公演情報

☆流山児★事務所2017夏 
大人のための演劇ワークショップ&公演☆
『架空の情熱2017』

使用テキスト:寺山修司・岸田國士

構成・演出:流山児祥

振付&美術:佐原由美 照明:五島三四郎
音響:廣田由美 舞台監督:森諒介
演出助手:橋口佳奈
出演:ワークショップ参加者

●発表公演:8月20日(日)開演:15時、18時 (2ステージ)
※開場は20分前です。

@Space早稲田(東西線「早稲田」駅1番出口右へ1分、
中華「北京」B1)

※1000円(1ドリンク付き) 終演後:合評会あり。 
18時の回は終演後打ち上げアリ。

※上演時間50分〜60分(予定)

●予約・問い合わせ
03−5272−1785(流山児★事務所)
http://www.ryuzanji.com
※各ステージ:60名様限定です。

予約はお早目に!
●酒・つまみの差し入れ大歓迎です。

 

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD 「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
2日目。今日もまた粛粛と。4時トップシーンからシーン3までのチェック。殺陣と歌、ラストの直しで何時の間にか5時半。客の入りが心配だったがほぼ「満員」の入り。2日落ちもなくいい感じで爆走。ホントにいつも思う事だが多くのヒトタチが全国から毎公演ごとやってきてくれている感謝。流山児★事務所は年間6〜8公演上演のスタイルをこの26年間一貫して続けている。単純計算で8×26=208公演。実際200公演以上やっている!コレは異常な数字であるが本当である。Space早稲田の60〜80の小劇場、スズナリの100〜150、本多劇場の400といったフランチャイズでこの公演数。これは「劇団」でしか出来ないことである。今回の公演で一番思う事は「劇団力」である。演劇とは常に「集団の現在」を示している。去年の紀伊国屋演劇賞団体賞受賞はそういった意味では25年間の「劇団力」の「結実」であった。

終演後のロビー、鐘下や西條、新潟のほーりんといったいつもの顔にまじって今秋、阿萬がお世話になる文学座の皆さんらに挨拶、秋のミュージカルのピアニストさんと軽い打ち合わせ。

例によって役者達は夜の町に消えたが、私はそのまま帰宅。ビール2本飲んで仮眠。3時半からの対デンマーク戦に備える。

キチンと起きようと思ったが下の呑み屋(早稲田の学生たちで経営するカフェバー)の大歓声と拍手で飛び起きてテレビのスイッチを点ける!見ると本田のシュートである。

引き分け以上で1次リーグ突破が決まる日本。松井や長谷部がフリーランからマークを外す動きでチャンスを作り17分、本田がFKから鮮やかな無回転シュートで先制。30分には遠藤がFKからゴール右隅に決め、2点リードで前半を終えた。後半、デンマークは早々と長身選手を投入し、前線にボールを送り込むパワープレーに。長谷部と阿部がDFラインに加わって対応した。PKで1点を失ったが、最後まで集中して守り抜いた。後半42分、本田のパスに合わせて、勝利を決定づける3点目。自らのゴールを追い求め、苦しみ抜いた岡崎が勝負どころで意地を見せた。日本のエースの復活である。いや、良かった良かった。コレで決勝リーグT進出、次回は29日のパラグアイ戦。本田くんのいう世界一には笑ったが、とりあえず、目指せベスト8!
・・・・・・・・・・・・・
というわけで、今日25日(金)の3日目は祝:World Cup2010決勝T進出決定記念公演である。元気なる!元気になれる青春活劇!『お岩幽霊』に是非ご来場ください。出演者・スタッフ一同お待ちしています。ふらりと、下北沢まで!
夜には、雨が何時の間にか雪に変わった。毎日新聞の夕刊「シアター」欄に「標的家族」の情報が掲載されていたので3部かって劇場へ。

開演前、鷹さんと「珈琲館」で馬鹿話。北京で晩飯、おかあさんに是非見てくださいとしゃべる。2日目、本当に、コンナ雪の中、多くのヒトが早稲田まで来てくれた。感謝感激である。前の列に少しの空席あるもののほぼ客席は埋まった。芝居は安定している。が、もっと熱を!である。

終演後、いつものように、呑み会。鷹さんや、岡島くんとイロイロしゃべる。歩いて馬場までかえる、すごい吹雪である。こんな東京見たこと無い。久しぶりにいい気持ち.馬鹿なヨッパライが奇声を挙げてすっころんでやがる。いいんじゃない。馬鹿だな、怪我するぞ!!

※※

今日、キルギスにいる演出者協会の演出家の江尻君からきたメールのことを早稲田で話した。キルギスの現代演劇。面白そうである。行きたいなあ。

鷹さんは今年もパレスチナに行くそうな、いい事だ。わたしは、いつかキルギス、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンツアーってのもいいんじゃない、ということで旧ソ連のこの国のことをこれからちゃんと、「学習」しようと思っている。

※※

雪も上がってイイ天気である。
『標的家族』最後のゲネプロ。
イイ感じで最後の通しとなった。客席も柏倉太郎ほか多くのお客さん。まあ、柏倉太郎がいるだけでこのゲネプロは凄い!のだ、日刊ゲンダイの山田さんの顔も。終演後、ダメだし。もうほとんど無い。小林七緒の的確でクールな芝居作り。これでいい。

※※

楽塾稽古に。木内尚のつけた踊り、実にいい。トップシーンの稽古、しつこく。しつこくいきまっせ。で、皆さんと久しぶりに、それこそ10年ぶりに馬場の「一合目」という呑み屋へ。コレが旨いつまみのアル飲み屋。12時近くまで。

※※

というわけで、本日:31日(日)午後3時『標的家族』初日です!!

※※

あ、それから28日(木)の日刊ゲンダイ、29日(金)の朝日新聞の夕刊に小林七緒と「標的家族」の記事が掲載されました。以下が掲載記事。asahi.com です。

「新進の美術家、俳優、音楽家の育成を目指す、次世代を担う演劇人育成公演「標的家族!」(佃典彦作、小林七緒演出)が31日〜2月11日、東京・Space早稲田で上演される。「次世代」シリーズは日本劇団協議会が主催しており、12回目を迎える。

 あたかも標的のように世間から不当なイジメを受ける家族を描き、平穏な生活も、その危機と隣り合わせになっていることをほのめかす書き下ろし。今回は音楽の諏訪創、美術の小林岳郎、俳優の木暮拓矢が育成の対象者となっている。制作は流山児★事務所。3800円。電話03・5272・1785(同事務所)」