公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
今日からバンチ追い込み稽古1週間。

11時過ぎから映像シーンの残りの撮影。若き日の戌井さんの役のびんちゃんの4カット。若杉宏二、李麗仙、藤井びんの豪華キャストである。

その後岩淵さんの出来上がった映像を見る。去年以上の凄い映像が出来上がっている。ご期待ください、私もチョコット出ています!!!

●●

稽古場に全員集合。舞台監督の森下紀彦さんも加わって去年と同じ最終布陣。森下さんは昨日まで麟光群のツアーの舞台監督を務めていた。

基本的に稽古時間は昼1時から夜9時。

一挙に倍の稽古時間となる、いくらなんでもということで基本的には1時〜7時の6時間とする。

1日の休みがあったので歌・動きのチェックと小返し4時半までみっちり。

●●

4時半から「通し」。かなり面白くなる。

が、さすがにみなさん疲れ果てているのが見えた。明日はスタッフの関係で今日と同じようなことになるが明後日からまず「通し」をやって、ダメなとこ上手くいかないとこのチェックのための稽古とすることにする。

それでも皆さん滅茶苦茶よくなっている。バンチの芝居を昔あった文士劇の延長ぐらいにしか思っていない御仁もいるらしいがまったく違う。何処にもない演劇の凄みを持った「無償の演劇」がここにある。

●●

7時過ぎに稽古を取りひさしぶりにうえの中華料理屋「北京」でビールと紹興酒。瓜生さんと中村さんのいつものメンバー。北京のおばさんにチケットを頼まれるも「キャンセル待ち」の予約しか受けられず。


9時近くに帰宅。歌の稽古。

雑誌を数冊読んで就寝。

なぜか今日は岸田理生サンのユメ。きのうの唐さんとの競演やらリオさんの芝居のユメやらどんどんヘビーなアングラのユメ。これはこれで面白い。
今日も1日中稽古場。

それにしてもおれって稽古好きだなあ、というより稽古場好き。

お昼過ぎから歌稽古を中心にして全体をあたってみる。今日から「野鴨」のロングラン公演を昨日終えたばかりの藤井びんも参加。久しぶりの全員集合。戌井さんは今夜は歌舞伎座の舞台稽古とのこと。

3時半まであたってさあ「通そう」と思っていたが衣装合わせとなる。バンチのメンバー全員の衣裳から決めていく。みなさん役に合わせてみなさんどんどん決めていく。でもって今度は若いときの殺し屋たちと進めていく。「馬子にも衣裳」というけど・・・・若手たちがそれなりに。

ということで結局6時近くまで。明日は最後の休日、皆さん是非じっくり「台詞と歌と踊り」完璧にと!お願いする。

●●

6時から楽塾。

お休みのヒトが多いので稽古にならない。それでも代役でなんとかいつものところの復習。楽塾は常に復習の日々の繰り返しである。6カ月がかりで稽古するので別にあせってはいない。1ヶ月土日稽古、8日間で少しずつ進んでいけばいいのである。

10時で稽古を終え忘年会で歌う歌を口ずさみながら帰宅。

夜は久しぶりのDVD『墨攻』『ユメ十夜』。

●●

10時まで10時間ほとんど外に出ないで地下の稽古場にいると少しきつくなった気がする、年のせいかな?


明日は父母の墓参り。親父の命日の前にいったが今度は母の命日には本番中なのでたつまと少し早く行くことにした。明日も夜は楽塾の稽古。

※※

久しぶりに朝から晴れ上がる。いい天気である。
昨日は来年春2月〜4月に予定しているMISHIMAワークショッププロジェクトの「企画書」書き。

流山児★事務所では初めてのキャスティング・オーデション&ワークショップで作り上げる作品作りを今考えている。所謂プロダクション・ワークショップ。

三島由紀夫の「近代能楽集」をテキストに「演劇の原点」を探りたいと思っている。是非多くの皆さんの参加を待っています。

●●

時々このブログに掲載しているのでご存知だと思うが今年度の「新人募集」も始まりました。

流山児★事務所は「次の5年」の活動を担うメンバーとの出会いを待っています。創作劇、海外戯曲、海外公演、歌舞伎、テラヤマも唐も三島も北村想も中高年演劇も高齢者演劇も何でもやってしまう劇団。たぶん「世界にそうはない劇団」です。これはおもしろいとおもいますが、いかがなものなんですかね?何でもあり!が俺は人生だと思っているから。ようは「やる気」。この劇団でナニがしたいか!と思ってなきゃ、勿論しょうがないけどね。

●●

そんな劇団のやる「MISHIMA!近代能楽集」ワークショップへの参加待ってます。


●●

5時過ぎから昨日の振り付けのおさらい。でもって、最後までうまくいかないところのチェック。

6時半からクライマックスシーンのステージング。これでいく!

7時45分から通し。照明の沖野さん、音響の赤目さんも。

一時間35分。キッチリできあがりつつある「通し」となる。明日もう一度戌井さん、「野鴨」が終わって参加する藤井びんちゃんが加わっての「通し」となる予定。

今日は瓜生さんの83歳の誕生日。おめでとうございます。瓜生さんは凄い。こんな83歳におれなれるかなあ?

●●

稽古後打ち合わせを終えて12時近く帰宅。

鍋を作ってビールと缶チューハイ。1時近くまで・・・・ちょっと疲れている。

いつの間にか12月!「小屋入りまであと9日!」である。ついにカウントダウンである。


※※

『続オールドバンチ』前売り状況。12日から17日は「完売」。18日(火)19日(水)夜20日(木)は「残席僅少」19日(水)昼21日(金)は「残席大いに余裕アリ」です。今すぐ予約を!!03−5272−1785流山児★事務所まで。
27日(火)、大谷真一の訃報に続いて映画プロデューサーの金子正且氏の訃報が届く、愕然。89歳、演劇団旗揚げのころからずっと私たちの芝居を見続けてくれたヒト。1985年の初監督作品『血風ロック』のときヨコハマ映画祭自主映画製作賞を受賞したときの映画祭審査委員長。
私たちが日本映画の名画を見続けていた銀座並木座の支配人。伝説のヒトである。最近、劇場に来ないなあ?と心配していたが・・・・訃報に絶句。2日続いての悲報。合掌。生きている人間がキチンとするしかない。

※※

28日(水)パラダイス一座昼間稽古。戌井さんが来れないので1幕を中心に徹底的に稽古。本多さん肝さんのコンビがどんどんよくなってゆく。

夜7時半笹塚ファクトリーでLIVESプロデュース公演『恋の妖精』(大浜直樹・作演出)を見る。2時間10分。演出家協会の若手コンクール。追い込みである。

11時前に帰宅。西友で刺身とビール、缶チューハイ。

来年の「MISHIMAプロジェクトの企画書」作り、朝5時近くまで。
私自身が今までそんなに三島の戯曲をキチンと読んでいたことがないということに思い知らされるこのごろである。能の物語と三島の物語の両方をキチンと批評しながら私たちの「能楽集」を創ればいいのである。

役者も木内尚、イワヲ、立原麻衣といった面白いメンバーがそろった。ここから4年がかりのMISHIMAプロジェクト、ゆっくりはじめようぜ。きっと面白くなる!!だっておれがキチンと「新劇」として作る気?なんだもん、これって凄いことだぜ。

29日(木)寒い冬。

で、ほんの3〜4時間近く眠って飛び起きピロシキ食ってお昼前に稽古場に走る。

西日本新聞の取材。「九州の演劇人」という特集。私、若松了、野田秀樹、松尾スズキ、三谷幸喜ほかといったメンバーらしい。というわけで昔話他イロイロ一時間あまり、寝てないのでなに言ってるんだか?のボケ老人。


そのうちにみなさんが続々稽古場にいらっしゃる。

●●


今日はお昼1時から夕方6時近くまで北村真実さんの振り付け。

これがメチャかっこいい。トップシーンの「東京五輪音頭」「黒い花びら」「同期の桜」「すみれの花咲く頃」「黒の舟唄」「地上の星」の6曲のなかでバンチたち五人がどんどんカッコよくなって進化していく。

これでいい。凄いなあ。

戌井さんの文学座『華々しき一族』は今夜が初日とのこと。ぜひみなさん文学座アトリエへ。

でもって明日から歌舞伎座の演出!?ってホントかよ。このヒトはほんとに凄いヒトである。

で、夜久しぶりに馬場で焼肉めちゃ食い酒は生ビール、梅サワー、でもって熱燗2合、で頭くらくらで帰宅。とにかく今夜は早く眠ろうと思っているが・・・・・まだまだ呑めそう。

※※

『オールド・バンチ』の前売りチケットは18日から21日までが「余裕アリ」です。とりわけ19日(水)21日(金)昼15時の回が「大いに余裕アリ」です。ぜひこの2ステージをご利用ください!!!
うれしいお知らせである。やっと唐さんの『由比正雪』を来年上演できることになった。
唐さんの唯一の時代劇、1968〜69年に上演されその後一度も上演されていない「幻の名作」と呼ぶべき作品。

「特権的肉体論」という状況劇場の肉体群が生み出した作品である。私はこのとき状況劇場の研究生、もっとも思い出深い作品である。大島渚監督作品『新宿泥棒日記』に舞台のシーンと紅テントが挿入されているので是非見てもらいたいものである。

●●

そんなうれしい電話のあと、大谷真一の訃報が届く。愕然とする。

『無頼漢』で15年ぶりに一緒に芝居をやったあと癌を発病、故郷の熊本玉名で療養を続けていたのだが。若杉宏二と同期のまだ40代の若さである。理不尽な死に歯軋りする思い。

大谷は流山児★事務所の旗揚げの頃で同時に劇団活動をしていた「演劇団」に参加。前田こうしん、南雲京子、坂上雅一といったメンバーとともに活躍していた。流山児★事務所の初期の代表作『悪魔のいるクリスマス』の少年役で前川麻子と競演したりした。若杉といい意味でのライバルでポスト塩野谷の最右翼であった。塩野谷正幸はこの二人をよくかわいがった。『悪魔・・』新潟公演は塩野谷正幸の故郷浦佐であった、それこそ連日朝まで飲み続けで大谷を引きずりまわしていた。

90年の「演劇団」の解散後、前田こうしんや青山勝らの「道学先生」という劇団に出演したりしていた。前田とは一生付き合った、熊本コンビである。「ザ・孫悟空」という芝居で熊本の演劇フェスティバルにいた頃を思い出す。その後に大谷は入ってきたのか?『寿歌U』野カリオもよかった。

『無頼漢』でひさしぶりに一緒に芝居をやったが、コイツやはりタダモノでないと思ったものである。『流山児マクベス』の殺し屋、『流山児ハムレット』のギルデンスターンの役は世界に類のないモノであった。

昨夜、大谷を偲んで稽古後、朝2時近くまで大谷の昔話を肴に「通夜」よろしく飲んだが沖田乱曰く「イタリアの役者」みたいなスケールの大きい役者だった!に笑いながら泣いた。竜一が『無頼漢』の稽古場で大谷が「僕癌なんですよ」と塩野谷正幸にいって塩野谷が「お前は癌なんかじゃない!」と大谷のおでこを何回も殴っていたし、大谷もけっして起こらず何回も殴られていた。その愛情溢れる先輩後輩の光景を思い出し涙ぐんでいた。

劇団活動40年。様々な戦友たちが彼岸へと旅立っていく。

大谷、お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。

●●

1日中、稽古場。

お昼12時から6時半まで「バンチ」稽古、4回目の「通し」

日刊ゲンダイの山田さんが還暦祝いの日本酒を持って稽古場に。ありがとうございます。わざわざ私の名前の入ったモノ。焼酎に私の名前の入ったモノを伊藤弘子から、そんなにオレって酒好きに見えるか?見える!

夜8時から10時半まで「血は立ったまま眠っている」キャスティング決定本読み。

その後、ささやかな呑み会というか、大谷を偲ぶ会2時まで。考えたら外に出ていた時間はタバコをすうときだけ。あれ、1日2箱吸っているよ!
お昼から楽塾。

いい感じで進んでいる。振り付けもシーンのことも役者たちが考えて遅々としてであるが着実に・・・。

3分の1あたりまで。今回は「トップの歌・SE」以外は一切音楽なしで20分あまりが経過する。考えてみたらほとんど私の芝居ではありえないことである。どんなときでも音楽が入る。これもイインジャナイ。

稽古を終わろうとしたとき絵美が稽古場に。急遽、今のトコロみんなで考えた踊り?らしきものを見てもらう。いつものことだが12月の声を聞くと振り付け。11年目の楽塾。それにしてもこの人たちは天才だと思う、「何処にもない芝居」を滅茶苦茶のエネルギーで作り上げる脅威の「劇団」に成長した!

●●

5時からいつもどおりの稽古。びんちゃんが今日はマチネのみということで稽古場に。
7時半から3回目の通し。ほぼ完璧に台詞も動きも。一時間35分。5分短くなった。ダメだしが終わったら稽古30分オーバー。スミマセン。

受付ボランティアのA君、びんちゃんの友人のB君、制作の岡島さんらギャラリーがどんどん増えていく。本番近しである。


●●

25日(日)これまた1日中稽古場。
楽塾、「ゴジラ」のシーン。これもっと面白くなる。北村想ワールド全開である。考えてみたら35年の付き合いの友である。

9時過ぎに稽古を取り、諏訪創と劇団の忘年会に予定している「還暦コンサート」の曲の打ち合わせというか、結局「演劇団時代」の劇中歌の演奏は結局「ほとんど作・編曲?」ということに。夜中12時近くまで。のどがかれる。「西銀座駅前」「アカシアの雨がやむとき」「恋をするなら」「小指の想い出」といった歌謡曲の稽古も、これが面白い。

帰宅するとうれしい電話。やった!というヤツ。そのうち書きます。

まあ、佃がよく「流山児さんは稽古好き」というがオレ稽古場がすきなのである。365日稽古場にいても全然飽きない。うん、確実にビョーキだな。
22日20世紀バレエ団のモーリスベジャール氏死去の報。ジョルジュ・ドンの「ボレロ」が有名で私もファンであった。「ザ・カブキ」や
ロンドンで見た「チャップリン」も面白かった。ベルギーからスイスにに本拠地を移してからも積極的に海外公演を行っていた。合掌。

●●

寒い冬。近年にない冬らしい冬の年になるらしい、スキー場もことしはもう滑れるとの事。

お昼すぎ、久しぶりに森下まで。1時半ベニサン・ピットで公演中のハナケンゴ公演『フォービドン・ゾーン』を見る。1時間半、ハナケンゴの世界、まあ同世代のパフォーマーたちのカーニヴァル、所謂「キャバレーショー」。最後に悪源太義平登場。元気はつらつ。楽屋に行く、来年は一緒にやろうなと話。

水天宮まで歩く。人形町の蕎麦屋で天ぷらそばの早めの夕食。4時過ぎに稽古場。

今日は後半をもう一度当たって2回目の「通し」。振り付けの北村真実さんに見てもらうためでもある。まあ、来週から毎日基本的には「通す」つもり。

●●

まあ、前半はこれまた4日ぐらいやっていないのでテンポが悪い、これはちょっと稽古すればいい。そういった意味ではこの3日間やった後半はほぼ完璧!まああと15日、十分時間ある!稽古時間30分近くオーバー、ダメだしというか気になるとこは明日にする。

一時間40分、まあ5分は短くなるだろう。これに映像。一時間40分あまりの上演時間になる予定。

稽古後、北村真実さんとちょっと打ち合わせ。そうか!フォーメイショんか。

佐藤治彦氏が稽古場にひょっこり、私の還暦プレゼントを持ってきてくれた。治彦さんはスペース早稲田で初舞台を踏んでいるのである。

●●

寒風の中、早いウオーキングで帰宅。図書館で借りてきたアゼルバイジャンの音楽を聴きながら原稿書き。カスピ海の旋律。西アジアの音楽文化圏、ペルシャ音楽、イスラム宮廷音楽というそうである。これがきれいな音楽。

※※
さて、あっという間に1週間が過ぎ、今日は土曜日。お昼過ぎには楽塾の稽古。こちらも「荒立ち」が、稽古絶好調で進んでいる。

バンチ前売り券のお買い求めはお早めに!後半19日〜21日の4ステージは「大いに余裕アリ」です。
今日は昼稽古。

1時過ぎからラストシーン直前の稽古していたら中村京蔵さんがやってきた。歌舞伎役者で私たちが歌舞伎作品をやるとき様々なサジェスチョンをしてくれるよき友である・戌井さんも旧知の間柄。

ラストシーンの「白浪五人男」の所作と物言いの特訓2時間あまりみっちり。皆さん初体験、大変である。とにかくビデオにとっておくことにする。こりゃ毎日復習復習、歌に加えて歌舞伎でもってダンスとどんどん復習事項が増えていく予定。

3時から後半のクライマックスからラスト直前のシーンをじっくり当たる。全登場人物が交錯するハードボイルドシーン。決まればほんとにゾクッとするかっこいいシーン。

6時前までみっちり。久しぶりに盛りだくさんの稽古メニューとなる。もうきっと歌舞伎の所作忘れているだろうな?で、明日は肝さんと本多が休みの日なので「稽古休み」とする。じっくり自宅で毎日「予習」・「復習」してください!!戌井さんは毎日風呂の中でゆっくり台詞あわせをやっているとの事。全部台詞を言って出ると丁度いい時間になるという。

復讐のヒットパレードならぬ復習・復習の日々である。


さあ、いよいよ「通し」中心、上手くつながらないところの小返しとなる。

●●

久しぶりに早めに帰宅。

月刊新松戸、テアトロ正月号の原稿書き、深夜2時過ぎまでパソコンに向かう。10枚、何とか書き上げてメール。

※※

いい天気である。お昼前に起きる。

『続オールドバンチ』前売り状況。

12月12日から17日までの前売り券はすべて完売しました。当日券をお求めください。

18日以降のチケットはすべて「余裕あります」お早めにご予約ください!あと「300枚」近くの残券です。


※※

10月から11月に行われた第1回横浜フリンジフェスティバルで上演されたパラダイス一座『続オールドバンチ〜復讐のヒットパレード〜』(リーディング上演)が横浜フリンジ「オーバーTHE60賞」を受賞しました。ありがとうございました。
本番3週間前の「初通し」。

みなさん稽古場に1時間前?から集合。台詞あわせやら歌合せやら入念に。

いつもどおりに、今日は赤目さんが劇中の音楽候補曲も。

6時からとにかく「通し」てみる。1幕がやはりギクシャク、ひさしぶりの上におととい急にカットしたので動きがちぐはぐとなってしまう。やはり1ヶ月以上やってきたことを急に変えてはダメなんだ。それでも2幕になったら滅茶苦茶イイ。今日の戌井さん台詞まったく痞えずにスラスラ。皆さんも落ち着いていい感じでラストまで。

●●

ほんのちょっと休んで1幕の小返し。時間オーバーで稽古。すんなり流れていく。明日もう一度小返しでなんとか。

それにしても去年に比べると圧倒的に早い「初通し」となった。それだけでも凄いことなのだ!!


2幕のクライマックスシーンとラストの小返しも明日出来るかな?明日は歌舞伎役者の中村京蔵さんに『白浪五人男』の所作と台詞指導、実に贅沢なスタッフ協力、今週末には振り付けも・・・で、週末辺りから取材ラッシュ・・・去年以上。

ちょっとあせらず、楽しくゆっくりだ。イカン、俺がせっかちだから。とにかく自重。

●●

音楽の打ち合わせを終えて外に出たら雨、ダラダラ傘をさし雨の中帰宅。オリンピック招致とやらで石原知事やら長嶋さんが決起集会だとよ、無理にやらなくてもいいじゃん、やってねえとこいっぱいあるんだから。俺反対。
1日中稽古場。

11時から楽塾と思って稽古場へ誰もいない。え?と思ったら12時開始。12時に皆さんと話す。とりあえず、台詞入れてください、まずトップシーンから、この芝居ほとんど全員が出ずっぱり、皆さん初体験?小森さんなどいわゆる「グループ」で芝居を作るというなどということはなかったと思う。おまけに今回は全員「女性の役」。

オリジナル書き下ろしも初。まあ、いろんな「段取り」もあるが台本を手にしてもとにかく「動く意志」をもった「荒立ち」に明日から入りますよと宣言12時半稽古場を出る。

●●

1時から新大久保のグローブ座で『欲望という名の電車』(作・T・ウイリアムス 演出:鈴木勝秀 主演・篠井英介)を見る。女方:篠井の代表作で3度目。いわゆるプロセニアム舞台版。スタンリーを北村有紀哉、時折おやじそっくりの台詞になるのが面白い。歌舞伎じゃあるまいし2代目もないが変な感慨を覚える。伊達暁のミッチは新鮮。

終演後、楽屋。有紀哉と久しぶりと話す、筋肉が凄い、役作り。伊達君にもアイサツ。英介とも本当に久しぶりに話す。旅もあるとの事がんばってください。

歩いて早稲田まで行き帰りで汗びっしょり。

シャノアールでトーストと珈琲の夕飯を取りながら最終テキスト・レジー。10分近く短くする。これで1幕やってみよう・・・と稽古場へ。

●●

台本直し、で稽古。

唄のところを基本的に短くしたから結構動きが変わる、すぐにはもちろん「軀とアタマ」が対応できない。で何回か・・・。

8時半過ぎ1幕を「通し」てみる。

9時半まで、初の「4時間半稽古」お疲れ様!明日はお休みです。でもって19日(月)6時初の「通し」やりましよう!と決める。

※※

いい天気である。今日は夕方から楽塾も「初荒立ち」!パラダイスと楽塾、中高年演劇の冬。事務所に仙台の演劇大学に参加したメンバーからボージョレー・ヌーボーと焼酎,日本酒の大量差し入れ。私の還暦祝い、陣中見舞いである。大感謝。それにしても還暦祝いで本当に様々な焼酎、日本酒を多数もらっている。それにしても酒が美味い冬である。呑みすぎて困るが・・・・。