公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

朝からいつもと同じ、今日は『鼠小僧』6日目の稽古。

本立ちである。

今日早稲田の稽古場はお昼から新人たちの為の「鐘下辰男」ワークショップの1日目。

新人6人+香奈美+李くんの8人。

毎年恒例のカネシタワーク、どうだったんだろう?明日、みんなに聞いてみるか?

●●

というわけで、4時半過ぎ稽古場に入る。

いつものように、体操、歌稽古。いつものようにイワヲと李さん・・・・。

6時前から、「トップシーン」の珠水さんに変わったメインテーマの歌稽古2時間。いい曲である・・・・・。

で、「ラストシーン」の最後のアマノ「テキスト・レジー」1時間。

8時、美術の水谷さんが来て美術打ち合わせ。

●●

9時前に稽古開始、トップシーンから。トップから5分間は歌と踊りと映像の雨あられ?!

ついに俺の稽古。徹底して稽古1時間あまり。いい感じの演出である。10時過ぎまでノンストップ。七緒が徹底してダメダシされる。テメエが舞台に立つ根拠である・・・・・がんばろうぜ、諸君。まだ一か月あるのだ!!

10時半に稽古を取る。で、呑み会。久しぶり、この台本について激論。

面白くする為に・・・・・役者としてキチンとたつ為に・・・・・・、がんばろうぜ。

久しぶりに1時近くまでほとんど全員でテキスト=戯曲について激論。香奈美がなぜかずーーと付き合っていた・・・・・。

わたしは退散。

●●

とにかくこの芝居、スゴーく!面白くなりますよ!!!

※※

いつもの事だが前売予約はお急ぎ下さい。とくに、土・日の予約はお早めに!定員70人の小劇場です。

 

いつもの朝に戻る。

考えてみたら昨日DVD『ねずの番』(津川雅彦監督作品)も見ていた。よく出来た作品だが中島らも原作なんだからもっとアナーキーにもっと大阪らしく!である・・・・・。小堀も言ってたけど・・・・。大阪らしさがなく、エロも不足。

 

●●

3時過ぎに稽古場に行ったら稽古場の階段に「犬」OR人間ののうんこ!!フザケンジャねえ!!である。が、キチンと掃除・・・・・しましたよ。

俺、偉い!

「ウン」がついたので稽古場から事務所に行き、みんなにはなしその後「珈琲館」で珈琲のみながらセリフを覚える。

5時から体操、稽古場掃除イワヲ、直美、李くんと。いつもの日常。真面目に5日目である。

6時過ぎから稽古。例によって「台本の直し」をやって、7時前から荒立ち9時半まで。みんなほとんど台詞が入った、エライ!

明日から「本立ち」!

アマノがトップの俺のシーンじゃなく次の伊藤弘子のシーンからやるというのでカチン!覚えてくるから俺のシーンからやってよ!とアマノにアッピール。

覚えるし今日からアマノに貸していたCDも返って来るので「歌」も覚えられるってもんだ。

 で、七緒、直美、李くんと10時半まで台詞あわせ続ける。

全ては明日からである!

明日から本立ち。

あと一か月!!!やりますよ!

面白い。役者はいいなあ・・・・・。楽しくて!それにしても減量は・・まだ2キロ、先は遠いなあ。

※※

電話・WEB予約はお早めに!前半がお薦めです。面白い作品に仕上がる事請け合います。いい座組です。

今日はアマノに自転車を貸そうと思ったので、久しぶりに寒風のなか早稲田まで。

事務所によると評論家の西堂さんから2冊の評論集が送られてきている。「現代演劇の条件」(晩成書房)「劇的クロニクル」(論創社)の2冊、力作である。「劇的クロニクル」は1979年から2004年の劇評をまとめたもの。「現代演劇の条件」は現代演劇の「劇現場の思考」についての論考。

●●

4時前からいつものように一人で体操・・・・・・で、歌稽古。出番の長セリフを歌ってみる。タンゴと40年代ジャズで・・・・・。あとでアマノに聞いてもらうか?

5時前から歌稽古。

七緒と弘子が歌の先生。電子ピアノを出して1時間。

6時から台詞あわせ。

7時から昨日のテキストレジーの台本の「本読み」9時半まで。

●●

で、歌稽古。

わたしは明日大阪行き。精華演劇祭の記者会見。久しぶりに小堀、深津らに会える・・・・・・『ハイ・ライフ』以来3年ぶりの大阪公演となる。

●●

TSUTAYAで阿川竜一の出ている『工業哀歌:バレーボーイズ』のDVDを借り、カレーを食いながら見る。面白い、是非皆さんも笑ってみてやってください。2話目は阿川竜一が主役らしい?

●●

役者のカラダに戻さなきゃと思っているんだが・・・・・なかなかこれが・・・・。明後日からキチンとやります。例によって息つく暇のないアマノワールドになりそう・・・・役者は一息つけない・・・・ヒト・いく・いく・つく・これって・・・・いい。

とにかく舞台で台詞言い始めたらテメエが消えるまで《関係》としての存在でいなければならないという芝居の《原点》がここにある。

後は佐藤信の劇世界をいかに解体させ、閉じているソレをいかにして開くか?!だ。やろうぜ、友よ!!歌とエロスと暴力?かくめいだぜ!

とにかく集中力である!!

朝から今日も稽古場は塗り、である。

10時にトラックが来て、稽古場の全てのいわゆる「ゴミ」を持っていってもらう。

●●

2時からシアターIwatoへ。

黒テント公演『メザス ヒカリノ サキニアルモノ若しくはパラダイス』(作:松本大洋 演出:斉藤晴彦)を見る。3回目の公演だが面白かった。さとうこうじ主演。ストレートプレイにして、そのテキストの凄さを感じた。

●●

伊藤弘子と一緒だったがゆっくり早稲田まで散歩しながら稽古場へ。

ほとんど塗り終わっていた。お疲れ様である。

昨日から2日間ほとんど寝ずに作業していたみんなに「風呂に行って来い!」と風呂代渡す。420円という今の風呂代に驚くも8人分。

●●

劇団員全員で「忘年会」というか「反省会」めいた呑み会を7時から。

 10年前は塩野谷、若杉らが稽古場作りのチーフだったが今回はイワヲたち10年選手たちがメインになって10年ぶりの「リニューアル」。ほんとに稽古場が再生した!

 

ここから来年1月~3月新作2本が生まれる!

●●

塩野谷正幸、若杉宏二も来て劇団員全員での呑み会。新人から塩野谷正幸までみんなで今年の総括。

こういうのも、久しぶりだがいいものだ・・・・・・。久しぶりに劇団員の顔を見てみんながなにを考えているのかが判る・・・・・。

稽古場がとにかく「生き返った」!これは凄いことだ!!!

10時前に、塩野谷の今年1年の一本締め。わたしは早めに退散。

 

明日は楽塾。わたしは午前中、息子と墓参り。

明後日18日(月)は『鼠小僧次郎吉』の立ち稽古イン。

今年の「反省会」で初めて認識したのだが・・・2月『ハイ・ライフ』3月北京3本公演4月・5月楽塾、6月『愛の渦』7月『無頼漢』9月『狂人教育』3ヴァージョン12月『オールド・バンチ』・・・・・・つまり、10本も今年は芝居を作った!!のである。

1月から365日ノン・ストップでここまで良くも来たものである。この調子で今年一杯突っ走るしかない。

『鼠小僧次郎吉』前売開始しました。とにかくお早めに予約してください。前半の観劇がお薦めです。

とりわけ、平日!!

今日と明日の2日間で早稲田の事務所と稽古場の大掃除兼リニューアル。

劇団員総出でやっている。とにかく、10年分のゴミというか、いろんなモノを捨てることにした・・・・・2トントラック1台分。

『青ひげ公の城』の美術幕も『愛の乞食』の美術幕もカビだらけになっていた・・・・とにかく捨てることにした。事務所でも衣裳の整理、大半の衣裳も捨てることに・・・・・。稽古場の床のコンパネ全て新しくする。天井貼っていた黒のラシャ紙を全てはがし黒く塗る。

床も全て塗り替える。

16日夜7時まで目標に早稲田リニューアル作業は続く。

稽古場兼拠点劇場、私たちの舞台芸術創造活動の根拠地!

全ては稽古場から始まる。10年前は塩野谷正幸を中心にした稽古場作り、だったが、今度は上田和弘やイワヲ、甲津拓平といった早稲田で育った10年選手達が中軸で作業。

時代の流れを感じる。

『鼠小僧次郎吉』がリニューアル第一弾である。

●●

16日(土)『鼠小僧次郎吉』電話予約開始!

17日(日)一般予約開始です。劇団ではWEB・電話・ハガキ予約を受け付けています、なるべくお早めにご予約下さい。

定員70人の小劇場です。去年の『夢の肉弾三勇士』のように後半に入りますとご入場できない日が続出することも予想されます。なるべく前半の予約を!

●●

教育基本法改悪、防衛省昇格、海外派兵任務化、あべ軍事政権が動き出した。改憲への道・・・・。

ほんとうにとんでもない国になってしまっている現実にいかに「演劇は闘うのか」 が問われている。

『無頼漢』で歌った♪伝統と文化を尊重し それらをはぐくんできた わが国の郷土を愛すると共に 他国を尊重し 国際社会の平和と発展に寄与する 態度を養うこと

愛国心と戦争への道!

4日目、あいにくの雨、それに寒い。

いつも通りの体操、稽古。

今日は少し長く、約1時間ヤル。雨にも拘らず凄い客で満員。立見はでなかったので通路で椅子を出してみる事に。

今日の出来が今まででサイコー。安定してきたというかイイカンジで、面白くフリーになっているリラックスして楽しむ!これ。

●●

アフター・トーク。肝さん、岩淵さん、瓜生さんとわたしの4人。満員の会場の感想など聞きながらオーバーの45分。

7時前に早稲田に。

本読み2回。

キャスティング決定。

鼠1~5 イワヲ、里美和彦、甲津拓平、阪本篤、伊藤弘子、へへ:小林七緒 そそ:平野直美 ぼぼ:李周源 門番:流山児祥+夕沈

大変だ!夕沈とのコンビ「なんでもあり」の治外法権コンビである。がここはしっかり夕沈ダンスと暗黒舞踏ということで・・・・・。後は歌だな!

11時近くまで歌を決めて稽古を終える。17日から本格的な稽古、それまでにセリフを入れておいてください!とのこと。判ったよ、入れてやるよ!である。

●●

史上最大のデブになっている。高取にまで「太っている」といわれてしまった。今日から減量である。で、朝、夕の腹筋30回開始。稽古インまでに三キロは減量する気である。

朝は珈琲とキャベツにした。

●●

今日:10日(日)はマチネのほうがすいています。当日券も充分出せます。夜の追加公演のほうは超満員の予想です。お昼の回をお薦めします。

昨日、『オールドバンチ』稽古が終わった。

楽塾の稽古が午前10時から午後1時まで。そのあと、パラダイス一座。2時から稽古場最後のグーパー体操、ストレッチというかマッサージタイムでカラダをほぐし。2時15分から前半の稽古。きっちり流れている。

三時半最後の通し。

いつものように、アクシデントありも、すごーいカンドー的に皆さん最後にイロイロ試している、とりわけ戌井さんは驚くべき仕上がりを見せてくれた。楽しんで「役」を作っている。

楽塾メンバーのほぼ全員、太郎ら劇団員、そして河童さんといったギャラリー15人以上で満員、大笑いの通し。

●●

片付け、塩野谷、谷、びんちゃんら舞台部と一緒にナグリ片手にあっという間に仮セットをバラシ、積み込み。1時間あまりで元の稽古場に。

2ヶ月間たっていた仮セット。明日は河童さんが絶賛している水谷さんの王様美術が心血を注いで作りあげたスーパーリアルなセットと出会う、ワクワクである。

●●

稽古場で最後のお疲れ呑み会。

早めに帰宅。早めに就寝。

さて、今日はスズナリで仕込み。朝9時集合。小屋入り。セットの立て込み。5時から照明のシュート。バンチたちも5時集合。2時間「場」を感じてもらう・・・・。

いよいよ、現場!

やるぞ!絶好調である。

当日券は必ず出します。是非、ご来場下さい!

『オールド・バンチ』の稽古もあと2日。

あと、2回の通しで終わっちゃうよ・・・・・・。2ヶ月楽しく過ごした。なんかこの稽古がずーとつづいたらいいなあと思う日々である。

がどんな稽古も必ず本番はやって来る。あと2回!

カーテンコールの稽古から。で、暗転稽古。

シーン1を全部やってみる。どうしてもシーン1が安定しない。

●●

三時半から「通し」

7回目の通しである。完ぺきという言葉はこの芝居には無い!今日も楽しい1時間半ライブであった。もっと楽しく!もっとメチャクチャに・・・・である。

戌井さん「完ぺき」に台詞が入っているし動きも実にシャープ。90歳の最長老が引っ張るステキな現場である。

あれ、ダメダシというかラストを変えようと演出卓から急に出ようとしてコードをひっかけDVDプレーヤーを壊してしまった!あちゃ、である。6~7年前1台5万円近くで買ったもの、このテはないので2台同じモノを買うしかない。俺の責任ということに・・・・そりゃそうだ。トホホ。音響の松本さんが修理しようとしたが肝心のところが壊れている、ダメである。

●●

上の北京で夕飯。瓜生さんら6人。朝日の夕刊に大きく『オールドバンチ』が掲載されているのを肴に紹興酒。

早めに退散。銀行で10万下ろして、ドン・キ・ホーテに向かう。同じテのモノはない。但し、値段は7年前の10分の1、7000円位、よかった!で、次に馬場のオリンピックへ向かう、でここにもない。

仕方が無い、新宿さくらや、までバスに乗る。さくらや2店廻りやっと見つける。

これで映像2台、別映像ができる。もう壊しません!

●●

今日も、そんなこんなで疲れ果てる。12時過ぎには就寝。

明日はいよいよ最後の「通し」。来週は小屋入りである。

●●

という訳で、3日(日)。

稽古、ビデオを回す。昨日買ったDVD使えない!ということに・・・・・で、結局、安物買いの銭失い。

再び、さくらやにてDVD、昨日の三倍。

こんなもんだろう、それにしても最後の通しは凄かった。これで、完ぺきというか「やれるぜ!」という実感。さあ、いよいよ『オールドバンチ』が皆さんの目の前に・・・・・御期待下さい!!

朝早くおきて、眠たい眼こすり、烏丸御池へ。

結局は今日、京都国際まんがミュージアムに行く事にする。

 

9時半にはミュージアムの横の喫茶店でモーニング珈琲。

で、10時から30分あまり。マンガ好きの人だったら1日中居ても飽きないところ・・・・だろう。面白いミュージアム。

で、京都駅までまるで走るように・・・・・・。

新幹線、にのって東京まで。1時半には稽古場についていた。

●●

2時からいつものように稽古始める。皆さん、元気

今日は1日2回の通し。

3時、いつものように、1にちの休みが入ったにも拘らず、皆さんがんばる。山元さん、岩淵さん、健三、文学座のヒト、映像オペの祥子と多い。

で、ダメダシというかサジェスチョン。で1時間。そのあと、休憩1時間半。夕飯休憩。

6時15分から暗転稽古。前半。

で、2回目の通し。これが凄い!!!!!、ほとんど完ぺき!

今日もギャラリー、大いに沸く。NHKニュースの記者、栗原、岡島、照明の沖野さん、千枝ちゃん、21世紀FOXの人といった人々と多数。

●●

終わるとダメダシは明日ということで皆さんには帰ってもらい、照明の打ち合わせ2時間。

10時過ぎ「22坪」で飲んでいる塩野谷、びんちゃんらと合流。12時過ぎまで、盛り上がる。

明日は朝早くから3月Space早稲田公演『リターン』の宣伝写真・チラシ・ポスター写真撮り。市ヶ谷のBスタジオ。

忙しいなあ。が、これが仕事。

千葉哲也、大路恵美さんといった皆さんとの仕事。

●●

それにしても『オールド・バンチ』たち、タダモノたちではない!

 

今日からはロシアのロックシリーズである。

で、ベラルーシロック「3RFPN」。

なんて読むんだっけ?ロシア語の読み方忘れた。「Z−VEERI」という意味?

で、原稿書けるかと思いきや、まだまだ。

●●

1時過ぎ稽古場。みなさん早く集まっている。

2時前に稽古開始。体操とストレッチ10分。汗だく。

今日は白井圭太と栗原茂、弘子といったメンバーに加えて河童さん、本多劇場の大岩さん、観世さんのマネージャーの荻原さんらがギャラリーにいる。

こんなかんじで毎日ギャラリーを埋めていてほしい、なんども書くが「客の眼」にさらされてこの芝居は確実に進化していくのだ。

 

3時から「通し」3回目。

今回もいろんなことが起こりながらも、何とか最後までやりきる・・・・・・凄い!!!

で、「通し」のあと1時間以上稽古。皆さん、リラックス!らくーに芝居しましょう・・・・よ。

結局、6時過ぎに稽古を取る。

その後、珈琲館で荻原さんと「観世榮夫セレクション」という名の「近代劇」のリーディングの企画についての打ち合わせ。

近代劇の戯曲をリーディングするという面白い企画。何とか実現したい。こんな真面目な企画を考えるのもいい・・・・・。

様々の方法実現する為の事を話す・・・・・。

●●

で、急いで森下へ。

途中の駅で買った毎日の夕刊に「オールドバンチ」の記事が大きく掲載されている。

TPTの『黒蜥蜴』(三島由紀夫:作 門井均・デビッド・ルヴォー:演出)を見る。毎日の高橋さんがいる、一応記事の御礼を・・・・。

華子がんばれよ。演技が太い、くせに声が細いよ。

他の批評は書かない。

●●

で、瀬戸さんと蕎麦屋で呑む。

で、そのあと、「とん八」でみんなと合流呑む。千葉哲、で、久しぶりの葉子、利花ちゃんらと、ハナ・ケンゴもいるわ健三もいるわ・・・・・もう一杯。

何故か終電まで。

皆さん、疲れ様。

●●

明日は最後の「休み」です。ゆっくり休んでください。

わたしは,若手演出家コンクール審査の為に京都行きである!久しぶりの京都。