公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
いつものように「みっちり」稽古。休みなし。

今日から積極的に決めていくことにした。とりあえず、劇空間を各幕ごとに決めて次の段階に。

1幕を4時間かけて音楽も仮のものを使って・・・・。

明日1幕を通してみる。でたぶん明日も4時間かけて1幕なんだろうなあ?

●●

関係性をキチンとお互いに作っていく、その原点を突き詰めるしかない。いい顔にみんななってきた。これからだ。

●●

相手役と「物語を運ぶということ」!!これだけである。それにしてもオレ1日中稽古場にいるなあ!!もう。

でもホント面白いです。『血は立ったまま眠っている2008年版』ぜひご来場kudasai.
まだ、席には充分余裕アリです。
夕方香港のE−RUNサンとあう。

今年9月〜10月にかけて中国の女優さんたちとコラボレーションして作る予定の『狂人教育』の打ち合わせ。一緒にやる予定のワンさんと顔合わせ。長身の美人女優。6月にワークショップ、雲南の視察と6月から準備が始まる。

また、来年予定している『ハイ・ライフ』ワールド・ツアーの打ち合わせ。韓国・ロシア・中国を廻る『ハイ・ライフ』っていいじゃん?!

また、中国で1本作品を作ってくれという北京のプロデューサーのオファーに来年10月・11月の2ヶ月を開けて応えようと思っているのだが・・・具体的にツアーを含み3ヶ月日本からおさらばすることを決めなくちゃ・・・・そういうことだ。アジアの「流しの演出家」ってカッコイイ。

●●

5時から1時間いつものように肉体訓練。2人も稽古をたのしそうにみている。

6時半から1幕・2幕の「通し」。長い1時間半、これでは確実に2時間を越える。あと10分短くするしかない。あとテンポ!

それにしても、ダメなところはまったくダメ!!

ダメだし。まあ、出来てないんだから「ダメだし」でもないか.

1幕から作り直し、10時すぎまで。まあ、じっくりやるしかない。台詞は入っているんだから大丈夫。

●●

井村さん、イーラン、稽古を見に来ていた美術家のEさんと馬場のヤキトン屋さんで軽く飲む。ねぎ盛が美味い。3皿も頼んでしまったよ。中国演劇についてイロイロ話す。

あと20日あまりで小屋入りか。じっくりゆっくり作るしかない。
というわけで7日(月)お昼から全員で『血は立ったまま眠っている』仮セットを立てる。

稽古場の真ん中に四角い空間、何もない。

何もない空間にただ役者がいる。小道具もなにもない、役者の「関係のドラマ」だけが立ち上がればいい。

潔さと危険さを孕んだ劇空間。そこは四角いジャングル!!

でもって、暗転も舞台転換も何もない!どうやって場面を劇的腕力で変えていくか?が役者の力にかかっている。この方法でテラヤマの強靭なテキストと闘うことを決めた。

テキストを食い破るチカラだ!!

●●

「七草粥」を米山さんが作ってくれた、感謝。

役者のイメージする衣裳とやらも少しずつ出てきた。今日から舞台監督の井村さんも参加。

新年3日からの稽古3日目で本格的な「立ち稽古」に突入。

一応2幕まであたった。明日は1幕と2幕を「通し」てみて3幕に入る予定!!今週末には仮の通し。来週中には振り付けに入りたい。

●●

肉体訓練のメソッド化も、@ストレッチ、A腕立て伏せ、B腹筋、C背筋、それぞれ目標100回(現在55回)Dブリッジ、E摺り足、発声と組合せのF蹲踞、G股割り、H六方、I緊張と弛緩と発声のセットで丁度1時間のヴァージョンを作り出した。様々なカラダのヴァリエーションを試している。丹田を軸にしたカラダとコトバと距離を探る基礎的なメソッドというより「基本の訓練」方法を劇団として行う《原点》回帰。これはイイ。

●●

私のタバコ休憩のために約5分の休憩2回のみ、ノンストップで10時20分近くまで。
半分のメンバーはその後バイト。深夜の労働者である。普通の人間の倍の人生を生きることってこういうこと。

●●

いつもの日常どおり行きも帰りも歩くことにしている、ライブ前の2ヶ月は唄の稽古も兼ねていたがこのところそれをやっていない。そうだ、ブルースの稽古しよう。

でもって、『ロールプレイン・ザ・バグ』の台詞も。1回も稽古していないし・・・・。

アマノに電話。ごま君の戯曲第1稿の感想を聞こうと思っていたのだが
まだ、届いていないとのこと。

高取英の年賀状、63のカブまではまだまだですね!と来た。三坂頑張ってるよ。

●●
nenga.gif

今年の年賀状とこんど池袋の新文芸座で上映予定の「東映オールスター時代劇映画特集」のチラシ。

佐々木康監督の実にくだらないこの映画群、一見の価値ありです。オレ毎年正月映画館で見ていたっけ。

●●

昨日の夜メールで送ってきたごまのはえの新作書き下ろし6月公演台本『双葉のレッスン』の第1稿を読む。

面白い、が・・・・。

それにしてもごま君偉い!1月に第1稿、2月に第2稿で3月「キャスティングのための本読み」で最終稿を上げる予定。ごまのはえとのコラボはじっくりゆっくり時間かけて。。。だ

アマノの感想も聞きたいがヤツはメールがないので台本を送るしかない。来週だな。

●●

『血は立ったまま眠っている』絶好調で稽古中。

5日は美術の水谷さんが稽古場に。最終的な美術プラン。この芝居ではセットも衣裳も全部役者達が作ることにしている。人材育成公演のもう一つの狙い。

最近はセットも衣裳も発注というのがほとんどだが今回は「芝居作りの原点」=手づくりにこだわる公演である。

なんとか10時半過ぎに決定。あさって7日のお昼過ぎから実寸の仮セットを組むことにする。こういうときは冨澤力を中心としたメンバーがきっちりやるからうちは凄い。スタッフとしても超一流の集団である。

●●

12時近くに帰宅。

ごま君に電話。読後の感想を言う。

芝居まみれの日常が始まっている。元気に行くぜ!!

※※

今朝も快晴。日曜日。今日は1時から楽塾。今年も休みなしである。楽塾もあと4ヶ月稽古!やることはいっぱいある。


それにしても北村想もごまのはえも俺の役を「裸の大将」のヤマシタ キヨシさんで書いてるんだけどおれって、キヨシさんにそんなに似ている?!うん、似ているな。
さて、稽古再開。

今年も早稲田の日常が始まった。早稲田のシャノアールで台本を3回読み直し顔洗ってしゃきっとして今年初の稽古場へ。

5時、稽古場に行くとなぜかケラリーノ・サンドロヴィッチがいた。穴八幡近くのお寺にお父さんの墓があるとの事、いい息子だなあ。それにしても久しぶりである。

新年の挨拶と還暦のお祝いということで一升瓶1本ぶら下げて。役者達が肉体訓練をやっている間の40分あまり馬鹿業界の話。来年かさ来年あたり1本演出してくれよと誘う。『どん底』は俺もやりたかった作品、いつかやるよとはなす。あとで知ったんだがケラは3日45歳の誕生日だったとの事、おめでとう。10〜15歳年下の演劇的戦友たち、坂手、佃、鐘下、深津、アマノといった世代の連中とはなぜかこれからもながいつきあいになりそうである。

●●

6時過ぎから10時まで5分位の休憩をとったがノン・ストップで1幕の稽古。4時間怒鳴りまくっていて声がかれてしまった。それにしても、しんどいテキストである。

ジョートーやんけ、ヤッタロー!じゃんになってしまう。血圧が上がりすぎ、ちょっとゆっくり、じっくり。

甲津拓平がずっと稽古場で稽古を見ていた。まだ、台本があがってなく稽古が休みとのこと。大変だなあ。塩野谷、弘子、拓平、上田と外部出演の新春である。

●●

初稽古というわけで勿論飲み会。

ケラの1升ビンをあっという間に空ける。

1時過ぎまでいて帰る。


※※

還暦祝いでS君からもらった薔薇がすべて開いてしまった。綺麗!

bara.gif


久しぶりにパンチング・バック相手に10分汗を流す。今日からストレッチだけでも一緒にやろう。カラダがカタイ。
さて、『血は立ったまま眠っている』今年最後の稽古である。

1年365日のうち300日ぐらい「稽古場にいる日」が25年間?続いている。まあ、1年間で「劇場にいる日」が60日ぐらいか?つまりそーゆーことだ。

今年も結局12月30日までかよ!「休み」っておれ、あったっけ?

で、還暦ライブに味占めて来年末にはテラヤマ・ソングライブを夢想してたりして?!

●●

豊島区中央図書館から借りた本を返さなきゃと池袋まで歩く。が昨日とっくに閉館!トホホ、CDは来年持っていくしかない。それにしても久しぶりの散歩。

で都電荒川線のレトロ電車に乗って早稲田まで。

事務所に行くと出来立ての年賀状!還暦ライブの写真の年賀状。


●●

5時から6時過ぎまでみっちり肉体訓練。どんどんみんなの息の合う訓練で今までにないほどカッコイイ「緊張と弛緩」の動きとなる。このバージョン、来年もっといろんなことを試そうと思っている。

コトバとカラダのメソッドを!!

●●

6時半から1時間半。『血は立ったまま眠っている』これまでやってきた2日間の自主稽古の成果を見るためにノンストップで1幕・2幕を「通して」みる。ほぼ完璧に?台詞は入っていた。

途中で照明の金さんが稽古場に。


8時過ぎにダメだし。というより一人一人のキャラクターに対するサジェスチョン。この若手達が今後の劇団を現実的にリードするメンバーとなるのである。きちっと来年から作る!!!


9時過ぎに稽古を取る!お疲れ様、来年もよろしく!!である。

みんなは飲み会。私は帰宅。還暦祝いで送ってきた花束をいっぱい持って。でもって、越の寒梅の1升びんもって、衣裳も。持てないのでタクシー。


※※

というわけで『血は立ったまま眠っている』只今絶賛前売り中です。
全ステージ「大いに余裕アリ」です。が、定員70人足らずの小劇場です。なるべくお早めに予約ください。!!

劇団メール予約がお勧めです。

というわけで、最終稽古。31日から正月2日までの3日間はお休み!3日夜から稽古再開!2月1日の初日に向けてヒートアップで作り上げます。
歌って踊って恋をしてのテラヤマ処女戯曲。手ごわい詩的なドラマ。瑞々しさを持った23歳の若きテラヤマの天才!ぶりがここにある。見逃したら一生の損である。


今年もあと2日かよ!

あれ、町田康が中原中也を追っているよ?!ふーん、パンクとダダイズム!

で、遅ればせながらDVDで『パッチギ ラブ&ピース』(井筒和幸監督)を見る。今回も大いに泣かせて笑わせてくれた、でもって井筒さんは「社会=歴史に対して怒ること」という人間と映像芸術の原点見せてくれる娯楽映画のいまや巨匠である。羽原大介という若手?の脚本家に最近注目。直截なコトバがいい。


※※

というわけで、来年もよろしく!で寝正月と。ちょっと読書、ちょっとDVD、ちょっと散歩・・・ってとこか、ビンボーだがなんかジユウって気分の3日の「休み」。
ついにあと2日。2時集合3時半通し開始。

ほぼ完璧に出来上がりました。ラストの「白浪五人男」のシーンもメチャかっこいいものに。音楽も今日変えてソレでおしまい。
上演時間一時間33分ノンストップの不条理?アクション喜劇が出来上がりました。こうなりゃ10分あまりカットしたシーンで「復活させたいシーンが5分ぐらいある」がおいそれとソレは出来ないのがこの座組み。佃君にはわるいがこれで行せてください。それにしても稽古終盤になってどんどん「戯曲の力」が見えてきた。いい脚本にいい役者である。演出家の力など屁みたいなもの。それにしても若手達がもう少しがんばるしかない。ま、この若手は今年1年かけて徹底的に鍛えるつもりだが・・・・。

●●
稽古場のギャラリーも賑わいを。NHKニュースの「おはようニッポン」のクルーのカメラが回っている。

塩野谷正幸、岩淵さん、楽塾の小森さん親子といった人たち。

稽古後NHKのインタビュー。

幟を作るのは予算の関係でボツとなった、去年も何とか赤字にならなかったのはNHKの芸術劇場の中継料が入ったおかげ、今年はないのでなんとかとんとんになればいいというのが私らの思いだが。そういった意味で全ステージ満員御礼が今回も目標!スズナリは150人あまりしか入らない小劇場。されど2000人近くのお客さんが全国から詰め掛ける芝居。がんばるしかない。幟は来年本多劇場公演にまわすことにする。


●●

で、久しぶりに22坪に。1時間以上遅れて参加すると塩野谷、びん、谷、中村さん、瓜生さん肝さんらの「のん兵衛たち」はすでに出来上がっている。話はいつのまにか北京のトイレ事情から田舎にあった「肥溜め」の話に。で、なんと30分以上の激論となる。いつから糞尿処理車が走り出しお金を取られるようになったかとか、火野葦平の『糞尿譚』まで薀蓄ある会話。


10時前に帰宅。DVDの『ユメ十夜』の残りを見る。今年、見た映画でとにかくサイテーの映画であった。

●●

でもって、こんな夢を見た。南の島に観光旅行していたのだが山の上で突然世界が氷河期を迎える。湖は凍りだし、雪も。でもオレ半ズボン。でも凍らない、おかしいジャン?で眼が覚めた。あのくだらない映画のせいである。

今夜はバラシが早く終われば早稲田松竹でケネス・ブラナー監督の『魔笛』を見ようと思っているのだが。

※※

日曜。快晴。

さて今日は1時集合、軽く歌稽古。2時から最後の通し、その後稽古場片付け搬出準備。明日は朝から下北沢ザ・スズナリ入りである。


※※

なお、2月公演寺山修司没後25年メモリアル『血は立ったまま眠っている』の前売り予約も受付中!!
ついにバンチたちは最終地平へと辿り着いた。

いつものように歌稽古1時間のあと3時から1回目の通し。ほとんど完璧。

差し入れもチョウゴウカ。麻布十番の鯛焼き、下北沢アンゼリカの味噌パンやら沢山。ギャラリーも沢山。ほとんどの劇団員が通し稽古を見に来ている。

夜の通しの前に若手の稽古。

さあ、7時から2回目の通し。

さすがに疲れは見えるものの何とか踏ん張る。1度もプロンプなし。河童さんや岡島君らのギャラリー。

10時前に稽古を取る。今日は10時間以上稽古場に。流山児★事務所の普通の公演の追い込み稽古同様となる。

明日は2時集合3時半に1回通しとする。もう大丈夫!!!

●●

まだまだやることはいっぱいある。映像のダメだしと転換のことなど。若手の稽古も。


12時近く帰宅。
あと2日。来週は下北沢入りである。

※※

『続オールドバンチ』前売りチケットは19日昼21日昼のみ「余裕アリ」です。初日前には完売必至です!とにかくお早めにご予約ください。今すぐ03−5272−1785まで。なお2月新宿スペース雑遊公演『血は立ったまま眠っている』の前売り予約も開始しています。こちらもお早めに!!
5日夜稽古を終えて夜9時過ぎ西新宿:芸能花伝舎にある日本演出者協会事務所へ。

2007年度若手演出家コンクール「優秀賞」選出の選考会。
13人の若手演出家の今年度のベスト4を選ぶ審査である。
篠崎、大西、青井、西沢、貝山、森井、七緒、流山児の8人に和田さん。瓜生さんはFAX参加。

今年は全体的には低調。消去法的選考となる。

みなさんの意見もほぼ同じ。

が、選考は近来になく「ヒートアップ」した。いつもだったら3時間ぐらいで4人の選抜が終わるのだが今年は久しぶりに深夜2時過ぎまで激論となる。昔は朝4時過ぎに決まるということもあったが、今回も互いの演劇論、次世代への思いと休憩なしで2時過ぎまで。まあ、わたしが粘りに粘ったのは事実だが。まあ、それにしても若手演出家コンクールの審査は面白いし、私自身の勉強になる。

なんとか4人を決定する!!ヘロヘロになる。貝山さんは結局帰れずホテル泊。

で、和田さん、森井さんとお疲れ様というわけで始発の時間まで居酒屋でビール。今後のことを喋る。

帰宅したのは4時過ぎ。タクシーが値上げになってたことに初めて気づく。初乗り710円!もうビンボー人はタクシーには乗れないなあ!!酔っ払っても新宿ぐらいだったら歩くしかない。朝まで飲んでるてめえが悪い、いい年こいて。

●●

バタンキューで寝ようと思ったがなかなか寝付かれず6時過ぎに寝る。オマケに今日6日(木)午前10時から劇団協議会で行われる国際部の会合のこともすっかり忘れていた。電話で起きるも「ゴメンナサイ」ということに。本当にゴメンナサイ。

●●

12時過ぎに稽古場に。戌井さんが朝日新聞の取材。

ラストシーンを全面的に作り変える。とにかく楽に!楽しくラストシーンだ!これでいく。メチャクチャ皆さんが楽になった。

小返しのあと4時から通し。で日経のK記者の取材。バンチのメンバーと私。「通し」も見てもらっての取材。大きく扱う特集らしい。

ほとんど出来上がった。プロンプなし最後までキッチリ上手くいく。

で、7時から一時間若手の稽古。

で、創と歌稽古。事務所にいくと西日本新聞の「劇的九州人」の記事が送られてきていた。三谷、つか、山崎、若松、岡部、松本雄吉といったメンバー、私の次が野田?。九州はまさに演劇人の宝庫だな。

●●

11時過ぎに帰宅。

当日パンフの原稿を何とか書き上げてDVD『ユメ十夜』の後半を。


いつのまにかあと3日!ついに秒読み。

明日は2回通し!



●●

というわけで?『血は立ったまま眠っている』6日メール予約開始しました。7日(金)から電話予約も開始です。

お早めに!!
あと6日。

昨日に続いて歌と上手くいかないところの小返し稽古。

4時から「通し」。

いい今迄で一番いい感じでラストまで。ただし2箇所止まる。明日は一切のプロンプを入れない事にする。あと5日!
映像シーンを短くすることにした。工藤さんに電話。

●●

6時半過ぎに稽古を取り渋谷へ向かう。

最後の若手演出家コンクール第2次審査。渋谷ル・デコでバングラッシー公演『許してちょんまげ』(作・演出:河原啓太)を見る。ゲネプロを篠崎、森井、貝山、西沢、流山児の五人の審査員が見るという特別公演。というのも11月中が審査期限、だからこれは特別審査である。

今年は13本のうち8本を何とか見る。今年の感想は近来にない不作、というのが正直な感想。とりわけ東京の小劇場シーンはその衰弱振りは眼を覆うばかり。ああ、明日の夜9時半からの芸能花伝舎での審査会が億劫である。今回は「消去法」から選ばざるをえないなあ。もう一度じっくり考えてみよう。

●●

10時過ぎに帰宅。久しぶりにゆっくり読書。

ミシマプロジェクトのチラシ原稿作り。

※※

いい天気である。岡島君にパラダイス一座の幟の発注。去年急いで作ってペンキが雨ににじんだから作り直し。流山児★事務所の幟もついでに発注。

とにかく旗を掲げて・・・・だ。

あと5日。NHKニュースの「おはようニッポン」のクルーが入ることに決まる。朝日、日経、読売と次々に取材も決定。もうすぐ本番!の態勢。1週間後は「初日」である。さあ、皆さん、もうひとがんばりですよ!!

インフルエンザの猛威。手洗い、うがい励行。