公演情報

日本劇団協議会主催
佐藤信「喜劇昭和の世界」三部作
『ブランキ殺し 上海の春』
ご予約は▼
https://www.quartet-online.net/ticket/blanqui

2017年10月28日(土)〜11月5日(日)
ザ・スズナリ

作:佐藤信
演出:西沢栄治
音楽:諏訪創
振付:スズキ拓朗
プロデューサー:流山児祥

出演
山ア薫 山下直哉 山丸りな 五島三四郎 廣田裕美
さとうこうじ 宮崎恵治 眞藤ヒロシ 佐野陽一
鈴木幸二 木下智恵 有田杏子 江口翔平
龍昇 甲津拓平 森諒介 竹本優希 流山児祥

blanqui4_a.gif
お店等に貼っていただける方、ご連絡ください!!
流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD 「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
8月末から1ヶ月以上に渉ってカナダビクトリア・ソルトスプリング・マカオ・台北そしてトーキョーと1ヶ月29ステージのワールドツアー。

ついにシアターイワトでワールドツアー・ファイナルです。連日「満員」記録を樹立しながら定員100人余りの小劇場はライブハウスのような熱狂の渦です。『ハイライフ』は体感する演劇です。だからこそ、カナダでアジアで多くの演劇ファンを熱狂の中にいざない続けているのです・・・・。

とりわけオリジナルバージョンはラストステージということで3方客席が全部埋まり「超満員」6ステージで爆走中!!

本日14時、9年間続いた『ハイライフ』オリジナルバージョンの「とりあえずのファイナル」です。是非、この名作?快作!!を「体感」して下さい。

塩野谷正幸、若杉宏二、保村大和、小川輝晃の4人の自由人たちの胸のすくような1時間40分の《冒険の旅》!!


本日23日(水)14時開演:神楽坂シアター・イワトで待ってます!!

当日券を是非お買い求めください!!
☆ハイライフ09東京公演23日まで絶賛上演中 !☆

作:リー・マクドゥーガル
音楽:トムソン・ハイウエイ
台本・演出:流山児祥

オリジナル:カナダバージョン
出演:塩野谷正幸 若杉宏二 保村大和 小川輝晃

アナザー:日本バージョン
出演:谷宗和 イワヲ 甲津拓平 里美和彦

前売・当日:3500円 学生:3000円 通し券:6000円

受付・「当日券の発売」は開演の1時間前。

開場は20分前。

※上演時間は両作品とも1時間40分を予定しています。

2009年9月17日(木)〜23日(水)全11ステージ

神楽坂:シアター・イワト 03−5225−3635
東京都新宿区岩戸町7
(東西線「神楽坂」神楽坂口徒歩5分 大江戸線「牛込神楽坂」A3出口徒歩2分 南北線・有楽町線「飯田橋」神楽坂口徒歩7分、JR「飯田橋」徒歩7分)

☆『ハイライフ』前売最新情報!20日現在☆
 
20(日) 14時オリジナル:前売り完売! 
    19時アナザー:前売り完売!
21(月) 14時オリジナル:前売り完売! 
    19時アナザー:残席僅少!
22(火) 14時オリジナル:前売り完売!
    19時アナザー:残席僅少
23(水) 14時オリジナル:前売り完売!


アナザーバージョン、是非オリジナルバージョンと見比べてください。「何もない空間で繰り広げる《大笑い30年の馬鹿騒ぎ》のヴァイオレンス映画の鬼才:深作欣二監督にささげる男たちのバラード」です。

今すぐ電話予約!!03−5272−1785流山児★事務所

         http://www.ryuzanji.comまで
11時から昨日の続きのアナザー・バージョンの場当り、明かりあわせ、でもって稽古。

着々と進む。

なんとかラストまで。

2時15分から通し、というかゲネプロ。
やっと、アナザーバージョンの全貌が・・・・実にういういしい現場である。あとは「命がけでやる根性」のみ。これだ、これが「必要」なのである『ハイライフ』には。馬鹿だけど「思い込んだら命がけ」・・・である。

※※

16時過ぎに何とかおわる。
あとはオリジナルチームに現場を開ける。アナザーチームのダメだし。
あとは早稲田で自主稽古ということに。

初日ということで前売り完売。どうやっても劇団員は誰も見れない・・・。で、早稲田で自主稽古とする。

19時開演、立錐の余地もないほどの超満員の「初日」となる。たつまの顔も・・・・。1時間40分を疾走。すごいエネルギー、ドカンドカンと海外同様に受けまくる。
鳴り止まぬカーテンコール、で3回も!!ほんとうに凄い『ハイライフ』に成長したことの証明。


軽く打ち上げ。お疲れ様でした。たつまの「アナザーバージョンも観に来るよ」のコトバに今回のワールドツアーの正しさ・面白さをを確認。

※※

沖野と岡島と3人でささやかな祝杯。いつか『ハイライフ』ジャパンツアーがやりたいねと盛り上がる。

さて、明日は『ハイライフ』日本版・「日本初演」である。オリジナルバージョンと違ってまるで「売れていない」というのが現実である。が、是非多くの皆さんに見て欲しいと思っている。
本当に、面白いです!!イワヲ、甲津拓平、谷宗和、里美和彦、という実に魅力的な役者たちの新しい『ハイライフ』を観てください。
神楽坂で待っています。

明日は12時から稽古。15時から最後の「通し稽古」。19時から『ハイライフ』アナザー;:日本版バージョン「日本初演」の「初日」です。この歴史的出会いに是非!!思い込んだら命がけでぶっ飛んで欲しいものである!!

ちなみに明日まで私は劇場にいます。あさってから中津川です!!
『ハイライフ』ワールドツアー東京公演本日19時初日です。神楽坂シアター・イワトに初の「3方客席」の舞台が出来上がりました。

15日(火)お昼過ぎから仕込み。
帰国して1日、全員元気に仕込み、明かりのつりこみ、初のシアター・イワト。なかなかいい劇場である。

16日(水)お昼過ぎから明かりあわせ、場当り、初の「3方客席」ということで動きが微妙に変わる。オリジナルチームはそれをものともせず、キッチリ。すごい!途中元さんが顔を出す、元気そう、大病後なのに・・・近いうちにまた、ジジイの芝居やろうとそそのかす、乱歩のスケベなヤツ!いいんんじゃない。

夜はアナザーバージョンの稽古。
こちらは完全ノーセットバージョン。こっちもキッチリ、1幕ラスト近くまで作り上げる。

残りは明日。ということで、久し振りに神楽坂から馬場まで歩く。

※※
秋晴れの初日!!

本日、カナダ・マカオ・台湾演劇界に衝撃を与えた「アジアのハイライフ」が東京の小劇場に帰ってきます。定員100人の目の前で4人の狂犬たちが繰り広げる冒険の物語。是非ご来場ください。

待ってます!!
『狂人教育』以来7年ぶりのマカオ・台湾を熱狂の渦!!に巻き込んで『ハイライフ』ワールドツアー無事に4都市を終えて、最後の都市:トーキョーです。

台北:景美にある台北市教育会館にある児童劇場の客席《280席余り》の全て埋まった台湾公演ファイナル!初日は宣伝不足で半分であったのにあっという間の「口コミ」で超満員の台湾千穐楽となる。客席にテレビのトップアイドルグループも来ていた!?とのことでいつもの客席より・・・であった。

『ハイライフ』は見事に進化している。

とりわけアナザーバージョンという名前の「日本版新作」!

ツアー中は同一セットでやっていたが、東京はノーセットでいくことにした。というわけでもう一度稽古やり直し。

東京公演のシアターイワトでは初の「3方客席」のほとんど「円形360度舞台」に近い形での上演とする。

というわけで《何が!!》この期に及んで徹底的に「場当り」をやる。

『ハイライフ』は基本ノーセット、何処でも上演できる芝居である。椅子が4つ、パリッとした4人の身体があればいいのである。

台湾の5人の若手演出家たちと公演後にミーティングした。台湾もマカオもアングラと小劇場がきっちり根付いている。プロデューサーのHさんからはプロデュース公演の演出と台北芸術大学で「授業=演出」してくれないかとオファーがあった。忙しいが時間があったら、是非マカオや台湾の若い演劇人たちと芝居を作ってみたいと思った、ここにはかつての60年代アングラ小劇場の熱気に似たものがある。そして、実に真摯に演劇と社会と繋がっている。アングラはやはり不穏なモノである。新学期で血だらけのパフォーマンスを学生たちがやって横に警官の姿のニュース、もちろん学長訓示に居眠り多数の記事も・・・。

※※

21日間、3週間の旅を終え、14日(月)夜8時前に成田に着く。荷物を早稲田にトラックではこぶ。とりあえず解散、です、でもまだ旅は続いてます!である。

久し振りの馬場、恒例の旅帰りの習慣、ということで焼肉。おばさんに今度は何処に?カナダ・マカオ・台湾とこたえるとそりゃ大変ね、とこれまたいつもの返事。日本である。ゆっくり寝る。久し振りの熟睡である。

※※
すっかり涼しくなったトーキョー。
本日15日(火)15時から神楽坂シアターイワト搬入仕込み。出来れば照明のシュートまで。まあ、オリジナルとアナザーが「余りにも違う」ので沖野さんとご相談である。

というわけで《何が!》是非、2作品見比べて下さい!客席100人の小劇場で8人のオトコたちが連日熱いバトルを繰り広げます。
『アジアのハイライフ!!』をめざして次ぎはツアーする予定です。

全員元気です!神楽坂で待ってます!!
マカオである。
暑い!
でも黙々と本番準備。お昼過ぎから劇場で日本版チームの「止め通し稽古」5時半までみっちり。アナザーチームはソルトスプリングで稽古はやったがそれこそ1週間ぶりの本番になる。

トップシーンの登場シーンを少し変えイロイロ。

今日は19時オリジナル、21時30分アナザーの2本立て。まるでフリンジ形式になる。

古いビルの12階にアル小劇場。看板もネオンサインもでていないこんなところに人が来るのかいな?と思っていたがそこはやはりマカオでは有名な実験劇場。「本番」開場時間でも客はチラホラ、そこに日本から珍客!楽塾の阪口さん一家がわざわざマカオまで観に来てくれた!!感謝感激である。

がらがらの客席でこりゃアカン!と諦めていたら「マカオ時間」ということで開演時間になったら続々とどんどんお客さんがやってくる。マカオのお客さんは平気で15分以上遅れてくるとのこと!!おまけに19時の回はちょうど夕食時間だから・・・・とこちらのプロデューサーのビリーさんはちっともあせっていない。?何、それである。

結局「10分押し」で開演。とにかく全編、すごい「馬鹿受け」である。北京公演もそうだったがトップシーンから馬鹿受け。でもって、途中もひっきりなしに客が入ってくる。終わってみたらほぼ「満員」。熱い拍手鳴り止まず、ダブルのカーテンコール。好評のうちにマカオ公演の幕が開いた。

熱い拍手、終演後すぐさまレイトショーの準備。全員で約15分で客入れ。これがすごい夜9時半開演だというのに「満員」。これまた圧倒的な拍手。

役者のすごさ、演技が絶賛!される。今朝、カナダからの劇評メールでも演技が激賞されている。

いま、『ハイライフ』は日本の役者の凄みと実力を見せ付けながら世界を「旅している」のだ。

それにしてもマカオは「不夜城」である。


疲れ果ててホテルへ帰る。

意気軒昂で役者たちは深夜の街に初日乾杯!と繰り出したが私は部屋に戻りチンタオビール。

明日もチケットは「完売」とのこと、うれしい限りである。

明日こそ少し「楽」な1日になる予定だが・・・?
2週間のご無沙汰です。
私たちは元気に『ハイ・ライフ』ワールドツアーの真っ最中です。

カナダの原生林の湖のコテージで塩野谷と若杉がなぜかいまどき南京虫に食われて(!?)ちょっとかゆいかゆいの日々で今日ついにマカオの病院にお世話になりましたが、全員元気です!

カナダは、ほぼどこも「禁煙」で私をはじめとした野蛮人=ヘビースモーカーたちはちょっとタバコの量が減りました。これがものすごい変化といえば変化?変化っていえば民主党政権のことや選挙のことをカナダのニュースやマカオのニュースで見ていてこれも変化、でもなんかぜーんぶ「自民」党になったんじゃねえの?と感じるのは俺だけ?

※※
8月25日からカナダに入り27日から30日までビクトリア演劇祭に「9年ぶり」に特別参加、『狂人教育』の思い出のビクトリア音楽院の体育館はメトロスタジオという立派な小劇場になっていて今回の私たちのべニュー(劇場)であった。53劇団が13の劇場で10巻で300ステージ上演するという演劇祭。

私たちは4日間で7ステージ強行上演、それもカナダ版と日本版を連日同時上演するという異常な形での特別参加!!それも30分で仕込み20分でバラシというフリンジスタイルでの上演。実にハードでスリリングな6日間であった。というわけで今回は準備や稽古(連日近くの大学の音楽室で稽古をやった。とりわけ英語字幕の関係はシビアなことである。)『狂人教育』のカナダ初演のころも連日何時間も衆人の元、ひろっぱでけいこしたっけ・・・それにしても俺は本当に「稽古大好き人間」である、と今回もつくづく思う日々である。

カナダの芝居を日本の役者がカナダで上演するという前代未聞の試みは予想を超えて高い評価を得た。(タイムズコロニストにはフリンジでの注目作と★4つ半の評価を得た)とりわけ日本版の『ハイ・ライフ』は文字通りの「世界初演」!「生きてるだけで丸もうけ」がオリジナル版なら日本版は「大笑い30年の馬鹿騒ぎ」!このタイトルでこれからやろうか?と思ったほどである。翻訳家の吉原さんやカナダの演劇人に日本版でのカナダ全土ツアーを薦められる。

それにしても役者たちの演技が高く評価されたことに素直に喜びたい。(一部メディア評に谷宗和、保村大和の演技が特筆ものという記事もあった。)


※※
31日にフェリーでソルトスプリングに入り、これまた6年ぶりにアートスプリング劇場で2ステージ。演劇祭での評判を聞いてビクトリアやバンクーバーからわざわざ泊り込みでソルトスプリングまで多くの観客がやってきてくれた)。人口1万人の小さな島にある小さな劇場、今回も日系のボランティアの人たち15人余りの人たちが連日私たちの公演を支えてくれた。本当に感謝、感謝。2000年の『狂人教育』ではじまったカナダの人たちとの交流も3回目の今度のツアーで本当に「普通」のことになった・・気がする。

ちょっと遅くなったが「皆さんお待たせしました、帰ってきましたよ」という感じのビクトリア・ソルトスプリング公演であった。ほんと、また行きます。今回ビクトリアでは半分のメンバーがホームステイであったが「この経験」が今後生きてくるのである。国際交流の原点。


9月1日〜2日:ともに熱い観客全員によるスタンディング・オベーション仁スタッフ・キャストともに、気をよくして再び東京に「5時間だけ」ユーターン。今度はアジアツアーに向かう。目指すは2002年の『狂人教育』以来7年ぶりのマカオ・台湾。

※※

現在マカオである。

カナダはすっかり秋で涼しさを通り越して長袖と上着が必要だったのにマカオは31度!で、湿度が高い!久しぶりの夏の日差しに全員くらくら。去年の『狂人教育』日中コラボレーションで同じ時期に香港に来ているので半分のメンバーは予想していたが・・・それにしても暑い!!

4つ星のホテルで1階はカジノのホテル。もう暑くてたまらないのでちっちゃなプールで10年ぶりぐらいに泳ぐ。それにしても太りすぎでみっともないてめえのカラダにうんざり。おまけに持病の不整脈の薬もカナダの置いてきたらしく?こらから大変。メールして送ってもらう羽目になりそう。年をとるのは大変。

この温度差!でもって13時間の時差との戦い。明日は朝から仕込み。あさってから本番だ!!


前回は第1回マカオフリンジ特別招待参加で古いポルトガルの劇場での上演だったが今回はヒュイ・コック実験劇場という新宿のタイニーアリスに似た古いビルの12階にある70人〜90人も入れば満員の実験小劇場である。客席は70から90余だがスペース早稲田の4倍ぐらいのスペースの贅沢なブラックボックス。タッパも早稲田よりアル!

ほんとに東京にこんな小屋がほしいものだ。

ちょっと疲れ気味だがあと10日!がんばります。

あ、『ハイ・ライフ』ほんとにすごい芝居!!に進化しています。お見逃しなく。まだなぜか、東京公演全ステージチケットは「残っている」そうです。お早めにご予約ください!!
今日は出国準備の日。

荷作り。今日のうちにやっておかなきゃいけない事をやる。
夜は少年王者舘の『夢+夜』(作・演出:天野天街)3年ぶりの「新作」。見る前にアマノと打ち合わせ。じゃあ、焼肉でも食うか?と大奮発。食ったこともない上カルビや上ロースなんてモンまでくった。とにかく、期日までに台本を書き上げることを「誓約、確約、契約」!!

アマノの「新作」はまさにアマノワールド全開!の1954年のそして今、と「懐かしい未来」としての「それ」のモノガタリならざるモノ・騙り。

それにしても超満員のスズナリ、多くの知り合いの顔。

原爆、収容所、鳩山一郎、ゴジラ、朝鮮戦争、チャップリン、ワルツ
一応ラブロマンス?あり、の傑作。
前半の出来は出色。多分稽古積んでいる?と思わせる。中盤で・・・・でラストはこれまた・・・、お疲れ様。あと1日頑張ってくだされ。珠水さん、気をつけて。七緒、よかったよ。大介も。


終演後、例によって「ふるさと」。あがたさんや山田さん、こうじや坂口君ら大勢で呑む。丸山厚人くんとしゃべる。お父さんが未知座小劇場の創立時のメンバーと聞き驚く。アングラ世代の子供たちのアングラ志向・・・。

※※

今日もいい天気。

朝、タイニーアリスの丹羽さんの電話で起きる。韓国からイ・ユンテックがアリスで公演するという。知っていたのだが海外公演で観ることかなわず、「よろしく伝えて」と応える。ユンテックも世界的な巨匠になった感があったが、再び《原点回帰》のためのアリスらしい。

朝、病院に行って風邪薬と下痢、胃腸薬をもらう。
髪の毛を短く切って、さてお昼過ぎに成田行き。

3時半集合、7時エアーカナダ004便。

いってきます。

元気に、楽しく、やってきます。ビクトリア・ソルトスプリング・マカオ・台北にお知り合いの方がいらっしゃったらよろしく、お伝えのほどを!!
暑い夏日が続いている。
久し振りのソーメン。

12時から1時間半、台湾の新聞記者のインタビューにこたえる。通訳を交えてだから大変。日本の小劇場運動から高齢者演劇、公共劇場についてなど多岐に渉る突っ込んだインタビュー。『狂人教育』『ハイライフ』とまったく毛色の違う作品をどう、台湾の演劇人が観てくれるか、興味津々。
若い演劇人にメッセージをといわれて「世界を旅して世界の演劇を見てください」とこたえる。私は、1980年ニューヨークに1ヶ月遊学して海外公演を始めようと思いながら実際海外公演を開始したのは90年韓国ソウル公演『流山児マクベス』であった、すくなくとも10年早く海外公演へ行くべきだったと今悔やんでいる。若いうちには世界を旅しろ!である。勿論、フーテンじじいの旅も面白いと思っていまやってるんだが・・野たれ死にへの幻視行!!

※※

『ハイライフ』最後の「通し」稽古である。
やるべきことはやった。が、やることはいっぱいある。
字幕が最も大変!英語字幕をクレアにお願いしてチェック。
なるべく長い台詞を簡単に・・・・。である。

荷作りは昨日大半を終えて今日は字幕と細かいことを稽古後に。

※※

2時過ぎにオリジナルチームのラスト。
より原点に立ち返って「欲望」のありかをさぐる。4人だけの熱いドラマを。

5時過ぎに日本版チームのラスト。ほぼ出来上がった。

まあ、ビクトリアでも稽古することに。9年前の『狂人教育』のツアーのときはのっぱらで毎日稽古したものである。でもって、道行く人に宣伝も出来たし。


いっそのことビクトリア大学の構内でやるか?なんて話も。


本当にお疲れ様。日本チームはのべ1ヵ月半。オリジナルチームも2週間みっちり昼夜稽古。

さすがに疲れ果てる。でも、こうなったら楽しんでやる!真摯に、『ハイライフ』の原点=無名のものたちの《自由への渇望》に忠実に世界を旅してきます。

※※

明日は1日限りの出国準備。私は一応スズナリに。天野天街の少年王者舘が来ているし、小林七緒も出演している。まあ、行かざるを得ないか?12月ザ・スズナリ公演『田園に死す』の打ち合わせも・・・。

9月25日〜27日『田園に死す』天野天街キャスティング・ワークショップのメンバーも募集中です。お早めに!そうか、明後日はカナダへ飛ぶのである。9年ぶりのビクトリア、楽しみである。
絶好調で『ハイライフ』ダブルバージョン追い込み通し稽古中である。

すこしお疲れ気味の昼夜稽古?『狂人教育』のときは3バージョンだったことにくらべればと思っていたが?まあ、オトコ4人の芝居!それも、かなりイカレてる?からそれはそれなりに、「大笑い40年の大笑い」と「大笑い30年の馬鹿笑い」である。

21日(金)演出者協会理事会。和田体制の理事全員の任務決定。
副理事長は宮田さんと私。事業部長が小林七緒!ということに。私はさ来年の本格的な全国行脚?!に向けて地域交流部長に。全国を水戸黄門するユメへの第一歩である。国際部は森井さん、広報部は篠崎さん、教育出版部はふじたさん、法務部は公益法人改革に向けて規約改正を含めて西川さん、事務局長は大西君、副事務局長に篠本くんと斉藤さんという布陣。新理事は鴻上さん。演出者協会は元気に働く実働部隊である。
1000人会員!に向けてこの2年間働くつもりである。

※※

というわけで(何が?)『ハイライフ』の通しもあと、2日!!

今日22日(土)は朝から「期日前投票」をやって2時から通し、でもってビクトリア演劇祭のデモンストレーションの稽古、夜はアナザー。

字幕も大変!オリジナルに加えて「日本版」、それも英語、中国語の字幕。音楽,照明、衣裳全て違う。


で、あれだ!『ハイライフ:日本版』はカナダ「世界初演」であるkotoに気付いた。『狂人教育』もカナダが「世界初演」であった。

キッチリ、オリジナルの世界に出来上がった!

あと2日頑張ります。それにしてもまさに残暑厳しき折である。インフルエンザにならないように、手洗い、うがい励行。