公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
今日から早稲田の稽古場は3つの芝居の稽古が錯綜する事になる。

すでに稽古を開始している『花札伝綺』、楽塾『もーれつ、ア太郎』で、来年早々には『卒塔婆小町』の稽古も始まる。レパートリー・シアター3本、楽塾の計4本が2011年Space早稲田春シーズンである。楽塾はSpace早稲田フェスティバル2011のオープニング。つまり、2011年は2月〜7月まで5ヶ月近くSpace早稲田で「なにか芝居をやっている」事となる。是非、ふらっと早稲田に!である。

で、今日はお昼過ぎから『花札伝綺』の稽古。私と龍昇は「くしゃみの刑事」役のダブル・キャスト、少しだが出演するし、歌もうたう。寺山修司版の「三文オペラ」を青木砂織が如何に新しく作り変えるか?

北村想も名古屋でアベック・ビーズの新作の演出中。『浮世根問』の稽古はお休み。

かくして、来年、正月過ぎから本格的に、私は『卒塔婆小町』『もーれつ、ア太郎』の演出、『花札伝綺』の役者で平日の昼・夜、土・日(楽塾)と大忙しとなる。ま、これも40年続いているニチジョーである。それにしても「貧乏暇なし」とはこのことである。

ベーシック・イン・カムの勉強会?じゃ、行ってみるとするか。

・・・・・・・・・・

いやあ、稽古稽古の2011年となる!

あ、『浮世根問』来年、「是非、わたしの町に呼びたい」とお考えの人は「大至急ご連絡」ください。ほとんど、今年は「次の芝居の稽古」をしています。出来れば1月15(土)ごろまでにご連絡ください。いま、8都市用のチラシを作りはじめていますので。今週末「ちょっと来て」と急に、言われても応えられないこともありますから。ヨロシク!!
ハードな1日となる。
七時過ぎに起床。久し振りに茗荷谷まで。

9時過ぎから1ヶ月ぶりに公共未来塾の地域コーディイター養成講座のワークショップ。20人の生徒さんに唐さんの短編戯曲『姉おとうと』のトップシーン:2ページ分を「どうやってもいい」「ただし劇中の歌や音楽は各チームで考えて、自由に作って発表してください」と1ヶ月前に「宿題」として出しておいた。日本社会事業大学の教室に入るとみなさん稽古している。とりあえず1時間自主稽古の時間をやる。11時過ぎから発表会。5チーム。リーディングというかラジオドラマ風。宝塚風、オペラもどきの美声アリ、素人の凄みというか自由さが横溢・・・これでいい。全員で合評・・・・時間が足りない。再来週、もう一回やることに・・・・これでいい。芝居をやるときのそのヒトが確実にわかる・・とみんな、そりゃそうだ。劇中に使う「音楽」・・・これだけで分る。いやあ、楽しい3時間であった。

・・・・・・・
で2時から『浮世』後半稽古。ミッチリ。
5時前に稽古を取り全員といっても舞台監督・美術のイワヲを加えて4人のチーム、じゃあ、焼肉でも・・というわけで、近くの焼肉屋へ。サラリーマン定食3人前、生ビール&ハイボール。これが上手い、水戸黄門でもってニュースをやっているので時代劇談義、とりわけ想さんの「必殺」オタクぶりにおどろく、で撮影所ばなし、で政治談議というかニーチェ、ヒットラー、中国と飛ぶ。こういうのもイイ。みんなで飯を食う・・・・同じ釜の飯をくう・・・これが劇団、演劇の根本である。
・・・・・・・・
6時過ぎから楽塾も後半稽古ミッチリ!
理恵が今日から音だし、感謝。桐原、柏倉太郎が稽古場に・・・包帯に血のり・・というと早速、事務所へ、さすが、小道具のチーフ、感謝。結局11時近くまで稽古となる。
帰宅は12時前、さすがにぐったり、

・・・・・・
19(金)快晴。今日も昼から深夜?まで早稲田・・・・。

いよいよ、今日からすべて「通し」である。『浮世』2時半から通し決定!たぶん、ボロボロ?

俺は役者で演出家であり劇団主宰者である・・・と言い聞かせる毎日が続く。
今週はほんとに休む暇なく1日中稽古場に「いる」!

お昼から5時まで『浮世根問』、6時から10時過ぎまで楽塾発表会のための追込み稽古とみっちり。ヘトヘトになって日記も書けなかった。おまけに原稿書きが何本か・・・若手演出家コンクールの審査も今年はいつものように見ることはかなわず・・・になりそう。

17日(水)、『浮世根問』お昼、稽古場でアラーキーの写真撮り。アラーキーのエネルギーに想も私もノックアウトされそう。どんどん、ノッテくるアラーキーとセッション。めちゃ、面白かった。想もいい顔。チラシ・・・そのうち出来ます。ご期待ください。

『浮世』も追込み稽古。6ヶ月も稽古しているといっても実質は2週間、どうしても出てこない台詞がある・・・・うーん、ま本番は来年3月だ、と手前に言い聞かせる。来年5月の1ヶ月ツアーのこともどんどん決まっていく。それにしても「カネが仇の娑婆世界」である。どうやって「金をかけずに」次の町に移動するか?である。40年前日本中をテント引きずって旅公演したが「あの頃」と同じバス移動!・・・・様々なビンボー劇団のこれからのサバイバルを考えている。どーやって「みなさん」の心に芝居を届けられるか。


楽塾、面白くなってきた。連日10時過ぎまで集中稽古、とりあえず、ラストまで辿り着いた。明日hは通し!である。『浮世』も通し!

・・・・・・

18(木)1ヶ月ぶりの授業。こっちもワークショップ。久し振りに皆さんと唐十郎さんの戯曲を《読む》・・・・これが楽しい、これが面白い、今日は立ってみる。
『浮世根問』初の粗通し。
繋ぎの部分がボロボロだったが最後まで「通し」てみた。
とにかく、台詞をキッチリ覚えてどう遊ぶか、遊べる地平まで辿り着くこと、稽古時間はあるようでない。楽に、楽に、明るく、明るく・・・たかが、芝居じゃねえか。来週までにやることいっぱい。
それにしても2人芝居は面白いな。

3日お休みで来週も火曜日から金曜日まで。
『浮世根問』チラシの写真、世界のアラーキーが撮影してくる事になった。大感謝。荒木さんには学生時代からお世話になっている。荒木さんは人生の師と呼ぶべき敬愛するアニキである。
・・・・・・・
『ユーリンタウン』オーディション4日目、今日も18時と20時の2回、昨日に続いて稽古場いっぱいの女性陣。審査員に青木砂織、伊藤弘子も加わった。18時の回は30代から50代後半のメンバー。さすがにこれだけ熟女が揃うと凄い。楽しく審査した。後半は男性も混じってこれまた10時近くまでみっちり。
ずーっと進行をやってくれた岡島プロデューサーが一番大変だった。ジャンプ、歩行、緊張と弛緩、連日手を叩きすぎて、最終日には手がはれ上がっていた。ご苦労様でした。

審査会、5〜6人の審査員であれやこれやと激論を交わして12時近くまで。とにかく選ぶ。去年同様2次審査をやることに決定。これまた,いつもの事である。
・・・・・・・
ささやかに「22坪」でお疲れ会。3日間付き合ってくれたリナ、マナミ、リエのスタッフに感謝。久し振りに3人娘、サボ、コメコ、ヒロコの3人とゆっくり飲む。ついつい昔話。20歳の新人:リナが生まれる前から劇団に3人はいる。これって凄いなあ、と実感。岡島も同様。20年という時間をともにいて、いまも「芝居」を作っている・・・これこそ幸せというものである。
・・・・・
13(土):今日も快晴。
お昼過ぎから中央高速バスで甲府行きである。
甲府善光寺を見てくる。甲府の皆さんとのミーティングも。ひさしぶりの甲府。これまた20年前ぐらいにKさんの義妹のダンススタジオの発表会の演出を引き受けて200人ぐらいのスペクタクルショーをやった事がある。あの頃、毎週日曜日、高速バスに乗って甲府に行っていたっけ。
『浮世根問』順調に稽古は進んでいる。5月台本つくり7月・9月と5日間稽古をやって今月2週間稽古、でもって次ぎは3月本番前に1週間稽古で創り上げる前代未聞の10ヶ月稽古!!とにかく2人しかいないんだから・・・・・。

ラスト近くのシーン。何度も繰りかえす。が、まだ台詞が入ってない、というかシーンの流れをカラダがつかんでいない。いかん、いかん。

塩野谷正幸がちょこっと、顔を出す。ガジラの12月公演の稽古も始まったらしい。小林七緒とイワヲは夜は龍昇企画の12月公演の稽古。みんな忙しいんだな。

うれしいニュースが入る。そのうち、発表します。

・・・・
『ユーリンタウン』オーディション3日目。
最多オーディションとなる。凄い数のおんなのこのパワーに圧倒される。みなさん、一生懸命。頭が下がります。有難うございます。審査もがんばります。

劇団員のオーディションだったら皆さん合格です!といってしまった。これぐらい「劇団員募集」に集まってくれたらと、つくずく思う。いまどき、「劇団員」になろうなんてヤツはいない時代?なのかもしれない。が、劇団員になったらもれなく『ユーリンタウン』には出られるし、うちはミュージカルも歌舞伎もテラヤマも唐もやれるのに・・・・・である。

10時過ぎまでみっちりオーディション、その後審査会。11時近くにくたくたに疲れ果てても歩いて帰宅。

・・・・・
魚武の「赤いスイーピー」を聞く。これだな。何が?
・・・・・
12(金)今日も快晴。
秋の陽射し。
今日は1時からとにかく「粗く通す」ことになった。まだ、来週の稽古もアル。気楽にやる。

♪アイ ウィル フォロー ユウ・・・・・ココロに春が来た日は 赤いスイートピー
かくして、『ユーリンタウン』オーディションも4日目、最終日である。今日も女の子イッパイの稽古場となる。
『浮世根問』稽古2日目、順調に進んでいる。
今日は舞台監督のイワヲも稽古場に。ライトバン一台で簡単なセットをつんで2011年1ヶ月、とりあえず第1次レパートリーシアターとして全国6都市を巡演する予定。

即興と物語の部分のかねあいが・・・・。とにかく落着いて・・・。

みっちり4時間近く。2人芝居だから疲れる。想は?

・・・・・・・

で、『ユーリン』オーディション2日目。
今日は男性のみ。2部に分かれて10時近くまでこちらもミッチリ。それにしても去年の『ユーリンタウン』がミュージカル界に多くの衝撃を与えた事を実感。ほとんどが去年の芝居を見ている。まあ、そんな人と一緒にやりたくてこのオーディションをやっているわけだが・・・・。

オーディションを終えて寺山さんの芝居をプロデュースしたいというE国人のプロデューサーと会う。いろんなことを考えている人が世界にはいるもんだ・・・・ま、私たちはキッチリやれることをやるだけである。なんとなく、2012年はTERAYAMAイヤーになる予感。

・・・・・・
11(木)快晴。
いつものように近くの保育園の子供達の声で起床。元気である。

今朝の朝日新聞朝刊の「生活欄」に「シニア劇団、全国で続々旗揚げ」の記事。シニア劇団の数はいま、全国で50〜60あるという。私のコメントも掲載されている。読んでみて下さい。
「文化欄」じゃなくて「生活欄」というのがいい。演劇は生活の中にこそあるべきものなのだ。2011年楽塾は5月『もーれつ、ア太郎』パラダイス一座は12月『大改訂版:オールドバンチ〜男たちの挽歌』を上演する。

・・・・・・・・

今日もいつもと同じ。お昼過ぎから『浮世』の稽古。夜は『ユーリン』オーディション3日目、いつものように10時まで。10時間きっちり早稲田にいる!!
『謡説浮世根問』中津川の公開稽古以来「2ヶ月ぶり」の稽古。今回は2週間・火・木・金・土の8日間の稽古。これで一応「通しまで行きたい」という方向。なんとかなる。

北村想といつものように、だらだ、ゆるーい感じで稽古をやっている。お昼過ぎ13時から17時まで3〜4時間。世間話やらなにやら・・・・・その中にネタが入ったりして・・・・。

今日は「尖閣列島」っていれたら・・・・で、おもしろかった。

音響担当の創が稽古終わり近くにやってきた。創と想、どう呼ぶ?
さ、明日もがんばろう。

・・・・・・・・
北京でカレーラーメン、最近のメニュー。これが上手い。
シャノアールで今日のオーディションメンバーの芸歴書に目を通す。60人近く。
・・・・・・・・

今夜から「4日間連続」でミュージカル『ユーリンタウン』予想を超える多数の応募者が殺到した「2次審査」が始まる。「書類審査」を経ての実技審査。

岡島プロデューサーのてきぱきとした仕切り。ジャンプ、歩行、緊張と弛緩で役者の動きを見る。歌、台詞、自己PR、稽古場いっぱいの人たちと2時間以上・・・・なるべく多くの皆さんと「出会い」と思って最善の方法を。

18時女性アンサンブル、20時男性アンサンブル、音楽監督の荻野清子さんも参加。

さすがに疲れ果てる。それにしても、面白い役者たちが集まってくれた。
・・・・・・・
で、近くの居酒屋「22坪」で元NHKのKさんとレパートリーシアター『花札伝綺』の甲府・善光寺公演についての打ち合わせ。土曜日に打ち合わせで、急遽甲府行き決定。普通列車で新宿から2時間。Kさんとは演劇団時代からのながーい付き合い。ほんとに熱い厚情に感謝。


レパートリーシアターはじっくりゆっくり決めていく。いろんな街のいろんな人々と《出会い》を重ねて・・あせらずに、出来る事からやっていくしかない。
・・・・・・

俺たちは無名の役者道を往く!!浮世はカネでもメイヨもはない。浮世は「義理と人情」なのである。ひとのなさけ・・・・これだ、今多くの人々が忘れている事は。

でもって、浮世は歌である。
お昼前に近所の山元清多さんの家へ自転車で。まるでちょっとベッド昼寝している?ような元さんの顔を見ながら稲葉さんと話す。何故か泣いているのに笑い話になる。ゲラゲラ、いろんな話を・・・「20年ぶりのロングバケーションだぜイー!」と七夕の短冊に書いた元さん、ほんとゆっくりお休みなさい。やっぱり、元さんにはGパンがよく似合うぜイー。

・・・・・・・・
お昼過ぎから、北村想との二人芝居『浮世根問』の稽古第2クールの最終日。5月、7月、9月と2ヶ月に5日間づつ稽古しながら芝居を作っている。実に楽しい文字通りのライフワークになる予感。頭からラストまでみっちり4時間、小林七緒の的確なダメだし。が、このところずーっと役者やっているので確実に「役者のかん」が戻っているので稽古が実に楽しい。いや、オモシロイ。

18日(土)、演劇CAMP中津川で特別に「公開稽古」をやる事になりました。朝10時〜12時福岡ふれあいセンターで稽古します。ふらりと目撃してください、この演劇的事件を。

今年も9月17日(金)〜21日(祝・月)の4日間は演劇CAMP中津川です。今年も東海地方の若手作家の短編3本を小林七緒、鹿目由紀と3人でひとつの作品に創り上げる4日間のワークショップです。秋の中津川、ホントウにいいところですよ。多数のご参加をお待ちしています!!
まだ、参加間に合います。申込みは日本演出者協会まで。

流山児祥・小林七緒・鹿目由紀の演出家俳優養成セミナー《上演コース》

恒例の流山児セミナーです。今回は日本劇作家協会東海支部の注目の劇作家たちが『川』を共通テーマに書き下ろした新作短編を1本の作品にして上演します。初心者、シニア大歓迎!

日時9/17(金)〜20(月・祝)受講料一般/6,000円 学生/4,500円会場福岡ふれあい文化センター 定員30名 申込み:090-1620-4591(office Perky pat:加藤)


・・・・・・・・
夜は続いてミュージカル『愛と嘘っぱち』の本読み2日目。2回読む、でもって昨日に続いて菊池さんをリーダーに「全員の歌」のおさらい。メインテーマ『大逆事件』『刑法第73条』『無政府共産ロック』の3曲。

明日もう一度読んでキャスティング。16日(木)・21日(月)はソロの歌稽古で「全曲を入れる」予定。全26曲、1時間40分余りの疾走ミュージカルに仕上げようと思っている。

・・・・・・・
2011年10月座・高円寺で再演というか、ほぼ「新作的」再演が決定した『ユーリンタウン』のボビー役&アンサンブルオーディションの情報が昨日発表された。主演のロックストック役には別所哲也さんお出演も決まった。グレードアップして『ユーリンタウン』が帰ってきます。ご期待ください。これまた、多くのご応募をお待ちしています。モチロン、応募者には『愛と嘘っぱち』は必ずみてもらいます。これがオレタチのミュージカルだ!である。

・・・・・・・
かくして、1日中早稲田の地下の日となる。帰ろうとすると雨。涼しさを通り過ぎて寒いほど。かくして秋である。菅首相小沢前幹事長に圧勝の民主党代表選。それにしても、この諦観はなんだ。
今日から5日間、2ヶ月ぶりの『浮世根問』の稽古第2クールである。『櫻の園』の稽古・本番で完全に台詞が抜けている。今日明日なんとか入れたい、・・・が、あせる事ないか今月は中津川でのキャンプ中にもちょっとは当たれるし・・・・ま、今日はもう一度「本読み」からおねがいしまーす、である。それにしても涼しい限り。

三池闘争時の労働歌「がんばろう」を歌おうか、と思っている。
  がんばろう 突き上げる空に
  くろがねの 男のこぶしがある
  もえあがる 女のこぶしがある
  戦いは ここから
  戦いは 今から
  がんばろう 突き上げる空に

1960年三池闘争 50年前 11歳のわたしが甦る・・・『浮世根問』再開!
6日ぶりの稽古場。テレビの取材も入っている。

四幕を丁寧に本当にジックリ当たる。千葉演出の真髄というべき「役者」のスケッチ。随所にニンゲンの面白さが。

台本は離して・・・立つ?今まで男優全員がわたしの代役をやってくれたとのこと。がんばって、追いつきます。

いつもより少し早く稽古をとる。赤目さんと音楽の打ち合わせ。私も参考までにとロシアのロックのCDを。

事務所で来年のレパートリーシアターの全国の寺・神社・コミュニティカフェ・集会所・ライブハウス・盆踊り会場などを具体的に探す打ち合わせ。

※※

いよいよ、流山児★事務所「移動劇場」が動き出します。あなたの街で『花札伝綺』(寺山修司・作)『卒塔婆小町』『道成寺』(三島由紀夫・作)『ハイライフ』(リー・マクドゥーガル・作)など流山児★事務所のレパートトリーを見てみたいなあ、と思ったら至急、気楽にご連絡ください。「どこでも演れる芝居」です。時期は2011年5月から8月までの4ヶ月間。週末に「あなたの街」にふらっと行こうと思っています。