公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
18(金)福岡入り。午前中からメディア廻り。毎日新聞の記者さんと「お岩幽霊」というか自分史について1時間以上。楽しく。でもって、次は6社の合同記者会見、でもってラジオその他。僕たちの公演をプロデュース協力してくれるピクニックや西鉄ホールの皆さんのご協力に感謝。『幕末2001』以来9年ぶりの流山児★事務所公演、ほんとにいろんな皆さんのご協力のおかげである。私たちはやれることを誠実にやる!しかない。

大雨の天気予報が出ている。が、西鉄ノンストップバスで熊本へ。雨しきり1時間余り遅延。交通センターには4ヶ月ぶりの夢桟敷のYさんの顔。朝日新聞、毎日新聞北九州支局の記者さんのインタビューに1時間以上答える。そのあと、今回の私達の熊本公演をサポートしてくれている劇団・夢桟敷の劇団員らと久しぶりに呑む。『盟三五大切』公演以来7年ぶりの熊本公演、私はこの4年間毎年春、演劇大学の講師をやっているのでずーとイル感覚であるが、劇団の公演は久しぶりなのである。「あと、3週間よろしく!」と皆さんに頼み込む。ヘロヘロになって東急インに泊まる。キュー・バタン。

・・・・・・・
19(土)朝10時熊本日々新聞のH記者とじっくり1時間以上話す。参議院選挙という強敵のことも・・・・兎に角、熊本演劇人にとって「お岩幽霊」はある意味エポック・メーキング的な事件になりそうな予感。熊本のアート系情報誌「ドコサ」の取材。楽しい1時間だった。その後が大変めちゃ、大変!で、なんとか空港へ!出発10分前に着く、。

でもって、夕方5時半稽古場にやっと辿り着く。今日は衣裳付け通し、ギャラリーも多勢。6時半から通し!ほぼ完璧。この期に及んでもいろんなことが。あと、1回の通し。音響や照明のことも。

何とかWorld Cupオランダ戦後半を見ることに。結局は1-0でオランダに敗北。が、いい試合だった。さて、明日は最後の通し!役者は全身全霊で「やりましょう」!それにしても、面白い芝居ですよ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
曇り空の19(日)。いよいよ最後の通し稽古である。積み込み。
明日は下北沢ザ・スズナリ仕込み・場当たりである!さあ、お楽しみはこれからだ。

お昼過ぎからウオーミングアップして歌録音。いつもの事だがサボのボイストレーニング付き。いい感じで録音が進んでいく。3部に分かれた曲。各パート別々に。2時間余りで全て録り終える。私の開演のナレーションも。

その後、ちょっと稽古。殺陣稽古して、いつものように「通し」。1時間40分。ほぼ出来上がりつつあるが・・・・もう一度きっちり作り直すところも、というわけで明日も稽古稽古。

当日パンフの原稿や地方の情宣メールやらアレコレとすべてバタバタと1日が過ぎてゆく。役者に戻らなきゃ、という心も。
兎に角怪我のないように気をつけて皆さん稽古してください。結構危険な芝居である事を痛感。

本日:17日(木)11時40分NHK−TV えひめ「おひるのたまご」流山児祥出演が放映されました。次はCCTV、愛媛新聞です。

今日も6時から通し。明日は最後の休みである。私は明日:福岡、明後日:熊本の情宣である。明後日夜に帰京。「通し」もあと、3回。いよいよ『お岩幽霊』秒読みである!!

・・・・・・・・・・
さて、かくして「通し」の日々である。12時過ぎ西日本新聞の取材、Tさんと。松本演劇祭で演劇と出会い、ずーっと演劇を追っている名記者。久しぶりにじっくり、稽古も観てもらう。あおきりみかんの鹿目さんも見学。谷、阿萬、伊達、塩野谷の4人のシーンの小返しみっちり4時間。6時過ぎから3回目の通し。ギャラリーも満員。劇団員やイーランらが稽古場の壁にへばりついて観ているいつもの本番近し!の風景。

いい感じで出来上がりつつある。音楽もほぼ全曲、BGMも含めて出来上がってきている。完全オリジナル音楽劇。それにしてもテンポが速い、22シーンが「映画のように」突っ走る。通し後、衣装合わせ、凄い点数である。軍服やコートや着物といった久しぶりの「時代劇」に四苦八苦・・・・夜10時過ぎまで。流石に疲れ果てる

帰宅すると11時。World Cup2010 SOUTH・Africa日本カメルーン戦の始まりである。私がいつも見ると負けるので見ないようにしようと思ったが、開き直って見た。高度1000メートル以上のフリーステート競技場でカメルーンと日本は戦い、まさに「劇的勝利」の1−0で勝った!!日本は海外開催のW杯初勝利。4度目の出場で1次リーグの初戦で勝ったのも初。フランス大会で指揮を執った岡田監督にとってもW杯初白星。本田1トップの布陣。前半39分に松井のクロスを本田が決め逃げ切った。19日オランダ、24日デンマーク戦は如何に?いやあ、先ずはよかった、良かった。
今日も昨日に続いて殺陣の集中稽古、近くの区民会館。全員の凄い上達ぶりに目を見張る。私は午前中劇団協議会の理事会、昨日も演出者協会の理事会があったのだが、昨今の演劇界をめぐる様々な変化についての緊急の話し合いが続いている。より具体的に、行動を伴ってだ。

5時から10時前までみっちり小返し。音楽もどんどんあがって来ている。音響の齋藤くんも稽古場に入って本番近しの感。いまも新人のりなが「音だし」をしているのだが(うちの劇団新人は稽古の音だしから始まる)イロイロ齋藤君が教えている、これまたいつものこと。やっぱり稽古場が一番私にはいい。

かえったらワールドカップ南アフリカ大会がはじまった。4年ぶりのWORLDpカップ。メキシコVS南アフリカ戦を見る。1対1、いい試合である。マンデラ氏のコトを思い浮かべる。さてやばい、コレじゃ芝居どころじゃなくなる?いやいや、『お岩幽霊』面白いぜ。

今日は3時から2回目の「通し」。その後、池袋のシアター・グリーンで名古屋のあおきりみかんの新作を観て鹿目由紀さんとアフター・トーク。
昨日から13時〜21時の昼夜稽古である。昨日イントレを一部仕込んで空間をリアルに、といってもSpace早稲田では2階のセットを組んだら実寸が取れない。致し方ない。スズナリで場当たりの時間を多くとるしかない。真実先生の振付、ステージングも並行して始まった。

18時半から「初」通し。スタッフ全員集合、坂口(作家)・沖野(照明)・島、齋藤(音響)・本田(音楽)青木(歌唱)・大野(衣裳)・岡本(殺陣)に加えて麻理、で新人に演出部4人でギャラリーは大勢。とりあえず「通し」てみる。1時間43分、快調なんてもんじゃない、トップシーンからの畳み掛けは順調。面白い!1・2幕、3幕からの変化にもっと工夫してみるか。いろんなことが見えてきた。あとはもっと役者がはじければ・・・・遊んでいいですよ、皆さん。スタッフは最強、コレからが楽しみ。

終わって、サボの歌レッスン。適切なサジェスチョン。
22時過ぎまで役者達と話す。テメエのシーンも大切に誠実に「やる」。

今日は1日ステージング。何とか今日中に最後まで行ければ・・・・。明日は松山で情宣、とんぼ帰り、かくして臨戦態勢。『お岩幽霊』世界の何処にもないカッコ(悪くて)カッコいい芝居に出来上がります。ご期待ください。さすがに疲れ果てる。
ちょっと疲れたのか?ストレスのため?か4日前から背中に赤い痣ができピリピリ痛み出した、2日前から脇と胸もピリピリおできみたいなモノも、虫刺され位に思っていたが、今朝病院にいいって見ると、やはり想像通り「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」だった。帯状疱疹(Herpes zoster, Zoster)は、水痘・帯状疱疹ウイルス( Variccela-zoster virus) によって引き起こされるウイルス感染症の一種。 抗ウイルス薬バルトレックス、Dルフェナミン、Xコバラミン、アズナール軟膏を処方される。良く眠る事!らしい。高齢者になると出る病気でもあるらしい。それなりに私も年なのである。今朝の血圧は90の120。ついでに尿検査と血液検査。1週間ぐらいで治るとのコト。

お昼過ぎからいつものように、稽古。

今日は振付の北村真実先生が稽古場に来てので1幕・2幕の通し。ステージングのところの打ち合わせ。

その後、2幕を中心に当たる。これで明日:3・4幕を当たって一応、一通り全体を音楽ナシで「当たった事」になる。来週から振付、歌、ステージングを中心に芝居つくりである。再来週は「通し」稽古プラス「小返し」をみっちりやる予定。その間私は松山、福岡、熊本のマスコミ情宣の日帰りがあったりミッチリスケジュールが・・・・・。うーん。がんばりまーす。

サッカーワールドカップ2010、ラストテストマッチ:コートジボアール戦を見る。2−0、完敗!くしくも管直人新首相誕生の日、こちらも前途多難。それでもいくしかないか!!何はともあれ、がんばれJapan。
鳩山、小沢辞任のニュースが日本列島を駆け巡った2日の朝である。きのう2トップやめるんじゃないの?の言ってたらその通りになってしまった。普天間問題での社民党連立離脱と政治とカネの問題の責任をとって・・・・かくして、「政権交代後」8ヶ月で小鳩政権は終焉を迎えた。これじゃ、自民党の末期と同じ断末魔の光景である。それにしても、次なる色直しは・・・。

戦後行政の大掃除、地方分権、東アジア共同体、新たな公共、なによりも国会議員と公務員をまず、すぐ、減らそうよ!
子供手当てをもらっていたひとがやったことが「子供手当て」である。

会見で笑ったのは「(国民の皆さんには)ご理解を得る事が出来ませんでした。(そして国民は)聞く耳を持たなくなってしまった。」うーん、この宇宙人ホントにピュアなお坊ちゃんなんだな。

※※
殺陣を中心にした稽古が順調に進んでいる。高低のある舞台で迫力のあるアクションを、それも怪我をしてもらっては困るので慎重に大胆に!である。

今週は「誰と何をやるか?」。来週から歌とステージングが加わってくる。じっくり、あせらず、大胆に楽しもうぜ!!
さてあと3週間。追い込み稽古である。

ラストの歌、3パートに分かれて歌稽古から。どんどん歌もあがってきている。
でもって、今日から殺陣のシーンもつけてゆく。2幕から、この感じで3、4幕でもって1幕に戻り今週中にアクションシーンの基本を決めてゆく予定。
来週から歌、ステージングと音楽劇の要素がどんどん加わってゆく予定。久しぶりに「活劇」を作っている!流山児★事務所の真骨頂とよばれるモノになる予感。体を鍛えておけ!である。

まず、テメエから!という事でこれまた久しぶりに腕立て、腹筋、スクワットとこの3日ばかりやっているんだがこれまた筋肉痛であちこちが痛い。なんてこった。60歳を越してほんとに自堕落な生活というか体を動かしていない、まあ歩く事ぐらいはやっているのだが・・・・・。

参考DVDがどんどん増えてゆく。『太陽の墓場』(大島渚監督)『獄門島』(市川昆監督)『在日』(呉徳沫監督)それにしても大島渚という監督の描く「1960年の現在」は凄い!なんという絶望感、その中でギラギラと生のエネルギーを滾らせる炎加代子の存在感。ほかの役者達も綺羅星のごとく。

鳩山退陣の大合唱。なにが国難だ!ま、2トップ変えてみりゃいいんじゃない?

かくして6月である!今年も半分!えっつ!!
お昼過ぎNHKラジオのインタビューを受ける。『お岩幽霊』の見所をしゃべる。篠井英介さんの番組、英介さん有難う。
NHKラジオ第一放送「ラジオあさいちばん」(AM594kH)
6月11日(金)7:45ごろ「篠井英介のシアターへの招待」


というわけで初粗通し。3時半から1時間45分。前半のテンポは良し、後半は稽古不足?というけでちょっとテンポが落ちて確認の時間に、それでもコノ時期に通したのでコレからの戦略が・・・・。作家、振付、音楽、殺陣師のみなさんかギャラリーずらり、歌唱指導のサボも寿々丸をつれて稽古場に。ちびっ子のいる稽古場もいい。通し中ずーと寿々丸クン絶好調でなにやらしゃべっている。3歳?のちびの世界は・・・・。

さて、明日からリセットしての稽古となる。曲も4曲出来てきた。来週から殺陣、振付も始まる。とにかく「歌って、踊って、恋をして」なのである。美術も本番に向けての仕様となる。問題はこれからの方針でありコンセプトの全員での了解事項である。もう一度「根本」を見直すために台本を読み直す。

通し後短い時間だがスタッフと打ち合わせ。

その後両国のシアターχでピープルシアター公演、カナダ戯曲の『バクダッドの兵士たち』を観る。何処までもアメリカの視点で描かれるイラク戦争。終演後、木村健三、高橋さんとビール。その後大久保の「はち」まで終電もなくなりいつものように歩いて帰宅。鉄道の作業員さんたちが大勢、グローブ座の横に。こんな深夜に働いている。

ちょっと飲みすぎの3日連続の観劇である。
美術プラン変更でリセットしながら遅遅として稽古は進んでいる。高低のあるシンプルな「何もない空間」の何処でテメエの芝居をやるかを探しながら「あくまで役者中心の稽古」を進めている。音楽も入れたいし馬鹿馬鹿しいコント?入れたいなあなどという不届きな感情がコノ時期になるともたげてくる。まあ300本も芝居を作ってくるといつも新鮮になるために「テメエの稽古場での生理」との戦い?がコノ頃である。
かくして、急遽本日「粗通し」することに。まだ2幕までしか当たっていないがゴーインに16時半から通してみる。スタッフにも急遽集まってもらう。さてこれからお楽しみの始まりだ!

花組芝居が『ハイライフ』を上演している。演劇集団「円」も上演予定、また知人のグループも『ハイライフ』をライブハウスで上演したいのでよろしく、と連絡があった。さまざまな人々が『ハイライフ』をやっているという事実に感謝、さまざまな『ハイライフ』っていいじゃん、嘗て夢見ていたことが現実に。『ハイライフ10年』である。

・・・・・・・・・
雨の中新宿西口シアター107で東京ミルクホールの新作『銀ちゃんになれなかったよ』(作・演出:佐野崇匡)を観る。初日、満員の観客相変らずの人気振りである。佐野君らしいテイスト。2時間20分、これから刈り込んでいくとのこと。階段落ちはやっぱりいいなあ。男優のみ7人のチームワークが実にいい。ミルクホールは創立7年目、劇団としていい時間を迎えている。