公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
若手公演『架空の情熱2012〜劇的なるものをめぐって』昼夜稽古が続いている。
遂に、ラストシーンまで創り上げる。
ほんの2、3分のシーンを、なんとかかんとか、4時間以上かけて作った。
ほぼ休憩なしのノンストップで。
17時半から振付の北村真実先生に「初」通しを観てもらう。

で、18時から22時過ぎまで「振付」がてきぱきと進んでいく。
役者たちが作ってきた動きがどんどん整理され立体化してゆく。
真実さんの批評も加わって「作品」が面白い方向に再生していく。オモシロイ!
で、結局、今日役者たちは休憩なし、食事タイムなし、喰ったのは劇中に食べるすき焼きのみ。ごめんね。

明日は照明のバトン工事。
まったく新しいSpace早稲田にリニューアルされる。
夜は振付とサボの指導の歌の稽古。
自主稽古とする。
私がいるとどうしても「確認」作業が出来ないまま先に進んでしまうので1日ぐらい「役者たち」に上げようと思っている。ま、行かないことも「演出家」の仕事である。

6月公演、桟敷童子の東君の「新作」書き下ろし『さらば、豚』のチラシのデザインが上がってきた。
それにしても、カッコいいチラシである。

4月下旬には男優10人との『さらば、豚』の稽古も始まる。楽塾5月GW公演と並行となる。今年上半期はずーっとこんな感じで進んでいくんだろうな?ま、8月〜9月の『花札伝綺』のワールドツアーだけは「役者」だけに専念出来そう。
若手公演「架空の情熱」順調に進んでいる。
イワヲと山下が徹夜で仮セットを組んでくれている。
祝日なので今日までは昼が楽塾、夜が若手がSpace早稲田をつかっている。
昼の楽塾も「十二夜」全4幕中、2幕までキチンと当たった。
まだまだ大変だが、全容は見えている。
役者がテメエの役を確実にテメエのモノにするきっかけである。
・・・・・・・
「架空の情熱」もほぼ方向性は決まった。
後は思い切り、と出鱈目なまでのエネルギーと集中力である。
結局、ほぼ11時間「休みなし」で稽古。
流石に疲れ果てる。

今日は朝9時から劇団員の協力で客席つくり。
稽古場が「劇場」に変わってゆく。
明後日は照明のバトン作り。
明日は「通し」、北村真実先生の振付も始まる。きょうはとりあえずラストまで作らねばならない。
待ったなしで、本番はやってくる。
盛岡で演劇大学。
土曜日に盛岡入り、ほぼ最終で入ったので友人のKさんは呑み屋で完全に出来上がっていた。ごめんなさい、である。元天井桟敷、赤い風の劇作家。長年の友人。
元気で再会を祝す。
・・・・・
18(日)朝10時からほぼノンストップで70年代演劇史とパーソナル演劇史を交えて4時間語る。
ま、語るといっても、演出者協会で出版している「69年代・アングラ・演劇革命」の私の原稿の参加者全員に読んでもらいながらしゃべる。
感想や質問も交えて楽しい4時間であった。高校生・大学生・若手演出家から70代の演劇愛好家15人あまり。
・・・・・・
15時から2時間「3・11以降の演劇」についてのシンポジウム。
釜石、陸前高田といった被災地の現状と今後の「文化行政」「演劇」について坂田さん、小室さん、新田さんといった岩手の演劇人と様々な事を語り合った。
まだ、何も始まっていない、やることはいっぱいある。
様々なプランを語り合った。
東北の「市民劇場」という、市民参加の芝居つくりの凄さにアタマが下がった。
このヒトタチには芝居が日常として「ある」。
和田さんに釜石に行ってもらう事にする。
・・・・・・・・・
交流会で秋田の演出家と話す。
来年、是非秋田でやりたい・・・とのこと。秋田、青森、山形・・・・東北に演劇大学を。新潟でもやろうとすすんでいる。
ま、元気なうちに全国を飛び回りたいのだが・・・。
・・・・・・・・
19(月)帰京。
いつものように夕方から23時近くまでみっちり稽古。
今日は「スキ焼」も作ってみた。
勿論作って食べる。
その匂いのうまそうなこと。
こりゃ、やばい。
ま、これからが追い込みである。
イワヲが今晩から美術作業を始めた。
・・・・・・・・・
帰宅すると盛岡は大雪とのこと。昨日、盛岡で、雪の名残もない肴町の風景を観て「もう盛岡は雪は降らないの?」と聞いてみた、「あと一回ぐらいは降ると思います、4月になっても降るし」と聞いたが、やはり雪国である。ま、旭川で一気に町が銀世界になったときはびっくりしたけどね。
「架空の情熱」とにかくラフに作っている。
歌って踊って、罵倒する演劇。
熱い稽古場。
・・・・・・・・
評論家・思想家吉本隆明氏が死んだ。87歳だった。
学生時代・劇団を創ったころ、かたっぱしに吉本さんの本を読んだ時期がある
読んでは議論したものである。それこそ全存在を賭けて相手を罵倒していた。
俺たちは勝手に、吉本ファンだった。

60年代後半、青山学院大全共闘時代やテック闘争時代には「吉本さんの防衛隊員」(山手教会でテック闘争支援集会が行われたとき)なるものもやったこともある。これまた「敵」!が吉本さん同様に大ファンであった一方の「知」の巨人であり、大好きな詩人であり、尊敬すべき工作者でもある谷川雁さん!であった。二十歳そこそこで、平岡正明さんらと一緒に、この巨大な「敵」と「闘っていた」のだから笑わせる。が、この時、だれもが大人になると「変わる(ダメになる)モノ」なんだという事を覚えたものだった。おれは、絶対変わらねえぞ!と思ったのも事実。そのとおり、俺は相変わらず「バカなガキ」のまま、60過ぎても生きている。
・・・・・・・・・・
「あの」時代、吉本隆明は、常に時代と真正面から向き合い時代と格闘し鋭い言論でオレたちに大きな影響を与えた文字通りの「知」のカリスマであった。

状況劇場研究生時代「共同幻想論」や「言語にとって美とは何か」を読みふけった。今、おもうと実に難解な思想書で、実のトコロは全く分かってねえのに、分かったふりして、口角泡飛ばして議論・罵倒し合っていたものだった。俺の初舞台:唐さんの『由比正雪』には「剣にとって美とは何か」という台詞が出てきて客席は大盛り上がりであった。

その後、吉本さんは「時代と寝る思想家」へと突き進んでゆく。ま、日本全体が浮かれてゆくのだが。全てが、弱肉強食の新自由主義へと雪崩を打って進んでゆく。情報帝国の時代へと。

ペラペラの高度消費社会を評価した80年代、吉本さんは、たけしを評価し、コム・デ・ギャルソンをまとって颯爽と登場した。「あの」あたりから、オレにはもう、吉本さんなんてどーでもいいやになってしまった。

いま若手と一緒に「架空の情熱」の稽古をやっているが、稽古の根本のところで、60年代アングラ演劇の方法論の「検証」をやっている。唐さん、忠さん、金杉さん、信さんたちを引きつけた演劇・演技・思想の根底に吉本さんがいる?と私は思っている。

それは、市井の人々、最底辺のひとびとの生活を立脚点とする吉本さんの「大衆の原像」であり「自立の思想」の概念のさきにある民衆の演劇。それがアングラ演劇の根幹である。
・・・・・・・・・・
ヴ・ナロード!常に「大衆」と共に・・・・が、本当に吉本さんは「大衆」と共にいたのだろうか?
反核異論以降3・11まで吉本さんのコトバは「大衆」に届いていたのだろうか?んなことなどどーでもいいか・・・。

そして「知」のカリスマは死んだ。

合掌。
稽古場の日常が続いている。
「架空の情熱」5人の若手たちとの格闘は疲れるがオモシロイ。
久しぶりにラジカセを演出卓のテメエの前に置いてテメエで操作してやるのも久しぶり、これが「当たり前」なのに・・・ね。
とにかく、やりたいことやってと言っても、何か芝居にはやり方があるなんて思っているんじゃないか?といった事を時々やる。で、相手役と稽古場の壁と俺しかいねえんだから・・・・それを「都合の良いように使え!」なんて言っている。
1シーン1分もないのに、2、3時間くりかえすこともしばしば。時間がないことは分かってるんだが、ま、ちゃんと相手役(モノも)との「関係」が出来ればあとは何とかなる。台詞ちゃんと入れていればだが・・・・・。
・・・・・・・
水曜日は15時から19時ごろ迄は某スタジオで「宇宙兄弟」の収録。
まだ、2回目。
まだ、声優のカンが戻っていない。ま、♪そのうち何とか なるだろう・・・である。
・・・・・・・
収録から戻って稽古、23時近くまで。
流石に疲れ果て、地下鉄に乗って帰宅。
やらなきゃいけない雑事が多すぎる。
まだ、「地球☆空洞説」第2稿に掛かれない。
そりゃそうだ、「架空の情熱」「十二夜」と稽古は進んでいるのだ。
・・・・・・・
は、でこれまた、1年ぶりに盛岡に。演劇大学IN盛岡2年目である。
今年のworkshopは小林七緒に任せて、わたしは「1960年代後半から起こったアングラ演劇から小劇場演劇の変遷について」のレクチャー。
このところ、地域のworkshopも出来ない。ごめんなさいである。
・・・・・・・
あの日から1年の私の日記に山田さんから指摘があった。「がれきの除去」について・・だ。

「ガレキを全国に拡散することは全国に放射能をバラまくのと同じこと。放射性ガレキとその他のガレキの区別などつくはずがない。 阪神淡路大震災で2000万トン、今回2300万トン。神戸と大阪で処理できたのを東北が処理できないはずがない。400万トンを他県に分散するのは利権絡み。だいたいがガレキを運ぶだけで費用はおろかどれだけのCO2が出ることか。福島で処理すれば雇用その他、復興に与する。」(山田) 武田氏と小出氏の意見は一致しています。

確かに、その通りですね。利権がらみ・・・ねえ。そうか・・この国の構造である。原発再稼働を3・11に宣言するバカ首相の国なんだから。人災である原発事故の後始末も出来ないバカがお前、正気で言ってるのか!である。廃止焼却炉を被災地に・・・・か。瓦礫処理の促進のため全国から廃止焼却炉を宮城と岩手へ・・・か。
・・・・・・・・
震度5強の地震が千葉・茨城で。
揺れる稽古場、ドアを開ける。
稽古再開。
こんな日がいつまで続く?
若手公演「架空の情熱」快調に稽古中である。
テキストをいかに読むか、いかに関係のドラマを創り出すか・・・役者でしかできない可能性を。
あーでもないこーでもない、台詞もどんどん変わってゆく、ほぼ口立て状態になるとこも出てくる予感。ま、やるしかない。みっちりじっくりである。

今日の昼は甲津拓平が客演している芝居を梅ヶ丘BOXへ。
たくへいやイワヲたちが若手の頃は本当に1年360日ぐらい稽古場にいて毎日、いろんな戯曲を「読み」、稽古したものである。ベケット、アラバール、テネシー・ウイリアムス、唐十郎、金杉忠男、佐藤信、つかこうへい、別役実etc.今回も歌舞伎、落語、詩、小説と盛りだくさんのコトバ・ことば・言葉を読んでいる。芝居は「他人のコトバ」を如何にテメエのテメエラのコトバにするか・・・?

あと、19日で本番?!楽しんで稽古しましょう。昨日は理恵の誕生日。おめでとう。
あれから1年である。
あの時、マグニチュード9以上の大地震が東日本を襲ったとき、わたしたちは『夢謡話浮世根問』上演中であった。あの時、これで日本は変わると思った。
地震/津波/原発メルトダウン/被曝。まるで「終戦のそれ」「ゴジラの破壊」に似ていた。あれから1年、ニッポンは何も変わっていない。変わってないどころか元に戻りつつあるこの倦怠感・疲労感の横溢。一体、この国はどーなってるんだ?

一向に「脱原発」への道も定まらず、政府は今でも原発の必要性を説き、地域によっては運転再開の声すらある。今なお、34万3935人が全都道府県で「避難生活」を送り、11万6787人が7県の「仮設住宅」で暮らしている。復興はまるで進んでいないし、フクシマの悲劇は続いている。
死者1万5854人、行方不明3155人。元に戻るのはやめようよ・・・。社会や国家、政治がとっくの昔に「機能不全」「無責任大系」に陥っているこの時代。わたしたちは、もう一度きちんと「世界」との「関係」を切って、もう一度結び合うしかない。原発事故は権力の無責任体系の極み、人災と呼ぶべきものである。被災地ではすでに「風化」を懸念する声が起こっている。「日本」を「世界」を変えること・・・・・自分のやるべきことを、きっちりやるしかない。長い闘いになる。復興支援はこれからが本番である。シンプルに脱原発=核なき日本を創る、これだけ。

・・・・・・・
3・11〜1年目の春〜と題して、日本演出者協会は3月7日〜11日まで笹塚ファクトリーで被災地支援フェニックス・プロジェクトVOL4を行っている。震災以降、協会が行っている被災地の舞台芸術家を支援する事業である。

3月10(土)・11(日)は「3・11から未来へ〜福島・東京の高校生のメッセージ」で福島の高校生たちの作品を上演している。

本日:3月11日(日)は12時から16時半まで。
「この青空は、ほんとの空ってことでいいですか?」(あさか高校)
「今伝えたいこと」(相馬高校)
「3・11リーディング〜3・11から未来へ、高校生100文字メッセージ」
「ひたすら、国道6号線」(新宿高校)
の4作品を上演する。是非、多くの皆さんのご来場をお持ちしています。高校生たちは元気です。

問合せ:日本演出者協会03−5909−3074 笹塚ファクトリー03−5371−4655
稽古場の日々が続いている。夜は、みっちりSpace早稲田にいる。

「架空の情熱」の台本構成がなんとか出来上がった。
ほんとうに多くのテキストを読んだ。
南北も黙阿弥も泉鏡花と歌舞伎も新派も読む。
鴻上くんの「名せりふ」も寺山さんの「ポケットに名言を」「両手いっぱいの言葉」も読みかえす。
で、グチャグチャの「恋のコラージュ」が何とかできあがった。
歌って踊って「恋」をするステキに狂ったドラマになればいい。
とにかく「関係性」でつくる。基本中の基本を若手たちが自ら楽しむ・・・こと。
このテキスト群を滅茶苦茶料理し、「現在の劇」として仕上げる。
それも、音楽劇として成立させられるか?!
もちろん、私も歌います。♪ここは戦場、瓦礫街・・・・・

・・・・・・
稽古を終えて、事務所でテラヤマプロジェクト「地球☆空洞説」の打ち合わせ。
大人のためのworkshopをやることになった。
7月、基本的に豊島区民向けのテラヤマworkshopとなる。ひさしぶりのシニアworkshop決定です!

豊島公会堂3部作は今のところ「地球☆空洞説」(見世物ミュージカル)そのあとは「無頼漢」「さらば、箱舟」と寺山さんの映画シナリオを原作に流山児☆歌舞伎、アマノワールドの決定版を目論んでいるのだが、果たして・・・・。
岡島くんと結局、夜遅くまで「22坪」で焼酎のお湯割りでミーティング。
ボトル1本開ける。・・・・久しぶりに、酩酊で帰宅。
・・・・・・・・・・
今日は、台詞を入れるための自主稽古とする。
昼は新国立劇場で鄭さんの新作「パーマ屋スミレ」を観て、夜は下北沢「劇」小劇場で若手演出家コンクール2011、初日。柏木俊彦:演出、角ひろみ:作「あくびと風の威力〜3600秒ver、〜」の審査。スズキ拓朗、平塚直隆、村井雄と続く・・・。今年の4人は?楽しい出会いであってほしいものだが。

「地球☆空洞説」第2稿の「宿題」にも、はやく取り掛からねばならない。
忙しい、体がいくつあっても足りない・・・・、ま、これがわたしの「いつもの日常」である。
稽古場の日々・・・これが一番イイ。
いつもの「稽古場の日々」が始まった。

若手公演「架空の情熱」公演に向けて本格的稽古始動しました。
夕方5時過ぎに6人集合。15分余り、稽古場近くを軽く走り、ストレッチ(真実式)、そして劇団の基礎的肉体訓練というか丹田の行方をさぐるすり足、歩行、蹲踞、緊張と弛緩といったものを柏倉太郎指導?のもと約2時間たっぷり、きっと、明日はたぶん足がぱんぱんになってることだろう。
新人の三四郎を見ているとオモシロイ。莉菜、麻名美、理恵が結構、「さま」になっているから大したものである。で、お師匠さんの太郎は?ま、その分、山下がきちんとリーダーになっているから,
これまた、頼もしい限りである。劇団はちゃんと、次世代へと自然と繋がってゆくものなのかもしれない。ことしも、哲史と三四郎という元気な若者が入団した。哲史君は「家庭の事情」で入団早々、急遽、田舎に帰る事になって退団し、帰郷した。残念だが、致し方ない。
・・・・・・・・・
発声を兼ねて大声で歌う稽古用歌謡曲は氷川きよしの「無情の雨」・・・・これが、いい。
で、様々な戯曲・詩・詞・小説などを読む。
夜:22時半過ぎまでみっちり、とにかく「読む」「読む」「読む」!!
歌舞伎・落語・前衛劇・アングラ・コントから新聞記事までの「コトバ・言葉・ことば」である。とにかく、全員に声を出して「読む」日々をあと5日間ぐらいやりたいんだが・・・・・稽古時間が足りないという事で・・・とりあえず、3日間でテキスト決定。構成は来週からということにする。稽古を終えてひさしぶりというか「初めて」5人の若手たちと呑む。呑んでいるうちにそのまま、制作会議になったりして、終電近くまで・・・・宿題:テキストは、辞書使って漢字はキチンと読めるようにしておくこと。
・・・・・・・
帰宅。
結局、明日読むテキストさがしで3時近くまで。
あれ、原稿書くの忘れている。3本、いつ書くの?である。
若手公演はいつものことだが、「好き放題」にやる!
かなりラジカルで、実験的だが大衆的な芝居をきちんと創り上げる。
面白くするのは、ま、役者だけど・・・・。

※で、明日:3月3日(土)楽塾☆歌舞伎「十二夜」、若手公演「架空の情熱2012」共に「前売り予約」開始です!!
起きたら一面の銀世界。
大雪が降り続けている。
今日は11時からSpace早稲田のリニューアル工事。
天井が50aばかり上がったので、先ず色塗り。で、いずれ防音、遮音工事の予定。
劇団員総出の色塗りとなる。事務所では楽塾、若手公演のDM作業とフルで全員が作業。
・・・・・・
昨日は豊島中央図書館にいって戯曲15冊を借りる。テキスト及び資料として読むため。

そのあとMクリニックに。血尿検査の結果を聞きに・・・・すべて正常、異常なしの結果。
ま、疲労のとき時々起こる症状?10年前、3年前、そして今回。
腎臓、膀胱、前立腺すべて異常なし。赤血球検査、残尿も正常に。排尿は青年並み。オモシロイ。
時間があったらエコーでなく次はCT検査をしましょうか?と言われるので「時間があったら」と答える。

血尿が出たと聞き、北村想さんが事務所にアメリカのサプリを送ってくれた(まだ、開けてないが)という、本当にご心配おかけしてすみません。想さん、ありがとう。大丈夫です。

久しぶりに、芸術劇場の隣の沖縄料理屋「おもろ」に行き、勝手に快気祝い。江森さんの行きつけの店。美味いつまみとオリオンビール、泡盛のお湯割り。勿論、1合だけ、にする。
・・・・・・・・
帰宅して何冊かを読む。
で、「明日」から始まる声優の仕事の台本を読む。一応、DVDみながら合わせてみる。
この前、アニメ映画「るろうに剣心」のアテレコで久々に本格的に「声優」の現場に復帰した。今回の新作アニメはレギュラー出演となる。楽しい仕事にしたいと思っている。近いうちに作品名を発表します。

雪は降り続いている。交通機関にも支障が。
工事は始まった。
では、さしいれでももって早稲田によって、六本木の録音Studioへ・・・・だ。