時15分稽古場を出る。地下鉄で大手町。走って東京駅、東海道線に飛び乗って横浜。東京から30分で横浜へ着いた。6時過ぎには相鉄本多劇場に。

今日から3日間横浜演劇大学、2年ぶりのワークショップ。今回は40歳以上の大人を対象にしたワークショップ。演出家の養成セミナーでもあるので私は演出家達へのサジェスチョンがメインの仕事。

総勢12人。演出4人。2チームに分ける。テキストは今回も『夏の夜の夢』急遽時代劇ヴァージョンに変えることに。イメージとしては『オペレッタ狸御殿』と若手?演出家達に。

役名はとりあえず『七人の侍』の勘兵衛、七朗次などに、「時姫と次郎佐衛門の悲劇」ということに相成る。


で、今夜はキャスティングと唄の振り付けまで。是が面白い、65歳のおじさんをトップに50代、40代、30代後半とバランスよく集まっているが実に個性豊かなメンバーである。歌舞伎口調もスラスラ出てきて今までない「最後の夏の夜の夢」が作れそうである。3時間弱の稽古時間、果たして今回も3日間で美味く作れるか?とにかく楽しめ!とけしかけて、ちゃちゃをいれるのを楽しんでいる。

あ、23日(水)夜8時過ぎに発表会をやります。ぜひ時間のある人は相鉄本多劇場までおいでください!

●●

さすがに疲れ果てて東横線、山手線と乗り継いで帰宅。

見逃していた川島雄三監督の『州崎パラダイス』を見る。名作!役者も本も映像もすべて完璧。こんな天才がいる。いやはや、人間がいる!

※※
今日は1日セット作りというか客席作り、でもって衣裳作りつまり作業日とする。明日も振り付け日。私はあと2日間横浜!
いつものように池袋まで歩く。

今日は午前中、秋に稽古場にお願いしようと思っている元小学校を見に行く。1時間あまりで着いた。いろんな人々が使っている。芝居の稽古やら音楽の稽古といった地域のボランティアのひとたちが運営している。地域発信の劇の話やこれからの交流について話す。演出者協会の入っている芸能花伝舎とも違う下町の風情がいい。近くの喫茶店に入ると老夫婦がケーキとパン屋と一緒に珈琲屋もやっている。トーストと卵のサービスも。1時まではサービスがつくそうである。

●●

池袋の中古CD屋を覗く。ハードボイルドとタイトルされた内藤陳さんらの企画した懐かしいレコード、スプートニクス、ブラジル音楽、ジャズと買おうと思ったが金が・・・。

これまたいつものように都電荒川線に乗って早稲田へ。

演劇博物館でガジラ20年展を見る。1時間じっくり。そうか鐘下君ともながーい付き合いなんだなオレ。懐かしい写真がいっぱい。

●●

でもって、同時に開催されていた「集団の声、集団の身体」1920・30年代の日本とドイツにおけるアジプロ演劇に、つい唸ってしまった。

千田是也という青年が1927年ドイツに渡り体験したモノ。労働者革命のためのアジテーションとプロパガンダ、無名の労働者達のアジプロ劇。集団作業で作り上げる身体性に重きを置いた舞台。結局はこのアジプロ隊は戦中の戦地慰問演劇へと変容していくのだが・・・。

「ぼくは聞く、ニューヨークの26番街、ブロードウエイの片隅に
 冬の数ヶ月、夜ごと一人の男が立ち 
 そこに溜まった宿を持たない人々のため 
 通行人の喜捨を求めて 夜のねぐらを世話する、と。

 世界はそれによって変わりはしない 
 人間相互の関係が良くなりもせず 
 搾取の時代がそれで縮まることない 
 が、何がしかの人々が夜のねぐらを得 
 その夜の間は風をしのぎ 
 彼らの上に積もろうとした雪は街路におちる。
 本を下に置くな、きみ、これを読んでいるひとよ。

 何がしかの人々が夜のねぐらを得 
 その夜の間は風をしのぎ、
 彼らの上に積もろうとした雪は街路に落ちる
 が、世界はそれによって変わりはしない 
 人間相互の関係がそれでよくなりもせず 
 搾取の時代がそれで縮まりもしない。」

ブレヒトの「夜のねぐら」という詩である。
昔、プロレタリアート、今、プレカリアートの時代にも当てはまる詩である。

それにしてもメイエルホリッドってかっこいいいなあ。千田是也という人間も面白い。こういうヤツはもうでてこないのかね。世界とつながっている「身体(カラダ」と言語(コトバ)を持った巨人」たち。

 ●●

タケが風邪でついにダウンした。
インフルエンザでなければいいが?稽古場に今風邪が蔓延している。本番前に学級閉鎖だけは避けたいのだが。

というわけで、良と灰男さんのシーンが出来ず。グループのシーンをトップからあたる。
これが大変。さて、あと10日、きれずに粘り強く・・・だ。

私はいま、アジプロ劇と同時に起こったダダイズムやシュールレアリズム運動の事を考えている。[革命の演劇]の現在はMさんの言うごとく「反・経済の演劇」か?
さて、2回目の通しとなる。

5時から3幕作り、この期に及んで音楽を変える。ラストシーンのイメージががらりと変わる。もう少しである。

2008年版の『血は立ったまま眠っている』まもなく完成!
めくるめく混乱、物語とコトバの無名化。誰にも所有できないコトバ、コトバを作れ、それが愛だ、あいだ、がれそ、いだ、コトバを作れ、それが自由だ、ゆじゅう、がれそ・・・・そんなアナグラム。1960年と1970年と2008年を錯綜させねば。

●●

7時半から2回目の通し。
振り付けの北村真実先生に見てもらう。1時間40分ぴったり、2000年渋谷ジアン・ジアン版より10分近く短くなった。テンポが確実に違う。

これはこれでいい。3幕2時間半近くだったと思われる1960年版の初演の3分の2のスピード。これが半世紀の時間の流れ?

●●

9時から1時間ダメだし。
10時稽古を取る。さあ、明日から小返し。

あと10日あまりの稽古で小屋入り。いよいよ秒読み、寺山修司の処女戯曲の持つ演劇への挑発、確実に全員のモノとなりつつある。

※※

『血は立ったまま眠っている』まだ全ステージ「大いに余裕アリ」です。ぜひお早めにご予約ください。

昨日に続いて1984年版の『ゴジラ』を見る。小林桂樹・田中健主演のヤツ、30年後のゴジラ復活劇。ダメだなあ!!
昨日の初通しで最終的な方向性が決まったのでこの路線で3幕の解体作業へと・・・・ふふふ、で向かう。

乾いた熱情とでも呼ぶべきモノ・・・か。

●●

肉体訓練法も決まりつつある。この若手公演で久しぶりに「集団としての劇作り」の方法を試行錯誤しながらもう一度捉えなおしている。それにしても長い間芝居やっているしこの『血は立ったまま眠っている』というテキストをつかって5回近くやっているのにやる度に新鮮な発見があり、まったく違う作品になるのは、芝居はやっぱり「やっている役者達のモノ」だからというコトに行き着く。

常に新しい袋に酒は注ぐしかない。

●●

3幕を4時間みっちり。たぶんつなげてみると「20分にも満たない錯綜した何がなんだかわからないシーン」に見えるが実に知的につながっているある種文学的=それを寺山さんは集団的詩の朗読と言っている=シーンとなっている。

同時進行する3つのドラマ。これ現代口語演劇の小津的、脱力的ドラマと違う方法でしか出来ない集中力が必要となる。

●●

ぐちゃぐちゃのとっ散らかったとりあえずの作りを通してみようかと思ったら時間となる。お開きとする。明日5時半から通すことにした。
さて、明日は振り付けの北村真実さんに仮通しを見てもらい全体的なアクセントを作ってもらう。いよいよ追い込みに入る。

あっつ?!新白石の還暦ダンス会行けなかった!ごめん。

●●

深夜、日本酒のみながらツタヤで借りてきた昭和29年東宝映画の名作『ゴジラ』を見る。まさに名作!北村想の『ロールプレイン・ザ・バグ』の一つのモチーフ。反原爆映画の傑作。泣ける。白黒スタンダードの奥行きの凄さ。それにしても呑みすぎか5合ビンあっというまにあけてしまった。が、コレダナ。ゴジラの暴力と哀愁。
昨日13日(日)は楽塾参加者が半分ということで「オレ台詞覚える!」と宣言。帰って自宅で必死?に少ない?台詞を完全に入れることに専念する。

夜は久しぶりの西部劇の名作『荒野の七人』を見る。みんな若い、マックイーンもコバーンもブロンソンももちろんユル・ブリンナーもだ。ジョン・スタージェスは全部黒澤のパクリだが、これでいい!!

●●

夢の中でも台詞覚えていたよ、俺まじめだなあ。

で、今日14日(月)12時前には早稲田の稽古場にきちんと到着。皆さんが驚いている。いつもは1時前なのに・・・と。台詞入れたら稽古したいのが役者の生理ってもの。

楽塾の稽古ノンストップでどんどんやる!勿論オレのシーンも。トップシーンの台詞は完璧。

で、急遽3時半から前半の初「通し」!45分ぴったり。プロローグの映像シーンが3分?後半は30分あまり?これで1時間20分あまりの楽塾理想タイムで出来上がる予定。

いい感じ、前半15分には「まったく音楽を入れない」、これは初の試み。皆さんの台詞が実にはっきり。とにかく「関係性」のみで。これでいく!来週は絵美の振り付けだ!!モチロン「楽塾歌劇」いっぱい歌と踊りはありますよ!!!こちらはあと3ヶ月、充分時間はある。


●●

楽塾の皆さんが『血は立ったまま眠っている』のメンバーに差し入れのおにぎりさまざま、お稲荷さんも、漬物も、玉子焼きも、でもってトン汁、デザートのお汁粉まで。

稽古が終わったら食べます!と熱い感謝。

●●

というわけで、まったく休みとらずに5時過ぎから簡単な肉体訓練をやって1幕から音楽がらみのところを全部あたって7時半からゴーインに「初通し」!3幕はまったくやってないがやってみた!


面白かった!まったくダメなところもあるが「この芝居」面白いし、何よりも志が高い!

照明の金さん、音響の松本さんに見せるための「通し」であったがこれでいく!見えてきたゾ諸君。

●●
1時間45分あまり!2時間近くあったあったものが15分あまり短縮されたよ?

というわけで、ダメだしは明日にして楽塾の差し入れの豪勢なディナーとする。美味い。ビールも買ってきて久しぶりの栄養補給。

金さん、松本さん、井村さんと仕込みの打ち合わせ。

照明は大変そう、まあまあ楽しくやりましょう。還暦祝いのこもかぶりを開ける美味い。美味い酒。

●●

11時半過ぎにお開き。ダラダラ歩いて12時過ぎに帰宅。帰ってテレビをつけると朝青龍がすってんころりと負けている映像。昨日あんなに強かったのに。これだから相撲は面白い!!深夜の相撲ダイジェストまで見てしまったよ。

それにしても台詞が入るって気持イイものなんだな?昼夜の「ダブル通し」で早稲田の地下の稽古場を1度も外に出なかったが別につかれもしなかったもんなあ。

それにしても「今日も」稽古場に12時間!!かよ。

がんばろうぜ、皆、絶対面白いから!あと、14日ある!
今日は1日中稽古場の日。

お昼過ぎ楽塾稽古。こちらもラスト・シーンの稽古。皆さんはほとんど台詞入っている。俺が入れなきゃダメジャン。

後半結構出番があるので早めに立ち稽古に加わらねば、とりあえず来月には立つことにしよう。

役者と演出家どちらかやれといわれたら役者のほうがいいと応えることにしている。自分の劇団では基本的に役者で出るときは演出家は他人に頼むことにしている。
が、楽塾1年がかりの作品作り、オマケに今回の役は北村想があて書きで書いてるシロモノ。で、シーンはそんなにないけど「重要なシーン」なのである。

●●

4時過ぎに『血は・・・』のチームとチェンジ。

私は稽古場で音だしをしている創、クマと音響の打ち合わせ。

基本的に音楽を減らす方向で打ち合わせ。
そんなことしていたら肉体訓練の時間。ストレッチの時間20分の間うえの「北京」で五目焼きそば。


●●

6時からみっちり3幕だらけ、ラストシーンまでイメージを伝える。台詞も動きも滅茶苦茶に入り組み錯綜し「劇の解体」が行われる3幕をどう「面白く」つくるかがこのテキストとの戦い。


何とか最初の手がかりは出来た。ちょっと息ついたら稽古場の時計は11時近く。ごめん、太郎帰れないよ、クマもタケも創もバイトおくれちゃうよ、とバタバタ。で稽古を取り、その後もコーラス稽古、ハモリも入れるため。

で、久しぶりの飲み会となる。
私は12時近くに稽古場を出る。きょうも12時間ミッチリ、早稲田にいたよ!!
お昼、21日〜23日横浜相鉄本多劇場で行われるシニア演劇ワークショップの使用台本を本多劇場にメール。首都圏でははじめての中高年のための演劇大学。40歳以上のみなさんを中心にしたワークショップ、ぜひ多くの皆さんの参加をお待ちしています。


この3日間は昼が早稲田、夜は振り付けと音楽稽古にして横浜行きである。1年前に決まっていたことなので致し方なし。

●●

お昼過ぎ豊島区中央図書館に去年返却するのが遅れていたCDを返す。で、50年代のジャズを何枚か借りる。今回の芝居の参考資料。

結局2時間あまり図書館にいた。借りたのは唐さんの本3冊。久しぶりに現代日本戯曲大系なんていう本まで借りてしまったよ。

●●

で、図書館前に再び復活した「大勝軒」にいく。つけ麺が超有名なラーメン屋。自宅のアパートの近くにある「べんてん」と似たつけ麺。東池袋にむかしからあった中華そば屋。私は中華そばに。量は凄い。が麺が美味い。満腹。

taisyo.gif


●●

都電に乗って早稲田へ。

1時間の身体訓練。弘子とイワヲが稽古場に、直美、アマンの蹲踞にダメだし。

いつもより15分短縮版。

6時から1幕・2幕「通し」!

7時半から10時半までみっちり再び1幕。
で、結局舞台を3面の客席で囲むことに、つまり最初の設定に戻すことにする。これで、客席は70席作れる。

●●

来週中に音楽、振り付けシーンを決めなければならない。宇崎さんの歌とインスト部分の曲決め。

名曲ばかりです!50年代風のジャズ風の音楽。

イワヲと11時近くまで打ち合わせ。久しぶりに演出助手、衣裳のいない現場、役者たちが各パートのチーフになって動いている。

夜歩いていつも帰りに酒の肴を買うスーパーが休みであった。困った、コンビニでつまみを買って12時前に帰宅。風呂に入りビールと日本酒で読書。


※※

最近の劇評5本がホームページに載っています。『オッペケペ』『続オールドバンチ』共に好評。うれしい限りである。